フンボルトペンギンのヒナが11羽誕生
 イギリスのチェスター動物園で、4月中旬に合計11羽ものフンボルトペンギンのヒナが誕生していたことが公表された。ここ10年で1シーズンに誕生したヒナとしては最多だそうだ。

 フンボルトペンギンは絶滅危惧種に分類されており、一度にこれだけのヒナが誕生したことは、種にとっても大きな恩恵と言えるだろう。

 ヒナにとって一番デリケートな時期と言われる生後40日を、全員が無事に乗り越えたことが確認され、今回のお披露目となった。動物園にとっても嬉しいベビーラッシュとなったようだ。
ELEVEN Humboldt penguin chicks hatch at Chester Zoo

チェスター動物園で誕生した11羽のヒナたち

 ヒナたちが誕生したチェスター動物園は、絶滅危惧種の保護に積極的に取り組んでいる動物園だ。
20240608_064637 (2)_batch
 同動物園のオウムとペンギンのチームマネージャーであるゾーイ・スウィートマンは、次のように語っている。
ヒナたちは全員本当に健康そうで、親ペンギンがここまで素晴らしい世話をしてくれたことを嬉しく思っています。

飼育員としてヒナたちを育てる私たちの主な役割は、大人のペンギンたちが必要なものを、すべて確実に手に入れられるようにすることです
20240608_064637_batch
 ヒナにとって危険と言われる最初の40日を無事全員が超えたことで、ヒナたちにはそれぞれ植物にちなんだ名前がつけられた。

 チューリップ、ネトル(イラクサ)、シスル(アザミ)、ダンデライオン(タンポポ)といった具合だ。

 名は体を表すというが、ネトルとシスルは何だかちょっぴりとげとげしい性格をしているんだそう。一方でチューリップは、とっても明るい子なんだそうだ。
20240608_064637 (4)_batch
 ヒナたちは体重が生まれたときの80gから2.5kgにまで増え、全員が元気いっぱいだという。
20240608_064637 (3)_batch
 おとなのフンボルトペンギンと一緒にいるところ。お母さんかな。もう体のサイズは、だいぶ大人に近づいているようだ。
20240608_064638 (2)_batch

絶滅の危機にあるペンギン、日本では逆に増えすぎ問題

 ペルーとチリの海岸を主な生息地とするこのペンギンは、フンボルト海流に乗って移動することから「フンボルトペンギン」の名がつけられた。

 死別しない限り、生涯同じ相手を伴侶とすることでも知られていて、相手を選ぶ決定権はメスにあるという。

 近年は人間による開発で棲み処を奪われ、その生息数が激減している。野生では2005年に1万羽にまで減少したとされており、レッドリストの中でも危険度の高い「危急」に分類されているそうだ。
4254076_s
image credit:photoAC

 日本の気候がフンボルトペンギンの故郷に似ていることもあり、国内の動物園では逆に増えすぎが問題になっているんだとか。現在日本にはなんと1,800羽以上ものフンボルトペンギンが飼育されているらしい。

 冷凍精子を使った人工授精にも成功しているそうで、現在は日本の技術をチリなどの生息地に移植したり、孵卵器を送ったりして、その数を増やす試みが行われているそうだ。

 今回11羽のベビーたちが誕生したのは実にハッピーな話だが、野生でのフンボルトペンギンたちの数も、こんな調子で増えてくれるとさらに嬉しいんだけれど。
References:Chester Zoo Celebrates as 11 Adorable Endangered Penguin Chicks Hatch–the Most for a Decade / Zoo celebrates birth of endangered penguin chicks / written by ruichan/ edited by parumo
あわせて読みたい
育児放棄されたペンギンの赤ちゃんを安心させるため、ぬいぐるみのお母さんが代理母に


完全に取り残された・・・気が付けば周りはカップルだらけ。フンボルトペンギンが出会い系サイトで彼女募集(イギリス)


ペンギンの同性カップルが卵の孵化に成功、育児にも積極的で良きパパさんズとなる


ペンギンを撫でるのが生涯の夢だったおばあさん、ついにその願いが実現し感動のあまり涙を流す


ぬいぐるみかよ!ふかふかコウテイペンギンの赤ちゃんが可愛すぎる

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年06月09日 12:47
  • ID:qt7LmZoR0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月09日 13:09
  • ID:o9BeSS.40 #

名は体を表す…
「チビ」と名付けたら何故か巨大化する
真逆のパターンもあるあるなのよ…

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月09日 14:32
  • ID:RsxBagFy0 #

日本では増えたのは気候とノウハウが確立したのもあるよな
あと増えすぎ問題は偽卵を抱かせて解決みたいね

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月09日 15:47
  • ID:ZbEyqgUQ0 #

やりますねぇ!

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月09日 17:04
  • ID:dfEuCGuV0 #

一生伴侶が変わらないとあるが、あくまで飼育下の話としては、つがいのメスがより若いオスを選んで元のオスを捨てた事例はある。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月10日 07:41
  • ID:OlxzZJ0B0 #

小さい恐竜みたいでかわいいねえ。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月10日 09:08
  • ID:kGF2TtiZ0 #

「フンっ」🐧フンボルトペンギン

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月10日 21:17
  • ID:DNI3QUwV0 #

外国人のフンボルトペンギンの飼育が下手すぎる

日本ではフンボルトペンギンの飼育が上手すぎて、大繁殖し、
動物園や水族館でもうこれ以上飼育できないので、
卵を産んだ時点で、卵を回収する事態にまで発展している状態

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月10日 22:23
  • ID:14sotc1w0 #

>>5
日本の水族館が発表している相関図は3次元になっちゃったしねえ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月12日 22:55
  • ID:t4Dx.OmF0 #

日本人はペンギン大好きだもんね。
飼育頭数の三割は日本って聞いたことある。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links