精神病の一部は何百万年前の古代ウイルス由来
 私たち人間のゲノムの少なからぬ部分が、古代のウイルスに由来している。最新の研究によれば、こうした古代ウイルス由来のDNA配列が、脳の機能や精神の健康を左右しているそうだ。

 英キングス・カレッジ・ロンドンをはじめとするグループは、人間の脳内で発現している古代ウイルス由来のDNA配列を調べ、それがうつ病・統合失調症・双極性障害といった主要な精神疾患のなりやすさと関係していることを明らかにした。

 このことは、役に立たないジャンクDNAとみなされていたものが、脳内で重要な役割を果たしているであろうことを示しているという。

ヒトゲノムの8%を占める古代ウイルス由来のDNA配列

 私たち人間が持つDNAの約8%は、じつは大昔に感染したウイルスから手に入れた遺伝子配列で構成されている。こうした配列を「ヒト内在性レトロウイルス(HERVs)」という。

 そもそも「レトロウイルス」とは、感染した細胞のDNAにその遺伝物質を挿入するウイルスのことだ。

 私たちの祖先は、進化する過程で何度も何度もこのウイルスに感染してきた。これが精子細胞や卵細胞に感染したような場合、その感染者の子供にもレトロウイルスの遺伝物質が受け継がれることがある。こうしてヒトゲノムに組み込まれたのがHERVsだ。
1
photo by iStock

ヒト内在性レトロウイルスは当初役立たずとみなされていた

 当初、HERVsは”ジャンクDNA”、つまり役に立たないDNAだと見られていた。

 だがヒトゲノムの理解が進むにつれ、ジャンクどころか、意外なほどたくさんの機能を担っていることが明らかになってきた。

 たとえばHERVsは、ほかの遺伝子の発現を制御できる。発現とは、そのDNA断片がRNA分子を作るのに使われているということだ。

 その結果として作られるRNA分子は、タンパク質を作る仲介役となったり、ほかの遺伝子の制御を助けたりする。

 HERVsの中には、脳細胞と脳細胞の結合に関する遺伝子発現を制御するものもあるし、血液や脳内でRNAやタンパク質さえ作ってしまうものもある。

 さらにHERVsが起源であるヒト遺伝子すら発見されている。

 たとえば、HERVsに由来するヒト遺伝子「Syncytin 1」と「Syncytin 2」は、胎盤が発生するときとても大切な役割を果たしている。
2
photo by iStock

古代ウイルスは精神疾患に関連していた

 ヒトゲノムに組み込まれた元ウイルスのDNA配列がこれほどさまざまな役割を担っているのなら、それが精神に影響することはないのだろうか?

 キングス・カレッジ・ロンドンなどの研究チームはそれを知るためにまず、およそ800の脳サンプルを対象に、私たちの頭の中でHERVsがどのように発現しているのか調べてみた。

 その結果特定された脳内HERVsの発現を左右するDNA変異を、何百万人もの遺伝的な違いを比較した大規模研究と照らし合わせてみた。

 こうして明らかになったのが、4つのHERVsの発現が、主要な精神疾患になりやすい遺伝子と関係しているということだ。

 具体的には、2つのHERVsの発現は統合失調症と、1つは統合失調症と双極性障害の両方、もう1つはうつ病と関係していたのだ。
3
photo by iStock

古代ウイルスは脳内で重要な役割を果たしている

 今回の研究によって、HERVs が脳に影響しており、精神疾患のなりやすさに関係していることが初めて明らかになった。

 HERVs は当初考えられていたよりもずっと、重要な役割を脳内で果たしているらしいということだ。

 とはいえ、精神疾患にはさまざまな遺伝子が関与しており、HERVs はその一部でしかない。その具体的なメカニズムを解明するには、さらなる研究が必要になる。

 また、こうした発見から、新しい精神疾患の治療法が開発されるかどうかもわからない。

 それでもヒトゲノムの中で長年無視されてきたこの配列に、眩いばかりのスポットライトが当たるきっかけにはなるだろう。

 この研究は、『Nature Communications』(2024年5月22日付)に掲載された。

References:Depression, schizophrenia and bipolar disorder linked with ancient viral DNA in our genome – new research / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
なぜ人間は自然選択を繰り返してもなお、精神疾患が残されたままなのか?それが人間にとって有利に作用してきた可能性


うつ病や双極性障害の発症リスクを血液検査で診断できるバイオマーカーが開発される


人類は進化によってお酒に弱くなる。今後アルコール耐性を持たない人が急増する可能性がゲノム調査で明らかに(米研究)


身長と遺伝の関係。背の高さを決める遺伝子の配列がついに特定される(国際研究)


なぜ人間のクローンを作らないのか?科学者が語る本当の理由

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 22:16
  • ID:QY.H7FQQ0 #

この手の精神疾患は周りのメンタルも巻き込みかねないし
とんでもない犯罪の原因にもなるから
一刻も早い治療方法の確立願ってる

2

2.

  • 2024年05月28日 22:17
  • ID:l4Bu186q0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 22:38
  • ID:wZxT3Vv50 #

レトロウィルスに感染すると、低い確率だがDNAに入り込む。痕跡があるってことはそういうこと。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 23:04
  • ID:GW7oP.rV0 #

躁鬱ってほどではないと思う(と信じてる)けど、訳もなく落ち込んだり不安で仕方ない時期と、なんでもやってやるしなんでもできそうだうはははいけいけどんどん!な時期ってのが波のようにやってくる
自覚してるからどちらの状態にもハマりすぎないよう、落ち着きを取り戻したり冷静さをキープするように過ごしているが、俺の中の謎遺伝子がそういうスイッチのオンオフを頑張ってたのかもしれないのか・・・・ 不思議だなあと思ってたけど

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 23:14
  • ID:lECnORxN0 #

そこまでわかってきたのなら、予防ワクチンが開発を期待してしまうな
変異修復も期待する

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 23:28
  • ID:M4CyFQOP0 #

一見マイナスの遺伝子がなぜ現在もあるのかという事を考えれば、それが一番重要性が高い可能性があるという事も理解できるはずだ

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 23:35
  • ID:ApkDVubm0 #

正常の範囲狭めすぎなんよ
そこに合わない人が病んでるんじゃないのかな
仕事する上で能力より性格優先して評価してる内は鬱病なんて増えてく一方だと思う

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 23:53
  • ID:GVt1r32z0 #

世界的に流行したあのウイルスも そのうち我々人間のDNAに影響を及ぼすようになるのかな(´・ω・`)

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 00:23
  • ID:ac14aobR0 #

>>1
確かに周りの人もつらいかも知れないけど きっと当人が一番つらいんじゃないかな?精神疾患になりたくてなった訳じゃないだろうし。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 08:25
  • ID:Rm5b577W0 #

>>9 まあケース次第だけど、両方じゃないかな。どっちがよりって、決められないと思う。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 08:49
  • ID:hIMQ6Ikq0 #

>>1
>>4
私も治ったほうが良いように思うんですよね。でも現代までその遺伝子が残ってるということは何か淘汰圧に負けない何かがあって有利に働くシチュエーションがあるんじゃないかと言われています。根本治療ができるようになることを望んでるけど、種としてのヒトからそれらの遺伝子がなくなると長期的には悪影響があるのかもとビビってます。

12

12.

  • 2024年05月29日 12:46
  • ID:iuvjffUG0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 13:19
  • ID:mstZs7fo0 #

おにょれ出たな、ゲノム!

14

14.

  • 2024年05月29日 15:11
  • ID:RCM8L9wQ0 #
15

15.

  • 2024年05月29日 17:29
  • ID:afypIlk.0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 19:20
  • ID:6.s2RJBY0 #

>>9

自分よりもっと酷い人がいるんだから自分は愚痴や弱音を我慢しなきゃいけない、なんて考えなくて良い。
軽度でも重度でも本人や家族が辛いという事実は変わらないんだから辛い時は辛いって言った方がいいし周りも我慢を強要しない方がいい

17

17. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 22:04
  • ID:fXxKvnAI0 #

統合失調症になりやすい素因とか、なくせるもんならなくしたいなあ
発症したら最後、大事な人をずっと心配させるし、周りの人を疲弊させるし、「「これまでの自分」の人生」と今まで積み上げてきた社会的信用を永遠に・不可逆的に失ってしまうから、現代社会では損失しかない…今からでも自分の染色体からそういう欠陥を摘み取ってしまえればいいのに

>>11
「精神疾患要素は、淘汰圧に負けない何かがあった」というよりは
「精神疾患要素があるかないかは、割とどうでもよかった(もっと「直ちに影響がある要因」でヒトの生死は左右されてきた)」説を挙げてみる

18

18.

  • 2024年05月29日 22:56
  • ID:NtcUCftj0 #
19

19.

  • 2024年05月30日 07:41
  • ID:go5IIaj40 #
20

20.

  • 2024年06月02日 00:08
  • ID:nIiAs5370 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links