25年間行方不明だった人工衛星が発見される
 1990年代に完全に行方不明となってしまった人工衛星は、人知れず宇宙空間をさまよっていたが、アメリカ米宇宙軍の追跡データにより25年ぶりに発見されたそうだ。

 再発見されたのは1974年4月10日にアメリカ空軍の宇宙試験プログラムの一環として打ち上げられた、Infra-Red Calibration Balloon(赤外線較正気球:IRCB S73-7)だ。

 S73-7は直径66cmほどの小型の実験衛星で、当初の計画では、より大型の偵察衛星「KH-9 ヘキサゴン」から展開された後、バルーンを膨張させ、リモートセンシング機器の校正ターゲットとして機能するはずだった。

 ところが、その展開に失敗し、地上のレーダーから消失。1990年代以来、失われた人工衛星となっていた。

展開ミスで制御不能に

 Infra-Red Calibration Balloon(赤外線較正気球:IRCB S73-7)は、軌道上でバルーンを膨張させ、リモートセンシング機器の校正ターゲットとして機能するはずだった。

 ところが「KH-9 ヘキサゴン」からの展開に失敗したことで、高度約800kmの軌道への配備される途中で、地上のレーダーから姿を失い、制御不能となってしまった。

 ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの天体物理学者ジョナサン・マクダウェル氏によると、S73-7は1970年代と1990年代の2度にわたりレーダーから消失した経緯があるという。

 この衛星がすぐに行方をくらましてしまう原因は、「レーダー反射断面積」が狭すぎることなのだそう。

 レーダー反射断面積とは、レーダーの電波を浴びたとき、それを反射する度合いのこと。レーダーは反射されて戻ってきた電波をもとに、物体の位置を割り出す。

 だから、S73-7のように、あまり電波を反射しない構造の物体は、レーダーに映りにくいのだ。
おそらく追跡対象となっているのは、うまく展開されなかったディスペンサーか気球の一部なのでしょう。金属ではないので、レーダーにあまり映らないのです
KH-9 ヘキサゴンの基本システム
KH-9 ヘキサゴンの基本システム
S73-7の展開に失敗したKH-9 ヘキサゴンの基本システム / image credit:National Reconnaissance Office

四半世紀も行方不明だった理由

 S73-7が25年間も行方不明だったのは、レーダーに映りにくいことだけが原因ではない。

 2万個以上の物体が軌道上にある現在、すべての物体の位置と正体を把握するのは、そもそも簡単なことではないのだ。

 たとえば地上のレーダーや光学センサーで、軌道上にある物体を発見したとしよう。だが、それだけではその正体まではわからない。

 それを知るためには、その軌道にあると考えられる衛星と照合して、それが何であるか特定しなければならない。

 「最近の軌道データセットがあり、似たような軌道のものがほとんどなければ、おそらく簡単に一致するでしょう」と、マクダウェルは話す。

 だが混雑した軌道で、しばらく行方不明になっていたような衛星を見つけようというのなら、難易度は一気に跳ね上がる。

 地上のエンジニアたちは、打ち上げられた衛星のコースをきちんと把握している。だからこの記録が残されていれば、衛星の進路をたどり、最後に報告された位置と比較することもできる。

 ところが予定外のことが起こり、当初の計画が変更されたり、衛星が予定軌道から外れたりすると、再びそれを見つけるために、いくつもの作業が必要になる。
展開操作がどこで行われたか正確にわからなければ、その位置を特定するのは骨が折れるでしょう。

たとえば、問題の物体(今回の場合はKH-9 ヘキサゴン)の軌道を巻き戻し、行方不明になった衛星(S73-7)の軌道を早送りしてみて、その2つの軌道が重なる点が、展開操作が行われた地点かどうか?の判断が必要になります。(ジョナサン・マクダウェル氏)
 このように難しい作業であるからこそ、今回の再発見は、地球を周回する何万という物体を追跡している人にとって、まさに大勝利と言える成果なのだ。  これからますます多くの人工衛星が宇宙へ打ち上げられ、地球軌道を周回する物体の特定はいっそう難しくなっていくだろう。

 無数にある宇宙ゴミ(スペースデブリ)を解決しないことには宇宙空間も安全とは言えないようだ。

References:'Lost' satellite found after orbiting undetected for 25 years | Space / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
現在も使用されている最も古い人工衛星は何年前のもの?


宇宙ゴミの掃除に挑戦する日本の企業、対象のロケット部品の近距離撮影に成功


宇宙から落下したスペースデブリが人や物に衝突する確率ってどれくらい?


キノコが宇宙を救う。菌糸体で作った人工衛星でスペースデブリ問題を解決できる可能性


ゾンビ人工衛星を燃料にするプラズマ推進器が開発される。宇宙ゴミ対策にも最適

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年05月09日 20:15
  • ID:9gqvf4h60 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 20:42
  • ID:PuNgySmd0 #

どこにあったの ?

3

3. ゐゑぬこ

  • 2024年05月09日 20:47
  • ID:kYdA.j1Z0 #

(⁠;⁠ŏ⁠﹏⁠ŏ⁠)例のブラックナイトもこゆヤツちゃうのん¿!(汗

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 21:06
  • ID:Ib7..4sj0 #

200億km以上先のボイジャー1号は捉えてるのに
こんな鼻先を飛び回ってるような子は見失ってしまうのか。
まあサイズ考えたら前者の方がおかしい気もするけど。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 21:07
  • ID:9Zye71iS0 #

数日前にはロケットのブースターが宇宙空間で発見されてるし
かなり前だと謎のスペースコロニーとか同じく謎の人工衛星とか
たくさん未知なる物体多いので、少々の大きさの人工衛星では
見つけることはほぼ不可能
ひょっとしたら事故って浮遊してる他の惑星航空物体も
将来見つかっても不思議じゃないぜ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月09日 22:56
  • ID:cm8EF40w0 #

衛星同士の衝突事故も目前なんだな

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月10日 00:09
  • ID:X7muahMK0 #

ゴミ掃除急務だね

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月10日 07:31
  • ID:DNptymlE0 #

スペースカウボーイの出番じゃ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月10日 08:52
  • ID:RiZytGnK0 #

>>6
ケスラーシンドローム待ったなしですね。

>>4
あっちは一応電波を発信してるので見つけやすいけど、写真を撮ってフィルムを落っことしてくるみたいな完全パッシブだと石と区別付かないし見つけにくいでしょう

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月10日 10:52
  • ID:g8bDNjpd0 #

>>6
実際人工衛星同士の衝突事故も発生しているし、地球周辺の掃除をいつかはしないと・・・

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月11日 08:10
  • ID:Fq8rd.iv0 #

KH-9 ヘキサゴンの方は軍事機密の塊なので写真撮影後は高度を下げて大気圏突入させてたんだろうな。

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月11日 19:25
  • ID:.7DMm.Up0 #

>>6
衛星の数で驚くなら、毎日航路が交差してる飛行機の数を知ったら気絶すると思う

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月13日 09:24
  • ID:.XG0pbPI0 #

>>9
記事本文に再発見されたものが何かが書いてあるので示しますね。
「再発見されたのは1974年4月10日にアメリカ空軍の宇宙試験プログラムの一環として打ち上げられた、Infra-Red Calibration Balloon(赤外線較正気球:IRCB S73-7)だ。
 S73-7は直径66cmほどの小型の実験衛星で、当初の計画では、より大型の偵察衛星「KH-9 ヘキサゴン」から展開された後、バルーンを膨張させ、リモートセンシング機器の校正ターゲットとして機能するはずだった。」

再発見されたのは、KH-9 ヘキサゴンではなく、KH-9 ヘキサゴンから展開された赤外線公正気球の方ですね。
偵察衛星の方は軌道に乗って10ヶ月程度で大気圏再突入をして燃え尽きるようです。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links