ボイジャー1号との通信が回復
 47年前に打ち上げられ、様々なミッションをこなしながら太陽圏を脱出し、星間空間の航行を行っていたNASAの無人宇宙探査機、ボイジャー1号だが、数ヶ月前に不具合が生じ正気を失ってしまった。

 「回復したら奇跡」とまで言われていたが、研究者らの諦めない心と努力が実り、ついに我に返ったそうだ。

 NASAの技術チームが打った起死回生の一手は、コードを分割してシステム内に分散して保存するというもの。これによってぶつぶつと意味不明な言葉ばかりをつぶやいていたボイジャー1号は正気に戻り、ちゃんと意味の通じる返事を返してくれたのだ。

正気を失ったボイジャー1号のこれまでのあらすじ

 1977年9月5日に打ち上げられ、47年も宇宙で一人旅を続けたボイジャー1号がぶつぶつと意味不明な言葉ばかりをつぶやくようになったのは、約5か月前の2023年末の頃だ。

 カラパイアではそれからずっとボイジャー1号に関する情報を追っていた。

 不具合の原因として考えられたのは、科学機器や機体についてのデータをまとめる「フライト・データ・システム(FDS)」と、これを地球に送信する「遠隔測定変調ユニット(TMU)」との通信の不具合である。

 一体何が2つの機器の通信を阻害しているのか特定するべく、NASAジェット推進研究所の技術チームが、普段とは違う手順で壊れたデータを迂回する特殊な呼びかけを行ったことは、前回前々回にお伝えした通りだ。

 これによって老朽化したボイジャー1号がおかしくなった原因が、”物忘れ"であることが判明した。FDSのメモリが3%ほど物理的に壊れてしまっていたのだ。

 もともと、ボイジャー1号、2号の設計寿命は5年だったことを考えると、こんなに長い間がんばってくれているのは奇跡に近い状況である。
1_e
地球から244億km先の遠く離れた宇宙空間にいるボイジャー1号 / image credit: NASA/JPL-Caltech

起死回生の1手にボイジャー目覚める!

 ボイジャー1号はすでに太陽圏を脱出しているので、壊れたメモリを交換することはできない。

 そこで技術チームは起死回生の一手を考案した。

 壊れたメモリに保存されるはずのコードをいくつかに分け、FDSのまだ機能している場所にバラバラに保存するという大胆なアイデアだ。その上で分散したコードを連携させて使用すれば、これまで通り機能してくれるはずだ。

 嬉しいことに、この勝負手は功を奏した。コードを移植してから、FDSにいくつかのタスクを実行させてみると、きちんと処理してくれたのだ。

 そして4月20日にボイジャー1号から返ってきた返事は、ちゃんと理解できる言葉だった。

 ボイジャー1号がデータの一部を正常に送信したことを確認したNASAジェット推進研究所の技術チームは喜びに沸き返った。

 研究チームの一員であるリンダ・スピルカー博士は「しばらく離れていた古い友人に再び会えた気分だ」と語ったという。
2_e
4月20日に届いたボイジャー1号からのメッセージに沸くNASAジェット推進研究所の技術チーム / Credit: NASA/JPL-Caltech

奇跡の復活を遂げたボイジャー1号

 この復旧処理はまだすべて終わったわけではなく、まだ残されている機能していないコードもまた同じように処理する必要がある。

 それでも、ボイジャー1号の健康状態とシステムをチェックすることはできるようになった。

 ほかのコードも安全な場所の移植してやれば、ボイジャー1号はまた元通りに太陽圏の外で見たものを地球に伝えてくれるはずだ。

 とはいえ、この作業には数週間かかるかもしれない。なにしろ地球から語りかけても、電波が届くまでに22時間(つまり光の速さで22時間)かかり、そこから返事が来るまでさらに22時間かかる。

 たとえボイジャー1号が正気を取り戻したとしても、地球上での会話のようにはいかない距離なのだ。
3
ボイジャー1号が1990年に捉えた地球の姿。画像は最新の画像処理ソフトウェアや技術を使用してアップデートされたもの/Credit: NASA/JPL-Caltech

ボイジャー1号の功績

 ボイジャー1号が打ち上げられたのは、1977年9月5日のことだ。1979年3月に木星を、1980年11月に土星を通過し、こうした惑星について貴重な情報を伝えてくれた。

 こうしたミッションの後も宇宙の一人旅を続け、2012年にはついに太陽圏を離脱した。

 今現在は、太陽とほかの恒星との間に広がる「星間空間」を旅しているが、太陽系の一番外側を包む「オールトの雲」にはまだ到達していない。

 50年以上も働き続けたボイジャー1号おじいちゃん、すでにいくつかの科学観測装置は停止している。

 そしてそう遠くない未来、さらに多くの機器が動かなくなり、2030年代半ばまでには力つき、永遠の眠りにつくことになる。

 これまで人間のために献身的に働いてくれた老いたボイジャー1号だが、それでもなおミッションは続く。

 なんたって双子のボイジャー2号とともに、地球の生命や文化の存在を伝える音や画像が収めらたゴールデンレコードが搭載されている。
000
 宇宙のどこかにいる地球外知的生命体や未来の人類がそれを見つけて解読することが期待されているのだ。

References:NASA’s Voyager 1 Resumes Sending Engineering Updates to Earth / NASA’s Voyager 1 Resumes Sending Engineering Updates to Earth – Voyager / NASA Restores Communications with Voyager 1 - Universe Today / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
うれしいニュース再び!ボイジャー1号が正気を失っていた原因を特定、元気になれるかも


うれしいニュース。ボイジャー1号が一時的に意識を取り戻す。奇跡は起きるのか?


復旧したら奇跡。異変が生じたNASA探査機「ボイジャー1号」が瀕死の状態


NASAの探査機「ボイジャー1号」に異変。意味不明な言葉を繰り返す


ボイジャー2号からお返事キター!太陽圏を離脱して通信が途絶えていたが7か月ぶりに交信に成功(NASA)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 20:17
  • ID:HYp3qWw30 #

ボイジャー、あなた疲れているのよ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 20:21
  • ID:0W2S7PbU0 #

うおおおおー つ い に 復活!! NASAの皆様お疲れさまでした
復旧して良かった良かった
前回か前々回の記事yahoo newsにも出ててフフってなったなw
でもまだ1光日の距離まで飛んでないんだな。
まあ 遠くなるほど復旧とか難しくなるからなー

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 20:24
  • ID:gwfnmnNg0 #

いつのまにかにボイジャー1号に私の歳が抜かされたわ

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 20:28
  • ID:VdbqPf.Y0 #

元気になってよかった……

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 20:33
  • ID:1X.vrao30 #

ドラえもんやのび太みたいに学校帰りにフラッと
宇宙に行って銃撃戦して帰ってこれる時代は
まだまだ先になりそうだな・・・。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 20:36
  • ID:BNMaedeJ0 #

健気で泣けてきた

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 21:13
  • ID:SadVCBd.0 #

よくそこまで頑張れたな、俺はいまだに上司と姑の言っていることが理解できない

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 21:59
  • ID:5KMGaTo80 #

設計寿命5年の探査機が50年近く経った今も240億km先からデータを送ってるなんて奇跡というかロマンだね

9

9.

  • 2024年04月24日 22:18
  • ID:Dh4kTZbk0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 22:19
  • ID:t7X8RFjq0 #

まだ50年経ってないよ

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 23:33
  • ID:e1sjhikU0 #

こんな丈夫な探査機、今作れるんだろうか?
性能は上がってるかも知れんがこの丈夫さを越える方向で技術が進んでる気が余りしない

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 23:52
  • ID:Ri1xKTHk0 #

メモリの3%の故障ということは老朽で物理的に壊れていることだから
これからも壊れ続ける

つまり復旧作業が終わることはない

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 01:55
  • ID:orhaNflK0 #

ヴォイジャーといいはやぶさといい、関わった方々全員スゲーなという感想しかない

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 03:16
  • ID:gbF7UgBT0 #

だいじょうぶだ・・・・
おれは しょうきに もどった!

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 04:54
  • ID:gFyglc.A0 #

メモリの一部が破損してたんだっけ
しかも大昔の機械だからコードを作るのも専門チームでも難しかったそうだね
なんにしてもめでたい

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 05:56
  • ID:egmlFVis0 #

正気を失うとか正気を取り戻すとかの表現好きw

17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 07:20
  • ID:yTiHpEAB0 #

ゴーストが宿ったのじゃ

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 09:43
  • ID:dUM.IJNf0 #

ツイッターで直せばいいじゃないかっていう人がいたけど遠いから無理なんだよ、
遠隔で何か操作することは可能かもしれないけど

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 10:22
  • ID:EkJR.bJJ0 #

>>3
成仏して…

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 11:05
  • ID:.k2KKiYR0 #

ボイジャーとまた交信出来るようになったのはホントにスゴい。
ところで、彼はどんなデータを地球に送ってくれるんだろう??大昔のマシンだから、現在地の座標くらいなのかな。
…でも、ボイジャーの姿を確認することは誰にも出来ない。もしかしたらジャックされていて、それとなくボイジャーを使って地球の様子を伺う宇宙的知的生命体が…!?
ふふふ…ロマンがあるなぁ。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 12:08
  • ID:WJFMevfk0 #

>>14
フラグを立てていくぅ

22

22.

  • 2024年04月25日 13:11
  • ID:yTiHpEAB0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 14:51
  • ID:N4VuISYB0 #

>ボイジャー1号はすでに太陽圏を脱出しているので、壊れたメモリを交換することはできない。

このくだりでちょっとクスッと来た。
太陽圏内でもまず無理だ。

24

24. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 16:49
  • ID:1qXYIQbO0 #

ボケてブツブツつぶやくだけだった母ちゃんに一所懸命話しかけてたら
30分ぐらいで私の顔を思い出して数分ぐらい会話ができたことを思い出した
すぐに脳が疲れたのかそれきり、コロナでその後は危篤になるまで会えなかった
ヴォイジャーは一時的なものじゃないといいね

25

25.

  • 2024年04月25日 17:31
  • ID:Biuzttnn0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 20:45
  • ID:Qoxj1w1B0 #

>>20
私も異星の民にハックされたのでは?と思ったから、仲間がいて嬉しいw

そして、「ジャック」と「ハック」の違いを調べて、この場合は「ジャック」のほうがふさわしそうと知ることができて嬉しい。
※20のおかげ。ありがとね!

27

27. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 21:35
  • ID:lUuHP1HY0 #

正常な信号をキャッチした時は、携わってた人本当にヤッター!!!って感じだったろうね。
信号の往復の時間を考えたら、やみくもなトライはできないだろうし、すごい頑張ったんだろうなー。
ボイジャー1号にはまだまだ頑張ってもらって、私たちにたくさん話題をお届けしてほしいよ。

28

28. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 21:46
  • ID:6a8bqavG0 #

>>15
FORTRAN V(IBM製から派生し、別会社が自社製品の為に手を入れた物。1968年)とアセンブラだそうで。
いやはや…

29

29. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 22:42
  • ID:ZWQO.56s0 #

えっまだまだ現役か!我々はまだ頑張れなければな!

30

30. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 22:54
  • ID:ZWQO.56s0 #

えっ俺の方が先輩だ!まだ動かなければ!!

31

31. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 00:06
  • ID:huuW.omB0 #

正気を取り戻しw

32

32. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 13:04
  • ID:b6oYpfwe0 #

>>8
すでに4億kmプラスされて244億km先になってる。

33

33. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 13:25
  • ID:MNVVa9zW0 #

究極のリモートワークな気がするこれ

34

34. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 14:50
  • ID:vKT9RxK50 #

ボイジャー1号帰還(何者かによって送り返されて来る)という映画のロマン溢れる"設定"は面白かった
内容はつまらな過ぎて跡形も無く記憶から消え去っているけれど…

35

35. 匿名処理班

  • 2024年04月26日 18:24
  • ID:V0T3B.Su0 #

原因が判明した段階で直れば奇跡と言われていたのに、
その奇跡を成し遂げるとかNASAの技術者はやっぱりすごい

36

36. 匿名処理班

  • 2024年05月05日 22:28
  • ID:DUGUpAxn0 #

JAXAが打ち上げた月探査機も不時着に近い着陸がケガの功名で設計以上の耐熱性を発揮してる様なので
ボイジャーも設計をよく読みこんだ技術者がプログラムを分割できる可能性があると発見できたのは驚嘆に値するね

37

37. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 07:00
  • ID:5AbrvqWp0 #

>>23
地球に近い軌道ぐらいじゃね せいぜいハッブル宇宙望遠鏡の軌道ぐらいまででしょうね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links