死の床にある女性に料理を届けたレストラン
 今年2月、アメリカのウェストバージニア州に住むヘザー・バウワーズさんは、3年半にわたるがんとの長い闘いの末、最期の時を迎えようとしていた。

 ヘザーさんには最期に一つだけ叶えたい願いがあった。ノースカロライナ州にあるお気に入りのレストランのポークプレートを食べることだ。

 だが自宅からレストランまでは車で最低6時間はかかる。ヘザーさんの願いを知った親友のメアリー・シモンズさんは、ダメもとでレストランに連絡を取ってみることにした。すると、店主が大急ぎで料理を届けに来てくれたのだ。

末期がんと闘う二児の母が最期に食べたいと願った料理

 ヘザーさんにがんが見つかったのは、今から3年半前のこと。その時点で既にステージ4だったヘザーさんは化学療法を受けることになった。

 だが良い結果にはつながらなかった。2人の子供の母親でもあるヘザーさんは、3年半という長い日々を、必死にがんと闘い続けたが、とうとう力尽きる時が来てしまったのだ。

 死期を悟ったヘザーさんは、最期にもう一度、お気に入りの観光地、ノースカロライナ州のアウター・バンクスにあるレストラン「Mama Kwan’s Grill & Tiki Bar」のポークプレートが食べたいと願った。


↑ヘザーさんと子供たち。ヘザーさん自身によるFacebookへの投稿より。

レストランに連絡を取ってみたところ店主が届けてくれることに

 2024年2月23日、彼女の願いを知った親友のメアリーさんは、何とか望みを叶えてやりたいと、そのレストランに電話をかけてみた。

 すると、レストラン店主のケヴィン・シェリーさんは、メアリーさんの話を聞くと、ウェストバージニア州までの料理を届けてくれるという。

 店主の行動は迅速だった。その日の夕方にはもう、ヘザーさんが最期の時を過ごしているホスピスへと車を走らせていたのだ。
お客さんのために長距離ドライブをすることくらい何でもない。この話を聞いたら誰だって同じことをしたと思います。
 そう語るシェリーさんだが、ホスピスまでの道のりは辛く長い道のりだった。
道のりの半ばで、私はラジオを止めざるを得ませんでした。そして自分に言い聞かせたんです。

こんな顔で彼女のところへ行ってはダメだ、アウター・バンクスの明るい日差しを届ける気持ちで行かなくては
20240412_234437 (6)_batch

店主が笑顔と一緒に料理を持って到着

 6時間のドライブの末、シェリーさんは無事ヘザーさんにポークプレートを届けることができた。

 運転中に決意した通り、シェリーさんは飛び切りの明るい笑顔で、ヘザーさんのいる部屋に入っていったという。
20240412_234437_batch
 残念ながら、ヘザーさんは翌日の夜に帰らぬ人となった。この食事が最期の晩餐になったが、それは彼女の最後の願いが叶ったことを意味する。

 30年来の親友の、最期の願いを叶えることができたメアリーさん。取材を受けた彼女は、シェリーさんへの感謝と感動を語っている。
シェリーさんとレストランスタッフの行動は、この世界にはまだ本物のやさしい人たちがいることを教えてくれました。

 より多くの人がこの話を目にすることで、優しさが広がっていくのではないでしょうか。それは希望なんです。

 シェリーさんはヘザーを笑顔にしてくれました。それは、彼女が人生の最期に浮かべた笑顔の一つだったんです。
20240412_234437 (2)_batch
 なお、シェリーさんはヘザーさんに遠いところから料理を届けてくれただけでなく、このホスピスへ、できる範囲の寄付を申し出たそうだ。

 これがヘザーさんが食べたがった、Mama Kwan’sのポークプレートだ。
pork-plate_e
 メニューを見ると、お刺身やマグロのたたきといった和食風の料理まで提供されているようだ。そのほかタイ料理やハワイ料理、中華料理などバラエティに富んだメニューが味わえるらしい。

 しかもどれも美味しそう。さらにこんなステキなオーナーがいるとなれば、ヘザーさんが最期にこのレストランの料理を食べたいと熱望したのもわかる気がするんだ。

 今回の心温まる出来事を伝えるニュースはこちらから。
OBX restaurant fulfills W.Va. woman’s dying wish

References:North Carolina restaurant fulfills woman’s dying wish / written by ruichan/ edited by parumo

あわせて読みたい
余命わずか、最期にもう一度競馬を見たい。男性の願いがついに叶う時(オーストラリア)


ホスピスで最後の医療を受けているおばあさんの唯一の願いは「死ぬまでに子猫をぎゅっと抱きしめたい」だった。その夢が叶う瞬間。


「キャラメルサンデーが食べたい」 患者の最期の願いを叶えるため救急車でマクドナルドに立ち寄り、その夢を叶える救急隊員(オーストラリア)


余命いくばくもないおばあさんの最後の願いは「最愛の馬に別れを告げること」。その想いが実現した感動の瞬間


「最後にもう一度だけ、愛犬に会いたい」そして男性は星となった。

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 15:11
  • ID:KDWMx20w0 #

間に合ってよかったなあ
殆ど食べられなかったとは思うけど心は満たされたはずや

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 15:29
  • ID:mTu9WUaH0 #

届けるだけでなく、笑顔でやってくれるって凄いわ。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 15:47
  • ID:SvnZIaX10 #

世界がこんな優しさでいっぱいだったらなぁ……(´;ω;`)

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 15:47
  • ID:QPY8USeM0 #

すごいなぁ…
遠方まで料理を届けてくれたってのもすごいけど
頑張って「笑顔で」届けたというのが本当にすごい。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 16:00
  • ID:Y1fq9RWW0 #

この記事を読んで、涙がとまらない。

6

6.

  • 2024年04月18日 16:14
  • ID:uoCM3rV30 #
7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 16:15
  • ID:V.FN.sGL0 #

ええ話やなあ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 16:18
  • ID:m4bQFDh10 #

本当に自分の最期を悟っていたんだろうな。親友もレストランの方も即行動に移して暖かく対応されて、しかも笑顔で明るく振る舞ってあげられたのがすごい。
きっとこの方も今際の際で願いが叶って救われたと思う。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 16:28
  • ID:g4uJ4nyk0 #

自然と涙が出てしまうほどいい話だ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 16:32
  • ID:EbNbRU7A0 #

記事タイだけで泣けた
旅立つ側と見送る側の最高のwin-winだ

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 16:41
  • ID:KfdYu2yB0 #

人生の最後に食べたいなんて言われるなんて料理人にとってすごい名誉なことだよね
その人の人生で1番美味しかった料理ってことだもんな

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 16:43
  • ID:n0a7YxKP0 #

6時間というと日本では東京から大阪からの距離であり
タクシーだと20万円、自家用車だと約15000円
更に同じ距離をウーバーイーツの自転車で運んだ日には
途中宿泊施設や休みを入れると3日後となりなんと44時間後
これだけの距離を運ぶってすごいぞ

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 17:05
  • ID:J9elSPbZ0 #

メディアは悲しいニュースだけでなくもっと心暖まるニュースを届けてくれ

14

14.

  • 2024年04月18日 17:17
  • ID:ReRifMRB0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 17:42
  • ID:dsBHywZe0 #

本当の最後のお願いを叶えたいっていう気持ちを理解できる素晴らしい人だ
わしは義理の姉が若くして手の施しようがなくなって最後の帰宅をしたときに「久しぶりの家やで、ゆっくりしなよ」って言ったら「まだやりたいこといっぱいあるんや、悔しい」って
本人にはゆっくりする時間も気持ちも何もかも残されてないのに、本人の気持ちも考えずに、なんて軽率なことを言ってしまったんや って今でも後悔してるクソ野郎よ
最後を迎えるまでにいっぱい笑顔で過ごせて、最後だからこそ笑顔が見れるように皆で頑張って って、そりゃあ素晴らしいことよね

16

16.

  • 2024年04月18日 17:44
  • ID:gtxSTb4d0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 18:03
  • ID:AWfLal7G0 #

たとえ心の中では依頼者が置かれた現実のつらさに泣いていようと、自分は料理だけでは無く来店時の楽しい雰囲気や思い出も届けるのだと明るく笑顔でデリバリーにきたシェリーさんは真のプロであり真の優しさを知っている人だな。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 19:00
  • ID:Pb0WyQjA0 #

>>15
あなたは義理のお姉様が、最後を心安らかに過ごして欲しいと思って声をかけたのだと思います。
相手のことを考えて動いたのは、このレストランの方と同じではないかと。しかも、今でもお姉様のお気持ちに添えなかったかもしれないと思っていらっしゃる。
横から偉そうにすみませんが、私はとても素敵なことだと思いましたよ。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 19:05
  • ID:KIRbjHGy0 #

ライト兄弟国定公園の付近
キルデビルヒルズとかナグス・ヘッドなどは海と長い長い浜の連なりなのですね
記憶の光景ごと届いたプレートが今目の前にある
本当にある

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 20:20
  • ID:u1DtcWYN0 #

明日にでも届けます、じゃなくて ほな今から行くわ! だったからこそ間に合ったと思うと奇跡の1日だったんだろうなと思う

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 21:47
  • ID:T37EVHiR0 #

>>13 カラパに助けてもらわないと、やってらんないよホント!

22

22. 匿名処理班

  • 2024年04月19日 00:08
  • ID:C0GpSahG0 #

>>11
高級レストランじゃなくて普通の定食屋さん的なのがまた沁みるんだ

23

23. 匿名処理班

  • 2024年04月19日 03:07
  • ID:K.PE4ZcQ0 #

>>18
どうもありがとうございます、ずっと涙で前が見えんかった
例えば皆様、身近に病床に伏している方などがいらっしゃいましたら、どうかその方が思い描いている夢や希望ができるだけ多く叶うように、どうか手助けしてあげて下さい
末期で体が動かなくなればなるほどに、やり残した事への後悔、残す家族や子供の将来の心配等が大きくなりますが、本人がやりたいこと、皆にしてあげたいことがたくさんあっても、もう体が動かないのです
恥ずかしながら当時の私には、当の本人に残された時間はといえばその1秒1秒がとても大事な、かけがえのない時間だという事への理解が及ばなかった、想像できていなかったというのもあり、いずれその時がく来るであろう皆様に、自分と同じような後悔をしてほしくないのです
でもこの親友のメリーさん、レストランオーナーのシェリーさん、レストランスタッフの方々、皆がヘザーさんのかけがえのない最後の時間を理解してた
だから皆が皆、とても素晴らしく、とても綺麗な笑顔を見れたに違いないね(*´Д`)

24

24.

  • 2024年04月19日 07:47
  • ID:.w71ctvZ0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2024年04月19日 11:12
  • ID:v9iwHWih0 #

アメリカは親切な人多いよ
特にご老人
都市部以外ではかなり多い
それはまるで日本の田舎...

26

26.

  • 2024年04月19日 14:16
  • ID:jA8XJm7n0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 15:45
  • ID:PJcWAeDu0 #

料理の味だけでなく、アウター・バンクスの明るい日差しを感じられただろうな

28

28. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 17:49
  • ID:aU5bKD2E0 #

マジで美味そうやな

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links