藻類からソーラーパワーをもらい、切っても死なない驚くべき無腸動物の世界
 海の中は、地球に残された最後のフロンティアだとも言われている。そこにはまだ、我々の想像を超えた生き物たちが生息していて、チートなスキルで疑似的な不死を実現していたりする。

 例えば無腸動物の無腸目(Acoela)は、プラナリアと同様に身体を真っ二つにされても死なずに増殖し、体内に取り込んだ藻類に光合成をさせて栄養をもらい、餌を食べなくても生き延びる。

 人類がどれだけ夢に見てきたであろう不老不死やクローンを、あっさり実現してしまっている驚異の生き物なのだ。
These Solar-Powered Carnivorous Flatworms Divide and Conquer | Deep Look

腸がない!お尻もない!でも食べるのは一人前

 海底のサンゴや岩の上に貼りついている、このコーンフレークみたいな平たいヤツ。彼らは無腸動物の無腸目(Acoela)の仲間だ。

 この無腸類、現在確認されているだけで、約400もの種類があるらしい。体長はだいたい2伉度だが、中には15伉度になるものもいるようだ。
20240406_172626_batch
 名前の通り、腸がないのが特徴だが、正確には腸だけじゃなく、脳や呼吸器、肛門なんかもないらしい。かつてはプラナリアやヒラムシといった扁形動物の仲間とみなされていたそうだ。

 彼らは小さいなりに凄腕のハンターであり、自分よりさらに小さな生物を狙ってパクリと食べてしまう。

 餌は口から食べるのだが、肛門がないので排泄物もやはり口から排出する。うーん、キスはしたくないよね。
8lsmmk

体内に藻を取り込んでガーデニング

 また、彼らの仲間にはガーデニングをするものもいる。下の画像の赤い部分は無腸類自身の細胞だが、さらに小さい緑がかった点々は、実は体内で共生している藻類なんだとか。

000

 彼らは太陽光を浴びることで体内の藻類に光合成をさせ、その産物である糖を栄養として受け取っているわけなんだ。

一度切ったら3倍に増える?

 もう一つ、無腸類の興味深い特徴を見てみよう。彼らはプラナリアのように、身体を真っ二つにされても数分後には傷口がふさがってしまい、数日で新しい頭や尾が再生してくる。
no title
 いや、別にわざわざ切ってもらわなくても、かれらは自分で尻尾を落として再生する。

 しかも下半身の方には、新たに二つの頭が生えてきて、やがて分離することで2匹の無腸類が誕生する。つまり1匹を上下に切断すると、3匹の無腸類が誕生するわけだ。

 ここで活躍するのが、上で説明した藻類だ。完全に再生するまでの間、彼らは藻類が光合成で作ってくれる栄養分で生き延びる。

 エサがなくても光さえあれば生きることができ、真っ二つにされても死なないどころか増殖する……となると、これはもうソーラーパワーで不死を実現した驚異の生き物…と言ってもいいかもしれない。
20240406_172627 (8)_batch
 こうやって見てくると無腸類はなんとも興味深い生き物であるが、アクアリストたちにとっては困ったちゃんになることも。海水水槽にサンゴや海藻、リビングブロックなんかを入れた際、紛れ込んできて大発生したりするのだ。

 大雑把に言ってしまえば、淡水水槽に発生するヒドラやプラナリアみたいなもんである。つまり水槽の中のお邪魔虫。

 しかも身体が小さ過ぎるから、プラナリアみたいに切って増やしてなんて実験もしにくいんだよね。顕微鏡があれば興味深く観察できると思うけど。

 ブラインシュリンプ(アルテミア)を与えると喜んで食べるみたいなので、もし水槽の中で発見したら、ペットとして飼ってみるのもいいんじゃないかな。もしかしたら新種だったりするかもしれないし。

written by ruichan/ edited by parumo

追記(2024/04/09)記事の説明の一部にあった画像を追加して再送します。
あわせて読みたい
全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)


切っても切ってもまた生まれる、プラナリアの恐ろしい再生能力を検証した映像


別種の頭と脳に変えても適応してしまう!?プラナリア驚愕の能力が判明(米研究)


戦いに勝ったほうがオス、負けたほうがメスとなる両性具有生物「ヒラムシ」の交尾映像


動物でも光合成ができる可能性が。血管に藻類を注入することで細胞に酸素を供給できることが判明(ドイツ研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 22:52
  • ID:B0d.61J40 #

「下の画像の赤い部分は無腸類自身の細胞だが」とあるけど、画像がない。おそらく、動画の2:22辺りのことかと思うけど。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 23:53
  • ID:3Ii.IWOe0 #

ヨっちゃんイカ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 07:41
  • ID:MFMDrZMx0 #

無腸動物に転生した俺、チートスキルでのんびりスローライフを送る

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 10:47
  • ID:UQiDKm3m0 #

もし食用として利用できるなら
安価なコストで大量生産が可能な夢の食料になり得る?

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 10:52
  • ID:jklwbDmz0 #

生きの良いファルファッレ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 12:32
  • ID:6gu6.W.20 #

>>4 味はなくていいから、クラゲより栄養があるといいな!

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 12:42
  • ID:jIZHFxkQ0 #

クラゲやサンゴ、イソギンチャクのような腔腸動物と同じように肛門がない生き物
サンゴは褐虫藻という藻類と共生しているし似たような進化をしているんだろうね

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 16:08
  • ID:7yM6qzFc0 #

ちぃーとも知りませんでしたわ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 16:41
  • ID:Mx.QVQvh0 #

そう、無腸動物は以前はプラナリアと同じ扁形動物の一種だと考えられていた
扁形動物は前口動物なので、昆虫やイカタコなどと同じで我々人間とは遠い動物
しかし最近になって珍渦虫と近い事が分かって珍無腸動物という一つのグループになった
珍渦虫は実は後口動物なので、ウニや我々人間に近い動物
なので無腸動物もこんな見た目ながら我々のご先祖様の親戚だったりするかもしれない

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 18:28
  • ID:7yM6qzFc0 #

生きてるグミ

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 19:30
  • ID:jIZHFxkQ0 #

>>9
>一時、珍渦虫の遺伝子解析の結果から、これが後口動物に属する独立門とされ、珍渦虫動物門が含まれることになったが、後の解析の結果、無腸動物とともに珍無腸動物門を構成し、前口動物と後口動物を合わせた有腎動物(英語版)と姉妹群に当たるとして、後口動物から外れている。
もうちょっと遠い親戚なのかね?
遺伝子解析ってすごいね

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 21:42
  • ID:igTeaFlt0 #

チーズあられ

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月11日 09:20
  • ID:ugHm0hxe0 #

>>4
動物タンパクと植物タンパク同時にとれるのか
ミドリムシみたいに

14

14. 無腸類

  • 2024年04月11日 14:03
  • ID:opcq0EpQ0 #

おまえら好き勝手言いよって

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月12日 14:50
  • ID:AQQGlDVO0 #

>>11
口がどこから発生するか(前口動物・後口動物)と、肛門を作るかどうか等の形質は後から割とフレキシブルに変更される事があるようで、あまり決定的な違いじゃない場合があるようだね
我々いわゆる「動物」の遠いご先祖がどういう所からどういう進化をしてきたのかとても興味深い

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links