女性のための女性による自動車整備工場
 自動車整備工場の整備士というと男性を思い浮かべる人がおおいだろう。だが社会が多様性を受け入れつつある今、アメリカ、ペンシルベニア州に全米初となる女性経営者および女性スタッフによる女性のための自動車整備工場が誕生した。

 この整備工場で働くのは全員女性。女性のための実践的なメカニック・ワークショップのほか、車の修理中にネイルやペディキュアサービスを提供してくれるという。

女性による女性のための自動車整備工場を立ち上げた女性

 ペンシルベニア州に住むパトリス・バンクスさんは、有名な化学メーカー「デュポン」で働いていたが、車の修理の仕方を学ぶために仕事量を倍にして、整備士の夜間学校に入学した。

 18歳や19歳の男性ばかりのクラスで、30歳のバンクスさんは唯一の女性だった。やがて企業を辞め、地元の整備工場でボランティアとして働いた。

 その後、2013年に同州アッパーダービーに「ガールズ・オート・クリニック(以下GAC)」を立ち上げた。
 GACのサービスは、女性のための女性の修理チーム"シーカニック(shecanics) "によって行われる。

 車のケアをしている間、ここではセルフケアも可能だ。

 シーカニックチームがオイル交換やタイヤのローテーション、エンジン警告灯の確認や不具合の原因究明など通常の自動車サービスを提供している間、顧客は待ち時間に無料WiFi、スナックや飲み物、数え切れないほどの本、ネイルサロン「クラッチ・ビューティー・クリニック」でのネイルとペディキュアまで楽しむことができるという。

自動車修理工場と美容院を組み合わせたアイデアは成功

 この自動車修理工場と美容院の組み合わせはバンクスさんの発案によるものだそうだ。

 整備士になろうと思ったきっかけは、男性のぼったくり整備士に利用されないよう自身を守るためだった。
当時、私とデュポンで一緒に働いていたガールフレンドは、昼休みに自動車整備工場に来て車を置いて、待っている間に隣の店でネイルをしてもらっていました。

そこから、この2つを組み合わせるというアイデアが生まれたんです。
 GACは、この種のものとしては全米初となり、カーケア会員、カーケア教育クラス、自分で技術を学びたい女性のための実践的なメカニック・ワークショップを提供している。

 そうすることで、車の知識も増え、過剰な請求にも毅然と対応できるようになる。
 バンクスさんにとって最大の優先事項は、顧客に安心してもらうことだ。
そのための主な戦略は、シンプルで透明性のあるコミュニケーションです。

メカニックが車を覗いて確認すること、たとえば異音や異臭、見るからにそれとわかる変形や破損、いつもと違う感じなども、そうしたコミュニケーションがあれば顧客もわかるようになるんですよ。

人々は、特に女性はガードを固めてやってきます。信頼してもらうためには、その警戒心を解かなければなりません。

だから1番大切なのは、きちんと顧客の話を聞いて意見を尊重すること。

顧客が自分と話しているとき、目を見て会話をすること。

そして、顧客に気持ちよく修理やメンテに見合ったお金を支払ってもらえるようにすることです。

多様性と男女平等を認める社会の第一歩

 バンクスさんのビジネス・アイデアは唯一無二かもしれないが、これは大きなトレンドの一部だ。

 現在、自動車修理業界に参入する女性は前よりずっと増えている。

 労働統計局によると、1999年には自動車修理業界に占める女性の割合はわずか1.4%だった。それが2022年には12%を記録した。

 多様性が広がり、職に対する男女の偏見をなくす社会に向けての第一歩として、バンクスさんはビジネスで成功を収めている。
TEDx: How I Plan on Disrupting the Automotive Industry in my Red Heels - Patrice Banks

References:This all-female auto shop let's you get a mani-pedi while your car gets a tune-up / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
自動車整備士が遭遇した驚くべき14の修理案件


ウクライナの自動車整備士がコツコツと組み立てたロボット


修理工場に持ち込まれた汚部屋ならぬ「汚車」


作業場でもめていた男性が全員奈落の底に!突如地面が崩壊


屋根の上で巨大な猫が踊る!?面白動画がSNSで大ウケし有名になった自動車整備工場

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年03月29日 16:09
  • ID:i8MyM33u0 #
2

2.

  • 2024年03月29日 16:09
  • ID:0LePyAfC0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月29日 16:48
  • ID:n.9RsdaT0 #

自分の知識が及ばない業種のぼったくりはどうしようもねえよな…(被害者談)

4

4.

  • 2024年03月29日 16:59
  • ID:3Wnot7uU0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月29日 17:15
  • ID:VItl4.C30 #

自動車関連は男女関係なくカモが多いよな
俺も数年前にネクステージで欲しい新古車の見積もりもらったことあったんだけど、走行距離40kmって書いてあって、いくら新古車でも多くない?実際の走行距離いくつなの?ってくどいくらい問いただしたら100km超えてるって答えが帰ってきたわ
他にも説明にない要らないオプションが付いてたりいろいろ…よくわからない&興味ない人はこういうのをそのまま買っちゃうんだろうなぁ

6

6.

  • 2024年03月29日 17:30
  • ID:twO9qq4L0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月29日 18:15
  • ID:4Z.MEA380 #

>>5
いや、新古ってのは「名義を登録してしまった(主に販売店など名義で)が、ほぼ新品ですよ」ってだけだから、距離は定義じゃないんよね。極端に言うと、愛知のお店から千葉のお店に仮ナンバーで自走で届ける(ネットでクルマをチェックして、系列店だったので、他県の系列店が取り寄せるといった場合)ケースでも、新古車と言える。さすがに店の在庫として抱えたまま何千キロもあっちこっちへ走りはしないけども、1000キロ以下くらいなら普通にあるんですよね。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月29日 18:23
  • ID:4Z.MEA380 #

性別問わずだけど、「男だから(女だから)知らないだろうから」でボラれたりってのは、いろんな所であるよね。男性が1人で初めて化粧品を買いに行ったら、店員が「これも必要なんですあれも必要なんですこれもあった方が良いですこれも良いですよ」と、人によっては要らないものまでてんこ盛りで買わされる感じというか(これは女性でも全然あるけど)。結局自分で知識をつけるしかないんだよなぁ。でもその知識も、自分の失敗から学ぶことが非常に多く…と自戒を込めて。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月29日 18:32
  • ID:a9oPHVfR0 #

信頼できる業者さんが見つかればいいんだけどね
長年お世話になってる業者さんがいる人ならいいんだけど、まあ(ネット以外の)口コミで評判のいい業者さんにとりあえずお任せするにしても、ある程度のコミュ力必要になるし

10

10.

  • 2024年03月29日 19:43
  • ID:zsaVXfdA0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月29日 20:14
  • ID:LaNe.iBl0 #

ビッグモーター事件もあったしねえ
警戒するに越したことはない……んだけど専門じゃないと何がボッタクリなのか分からないのも事実
ボッタクリだーって騒いだ結果出禁になって詰んだらさらに悲惨だし

12

12.

  • 2024年03月29日 22:39
  • ID:3Wnot7uU0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月30日 02:14
  • ID:uo3LiLCz0 #

無理なセールスや悪徳な商売して不審がられても相手が女ならちょっと強気で怒鳴れば黙ると思って無茶を言う人がいるからね…
何にしても選択肢が増えるのは良い事だと思う

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月30日 07:05
  • ID:GSX9U8Sl0 #

初めから男性客を切り捨てるのは(極論だけど)半分売上げを捨てるようなものなのに、10年続いているのか。すごいね。

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月30日 08:32
  • ID:gSM.eTeW0 #

丁寧な仕事をぼったくりととる人は以外と多いし中小だと格安店に負けがちだし難しいよねぇ

地元民と焼きそばパーティしてた整備会社とかもあるし、各社リピーター確保に苦労してるみたい

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links