ハクトウワシが車のエンブレム状態に
 アメリカで走行中の車に、ハクトウワシが衝突し、フロントグリルに挟まれてしまうというアクシデントが勃発した。

 ハクトウワシは翼を広げると2 mを上回る大型のワシで、アメリカの国鳥として国章にも描かれているほど神聖な鳥として扱われている。

 幸いなことにこの後ハクトウワシは、安全に救助され自然に戻されたようだ。

ハクトウワシが走行中の車に衝突

 アメリカ、メリーランド州カルバート郡で3月9日未明、動物管理局が、国道4号線を走っていた車の運転手から、誤ってハクトウワシと衝突したという通報を受けた。

 運転手がすぐに車を停止させ、様子を見に行ったところ、ハクトウワシはまだ生きていた。それにほっとしたが、車のフロントグリルに挟まってしまい抜け出せないでいたという。

ハクトウワシを救出、自然に返す

 動物管理官であるハンナ・ニールさんはハクトウワシを救うためすぐに現場に急行した。そこで見たのは、車の巨大なエンブレムのように、フロントグリルを覆っているハクトウワシの姿だ。

 ニールさんはカルバート郡保安官事務所と協力しながら、ハクトウワシを安全にグリルから取り外すことに成功した。
1
 ハクトウワシの体を入念に検査したところ、怪我もなく健康状態も良好であることがわかり、すぐに野生に戻された。

 ハクトウワシが無事で本当によかった。ハクトウワシには申し訳ないが、車の生きたエンブレム状態になっている姿がちょっとカッコよく見えてしまった。

written by parumo
あわせて読みたい
風力発電会社がワシ150羽を殺害したとして有罪に。罰金10億円


ハクトウワシが絡まり合ってストリートファイト。警察官が介入する珍事が勃発


石を卵と間違えて温めていたハクトウワシのオスに託された孤児のヒナ、立派に成長していた!【続々報】


巣から落ちた我が子を生き延びさせるため、上空から餌を落とし続けるハクトウワシの親の献身


華麗なる空中からの狩り!ハクトウワシの脅威の狩猟能力をとらえた映像

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 15:54
  • ID:OxN.5yhe0 #

ロールスロイスに成り損ねました

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 16:08
  • ID:qE9fZX5h0 #

ハクトウもがけば更に深く ハマって自力で抜けられんと申す

3

3.

  • 2024年03月18日 17:05
  • ID:YKFw9pyw0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 18:06
  • ID:vLPsBjaL0 #

良く無事だったなぁ
鳥って骨も軽量化されてるから脆いし車にぶつかって何事も無いとか奇跡やん

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 19:38
  • ID:Y5qaolw20 #

>>2
うまい返しが浮かばんわw

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 22:16
  • ID:CRVeDSxq0 #

ハリアーじゃなかったのか

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 06:46
  • ID:Ry6vYfD20 #

雄牛と衝突するとランボルギーニになるのか

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 13:59
  • ID:L83vDfSu0 #

>>2
漢文や古文の知識があるとユーモアがあるコメントができて、読む方もそれでクスッと笑えるのだから教養として大切なのよね。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links