ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が宇宙最古の「死んだ」銀河を検出
 ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡による天体観測で、宇宙最古の”死んだ”銀河が見つかったそうだ。驚いたことに、その存在は現代宇宙論ではうまく説明できないものだという。

 一体何がそんなに問題なのか? それは「JADES-GS-z7-01-QU」と名付けられた銀河が、あまりにも早く星の形成を止めてしまったことだ。

 宇宙初期には星の材料となるガスがたっぷりあったと考えられる。ところがその銀河は、宇宙が誕生してわずか7億年後に、突如として死に、星を作らなくなったのだ。

死んだ銀河が現代宇宙論に挑戦状を突き付ける

 初期の宇宙には、星を作るための材料がたっぷりとあった。

 ケンブリッジ大学カブリ宇宙論研究所のトビアス・ルーザー氏は、「銀河が新しい星を形成するには、ガスがたっぷりと供給されねばなりません。その点、初期の宇宙は食べ放題のビュッフェのようなものでした」と述べている。

 これまでの天体観測では、星を作らなくなった銀河が登場する時期はビッグバンから30億年が経過した頃だった。

 ところが、JADES-GS-z7-01-QUは、宇宙誕生から10億も経っていないのに、星を作らなくなった。一体何が起きたのか、現在の宇宙理論ではうまく説明できない。

 カブリ宇宙論研究所のフランチェスコ・デウジェニオ氏はこう語る。
初期の宇宙では、あらゆることがより速く、より劇的に起こるようです。銀河の星形成期から休止期への移り変わりもそうなのかもしれません
 JADES-GS-z7-01-QUは、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の強力な赤外線検出機能を利用して、宇宙最初期の天体をおおい隠してしまうぶ厚いちりのベールを透かしたときに見つかった。
1
ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がとらえた最古の死んだ銀河「JADES-GS-z7-01-QU」の姿 / image credit: JADES Collaboration

 この銀河は、ただ最古の死んだ銀河だというだけでなく、これまでに発見された死んだ銀河に比べて、数倍も軽い。

 ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の観測データは、JADES-GS-z7-01-QUが3000万〜9000万年ほどは激しく星を生み出していただろうことを告げている。

 だがどういうわけか、突如として星を作らなくなった。
2
初期の死んだ銀河のいくつかは、クエーサーJ2054-0005のような超大質量ブラックホールの活動によって、星の材料となるガスを失ったようだ(イメージ図) / image credit:ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)

なぜ星が作られなくなったのか?

 星が作られなくる原因はいくつか考えられる。

 1つは、超大質量ブラックホールからの放射線など、銀河の内側で乱気流が発生し、星の材料となるガスが外に吐き出されてしまうことだ。

 あるいは当時の銀河の周囲では、ガスが十分に補充されておらず、材料不足だったのかもしれない。

 だが、JADES-GS-z7-01-QUについては、どちらの線も可能性は低そうだ。現時点の宇宙理論モデルでは、この銀河がこんなにも早く星の形成を止めてしまった理由はうまく説明できない。

 別の可能性としては、「初期宇宙の銀河は一度死に、再び復活する」という仮説も考えられるという。

 だが仮説はあくまで仮説だ。

 もっとも星が活発に生まれていた30億歳頃の宇宙で発見された”死んだ”銀河の研究によれば、一度死んでしまえば、たとえほかの銀河と合体したとしても復活したりはせず、ただ膨らむだけなのだという。

 JADES-GS-z7-01-QUの謎を解明するためには、さらなる観測が必要であるとのことだ。

 この研究は『Nature』(2024年3月6日付)に掲載された。

References:Astronomers spot oldest ‘dead’ galaxy yet obs | EurekAlert! / James Webb telescope detects oldest 'dead' galaxy in the known universe — and its death could challenge cosmology | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
人類存亡の危機?天の川は考えられているよりも早く、近くの銀河と衝突する運命にあることが判明(英研究)


天文学史上もっとも遠い銀河が発見される。宇宙最初期の銀河


宇宙でもっとも明るい銀河は、双子のブラックホールが合体して作り上げている可能性


宇宙からの挑戦状か?ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が深宇宙ではてなマークを発見


宇宙初期に誕生した古代銀河で複雑な有機分子を発見

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 23:32
  • ID:Y9VyWAZl0 #

ジェイムズウェッブ望遠鏡のおかげで高画質のすごい画像が公開されて、まだ全然理解や処理が追いついてないのすごいロマンを感じる
これから何年もかけて、人類はあの膨大なデータを消化していくんだろうなぁ
時々こーゆー真面目なニュースも紹介してくださるのほんとにありがたいです、いつもありがとうございます

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 08:05
  • ID:WSnQsFUh0 #

>>これまでに発見された死んだ銀河に比べて、数倍も軽い。
これが答えのような気がする 軽いと当然ガス等恒星に成る物質が少ないわけで軽いから引き寄せる重力も弱くなるから負の循環になるんじゃないかな

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 08:36
  • ID:v.BvF39D0 #

生物だったらオスが絶滅した結果、残ったメスばかりの群れもやがて絶滅したとかになるけど、雌雄の存在しない銀河が活動を止めたことの驚きよりも、消滅しないことの驚きのほうが大きいかも

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 09:07
  • ID:C5rAG5XY0 #

もしかして星間物質が鉄よりも重い元素で構成されている(核融合反応はこれ以上すすまないらしい)とか?もしそうならそんなガスもちょっと見てみたい。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 10:11
  • ID:a7LwKgIZ0 #

そもそもどの場所も均等と考えるのがおかしい
日本国内で、だって地域によって違いがあるように宇宙だってどの場所も同じ条件って事はない
例えば他より大きな星が多かったらそりゃ数は少なくなる

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 10:20
  • ID:gV8KBsP00 #

ビュッフェって、思わず料理を取りすぎちゃうよね

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 11:50
  • ID:gerlVMpM0 #

同じDNAを引き継いでも無精卵だったり弱い個体がいるのと似てるね
同じ人間でも丈夫な人もいれば若くして亡くなる人もいる
その違いが何かは物凄く色々な理由があると思うけど人によっても違うから明確にはなってない
それを宇宙規模で研究するなんて凄い話だし、超長期的規模の研究なんだね

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 12:39
  • ID:h3kTsVJA0 #

>>2
7.も書いてるように無精卵のような状態ということね

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 15:20
  • ID:mRuAcG3Y0 #

そろそろ138億年前に宇宙が誕生したという話自体に疑問を抱いてもいいと思うんだ。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 18:01
  • ID:37SxftNp0 #

>>9
疑問に思うような材料が出てきたの?
材料がないのに疑問に思っても陰謀論と変わらない

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 18:06
  • ID:sbH3aJG20 #

ダークマターとダークエネルギー密度が
極端に低いんじゃないかねその性で
軽くなり恒星形成が出来なくなった

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 14:32
  • ID:BZMiG1cE0 #

ウォーターメロントルマリンスライスですね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links