20240228_194450_e
image credit:Facebook
 アメリカのオハイオ州シャロンビルで暮らすハンナさんの愛犬ウィルくんは、2019年以来行方不明になっていた。ハンナさん一家は手を尽くして彼を探し続けたものの、5年という月日が流れた今、家族の誰もがウィルくんとの再会をあきらめかけていた。

 だが今年になってハンナさんは、地元の保護団体Clear the Clermont County Animal Shelterが主催するバレンタインデーの譲渡イベントに、ウィルくんそっくりの犬が参加することを知ったんだ。早速団体と連絡を取ったハンナさん。果たして本当にウィルくんなんだろうか。
 ウィルくんが姿を消したのは、2019年10月のこと。ハンナさんはこんなポスターを作り、近所の人たちの協力も得て近隣を捜索したが、ウィルくんが見つかることはなかったんだ。
428614846_358605480350173_5144339539980501156_n_e
image credit:Facebook
 5年の月日が流れ、ウィルくんとの再会をあきらめかけていたとき、ハンナさんはFacebookで、今年のバレンタインのイベントに「ローマ」という名前の保護犬が参加することを知った。このイベントでは数百匹もの保護犬たちが、里親とのマッチングをする予定だった。

 ローマの写真を見たハンナさんは、もしかするとこの犬はウィルくんでは?という思いにとらわれて、Facebookを通じて団体の窓口へ連絡を取った。団体からは折り返し返事があって、ぜひイベント会場に直接来てほしいとのことだった。
428607924_358605527016835_6876152685415633607_n_e
image credit:Facebook
 そしてイベント当日、会場を訪れたハンナさんは、ローマ…いや、ウィルくんと感動の再会を果たした! 5年という歳月が流れ、行方不明になった当時6歳だったウィルくんは11歳になっていたが、それでも彼はハンナさんたちを忘れていなかったんだ!
428605257_358605497016838_2016483892966577000_n_e
image credit:Facebook
 これを奇跡と呼ぶ人もいるだろうし、幸運だったという人もいるだろう。現在、ウィルくんは懐かしいおうちで、ハンナさんたちと幸せに過ごしているそうだ。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい

「誰?もしかして…ご主人?」迷子になっていた犬、飼い主さんと公園で感動の再会を果たす



386劼竜離を駆け抜けた再会!迷子になった愛犬、遠く離れたシェルターで飼い主と再会する



ウクライナのブチャで保護されたハスキー、無事に飼い主と再会する



「ご主人見つけた!会いたかったよ!」飼い主の入院している病院を探し当てた犬



「もう脱走しません…多分」首輪をはずすのが得意な犬が脱走!飼い主さんとの感動の再会は意外な場所だった

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年03月04日 18:30
  • ID:oOVpNhIm0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月04日 19:24
  • ID:l7x0C2nv0 #

マイクロチップ大事

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月04日 21:31
  • ID:3igKLQdG0 #

マイクロチップ入れてたらもっと早く戻れてただろうに……

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月04日 22:06
  • ID:tGyHjmhn0 #

5年間どこにいたのかウィル君に聞いてみたい
ゴールデンは懐っこいから誰かに飼われてたんじゃなかろうか

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月05日 06:35
  • ID:QEVh66Iz0 #

いなくなった5年間どうしてたんだろうか

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月06日 13:20
  • ID:vGiay8AS0 #

ゴールデンは寿命短いから再会出来て良かったね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links