頭のあなで呼吸していた古代魚の化石が発見される
 オーストラリアで、頭のてっぺんにあいた孔(あな)で呼吸していたらしい、3億8000万年前の古代魚の化石が発見されたそうだ。

 この新たに発見された風変わりな魚は「ハラジカデクテス(Harajicadectes zhumini)」と名付けられた。

 『Journal of Vertebrate Paleontology』(2024年2月5日付)に掲載された論文によれば、大きな牙を持ち、骨のようなウロコにおおわれた捕食者で、成長すると40cmほどになったという。

あたまに息を吸うあながある古代魚を新たに発見

 この風変わりな古代魚、「ハラジカデクテス(Harajicadectes zhumini)」が発見されたのは、オーストラリア北部のノーザンテリトリーにある「ハラジカ砂岩層」だ。

 その地層は3億8000万年前のもので、ハラジカデクテスはデボン紀中期・後期に生きていたと考えられる。
3_e
ハラジカデクテスのイメージ。頭の孔で呼吸をしていたようだ / image credit:Illustration by Brian Choo, Flinders University

 その学名「Harajicadectes zhumini」のHarajicadectesは、「ハラジカの噛みつく者」という意味。「zhumini」は、初期の脊椎動物の研究に大きく貢献した中国科学院のジュ・ミン教授に因んでいる。

 頭に息を吸う孔(あな)があるなんて奇妙に思えるだろうが、魚的にはそれほど珍しいものではないそうだ。
これらの気門は水面で呼吸をするためのものだと考えられ、現代ならアフリカに生息するポリプテルスも水面で空気を取り込むための同様の構造を持っています(フリンダース大学 ブライアン・チュウ博士)
1_e
2016年に発掘されたハラジカデクテスの化石。ほぼ完全な背面の様子を知ることができる / image credit: Brian Choo, Flinders University

 この特徴は、デボン紀中期-後期のほぼ同時期に、複数の「四足形類」に現れているという。

 今回のハラジカデクテスのほか、3億8000万年前の肉鰭類「ゴゴナスス」や「ティクターリク」や、さらには直接的なつながりがない条鰭類の「ピッケリンギウス」にも見られる。

 なお四足形類は海岸の浅瀬で待ち伏せをした捕食動物だったと考えられており、一部は陸上に進出して、鳥類・哺乳類・両生類・爬虫類へと進化していった。
2_e
同じくハラジカデクテスの化石 / image credit:Flinders University

大気中の酸素減少と関連性か?

 こうした気門が出現したのは、ちょうどデボン紀中期に大気の酸素が少なくなった時期に一致する(なおデボン紀にも大量絶滅が起きているが、一説によるとその原因は植物であるらしい)。

 「エラ呼吸を空気中の酸素で補えたため、有利だったと考えられます」(フリンダース大学 ジョン・ロング氏)

 ハラジカデクテスは、四足形類の各グループにみられる特殊な特徴をいくつも持っている。そのため、四足形類のどこに位置するのか正確に特定するのは難しいとのことだ。

References:Full article: A new stem-tetrapod fish from the Middle–Late Devonian of central Australia / 380 million year old fossilised fish discovered in Australia breathed through holes on top of its head / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
デボン紀を生きた古代魚「ダンクルオステウス」の詳細が明らかに


私たちの指は古代魚からの贈り物だった!?指が生えた先史時代の水中生物が発見される


新種の巨大古代魚の化石を発見。人類の遠い祖先を捕食していた可能性


再発見された生きた化石「シーラカンス」がまたしても絶滅の危機に直面。魚網にかかるケースが続出


脊椎動物の進化の鍵を握るシルル紀の「顎をもつ魚」の化石が続々と発見される

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 09:17
  • ID:MfQcF6Iy0 #

なぜあたまに息を吸う穴があると断定するのだろう?

クジラのように息を吐く穴かもしれないのに

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 09:39
  • ID:QqTzQ1Zp0 #

ジュラシックパークみたいに恐竜を甦らせて欲しいよな
あと数百年もして科学が発展すれば…

3

3.

  • 2024年02月21日 10:12
  • ID:9.Gl7iJR0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 10:15
  • ID:9Zzk28630 #

潮を吹くクジラのような姿見えたのかな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 10:34
  • ID:RJxERlUh0 #

人間も顔の真ん中にある穴で呼吸してるしな

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 11:00
  • ID:PgDiSAYv0 #

イルカ「あ˝っ?!」

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 11:05
  • ID:2.u16P9z0 #

>>1
クジラのあの穴は人間でいう「鼻」にあたり、息を吸ったり吐いたりするためにあります
吐くだけではないんです…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 11:21
  • ID:bLhi9jiG0 #

中世の絵には頭に管を生やした海獣とか居たが

9

9. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 12:17
  • ID:6H0PySrE0 #

>>2
今ですらクマやライオンで事故が起きるのに、恐竜なんて飼育したら映画みたいに何が起きるかわからんぞ?

10

10. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 13:54
  • ID:HuKhQcdI0 #

肺魚なんかは鼻で呼吸するけど、
この魚の鼻は匂い感知用で呼吸はできなかったんだろうか。

新たな穴を1から開けるより鼻腔を貫通させた方が早そうだけど
何かこっちの方が良い理由があったのか、
それとも特に利点は無いけどそうなったのかな。
必ずしも合理的な方へ行くわけでもないだろうし。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 18:41
  • ID:0WvS1gEL0 #

>>2
その頃人類は………

12

12. 匿名処理班

  • 2024年02月21日 18:51
  • ID:F.TmCA.A0 #

一世を風靡したサカバンバスピスに比べると8000万年くらい後の時代の魚なのね。現代から恐竜時代くらい離れてる

13

13. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 12:37
  • ID:ulPvwt1N0 #

ちょっとだけ俺に似てる

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links