20240203_012713_batch
image credit:TikTok
 アメリカのフロリダ州にあるウォルトディズニーワールドで、ミッキーマウスと介助犬の、心温まる映像が撮影されていた。ミッキーの心遣いがステキなので、みんなにもぜひ見てもらいたいんだ。
 ここはウォルトディズニーワールドの一角を占める、エプコット・テーマパークにあるレストランだ。食事を楽しんでいた撮影者さんのテーブルに、ミッキーマウスが近づいてきた。

 そしてテーブルの下にいた介助犬に気がつくと、ミッキーは「触わってもいい?」と、ジェスチャーで撮影者さんの許可を取る。
20240203_012709 (5)_batch
image credit:TikTok
 そしてそっと手を差し伸べて、介助犬に自分のニオイを嗅がせるんだ。
20240203_012709 (2)_batch
image credit:TikTok
 それからミッキーは、同じレストランの中にいたプルートを呼びに行った。
20240203_012709 (3)_batch
image credit:TikTok
 愛犬同士、プルートと介助犬は意気投合したみたいかも。
20240203_012709 (4)_batch
image credit:TikTok
 ミッキーはいきなり犬に触れるのではなく、きちんとご主人である撮影者さんの許可を取っている。そしてまず自分のニオイを嗅いでもらって、警戒心を解こうとしているようだよね。

 介助犬や盲導犬がご主人といっしょに外にいるときは、つまり仕事中であるということだ。みだりに撫でたり触ったりしてはいけないということを、このミッキーマウスはしっかりと理解していたようだね。

 きっととっても犬好きなミッキーマウスに違いない。あ、プルートの飼い主だから当然なのか…な?

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい

「みんな幸せになれるんだ!」手話を理解する耳の聞こえないセラピー犬、子供たちや介護施設の入居者に愛と希望を届け続ける



「ずっとご主人の傍にいる!」飼い主の入院中、病室でも診察室でもいっしょに過ごせたのは愛犬が介助犬だったから



訓練された犬ってすごい!リスが身体の上を走り回っても身動き一つしない介助犬



「めんどくさいからこれじゃダメ?」介助犬のゴールデン、身体を拭くタオルを取ってくるよう頼まれたのだが……



何にしよう、何をあげよう?いつも助けてくれる介助犬の誕生日。好きなオモチャを選んでもらうことにした

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月04日 18:29
  • ID:wU3T.Ol40 #

ミッキーの心使いと粋な計らい素晴らしい
飼い主さんにとっても忘れられない一日になっただろうなあ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月04日 18:30
  • ID:IndCG.oa0 #

さすが世界一のスーパースター、マナーも世界一紳士的だ

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月04日 19:32
  • ID:o7IOKFQG0 #

めちゃくちゃ可愛い^−^
ミッキーいい子だなぁ
プルートもほんと可愛い^−^

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月04日 22:17
  • ID:PafQovXQ0 #

サンダル履いてネズ耳付けてる介助犬も可愛いね
テーマパークみたいな人が沢山いる所だとお仕事も大変そう。お疲れ様です

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月05日 00:19
  • ID:Ushxpzh10 #

プルート連れてくるの好き

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links