猫がブランケットを手放せない。いつでもどこでも引きずり回す
 誰にも心のよりどころとなる大切なものがあるはずだ。この猫にとってそれがブランケットだったようで、どこに移動するにも必ず持ち運ぼうとする。

 このブランケットは猫にとって安心感を与えてくれる大切な存在なのだろう。その気持ちはすごくよくわかるのだが、人間用サイズのためかなり大きいので、持ち歩くのも大変そうだ。

いつでもどこでも大きなブランケットを持ち運ぼうとする猫

 人間と同様、動物たちにもお気に入りの物がある。特に犬の場合、特定のぬいぐるみに愛着を示すことが知られているが、猫も特定のものに愛着を示すことがある。

 ブラーンという名のメスの猫の場合、それが人間サイズのブランケットだったのだ。彼女にとってブランケットは心の友であり安心感を与えてくれる。

 そのため、どこに行くにもそれを持ち運ぼうとするもんだから、大きすぎて運ぶのがとっても大変そう。
1
 どんなに大きかろうが重かろうが、ブラーンはブランケットを引きずることをやめない。逆にどこまで運ぶことができるのか、毎日チャレンジしているかのようにも見える。
2
 この家にはブラーンの他にもエドナという名の猫を飼っているのだが、エドナはブラーンがブランケットを持ち運んでいる様子を観察するのが好きなようだ。

 さらにブラーンがひきずっている時に追いかけるのも好きなようで、エドナに乗りかかられると運ぶのがさらに困難な道のりとなるが、それでもブラーンはブランケットを運ぶという使命を全うする日々を送っているという。
no title

特定のものに愛着を示すことで安心感が芽生える

 スヌーピーが登場する漫画『ピーナッツ』のライナスという男の子は、青い毛布をいつも肌身離さず持ち歩いていた。

 これは「ライナスの毛布(安心毛布)」と呼ばれており、何かに愛着を持つことで安心感を得ているという心理的状況を示す言葉となった。

 ブラーンにとってはこのブランケットがまさにライナスの毛布的存在なのだろう。  それにしてもちょっと大きすぎるので、半分、もしくは4分の1にカットしてあげるとかどうかしら? written by parumo
あわせて読みたい
ママンにブラジャーを運ぶのが日課となった猫


長靴をはいた猫ならぬ、長靴を運ぶ猫。飼い主のルームシューズを寝室に運ぶ猫なりの恩返し


ずっと着ていたいの。18歳の老猫、お気に入りのセーターを脱がせると延々と鳴(泣)き続ける


何目的?猫ベッドをダンボールに詰めこもうとする猫


お花の配達人は猫だった。庭の花を持ち運び飼い主にプレゼントするロマンチックな猫

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月05日 00:02
  • ID:FAPUDFyF0 #

執着ではなく愛着なのね、健気だわぁ。
斜め前方を見つめるお顔が、
めちゃくちゃ可愛い♡♡

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月05日 02:18
  • ID:M1C2PSgD0 #

尻尾ピーンwご機嫌なのねw 洗濯すると洗濯機の前で待ってそうw

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月05日 02:46
  • ID:zsSYHSU.0 #

確かに持ち運びやすさ的には小さい方が良さそうだけど、なんか安心感までカットされちゃいそうな気がしなくもない

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月05日 03:26
  • ID:XRKwcnMZ0 #

面白い猫だな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月05日 12:51
  • ID:cY9t6rw80 #

エドナも何か咥えてブラーンの後追ってるの可愛い

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月05日 15:57
  • ID:Pt2x9Cpp0 #

あれ、違うブランケットも混じってるww
こんなコたちが家にいたら毎日笑顔になれるな

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月06日 04:28
  • ID:6WDYVrdK0 #

>>3
運びやすくカットしたとたんに興味を失くしそうな気がする…
なんか猫ってそんな感じ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links