20240118_191109_e
image credit:Instagram
 10年間、イギリスの別々の視覚障碍者のもとで、盲導犬としての職務を務めあげた兄弟犬が、この度リタイアするとともに、10年ぶりの再会を果たしたそうだ。その感動の再会シーンがインターネットで話題になっていたので、マランダーでもシェアしておこう。
 ゴールデンとラブラドールのMIX、カルロとチップスの兄弟は、盲導犬として別々のご主人のもとで暮らしていた。

 ふたりがそれぞれの犬生を別れて暮らすようになって10年。盲導犬として引退する時がやって来た。そして今回、10年ぶりの再会が実現したんだ。
20240118_191608 (2)_e
image credit:Instagram
 カルロもチップスも、再会の瞬間からお互いを認識し合っていたらしい。まるで子犬の頃に戻ったように、じゃれ合って走り回って、楽しい時間を過ごすふたり。
20240118_191608 (3)_e
image credit:Instagram
 引退した盲導犬は、あらたなご家庭に引き取られて、第二の犬生を送ることも多いそうだ。カルロとチップスは今後、同じ地域で過ごすことになるようだよ。つまりこれからは、いつでも会えるってことだよね。
20240118_191613_e
image credit:Instagram
 再会のシーンは下の動画から。
written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい

ショートアニメ「ピップ」〜立派な盲導犬になりたい!と夢ふくらませる子犬。だがその道は遠く険しかった



盲目の女性、特殊なメガネを使用してずっと誘導してくれている盲導犬を見た時の反応



パブロとピカソ。安楽死直前だった兄弟犬が再会、幸せ家族募集中



「ずっとご主人の傍にいる!」飼い主の入院中、病室でも診察室でもいっしょに過ごせたのは愛犬が介助犬だったから



何にしよう、何をあげよう?いつも助けてくれる介助犬の誕生日。好きなオモチャを選んでもらうことにした

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月20日 19:22
  • ID:5o90350p0 #

最高
ほんと最高
お疲れ様でした
二人とも幸せな日々を過ごしてね

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月20日 19:51
  • ID:diBKqWjA0 #

互いにしっぽ振って、兄弟だってわかるのかな
引退後の生活をいっぱい楽しんでほしい

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月20日 20:04
  • ID:tc7WDEyn0 #

盲導犬のお仕事を務められるだけあって、とても賢そうなワンコたちだけど、
再会して嬉しそうに駆け回る姿はただの可愛いワンコで、とてもぐっときた
引退後の犬生が素晴らしい物であることを祈ります

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月20日 20:04
  • ID:G2Fo4LCN0 #

ワンちゃんにとっての十年は本当に長いからね。これは本当泣く。二人ともお疲れ様でした。これからはゆっくりね。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月21日 18:01
  • ID:akZ4iFjs0 #

日本でも引退して10年ぶりに自分を育ててくれたパピーウォーカーさんのところに引き取られることになった元盲導犬がちゃんとおぼえてたっけなあ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 18:51
  • ID:f8ic4LWr0 #

色は違うけど顔そっくりだねさすが兄弟 隠居後のワン生は楽しいことがいっぱいだ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links