no title
 サウジアラビアにあるアラビア砂漠の北部で、オアシスを壁で取り囲んだ青銅器時代の巨大な要塞が発見された。

 このオアシスの壁の長さはかつて14.5kmもあったとされ、サウジアラビアでこれまでに発掘されている、巨大オアシスのうちのひとつになる。

 この広大な城壁遺跡は、紀元前2250年から紀元前1950年の間に建造されたものだという。当時のこの地域ではよく見られるオアシスで、人々がここに定住していたという。

砂漠の地形によりこれまで発見されなかった巨大要塞

 この要塞は、サウジアラビアのメディナ県にあるハイバルオアシスで発見された。

 こういった要塞の存在は古くから知られていたが、大きなワジ(砂漠の中の窪地、オアシス)の中心にある有名なイスラム時代の要塞を除けば、カイバルでこのような壁は確認されていない。

 壁に囲まれたこのオアシスがこれまで発見されなかったのは、過去4000年以上にわたる砂漠の景観の極端な改変のせいだと専門家は考えている。

 それがついに発見されたことは重大な科学的課題だとして、研究チームは要塞のもともとの寸法を推定することができた。

 その結果、壁の長さは14.5km、厚さ1.7〜2.4m、高さ5mだったらしいことはわかったが、現存しているのはその長さの半分弱だ。

 全盛期には、この巨大な壁は1100ヘクタールもの範囲を取り囲んでいたという。
no title
に囲まれたハイバルオアシス北側の砦の復元図 / image credit:c Khaybar Longue Duree Archaeological Project, M. Bussy & G. Charloux

 規模という点でハイバルに匹敵するのは、長さ19kmの壁をもつアラビア北西部、タイマの町の要塞だけだ。ハイバルもタイマも、この地域最大の壁に囲まれたオアシスなのだ。
2
タイマの町の建造物 / image credit:c DAI Orient Department, J. Krumnow

ハイバルの城壁オアシスは重要なランドマークだった

 ハイバルが、アラビア半島北西部の要塞集落ネットワークに属する、巨大な壁をもつオアシスだと特定することで、この地域の人の居住に光を当て、イスラム以前の時代の社会の複雑さの理解がさらに深まることになった。
紀元前3000年後半にさかのぼるハイバルオアシスは、おそらく先住民が定住し、オアシスの境界線をこれ見よがしに区切るために壁を作ったものだろう。

この壁は解体されるか、より新しいものに置き換えられるまで、数世紀にわたって使われ続けたものと思われる
 と研究チームは書いている。

 特異で頑丈な古代の建造物が発見されただけでなく、ハイバルの城壁オアシスが、アラビア半島北部の建築・社会遺産において、極めて重要なランドマークであることが認識されたことになる。

 4000年の歴史をもつハイバルの城壁オアシスは、まぎれもなく要塞集落の長(ルビ・おさ)といえる。しかし、東シベリアには、驚くなかれ8000年前という世界最古の要塞がある。

 本研究は『Archaeological Science: Reports』に掲載されている。

References:Huge 4,000-year-old fortification discovered in Saudi Arabia / Massive 4,000-Year-Old "Walled Oasis" Discovered In Saudi Arabia / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
オーパーツ疑惑すら浮上した精巧に分断されたサウジアラビアの巨石の謎、自然現象である可能性


墓が立ち並ぶ4500年前の広大な「葬送の路」がサウジアラビアで発見される


オアシス誕生の瞬間。砂漠から突如吹き上がった大量の水(サウジアラビア)


未知の神に捧げられた古代の砂漠の石の遺構が発見される


人類の移住史が書き換えられるのか?8万5000年前の人類の指の化石がサウジアラビアで発見される。

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月15日 09:04
  • ID:B3XT4FPi0 #

この記事にある壁はgoogle mapだとはっきり分かるけど、新石器時代からの無数の遺跡が存在するし、紀元後は7世紀にイスラム教徒に占領されるまでユダヤ人の一大居住地になるので、この壁に関して時代の特定をしていなかったって事なのかな。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月15日 09:16
  • ID:.H8Pz.GB0 #

5mもある壁が埋もれるってのも凄え話だな。
風で運ばれて来る砂がそれだけ多いってことか。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月15日 09:52
  • ID:K0cToYR90 #

古代の土木技術でそこまで大規模なものを作らねばならないとは、係争地として重要な魔所だったのか

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月15日 11:51
  • ID:3SR3FygW0 #

現存してたであろう当時に思いを馳せるだけで興奮する
きっととんでもない景観だったんだろうなあ....

5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月15日 16:59
  • ID:xemfwLNr0 #

>>4
良いよなあ。ギラギラの陽射しが照りつける砂漠の街、そこに交易で集う多様な人々、そして飛び交う様々な言語…。ロマンしかない

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 20:23
  • ID:Y7Na16VZ0 #

>>2
壁どころか、都市が丸ごと埋まってるってのもザラだからなあ
それも何層にも渡って
遺丘(テル tell)っていうらしい

砂漠地帯だけでなく、たとえばパリなんかでも再開発の繰り返しで都市の古い層が地下に埋没してるので、
長い歴史のある人間の都市というのはだいたいどこでもそうなるものらしい

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links