お父さんたちが学校の子供たちを励ます支援活動が大好評
 アメリカ・ケンタッキー州ルイビルの小学校に通う子供たちにとって、水曜日は1週間のうち一番好きな日かもしれない。

 この日は「フラッシュ・ダッズ(Flash Dads)」と呼ばれる、学区内に住む父親たちによるボランティア・グループの活動日だ。

 学期中、月に1回のペースで地域のお父さんたち(ときにお母さんも)がボランティアで集まって、オーバーアクションでハイタッチやガッツポーズ、サムアップ(親指を立てる)をして子供たちを励ましているのだ。

 子供たちは、小さな魔法をかけられたように笑顔で登校していく。この支援行事は7年間続いているという。
Dozens of ‘Flash Dads’ cheer on students at Kentucky elementary schools

お父さんボランティアが子供たちを応援「フラッシュダッズ」

 ケンタッキー州に住むお父さんたちは、地域の学校に登校する生徒たちに学校前で挨拶する応援イベントを7年にわたり続けている。

 これは、正式名称を「ジェファーソン郡公立学校(JCPS)フラッシュ・ダッズ(Flash Dads)」と呼び、生徒の士気を高めることを目的としたJCPSのプログラムによって結成された。

 整列して子供たちが乗っている始発バスの到着を待っているのは、地域のお父さんたちボランティアで、人種や民族的背景も様々なら、救急隊員や警察官、役員、友愛会のメンバーなど職業もそれぞれだ。

 彼らの目的は、歓声と笑顔で登校する子供たちにかけ声をかけて元気を与え、ハイタッチなどで元気を与えることだ。

子供たちに励みを与える

 お父さんたちボランティアのおおらかなジェスチャーは、子供たちに魔法をかける。

 たくさんのお父さんたちが背中を押してくれることで、子供たちが過ごす学校生活がより充実したものとなり、良い励みになるのだ。

 毎週水曜日になると、少なくとも20人の男性と1人の女性が小学校に現れ、人間トンネルを作る。
dad1_e
image credit: youtube
 それは力強いエネルギーとなり、登校する生徒たちは驚きながらも励ましの言葉やハイタッチの流れの中を通り過ぎていく。

 ときに眠そうな生徒や恥ずかしそうにしている生徒もいるが、多くの生徒が笑顔を見せる。それを見るお父さんたちもまたうれしそうだ。
dad2_e
image credit: youtube

親のシンプルな行動が子供によりよい学習環境を与えることにつながる

 JCPSプログラムの共同運営者グレッグ・ヴァンさんはこのように語っている。
フラッシュ・ダッズのイベントを開催するたびに、生徒、校長、教師たちはいつも「今日はとてもいい一日だった」と言います。

生徒たちは自分たちのために人がいることが信じられず驚きを示しますが、ほとんどが笑顔でハイタッチを交わしていますよ。
 また、地域の学校校長は、それぞれ次のように話した。
一日の始まりに必要な、ポジティブなエネルギーだと思います。

"フラッシュ・ダッズ "が地域すべての学校を訪問することは重要だと思いますが、それ以上に重要なのは、子供たちに素晴らしい一日のスタートを与えることです。
朝の挨拶は、学校の1年間、あるいは1週間という壮大な計画の中では些細なことに思えるかもしれませんが、それが若い肩から予期せぬ感情の重荷を下ろすことがあるのです。
dad3_e
image credit: youtube
 この支援イベントは特に若い黒人の少年たちに影響を与えるのだと、ヴァンさんはいう。
この学校では黒人の男の子に対する教育が必ずしもうまくいっているとは言えません。

私の仕事は学力格差を縮めることです。黒人の男の子は一般的に成績がとても低い傾向にあります。

学校には消防士、警察官、大卒者、その他あらゆる人種の専門家を招待していますが、特に黒人男性がロールモデルとして現れることは喜ばしいことです。
 地域のお父さんたちが団結し、学校に通う子供たちとごくシンプルな挨拶を交わすちょっとした触れ合いの場を持つことで、子供たちは前向きな姿勢を学ぶことができる。

 それは、より良い学習環境に繋がっていくようだ。

References:Dozens of ‘Flash Dads’ Cheer On Students Arriving at Schools in Kentucky–For 7 Years Giving High Fives and Support/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
ある種の巻き込まれ事故。チアガールを娘に持つお父さんたちが競技に参加させられる


子供をプロのゲーマーに育てる為、学校をやめさせた父親(カナダ)


この父親、ノリノリである。娘の学校提出用動画と知らず、映り込みを狙って背後でダンス(アメリカ)


娘の為ならやってやんよ?バレエ教室で娘と一緒に踊る父親たちのほほえましい光景(アメリカ)


とうちゃんすげえ!子供たちのランチ用の紙袋に超絶すごい絵を毎回描き続けている(アメリカ)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 17:34
  • ID:LITtVunx0 #

自分が小学生だった時の校長先生は、毎朝生徒の通る中庭に立って「おはよう!おはよう!」ってみんなに声をかけてたんだけど、なんかそれが嬉しくてね。どんなに早く行ってもどんなに生徒がまばらでも必ず立ってて、雨の日も風の日も。
誰かが自分を見て声をかけてくれるって、なんか嬉しかった思い出。
この子達も、ちょっと気恥ずかしそうにしてても、毎週楽しみにしてると思う。
君たちの頑張りをちゃんと見てるよ‼︎って。
パパたちが君らの頑張りを見てるよ‼︎

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 19:23
  • ID:dGxywjXb0 #

挨拶は大事ね

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 20:41
  • ID:cXy8rfWg0 #

すんごい陽キャイベントw
安全的にも良さそうだし良いね

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 22:25
  • ID:XvhqLiKk0 #

アメリカならでは。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月12日 10:37
  • ID:SW4rlhSC0 #

自分の母校も4月になると近所に住む父兄のボランティアが通学路のあちこちでニコニコして立っていたなあ
うちの地域は集団登校ではなかったから迷子や道草防止だったのかなw

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月12日 11:29
  • ID:POy.9srl0 #

よー分からん

これが本当に効果があるのなら毎日学校の先生がやればいいのになぜやらない?

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月12日 17:40
  • ID:DTmJGDDu0 #

>>6
先生というと学内で自分を評価する存在でもあるわけだし、励まされてもハッピーになれるとは限らない

利害関係のないおっちゃんやおばちゃんの方がお互いいい意味で無責任に励ましたり、励まされたりできるんじゃないの

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月14日 08:49
  • ID:TJEk6FJi0 #

家庭内で虐待やネグレクトがなく、子供がパパに会う事がストレスでないという大前提でなら良いことだと思う。
世の、いわゆる普通のパパ達にも、そこに来るだけで子供のテンションを上げられる力があるって事はぜひ知って欲しいな。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links