キュリー夫人の研究論文はいまだ放射線を帯びている
 歴史的に有名な人物を研究するとき、その作品や資料を手に入れることは、通常最大の障害になる。

 中でも、夫のピエールと共にポロニウムやラジウムを発見し、素粒子物理学という考え方を生み出したマリ・キュリーの生涯について書いている人にとって、事態はますます困難だ。

 彼女のノート、衣服、家具(研究室は言うまでもない)、パリ郊外の彼女の家にあったもののほとんどは、放射性物質を含んでおり、これは今後1500年以上続くという。

放射性物質の危険性をわかっていなかったキュリー夫人

 キュリー夫人の直筆原稿を直に見たい場合は、フランスの国立図書館で免責同意書にサインしなくてはならない。

 そうしないと、鉛で裏打ちされた箱に封印されたノートにアクセスすることはできない。  キュリー夫妻は、放射線を出す能力(放射能)については認識していたが、放射性物質の危険性はよく知らなかった。

 ふたりの研究は、どの物質が放射性物質なのか、その理由はなにかを解明しようとしたもので、トリウム、ウラン、プルトニウムといった多くの危険な元素が家の研究室に無造作に放置されていた。

 これらは夜になると輝きを放ち、キュリー夫人はこれを美しいと思い、まるではかない妖精の光のようだと感じた、と自伝に書いている。

 夫人はこれら光る物質を無造作にポケットに入れて持ち歩いた。夫婦とも、標準的な実験着を着ていたが、それ以上の防護はなにもしていなかった。
3_e
public domain/wikimedia

放射性物質が原因で死亡

 1934年、キュリー夫人は、放射性物質の研究が原因だとされる再生不良性貧血で、66歳で亡くなった。

 しかし、夫妻の邸宅はパリ大学理学部原子核物理研究所とキュリー財団によって、1978年まで使われていた。

 その後は監視下に置かれたが、当局はようやく内部の危険性に気がついた。

 『ル・パリジャン』紙が報じたように、近隣住民の多くが、自分たちのガンの発生率の高さに気づいたとき、キュリー夫人の家のせいだと非難した。

 研究室と建物は、キュリー夫人のノートや資料へのアクセスが許され、家から持ち出され始めた翌年の1991年に除染された。

 その後すぐに、伝記が次から次へと出版された。

1995年、スーザン・クイン著『Marie Curie: A Life』、1998年、アンナ・ハーウィック著『ピエール・キュリー』、1999年、ロイック・バルボ著『Curie: Le reve scientifique 』、2001年、ソラヤ・ブーディア著『Marie Curie et son laboratoire』、2005年、バーバラ・ゴールドスミス著『Obsessive Genius: The Inner World ofMarie Curie』、2011年、ローレン・レドニス著『放射能 キュリー夫妻の愛と業績の予期せぬ影響』などがある。
2_e
 それでも、科学の名のもとに世界を変えた人物にとって、たとえ66歳で亡くなったとしてもそれほど惨めなことではない。

 マリ・キュリーは、1903年にノーベル賞を受賞した初の女性で、1911年に再びノーベル賞を受賞した唯一の女性だ。

 さらにパリ大学の教授になった最初の女性であり、彼女自身の功績によってパリのパンテオンに埋葬された初めての女性でもある。

 1906年に、夫ピエールが雨のパリで、足を滑らせて転倒し、馬車に轢かれて亡くなった後も、多くの飛躍を遂げた。

References:Marie Curie's Research Papers Are Still Radioactive a Century Later | Open Culture / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
1950年にアメリカで発売された世界一危険なおもちゃ。A.Cギルバート社の「子供用原子力研究セット」


科学の名のもとに。自らの体を実験台に使用した驚異的9人の科学者たち


トーマス・エジソンの助手をしていたガラス吹き職人の手(閲覧注意)


100年違うと医療もこんなに違う。1900年代の医療関連用品や器具


地球の200倍。月面の宇宙放射線量を史上初めて正確に計測(ドイツ・中国研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 23:06
  • ID:KyIgqgmV0 #

>これらは夜になると輝きを放ち
ちょっと見てみたい

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 23:10
  • ID:eqGP8a1r0 #

どんなにキュリー夫人だと言われても
頭の中でキューリ夫人に脳内変換されるのはなぜだ?

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月27日 23:46
  • ID:ZUiMF.MX0 #

こう言うのこそデジタルアーカイブになってて欲しいもんだな
どうにか遠隔操作でスキャニング出来ない物か…

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 00:02
  • ID:DkTXW.e50 #

さすがに巻き添え食らった近隣住民たちは気の毒だな。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 00:32
  • ID:nQWhXWeB0 #

キュリー夫妻は、夫が馬車という廃れていく技術ので亡くなり、夫人は放射能の影響というその後に発展する技術で亡くなっているんだよね。

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 00:36
  • ID:.e.lTsgb0 #

究極の近所迷惑おばさんでもあったという事かw

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 00:46
  • ID:Tkm.Zdel0 #

そりゃ初めて見つけたもんの危険性を知ってるはずないもんな
知っててやらかすドアホも未だに後をたたないけど

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 02:02
  • ID:GViRkWuH0 #

夫妻題材の映画見た事あるけど、研究中に口笛吹く奴は最悪だったといった夫が後の夫人に出会った直後に浮かれて口笛吹きながら実験始めて、夫人と共同研究者に白い目で見られたシーンは最高だった。

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 03:12
  • ID:59ykRMsN0 #

周りの人間まで被ばくさせるとは、凄い迷惑だな…これが原因で自分自身や家族が早死にしたら、許せないと思う

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 04:00
  • ID:mc0hJ78U0 #

夫人が放射能の影響で死んだのは疑いようのない事実だけど何の対策もしてないのにまるで放射線に耐性でもあったかの様に長生きしてるんだよな

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 06:23
  • ID:VNieX1Yz0 #

>>3
この手の物はカメラ側に対策がされてないと放射線でノイズが入ってしまうので
そういうカメラを調達できれば何とかなりますが
持ってる企業や組織がごくごく限られるのが問題ですね

12

12. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 06:27
  • ID:c.4TN8x.0 #

分からんし、知らんから研究してたんでしょうが。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 06:47
  • ID:Ych3J71i0 #

>>6
その近所迷惑と称する人のおかげで乗り物や食品、そして医療など
あらゆる場面で役に立ってる
試行錯誤な時代に危険性なんてわかりゃしねえよ

14

14. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 07:42
  • ID:lNbJtUpa0 #

いやまさかその物質の近くにいるだけで、生物の遺伝子を破壊してしまうとか想像出来んわな
見た目はすげーキレーだっただろうし

15

15. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 08:37
  • ID:MtJlwQ9M0 #

ホーマー・シンプソン級の雑な扱い

16

16. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 09:20
  • ID:yuqEdyHr0 #

青白く光るキュウリの塩漬けが話題になったことがあったね。

17

17.

  • 2023年12月28日 10:02
  • ID:m2T0z9J80 #
18

18.

  • 2023年12月28日 10:24
  • ID:xtmLr5Fm0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 11:18
  • ID:IkE8ZD.C0 #

全く何も知らない人が関わってしまうと呪いの書に成ってしまうがな

20

20. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 11:53
  • ID:IkE8ZD.C0 #

>>16
誰が胡瓜夫人や

21

21. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 12:26
  • ID:pTDrgc3z0 #

>>19
そう考えるとちょっとかっこいい
ファンタジー作品の魔導書みたい

22

22. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 13:30
  • ID:jn2puJWy0 #

ラジウム入りの歯磨き粉や栄養ドリンク、美容用品まで、今の常識では割と狂気なものも市販されていたからなぁ
また、時計の「発光塗料」にも使われていて、こちらも製造工場で結構な影響を与えていたりしている

過渡期とは常にそんなもので、今年の常識が来年の非常識になるなんてよくあることよ

23

23. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 16:57
  • ID:uXmDx.RA0 #

>>6
絶対この手のコメント来ると思った♡
放射能の危険や対策を誰も知らない時代に対して現代からウエメセするのおもろ

24

24. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 17:37
  • ID:XM8SALlW0 #

>>22
そこそこ危険性が分かってきた頃でも脱毛装置とかもあったらしーよね。
放射線の光ってるとこに触れなければ大丈夫だと思ってて、ガラスのカバー越しに照射するってやつ。

25

25. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 20:04
  • ID:R6UOQyua0 #

近所迷惑だったという事と科学史にのこる業績残した偉人である事は両立すると思う。
近隣住民で癌で死んだ人にとっては後世この技術で多くの人の命が助かったとしても
自分の命は一つだけなのだから迷惑だよ。
未熟な時代だからと近隣住民が迷惑だと思うことを否定するのはどうかと思うで

26

26. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 21:56
  • ID:c18NQs5w0 #

>>16
それ、細菌が発光してるだけだろ

27

27. 匿名処理班

  • 2023年12月28日 22:47
  • ID:a.27S66X0 #

いうて1900年代の寿命なんて50歳前後だから66歳は十分長生きよ

28

28. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 00:22
  • ID:GBBtQG1a0 #

>>1
ウランガラスとか確かに綺麗

29

29. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 00:29
  • ID:JbKfadGk0 #

>>22
「ゴースト・ガールズ」またの名を「ラジウム・ガールズ」胸糞悪いあの話

30

30. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 01:01
  • ID:bSy6RRuE0 #

無事ではない
触ってた手がグチャグチャになった

31

31. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 01:29
  • ID:DvXAPL2X0 #

>>1
綺麗だとは思うけど、見たら一生後悔するかもしれないなw

32

32. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 03:26
  • ID:TrJg2grY0 #

>>22
前にTVでやってました。
働いていた人達のアゴが溶けてしまったとか…
想像しただけでも恐ろしいですね。

33

33. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 03:59
  • ID:H9wY4Z6S0 #

>>9
さすがに知らんかった以上は許せないもくそもないと思うし現代で当てはめてもね...

その研究のおかげでもっと多くの命が救われたりもしてるだろう。
正直医学や科学の発展て犠牲者の歴史でもあるから...感謝はすれど、安易な批判はしにくい。

34

34. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 13:45
  • ID:L1OgbqZt0 #

>>9
許さなくていいよ。誰も許してほしいとも思わないし

35

35.

  • 2023年12月29日 20:34
  • ID:tVWtKyvE0 #
36

36. 匿名処理班

  • 2023年12月29日 21:30
  • ID:bBxbr6EB0 #

>>13
犠牲になったことに変わりはないだろ

37

37. 匿名処理班

  • 2024年01月01日 07:11
  • ID:D2tgfrs10 #

>>1
ルミノックスっていう腕時計なら、トリチウムが自己発光するのが見れるし買えるよ
固形物じゃなくてガスだけど、暗い所でも視認性はバッチリ

38

38. 匿名処理班

  • 2024年01月08日 03:31
  • ID:ml06WR4x0 #

>>30
キュリー夫人の手として出回ってる画像、あれはキュリー夫人のものじゃないらしいが

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links