保護施設の犬の為毎日クッションを作り続けるおばあさん
 アメリカ、テキサス州に住む93歳のおばあさんは、地元の動物保護施設にいる犬たちのために快適で居心地の良い犬用クッションを作ることに毎日を捧げている。

 ジョーン・ポッターズさんは、地元のキルト教室から出た、余った生地の端切れを譲り受け、自宅で毎日何時間もかけ、丁寧に高品質な犬用クッションを縫い上げている。
広告
San Antonio woman in her 90s spends her time crafting dog beds for animal shelter

施設の犬たちが快適に過ごせることに人生を捧げたおばあさん

 テキサス州サンアントニオに在住のジョーン・ポッターズさん(93歳)は、残りの人生をすべて犬たちに捧げることに決め、その使命を全うしている。

 ポッターズさんは、自宅リビングを裁縫工場にし、地元教会のボランティアたちと共に、犬用の快適なクッションを作っている。

 ポッターズさんはKSATの取材に対し、「犬たちの為になることができて、それで彼らが快適に過ごせることを知ってとてもうれしい」と語った。
彼らがもう、硬い床やセメントの上で冬の寒いときに寝なくてもよいことを知ると、とても安心するのです。
1

余った布の切れ端を裁断しクッションの詰め物に

 ポッターズさんたちは、地元の教会が運営しているキルト教室から出た、余った布を、数日かけて小さく裁断し、それをクッションの詰め物として使用している。

 また、誤って糸が犬の足に絡まることのないように、丁寧に確認することも怠らない。

 教会のボランティアスタッフに手伝ってもらいながら、ポッターズさんは毎月約30〜40個の犬用クッションを作る。
3
 「大変な仕事だけど、できなくなるまでやり続けるわ。だって犬たちが大好きなんだもの」とポッターズさん。
彼らだって骨が痛むこともある。彼らにも感情がある。私たちの言葉で話すことはできないけれど、彼らの目や顔の表情を見ればわかるでしょ。

彼らの表情はすべてを物語っているの。私はとにかく彼らの役にたつことができることに生きがいを感じているの。
written by parumo
あわせて読みたい
犬も本当に悲しいときには声を詰まらせて泣く。亡くなったおばあさんのお墓に寄り添い嗚咽をあげるウルフドッグ(アメリカ)


長年一人暮らしだったおばあさんの家の隣に越してきた大きな犬と小さな犬。そこから始まる友情物語(アメリカ)


外出制限中で買い物に行けないおばあさんのために、おつかいをしてくれる隣の家の犬(アメリカ)


やさしいぬ。おばあさんが転ばないよう椅子の位置を移動させる犬


やさしいぬ。おばあさんが転ばないよう椅子の位置を移動させる犬

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年09月10日 15:23
  • ID:bJlC7w8R0 #

93歳になっても生き甲斐があるって羨ましい。 自分は何しているんだろうか。

2

2. 匿名処理班

  • 2023年09月10日 17:07
  • ID:JFEY0nCF0 #

93歳の長寿かつクッションを作れるほどお達者なのはその優しい心のおかげなんだろう
5年後10年後も犬たちにクッションがきっと届き続ける

3

3. 匿名処理班

  • 2023年09月10日 18:55
  • ID:O1UhOCuf0 #

ジョーンさん輝いて見える

4

4. 匿名処理班

  • 2023年09月11日 13:18
  • ID:zmy.aoxM0 #

ジョーンさんは犬も好きだろうし、手芸が楽しいんだろうね。
ウィンウィンな趣味、うらやましい。

わりと有名な保護団体が、
ほとんどの犬猫がガス処分されてた時代に
毛布を募って保健所に届けていた。
(焼却の問題で途中からは綿毛布に)
なかなかできない事だと思ったよ。
今はボランティアの必死の努力や人々の保護犬への関心で
だいぶ処分数は減ってるね。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年09月11日 14:07
  • ID:Fp8ni6Ew0 #

優しい人だなぁ

6

6. 匿名処理班

  • 2023年09月11日 18:07
  • ID:R6pzJ7gw0 #

もっと若かったらきっとご自身で引き取って飼いたかっただろうね、だけどそれは出来ない。
自分が出来ることの範囲内で何とか役立てることを見つけて行動するのって結構難しいと思う。

自分が80歳90歳になったと時どれだけ他者のために頑張れるだろう。

7

7. 匿名処理班

  • 2023年09月11日 18:48
  • ID:BD6uOP3Y0 #

わんこってクッションとか柔らかい寝床大好きだから
ポッターズさんのおかげで施設の子たちのQOLは確実に向上しているはず
すばらしすぎる活動で涙出る

8

8.

  • 2023年09月11日 21:57
  • ID:3Ykq5xZx0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2023年09月11日 23:17
  • ID:kSzITZZJ0 #

パルモちゃん泣ける記事ありがとう
人間少しでも社会の役にたてるよう生きなきゃいけないね

10

10. 匿名処理班

  • 2023年09月12日 12:50
  • ID:l1m23IsC0 #

>>9 えらいなあと思うけど、「いけない」って事はないと思うよ。
ただニンゲンは本能的に人の役に立つ事で幸せを感じる
傾向があるから、うまく助け合えたらいいよね。
でもまずは自分がぜいたくではなくともそこそこ幸せでないと、
他者(他動物)を思いやれないよね。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links