国際宇宙ステーションでヒトのiPS細胞を培養したミニ脳を作る実験
 地球上では難しい、3次元的な形状の「ミニ脳」の形成が国際宇宙ステーションで始まろうとしている。8月1日に打ち上げが予定されているロケットには、人間の由来の「iPS細胞」が積まれた。

 iPS細胞は、細胞を培養して人工的に作られた多能性の幹細胞(人工多能性幹細胞)で、どんな細胞にも成長できる超マルチな才能を持った細胞のことだ。

 ISS国立研究所のチームは、宇宙の微重力を上手に利用することで、iPS細胞を球状のミニ脳「脳スフェロイド」に育て上げ、未来の医療である遺伝子治療の実験を行う予定であるそうだ。

ヒトのiPS細胞を培養したミニ脳の有用性

 8月に宇宙に打ち上げられる予定のiPS細胞は、人間の皮膚細胞から作られたものだ。

 国際宇宙ステーション(ISS)の実験室に持ち込まれたあとは、脳を構成している「神経細胞」「ミクログリア(小膠細胞)」「アストロサイト(星状膠細胞)」に成長するよう誘導される。

 これら3つの細胞は一緒に成長して、「スフェロイド」という細胞同士が凝集して塊になった小さな球状の組織となる。

 それはまさに人間の脳のミニチュアのようなもので、脳の病気や薬の働きなどを調べるモデルになってくれる。

 これまで病気や薬を調べるためには、実験動物が使われてきた。だが、人間の病気や薬を調べるのだから、動物ではなく人間で調べたほうが良い結果につながる。

 だが多くの国において非倫理的な人体実験は許されていない。そのため、スフェロイドやもっと複雑な脳オルガノイド中には視覚をもつものまである)といった技術が開発され、人間の組織を使った実験が可能になってきたのだ。

 実際、アメリカの食品医薬品局FDAは、新薬の開発でこれまでは義務としていた臨床試験前の動物実験を撤回しているくらいだ。
iStock-1553256608
photo by iStock

低重力の宇宙空間なら理想的な立体的ミニ脳の育成が可能に

 今回iPS細胞をわざわざISSにまで持ち運ぶのは、重力が強い地球上ではスフェロイドを理想的な3D形状に成長させることが難しいためだ。

 そこでISSの微小重力下で、脳スフェロイドがどのように成長するのか試してみる。これが今回の実験の大きな目的の一つだ。

 さらに成長した脳スフェロイドで、遺伝子治療の実験も行われる予定だ。

 この治療は神経細胞だけに作用するよう考案されたものなのだが、その狙い通りに薬が神経細胞だけに届くのかどうかが確かめられるという。
Science on Northrop Grumman's CRS-19 Mission to the Space Station


 iPS細胞の打ち上げは、8月1日午後8時31分(東部夏時間)が予定されている。

 打ち上げはNASAと提携するノースロップ・グラマン社が担当し、バージニア州ワロップス飛行施設からISSへとロケットが飛び立つことになる。

 なお、このとき運ばれる貨物にはiPS細胞のほか、宇宙での消化活動や大気モニタリング関連の機材、さらには学生が作成したデジタルアートなども含まれているそうだ。

References:19th Northrop Grumman Mission Carries Experiments to Station | NASA / Spherical 'minibrains' to be grown on the International Space Station | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
ホムンクルスかな。人工培養したミニ脳を約1年で乳児の脳に成長させることに成功


史上初、実験室で作られた人間の「ミニ脳」が視覚刺激に反応する瞬間を目撃


未来のコンピューターは人間の脳細胞で動くようになるかもしれない


ラットに移植した人間のミニ脳が見事に結合。視覚刺激に反応


肉体を持たない分離された脳細胞にも知性のようなものが備わっている。ミニゲームをプレイすることに成功

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年07月31日 20:18
  • ID:Z9Sk9jF.0 #

「極めてなにか生命に対する侮辱を感じます」と激おこされそう

2

2. 匿名処理班

  • 2023年07月31日 20:49
  • ID:LBhwM89N0 #

>宇宙の微重力を上手に利用することで
法的な問題を無視するために宇宙なのかと思ったらそういうことか

3

3. 匿名処理班

  • 2023年07月31日 21:31
  • ID:xftHp0zu0 #

何年か前にISSは2024年に運用終了して地球落下時は素晴らしいショーになるでしょうなんてニュースにでてたけど、いつの間にか2030年まで運用することになってたんだね。

4

4. 匿名処理班

  • 2023年07月31日 21:35
  • ID:vvTpn1X20 #

以前の記事で「人工の脳に目玉が出来た」ってやつがすごく怖かった 
成功!とか言ってたけれど、あれ作った科学者も内心びびっていたんじゃないかな

5

5. 匿名処理班

  • 2023年07月31日 21:54
  • ID:njQ7ZP.60 #

> これまで病気や薬を調べるためには、実験動物が使われてきた。

動物実験が減るなら、大歓迎!

6

6. 匿名処理班

  • 2023年07月31日 22:23
  • ID:y7CRfnvn0 #

202X年某月某日
ISS「ヒューストン応答せよ! 緊急事態発生! ステーションが実験中の脳細胞に乗っ取られた! うわぁぁぁ、、、」

7

7. 匿名処理班

  • 2023年08月01日 00:54
  • ID:UifqWCct0 #

山中教授がアメリカに行ったときに向こうの偉い学会の方々(製薬会社の回し者かも)にコロナについて人類が滅亡しそうみたいな大げさなことを色々と吹き込まれて、日本に帰って来た時に大慌てしてしまい結果叩かれてるけど、この人の人類に対する功績もこうやってあらゆる場所でずっと広がってるなと思い返すことも多いわ
今は研究所の所長を辞退して研究員としてIPS研究に専念してがんばっておられるから日本のIPS細胞の研究の発展はますます進んでいくと思うし、そっちの方向でぜひがんばってほしい

8

8. 匿名処理班

  • 2023年08月01日 08:43
  • ID:Waroz3Cy0 #

又やらんかなぁ「アウターリミッツ」 かなり昔から、こう言った発想の研究が有ったね

9

9. 匿名処理班

  • 2023年08月01日 21:19
  • ID:.oUttEN.0 #

脳オルガノイドの意識が問題になってたけど、そのあたりはどうなったのかな。強引にやってみたらじつはヒドかったっていうのは、この手の領域では結構あるからなぁ。

10

10. 匿名処理班

  • 2023年08月02日 10:36
  • ID:UOZQep.n0 #

この脳に意識宿るのかな

11

11. 匿名処理班

  • 2023年08月10日 14:48
  • ID:ZBz1A7Gp0 #

>>10
中禅寺秋彦「―――脳は鏡だ。機械に繋がれた脳が生み出すのは、脳の持ち主の意識ではなく“繋いだ機械の意識だ”。さあ、これはやってみなくちゃ判らない。やってみてもしそうだったら、あんたは―――どうする?」

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links