イギリスにある氷河期の遺跡から謎の巨大な手斧が発見される
 イギリス南部の氷河期時代の堆積物から、2つの大きな先史時代の石製の手斧が発見された。そのうちの1つは長さおよそ30cmもあった。

 これら30万年前の道具は、火打石の石板を両側から削って、キザギザの縁を作ってできている。これらの巨大な手斧は、ケント州にあるメドウェイ渓谷の上の丘の中腹に、800点以上のほかの遺物と共に埋もれていた。

 今と違い、当時の手斧は長さが22センチ以上あれば、"巨大"だといわれているが、今回はそうした巨大な道具が2つも見つかったのだ。だが、その理由はまだ解明できていない。

いったいどうやって使ったのか?30万年前の巨大な手斧

 発掘に携わった、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)考古学研究所のレティ・イングレイ氏によると、最も大きい手斧は、およそ30cmもあり、英国でこれまで発見された考古学遺物の中で最大のもののひとつだという

 通常、手斧は獲物を解体したり、皮を剥いだりするために使う。

 しかし、この30万年前の手斧はとても大きく、どうやって手で持って使ったのか、想像するのも難しいという。

「おそらく、これらは他の道具に比べて、実用的でない、象徴的なもの、つまり、強さと技能を見せつけるためのものとしての役目を果たしていたのではないでしょうか」イングレイ氏はそう推測する。
1_e0
ケント州の氷河期時代の遺跡で発掘された巨大な手斧 / image credit:image credit:Archaeology South-East/ UCL

誰が、なぜこの巨大な手斧を作ったのかは不明

 氷河時代当時、メドウェイ渓谷一帯は、シカや馬、まっすぐの牙をもつ絶滅したゾウやライオンが歩き回っていた、主要な狩場だったのではないかという。

 初期の人類は、この地域で民族や文化が出現し始めたばかりのネアンデルタール人と、こうした風景を共有していたのではと思われる。

「現時点では、どうしてこんな大きな道具が作られたのか、どの初期人類がこれらを作ったのかは、わかっていません」イングレイは言う。

「この遺跡は、こうした刺激的な問いに答える機会を与えてくれるでしょう」
no title
イギリス南部で発見された巨大な2つの手斧を計測 / image credit:Archaeology South-East/ UCL

 研究チームは現在、誰が作成しか、何に使われたのかをより深く理解するために、回収された遺物の特定の研究に取り組んでいる最中だ。

 いずれ詳しいことがわかるかもしれない。

 もしや当時、巨人が存在していたりしている可能性はないのか?まあなさそうだが、巨大な手斧の発見はそんなロマンをもたらしてくれる。

 この研究が進めば、遠い過去の秘密を解き明かし、まだ解明されていない初期人類の生活や、彼らがどのようにして自分たちの世界に適応していったのかを知るための重要な一歩となるだろう。

References:Giant stone artefacts found on rare Ice Age site in Kent | UCL News - UCL – University College London / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
絶滅したはずの古代の人類種がフローレス島の森の中で生きのびていると信じる人類学者


中国からアメリカと日本へ、氷河期時代の人類移動の証拠を発見


トルコで世界最大級の古代地下都市を発見。収容人数は7万人


チベットの洞窟から発見されたデニソワ人のDNAがアジア初期の人類の歴史を変えるかもしれない


その足のサイズ57cm。中国で巨人のものと思われる巨大な足跡が発見される。

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 22:13
  • ID:2T3WFVAJ0 #

それほど巨大か?
力仕事を生業としてる人なら片腕で
30キロ〜50キロは平気で持ち上げるけども・・・。

自分は4〜5キロのハンマーを常用してる。
外人なら体も大きい人もいるだろうし何の疑問もないだろう。

2

2. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 22:28
  • ID:YYmARkLq0 #

>どの初期人類がこれらを作ったのかは、わかっていません

30万年前のイギリスって
ネアンデルタール人以外の人類もいたのかな?
普通に考えたら腕力が強かったと言われるネアンが
巨大な斧の主と思ってしまうけど。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 22:29
  • ID:FUHRCcM00 #

まあ今でもアホみたいにデカいしゃもじとかエンターキーとか作るし多少はね?

4

4. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 22:31
  • ID:X..bONLj0 #

必要以上に大きいってことはつまり
実際には使わない、祭祀に使う儀礼的だったり権威の象徴なんじゃないかなと

あと石だから必要以上に大きいと加速度的×重量で衝撃で自体が破損しそう

5

5. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 22:37
  • ID:lS8adzWc0 #

手斧とは、主に30〜40cm程度の片手で扱える小型の斧のこと

6

6. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 22:42
  • ID:19bdHTDd0 #

これは使える人間がいたのか?
なら優に2m以上の筋肉質な男とかになる
または儀式用の斧かも
大きさからして実用性がないのは
その為とかもあるかもね

7

7. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 22:50
  • ID:ZgtF1Tg60 #

日本の各地で祀られている巨大な息子スティックやアワビたちの存在

8

8. 匿名処理班

  • 2023年07月10日 23:00
  • ID:wuRoaHpx0 #

言うほど大きくなかった

9

9. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 00:01
  • ID:tAOoIK4A0 #

きっと本当の事は、事実は小説よりも奇なりなんだろうなぁ、推測は出来ても実際にタイムリープして確認しなければわからないって所が最高にミソだよな

10

10. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 00:23
  • ID:aTMre3BW0 #

1. 普通にデカい人が使ってた
2.設計ミス

11

11. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 01:04
  • ID:N.MHbO7w0 #

各国、各地で巨大な頭蓋骨が発掘されてる。
何故それを無視するんだ?遥か昔の地球は現在より文明が発達してた地域が有ったり巨人族が居たとする伝承も有る。その者らが使ってたと思わない?

12

12. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 01:17
  • ID:HBHh.zYq0 #

世の中なんて理由がないのがほとんどなのに、
なんでも理由を捏造してる考古学って価値低いわ。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 01:20
  • ID:Mlv9dzNb0 #

デカい武器は今も昔も男のロマンだろ

14

14. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 01:30
  • ID:eZopFICL0 #

「なんかおっきい石あったから手斧作ったらめっちゃでっかくなっちゃった…使えないけどカッコイイから置いとこ」
くらいのもんが後世に謎を残すのかもしれないんだね

15

15. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 02:53
  • ID:3eX2oxBu0 #

アルタイ人

16

16. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 05:21
  • ID:0enXLF8h0 #

柄がついてる斧じゃなくて片手で持って使う道具だよ。これが掌に収まるのは人間では無理。なにかっていうと儀式だっていう発想はあまり好きじゃないなぁ。実際に使った痕跡があるのか調べてほしいね。

17

17. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 05:31
  • ID:koQ13O6N0 #

手斧と勝手に思い込んでるだけで全然違うものかもしれんし作ってみたけど使い物にならないから捨てたものかもしれん
これだけ時代が違うとどうせ当てずっぽうな考察にしかならん

18

18. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 07:33
  • ID:FP27ezqS0 #

ソーみたいのが使ってたんだろ

19

19. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 07:33
  • ID:iEJ8Re0u0 #

現代でも小型の手斧から木を伐り倒すための大きな斧までサイズは様々ある。体格の小さい古代の人でも「大きな道具なら効率が上がるんじゃね?」という考えで、大サイズを作るのは不思議でも何でもないな。
なお実用性。

20

20. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 08:49
  • ID:iHBXV1..0 #

30万年前だとまだホモ・サピエンスどころかネアンデルタール人もイギリスに到達してない。
ホモ・ハイデルベルゲンシスはこの時期にいたらしい。平均身長1.8mあったらしいから、この種ものかも?

21

21. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 09:15
  • ID:mDMGjZnz0 #

軽い手斧を腕力に任せて叩きつけるのではなく
重量のある大き目の手斧を自然落下に任せて叩きつけた方が効率良いんじゃね
このサイズなら骨を割って骨髄取る作業も楽になるだろう

22

22. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 09:23
  • ID:k6QGCTYr0 #

>>1
昔の人間のが身体能力は確実に高いもんな

23

23. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 10:20
  • ID:3DjkDLDg0 #

>>1
30〜40kgを持ち上げるか可能かどうかならばそれは可能だろうけど
それを常用して使いこなせるかどうかは別の話だと思いますが…

>>5
手斧は現代の意味の「手斧」ではなくて、考古学的な意味で「手で持って使う斧」の意味の方だと思うよ
「握り斧」と書いた方が正しいのかもしれない

24

24. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 10:33
  • ID:aaZWyJhK0 #

おそらく手斧ではなく設置して使うための斧かもしれない

25

25. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 11:41
  • ID:k.z87SY.0 #

※11
よくネットで見かける巨人の骨の発掘現場の写真を元に言ってるなら
あれはフォトショップを使った「アトランティス、2000年前のコカ・コーラの缶、巨人の頭蓋骨など、考古学的発見のデマを作成してください」と説明のあるフェイク画像コンテスト画像
それ以外の情報を元にしてるならごめんなさい

26

26. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 11:53
  • ID:vk90RwXs0 #

>>1
記事にも現代とは違うって書かれてるが…
この時代の手斧は、画像の通りのもの(他に柄とかはない)を片手で握って何度も振り下ろしたり先端で擦るように切りつけて使うものなのよ
しかも石製なので見た目以上にかなり重い
なので、このサイズともなると握って片手で持ち上げるだけでも相当の握力と手の大きさが必要になるし、それ自体はできたとしてもそれを実用品として使うのはかなり非現実的
だからこそ実用品というよりは、有力者が力の強さを誇示したり、儀礼的に用いられたりした可能性があると推測されている

27

27. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 11:57
  • ID:R2u72KLm0 #

貨幣の新世界史という本によればこういう実用外サイズの大型握斧は各地で発見されていて何らかの象徴的価値があったのではないかと推測している。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 11:57
  • ID:vk90RwXs0 #

>>21
それするならわざわざこういう手斧の形に加工せずに「大きくて先の尖った石」で充分なのよ
当時の技術では、「手斧」に加工する労力自体が相当なものなので、「片手で握れるような形にする」必要がない実用品であれば、そんな労力を割くとは考えづらい

29

29. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 11:57
  • ID:qdeJXkFa0 #

>>1

石はそこまで強度高くないのがポイント。
デカくて重い石はそれを叩きつけた時に鋼のように耐えてくれない。
ということは実用サイズとか実用的な重さってのも現代のハンマーや斧と違う。

石のナイフなんかわかりやすいでしょ。あれすぐ切れ味落ちるんだから。
金属の比じゃないんよ脆さが。


30

30. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 12:15
  • ID:qwXyNQlM0 #

山口県にある「破邪の御太刀(全長465cm、重さ75kg)」
みたいに馬鹿でかかったら儀礼用かと思うけど、
このくらいなら実用性が無いとは思わないな。

31

31. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 12:35
  • ID:lI48NX050 #

>>30
岩国城のやつ?あれは見る価値あるよね。
デカい武器=強そうだから作ってみよう。って感覚は今も昔も同じなんかな?

32

32. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 16:20
  • ID:U6.SzXM70 #

牛やら熊の頭骨を割るにはこんくらいでいいんじゃないの?

33

33. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 19:10
  • ID:i5lLA1q60 #

片手もちじゃなくて、両手で持って使うなら扱いにくいという程でもないと思うけど。

34

34. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 19:18
  • ID:XDB8sB760 #

氷河期に中学校は無かったとしても、中二心はあったんじゃないかな

35

35. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 21:02
  • ID:6daCE.vj0 #

古代人「これもっと大きくすればもっと強くなるんじゃね?」

36

36. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 21:03
  • ID:6daCE.vj0 #

古代人「これもっとデカくすればもっと強くなるんじゃね?」

37

37. 匿名処理班

  • 2023年07月11日 23:51
  • ID:lTKuXWyU0 #

>>23
それは一般的には、ナイフと言うんじゃないかな

38

38. 匿名処理班

  • 2023年07月12日 09:59
  • ID:GH0y2tmB0 #

あれ?この大きさ・重さの手斧は実用的に使うとすぐに割れて使い物にならなくなるんじゃないか?
長さが2倍なら重さは8倍で耐えられるせん断力は4倍だから加工できる打製石器だとかなり脆いと思う。

39

39. 匿名処理班

  • 2023年07月12日 10:07
  • ID:8XwQ.FEm0 #

>>37
ナイフは刃があって切断力のあるものなので。
この時代は、現代的な意味での刃をこういう石から作り出す技術はないので、分類としては叩き割るのが主となる手斧になる
黒曜石なんかで作ったものは充分な切断力があるからナイフと言えるけどね

40

40. 匿名処理班

  • 2023年07月12日 11:08
  • ID:vdRg1yO.0 #

>>37
ナイフ形石器と尖頭器と手斧は用途(予想)によって分類されているから、見た目上での分類は曖昧
ナイフ形分類だと今の包丁のような使い方(肉を切ったり、皮を剥いだり)がメイン用途だろうという予想が前提になる
そしてこのサイズで肉を切ったり、皮を剥いだりはしないだろうという予想から、「斧」になっている

41

41. 匿名処理班

  • 2023年07月12日 11:24
  • ID:TXG.mSVB0 #

用途に最適な道具が生まれるまでには数多くの失敗があったわけで、それが出土しても不思議ではない
実用性0のものを全力で作る人が現代にいるように、古代人の遊び心の可能性もある

42

42. 匿名処理班

  • 2023年07月12日 17:44
  • ID:EyzBWyKU0 #

>>40
でも、用途的にはナイフと同じ使い方だよね〜

43

43. 匿名処理班

  • 2023年07月12日 22:16
  • ID:F1pt.prd0 #

>>42
記事では学者さんは「普段使いされていなかっただろう」としているが?
用途的にはナイフという謎の決めつけはどこから出てきたの?

44

44. 匿名処理班

  • 2023年07月13日 03:06
  • ID:ctU5Wyst0 #

マグロ包丁みたいにデカい獲物の解体用じゃないか?
叩きつける用途なら割れやすいだろうけど、肉を押し切ったり皮を剥いだりするなら刃渡りや重量があった方が便利な場面もあるんじゃないかな

45

45. 匿名処理班

  • 2023年07月13日 13:16
  • ID:4Cjbodem0 #

ここまで大きく重くすると脆い石ではそもそも自壊する危険性高いだけの道具であって、実用性もへったくれもないだでしょうって話で、見た目同サイズの鋼製道具と比べてどうすんだか。

‥ってところに辿り着けないのかと。

46

46.

  • 2023年07月14日 03:20
  • ID:hUUHiv2.0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links