AIが古代バビロニアのテキストを解読
 ドイツのルートヴィヒ・マクシミリアン大学(LMU)の研究チームは、古代バビロニアの楔形文字の難しい文章を解読できるAIシステムを開発した。

 「Fragmentarium」というこのアルゴリズムは、ギルガメッシュ叙事詩を含む、人類がこれまでに書いたもっとも古い物語の断片をつなぎ合わせて解読することができるという。

 LMUでは、2018年から、現存しているバビロニアの楔形文字の石板すべてをデジタル化するプロジェクトを行っている。

断片でしか残されてない古代の文献をAIで解読

 古代バビロニアのテキストを解釈する上で問題なのは、文字が粘土板に書かれていることだ。

 今日、こうした粘土板は数え切れないほど存在していて、みんなバラバラの断片でしか残っていない。しかも、これら断片はそれぞれ、ロンドンの大英博物館や、バグダッドのイラク博物館など、大陸を遠く隔てた場所に散在している。

 こうした困難に加え、文章はシュメール語とアッカド語のふたつの複雑な書体系で書かれているため、編集作業はますます困難なものになっている。

 これまでは、書かれている文字を紙にコピーして解読し、そのコピーをほかのものと比較して、どの断片がつながっているのか、パズルのようにひとつひとつ丹念に割り出していた。

 だが、ドイツのルートヴィヒ・マクシミリアン大学(LMU)の研究チームが開発したAI「Fragmentarium」を利用すると、こうした作業が断然簡単になる。

 これまでデジタル化されている2万2000のテキストの断片から、AIが画像をふるいにかけ、人間がやったら通常は数ヶ月かかる作業を、たった数秒のうちに体形的に組み合わせることができるのだ。

「これまではなかった、断片の巨大なデータベースツールです。バビロニア文学を再構築するのに不可欠なもので、遥かに早く作業を進めることができるでしょう」LMUのアッシリア学研究所(古代近東文学)教授のエンリケ・ヒメネスはプレスリリースで語っている。
2_e0
ギルガメシュ叙事詩の元となるアッカド語のタブレット XI /
image credit:British Museum / WIKI commons

ギルガメッシュ叙事詩の断片を解読、バビロン市を称えた賛歌も確認

 2022年11月、「Fragmentarium」は、紀元前2100年にさかのぼる世界最古の現存する文学作品、ギルガメッシュ叙事詩の断片を解読した。

 この叙事詩のもっとも有名な場面は、創世記に出てくるノアの箱舟の物語の起源だと考えられている、壊滅的な大洪水が描写されている箇所だ。

 もうひとつのビッグな発見は、「Fragmentarium」のおかげでバビロン市を称えた賛歌が確認されたことだ。

「この文章はとてもすばらしい。町の様子が目に浮かぶようです。バビロンに春がやってくることを歌っているのです」ヒメネスは説明する。

「これまで、バビロニア文学には都市を寿ぐ賛歌はありません。今、新たに15の断片が見つかっていますが、「Fragmentarium」がなければ、再構築までに30〜40年はかかったでしょう」

賛歌の内容は次のようなものだ。
アラトゥ川、
知恵の主ヌディムドによって創造された
平原に水を注ぎ、葦を濡らし、
その水をラグーンと海に注ぐ。
彼の野には花が咲き乱れ、緑が萌え、
牧草地は新鮮な穀物で輝く。
彼のおかげでとうもろこしは山積みになり、
草は多くの生き物たちのための牧草地として高く育つ。
人類にふさわしい富と壮麗さで、
すべては輝かしい豊かさに覆われている
 これまでのところ、世界中の200人の研究者が、自分の研究のために「Fragmentarium」のプラットフォームをオンラインで使っているが、2023年2月現在、「Fragmentarium」は一般でも無料で使用できるという。
世界中の誰もが、「Fragmentarium」を使うことができるようになります。解読されていない、こうした古代文字の断片がまだまだたくさんあるのですから

追記(2023/1/17)誤字を訂正して再送します。
References:Playing with the source of world literature - LMU Munich / AI Deciphers Ancient Babylonian Texts And Finds Beautiful Lost Hymn | IFLScience / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
死海文書には2人の書き手が存在する?AIで筆記者の謎に迫る

噴火で炭化してしまった古代のパピルスの巻物を最新のAI技術で広げることなく解読する試み(英研究)

世界最古の幽霊か?3500年前の古代バビロニアの粘土板に記された幽霊画

ヒッパルコスが最初じゃなかった。3700年前のバビロニアの粘土板に記されていた世界最古の三角法

約3800年前の古代メソポタミア時代のレシピを大学教授が再現、そのお味は?(イギリス)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 20:22
  • ID:F0nE.jUF0 #

日本も、日本の古文書などを解析できるAIを作らないのかな? 既にあったら御免なさい。

2

2. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 20:27
  • ID:sJ8dScF.0 #

AIが古代文明の終末プログラム読み込んじゃうヤツだな

3

3. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 20:30
  • ID:Fw6DmGLU0 #

いざという時しか詠んだらアカン文章をうっかり
詠んでしまって「目覚めさせて」しまいそう

4

4. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 21:13
  • ID:sNjaQGe60 #

A I 訳 「 メソポタミア、それはトウモロコシ、ジャガイモ、

ピーマンの実る、神の恵みの土地 ・・・ 」

5

5. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 21:13
  • ID:3Bf6rDrW0 #

これが正しいかどうかを判定するAIの開発が待たれる

6

6. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 21:15
  • ID:2Zhw.sEE0 #

とうもろこしって新大陸原産じゃなかったっけ

7

7. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 21:20
  • ID:okKL.S640 #

AIの解読した文章が正しいかはどうやって検証するんだろ?

8

8. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 21:40
  • ID:gd9zG9MQ0 #

次世代シーケンサーのおかげで最近は遺伝子の解析が容易にできるようになった。ショットガンシーケンスと言って、DNAを断片にして読んでコンピュータで内容を繋げるんだけど、それと同じ様な方式なのは面白いな。

9

9. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 22:42
  • ID:kEKeSemQ0 #

AIでこう言う研究するなら途中経過も欲しい所だな
でないと人間の方が知識の上でどんどん置いて行かれてしまうし、出された結果を検証する事も出来ない

10

10. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 22:56
  • ID:nWKvpfUm0 #

古代の詩に感動した!すばらしいな
薄汚れた現代人ではこんな純粋な詩は書けないだろう
と同時に現代に勝るとも劣らぬ古代人の高い芸術性、知性、教養、そして気品を感じる事が出来た
古代人と詩の製作者そして研究に携わる方々にも賛辞を贈りたい

11

11. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 22:56
  • ID:3FoTkVEc0 #

>>1
そもそも日本語の古文書の場合、一度に”読める”量が多いからAIに頼るほどでもない

>>4
>>6
英語の原文の”corn”は、たしかにトウモロコシというのが日本人としては普通の感覚だけれど、”corn”は例えばその地方の主要穀物という意味合いや穀物の粒そのものという意味合いでも使うので、メソポタミアであれば麦の粒を指した言葉と考えるのが妥当

12

12. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 22:58
  • ID:CCDbL7WV0 #

>>6
英文記事は、
cornとしてあるページと
grain(穀粒)としてあるページがあるな。

grain としてある方は、その前の文章も
「草地では赤銅色に輝く大麦が湧き出る。
その流れのおかげで、穀物は山積みになり〜」
となっていて、文章の運びも分かりやすい。
が、それが、原文に忠実なのか
作為的に解釈で意訳しているせいなのかは知らんが。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 23:05
  • ID:3fkG6IyJ0 #

>>1
あるよー
タイ人の研究者さん作成の「みを」っていうのと凸版印刷の「ふみのは」っていうのがある
かなり正確にくずし字読んでくれるからすごい

14

14. 匿名処理班

  • 2023年02月16日 23:22
  • ID:b3PxxvS20 #

文章はシュメール語とアッカド語の2つで〜とあるって事は後期アッカド語は石版に無かったのかアッカド語が前後期で違うのをカウントしてないのかよくわからんな
とはいえすげぇ!

15

15. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 00:20
  • ID:0WhScVwH0 #

英>日もろくに翻訳できないくせに

16

16. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 01:50
  • ID:0RDEtebR0 #

意味不明なところと、明らかに間違ってるところはどう説明するんだろうな

>>その水をラグーンと海に注ぐ。

ラグーン(英語: lagoon)は、砂州やサンゴ礁により外海から隔てられた水深の浅い水域のことである。 ラテン語のlacuna(池、地面にあいた穴)がイタリア語のlagunaを経て英語に入ったもので、主として潟湖と礁湖の2通りの意味で用いられる。
もしかして、水の擬音のつもりで、らっぐーんっと書いてるのかな?

>>彼のおかげでとうもろこしは山積みになり

とうもろこしは、アメリカ大陸が原産で、15世紀末に新大陸を発見したコロンブスがヨーロッパに持ち帰って広まった。バビロニア時代に中東にはとうもろこしは存在してない。

この記事にも脱字してたりといろいろ目についてしまいました。

17

17. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 01:52
  • ID:3mI0u1JC0 #

>>4
そこひっかかりますよね?トマトもあったんじゃないかと…

18

18. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 01:53
  • ID:0RDEtebR0 #

>>4
トウモロコシ、ジャガイモ、ピーマン・・・南米原産

つまり、アメリカ大陸の事ね

19

19. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 01:53
  • ID:0RDEtebR0 #

>>11
じゃあ小麦とか穀物でいいじゃん。

20

20. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 09:15
  • ID:chWKtSxv0 #

>>12
イギリスではトウモロコシをメイズと呼び、穀物をコーンと呼ぶ。元記事は英国が運営してるサイトなのでは?

21

21. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 10:49
  • ID:Y3Q4OaZq0 #

全てが解読できて、物語のラストを読める日がきて欲しいな。

22

22. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 11:20
  • ID:.zfsYkKb0 #

ヴァイニッチ行くべ

23

23.

  • 2023年02月17日 12:06
  • ID:wtzaVTo.0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 17:01
  • ID:pqMQZoI50 #

>>7
ChatGPTなどでわかったのは正しく学習がなされていない場合には、「AIでも平然と嘘をつく」だものね

25

25.

  • 2023年02月17日 20:18
  • ID:7qJKOyEg0 #
26

26.

  • 2023年02月17日 20:22
  • ID:ZAIwkwvw0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2023年02月17日 22:10
  • ID:GWvYRNtR0 #

>>16
あの・・・解読した文章をそのまま載せてるわけないでしょ?
古代メソポタミア語をそのまま載せられても我々素人には読めないでしょ??
現代語(記事の原文なら英語)に翻訳してるんですよ・・・

28

28. 匿名処理班

  • 2023年02月18日 01:30
  • ID:w2ohMcHh0 #

読める…読めるぞ❗️

29

29. 匿名処理班

  • 2023年02月18日 09:33
  • ID:XrpQJ.Ow0 #

>>16
アラトゥ川がバビロンを通っているユーフラテス川のことならラグーンとは河口デルタに広がる広大な湿地帯のことを指していると思われる。時代が下ってアケネメス朝の頃には灌漑で河流が細分化され大河なのにはっきりとした河口がないというようなことになっていた。

30

30. 匿名処理班

  • 2023年02月18日 10:59
  • ID:H19BWSbG0 #

>>28
「ラピュタを見つけたい」という夢と野心を持って勉強し軍に入隊し、力をつけ、そして発見にまで至る有能人間ムスカ君
しかもラピュタ語まで読めるようになっているというオマケまでつく。野心家ではなく純粋な学者だったならばよかったのに…

31

31.

  • 2023年02月22日 17:36
  • ID:AniWAjC60 #
32

32. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 23:31
  • ID:NN59MDu10 #

cornはとうもろこしの他にも穀物の意味があるからここでは穀物の方だね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links