カラスと女性の友情物語
 アメリカ・テネシー州の非営利団体が運営する保護区では、保護した野生の鳥にリハビリを施して、再び自然へ解放する活動をしている。

 その保護区に、ペットショップから救済された1羽のムナジロガラスが暮らしている。

 世話役として働くスタッフの女性は、その年老いた飛べないカラスがとても聡明で社交的であること以外に、自分のことを鳥ではなく小さな人間と思っていることに気付いたという。
広告
This crow seems convinced he's a tiny human

保護区で暮らす年老いた飛べないカラス

 テネシー州にある非営利団体『アメリカン・イーグル財団』は、ワシなどの猛禽類や野生の鳥を救済し、リハビリをさせて自然へと還す活動を保護区で行っている。

 スタッフのメイシー・エヴァレットさんは、この保護区で自分がカラスと特別な絆を持つことになるとは思ってもいなかった。

 アフリカを原産とするムナジロガラスのタックは、ペットショップから救済された17歳のシニアガラスだ。
2
ムナジロガラスの平均寿命は20歳なので、タックはもういい年をしたおじいちゃんです。

この保護区には、75羽の解放不可能な鳥が暮らしていますが、タックもその1羽です。

人間の世話の下で生まれたタックは、野生に解放しても生き延びることができません。

また、タックは翼と両脚がひどい関節炎で、少しなら歩くことはできますが、飛ぶことができないんです。(メイシーさん)

交流の過程でタックの聡明さを知る

 タックは、保護区にやってきた当初は怯えがちで、担当になったメイシーさんにもすぐには懐こうとしなかったという。

 だが、メイシーさんは時間をかけてタックとの距離を縮めていった。その過程で、タックはとても聡明で、社交的であることに気付いた。
タックは、複数の言葉をすぐに真似し始めました。特別な訓練をする必要はなく、タックはただ毎日私たちが使う言葉を自然に覚えていったんです。
 「ハロー」とメイシーさんが言うと、タックも女性の声真似で「ハロー」と言う。
タックは、保護区の訪問者が女性だと、紳士的な態度で「ハロー」って挨拶するんですよ(笑)

最近は、時々ウシガエルの鳴き真似もしています。(メイシーさん)
1
 メイシーさんによると、周りから気を引きたい時にはいつも「What?(なに)」と口にするそうだ。

 カラスは非常に聡明であることが知られているように、タックもやはりかなり知能が高かったようだ。やがて、メイシーさんはタックに物体認識の訓練も行うようになった。

 タックのお気に入りの小さなおもちゃをいくつか床に置き、その中からおもちゃのタイヤに触れるよう頼むと、タックは間違えることなくタイヤに近付き、くちばしで触れた。

 タイヤの位置を変えても、タックはすんなりとタスクをこなした。
crow3_e
image credit: youtube
 日々の交流で、タックの聡明さやユニークな性格にとても心惹かれて、タックが大好きになったメイシーさんは、タックにそっくりな手作りのイヤリングまで手に入れ、いつも身に着けているという。

タックは自分を小さな人間だと思っている!?

 メイシーさんは、タックについてこのように話している。
保護区のほとんどの鳥は、私たち世話人が触れたり撫でたりするのを嫌がります。

ほとんどは野生に還す鳥なので、私たちも触れません。でも、タックは例外でした。頭を撫でさせてくれるのは、保護区の中でタックだけです。

タックは、なぜか他の鳥とは交流を持とうとしません。私たち人間とのみ、社交的な態度を見せるんです。

タックは、自分を小さな人間だと思っているところがあるようです。

タックと出会い、世話をする機会に恵まれたことをとても嬉しく思っています。
 時間をかけてタックの信頼が得られるよう努めてきたメイシーさんだけに、交流のなかで生まれたタックとの絆がここまで強くなったことに、大きな喜びを感じているようだ。
 ただ、メイシーさんの仕事は、他のスタッフ同様あくまでも野生の鳥にリハビリをして、自然へと還すことだ。

 メイシーさんは自然保護の大切さを、このように説いている。
野生生物を保護するという仕事は、プロに限ったことではありません。

どんな小さな行動でも、自然を救うことができるのです。
References:Clever Pied Crow Thinks He’s More Human Than Bird/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
カラスが女性にやさしくモフられている。その裏で激しくジェラシーを燃やす動物の姿が...

訓練されたカラスは、キーボードを華麗に演奏できるらしい

賢いのは知ってたけども...カラスに関する興味深い10の事実

ドイツ語で「私の愛しい人」と話すワタリガラス、保護された施設で人間になつきすぎた結果

カラスの恩返し。子ガラスを助け、一家に餌を与えていた男性にカラスからのサプライズギフト!(アメリカ)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 12:10
  • ID:nWotijGj0 #

この記事を見て微笑ましいと思う気持ちが、このカラスさんがペットショップにいた理由でもあると思うと何とも言えねぇ。。。。

2

2. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 12:12
  • ID:rEqe3fMi0 #

ペットショップにいたってことは売り物だったのかな

白い部分がベスト着てるようでかわいい

3

3. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 12:26
  • ID:.lkbByp30 #

ビブス着てるみたいで可愛いな

4

4.

  • 2023年02月14日 13:03
  • ID:pWvfdhOQ0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 13:13
  • ID:13GTAEvt0 #

カラパイアって、自分を○○だと思っている△△構文好きだね

6

6. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 13:22
  • ID:ZROOc.3G0 #

米といえば歯の美白・矯正のイメージだが、
メイシーさんは八重歯がカワイイ。
大草原の小さな家のローラみたいだ。

7

7. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 13:25
  • ID:Hol3wdsC0 #

めちゃくちゃはっきり喋っててびっくりした!

8

8. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 13:37
  • ID:CynQSd5Q0 #

恐竜ももし現代まで生きてたら、生き残りの鳥みたいにコミュ取れたかもしれないな

9

9. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 13:44
  • ID:W59RzEPj0 #

前にいじめにあってた女の子が
ケガしたカラス助けたら
苛めっ子を攻撃し続けた話を
ネットで見たことある。

多分元ネタのあるホントの話だと思う
カラスほど本当は
一番人間のペットにしやすいのかもね
害鳥扱いなのがなんとも・・・

10

10. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 17:36
  • ID:hnzkDIdy0 #

そのカラスが自分を人間と思っているのなら無理に自然に返そうとすることも不自然なのかも…

11

11. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 17:39
  • ID:CeSVmqZe0 #

白いエプロン

12

12. 匿名処理班

  • 2023年02月15日 12:46
  • ID:gGGt24If0 #

タンクトップ可愛いな

13

13. 匿名処理班

  • 2023年02月27日 09:57
  • ID:W5HKzRon0 #

前から見るとランニング着たおっさん
後ろから見ると首にタオル掛けたおっさん
動きもおっさん 笑って見てたら関節炎とな
もう最後まで一緒に居れたらいいな

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links