運命の石に落書きで避難殺到
photo by iStock
 日本では、飲食店における迷惑行為が問題となっているが、アイルランドでも驚きの迷惑行為が波紋を呼んでいる。

 アイルランド・ミース州南部に位置する「タラの丘」は、アイルランド人にとっては伝説上の王たちの儀式の場所と言い伝えられている神聖かつ非常に重要な聖地だ。

 ところが先日、この丘にある「運命の石(Stone of Destiny)」と呼ばれる立石「リア・ファイル 」が何者かによって「FAKE(にせもの)」と落書きされた。

 石にスプレーで落書きされると除去するのがかなり困難だ。文化遺産団体は「無知な者による醜い行為」と怒りをあらわにしている。
広告
‘Stone of Destiny' Vandalized in Ireland

アイルランドの聖地と呼ばれるタラの丘

 アイルランドのタラの丘は、古代ケルト人たちの文化や宗教、政治、経済の中心地で、500年にわたり王の儀式の場になったという伝説から、アイルランド人にとって神聖かつ重要な聖地として敬われている。

 丘には、複数の石や土塁が残っているが、「運命の石(Stone of Destiny)」と呼ばれている立石は、アイルランドの5000年の文化と歴史そのものを象徴する非常に重要なモニュメント(記念碑)だ。

 この立石が、何者かに落書きされたという通報が、2月7日に地元警察に寄せられた。

 石の4面すべてに大文字で「FAKE(にせもの)」と書かれた落書きは、6日の夜から7日の朝にかけて行われたものだと警察は判断している。

「無知な者の醜い行為」と非難

 通報があった当日、国定記念物局と公共事業局の職員が現場に向かい、スチームクリーナーを使用して、立石を傷つけないようにゆっくりと落書きを取り除く作業が行われた。
1_e
image credit: youtube
 文化遺産団体アン・タイスのイアン・ラムリー氏は、歴史的な立石に落書きをする行為は「無知で醜い破壊行為」と非難し、このように述べた。
この落書きは、まったくもって無知な者によるスプレーの使用の最悪の例です。

特に、花崗岩のような石にエアゾールスプレーが吹き付けられると、除去するのがかなり難しくなり、高価で精巧な化学処理が必要になります。

歴史的な彫刻や石細工などは、破壊行為の塗料を除去する際に、その過程で本体に損傷を与えないよう、細心の注意を払わなければなりません。
2_e
image credit: youtube
 ラムリー氏によると、国民的アイデンティティの一部である古代アイルランド文化にとって、歴史的および神話的に非常に重要な記念碑を攻撃するようなこれらの破壊行為は、近年市内で蔓延しているという。

 しかも、歴史的建造物だけではなく、一般の墓地まで荒らされることも少なくないそうだ。
標的にされているのは考古学的、歴史的建造物だけではありません。家族が使用している墓地の墓にも、このような破壊行為が目立ってきています。

たとえば、亡き母親の墓参りに行って、墓が何者かにスプレーされているのを見つけた時のショックを想像してみてください。
hd-wallpaper-ga6773a865_640
pixabay

エアゾールスプレーの購入を制限するべきと提案も

 ラムリー氏は、今回の1件で今後の懸念を表明しており、「エアゾールスプレー缶の販売を制限すべき」と提案している。
これらのエアゾールスプレー缶は、あまりにも簡単に人々に販売されており、多くの小売業者は、購入者が金属ボディの修復に使用しないことを知る必要があります。

エアゾール缶は、正当な使用法で販売し、店頭で大量販売しないよう制限すべきだということを学ぶ必要があります。

アイルランドは、古代の墓から中世の教会に至るまで、私たち団体が保護し、世話をしています。

今後は、より警戒する必要がありますが、これらの歴史的建造物は私たちコミュニティが守り維持していることで、豊かな遺産になっています。

タラの丘に限ったことではありません。この種の破壊行為を取り締まるために、当局には最善を尽くしてもらいたい。
 立石は、2012年にもハンマーで11か所破壊され、2014年には表面の少なくとも 50% に緑と赤のペンキが塗られた。

 現在、警察では情報を呼びかけながら、落書きについての調査を進めているということだ。

References:‘Mindless’ and ‘ugly’ vandalism of 5,000-year-old Stone of Destiny condemned/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
世界に汚名を晒す結果に。国家遺産の山の岩に電動工具でラブハートな名前を深く刻み込んだカップル

気持ちはわかるけども。有名絵画に目を描いてしまったロシアの警備員が解雇される

アメリカのストーンヘンジ「ジョージア・ガイドストーン」何者かによって爆破され、その後解体される

バンクシー、元刑務所を購入しアートセンターにするため、15億円の資金を調達

僕の名前をハウス(班名)に使ってくれてありがとう!バンクシーが小学校の校舎の壁にゲリラアート。子どもたちもびっくり!

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 08:30
  • ID:mF0ytQjA0 #

人類に対する冒涜なのと同時に一定数こんな人がいるので対策も必要でしょう

2

2. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 09:28
  • ID:8YHyTOQ.0 #

タラの丘  アメリカ映画「風と共に去りぬ」に出てくる。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 09:37
  • ID:F.cH1dcM0 #

重度の健康被害を招く恐れのある回転ずしテロと文化財の落書きは同列で語れないものの、本当に酷い話。
日本人でもアンコールワットに落書きした侍や、スフィンクスによじ登ろうとした所を写真に撮られた侍もいるので他人事ではない。
アンコールワットの方は亡き母親を弔う為だから理解されやすそうなものの、スフィンクスの方は流石にはしゃぎ過ぎだろう。

4

4. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 10:04
  • ID:6Yp27e540 #

人生が上手く行ってない移民の貧困層が、逆恨み的心理でやってるんだろ。
半グレのような人間でも、地元民は古代からあるモンや墓には手を出さない。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 10:07
  • ID:EOzr2SJB0 #

犯罪者のブナシメジにフェイクと( ´,_ゝ`)プッの入れ墨で刻み込んでやれ

6

6. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 10:44
  • ID:EexQqfn70 #

こういう遺産とか芸術品は定期的にターゲットにされるね
全部にカメラや警備員設置するわけにもいかないし一般公開は性善説で成り立ってるんだよな

7

7. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 10:46
  • ID:N0eg7yhR0 #

あちこちでの宗教原理主義の台頭と関係があるのかもしれない。

それぞれの教典に書いてある「人類の歴史」より古い歴史を持つ他文化の遺産や、大昔の偉人の存在、果ては古生物や地層にまで敵対心を燃やす層が一定数いるらしい。

実際には教典を書いた人々の知識が及ばない、莫大な時間の流れがあった、というだけなんだが。

8

8.

  • 2023年02月13日 10:52
  • ID:TSYW4MPv0 #
9

9.

  • 2023年02月13日 10:52
  • ID:OU9xia6T0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 11:50
  • ID:4KKOqr5h0 #

相手が悪いな 「運命」は賠償金には応じない

11

11. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 11:59
  • ID:1p4J5GK.0 #

これはとても酷い行為だ! ←その通り!
スプレー販売を制限して! ←えっ……?

とはいえ、本当に無視できないくらい被害が多いのかもしれない。
一部の迷惑者のために全体が生きづらくなっていく構図は、どこの国でも同じなんだな……。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 12:24
  • ID:5.0XUHFL0 #

>>3
侍ばかり目の敵にせずとも江戸時代の旅行記には閑静な古刹の門が何処其処の某という旅人の落書きだらけで風情が台無しと書かれていたりするから当時の習慣だったんだろう。平安末の西行の山家集にも歌の前書きに「社に書付け侍りし」というのがある。

13

13.

  • 2023年02月13日 12:38
  • ID:dcmQzP9G0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 12:41
  • ID:6OXzQSOk0 #

最初の画像で5m位あると思った

15

15. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 12:52
  • ID:AzARKU.i0 #

文章見る限り、日本でいうところの重文指定されてる物だろう。
日本では文化財保護法違反で「五年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金」となる。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 13:33
  • ID:MKIcNgXi0 #

П タラモッソヨ

17

17. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 14:20
  • ID:zfbMLUyx0 #

イタズラの可能性よりは民族的対立し続けてる相手がいやがらせしたって感じなのだろうか?

18

18. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 14:54
  • ID:wK4oOKNS0 #

こういう野原のど真ん中にあるような遺跡だとカメラの設置も難しいしねえ

19

19. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 15:02
  • ID:PLyelGNH0 #

>>10
それはFATEでは?落書きはFAKE

20

20. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 15:17
  • ID:0n4ECAyK0 #

確信犯かと思ったけどそんな大層なものでもないのかな

21

21. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 16:38
  • ID:SStrm.xy0 #

刑罰が軽すぎるからこんなことが起きる

死刑にすればよい

22

22. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 18:25
  • ID:ul3kd2rd0 #

飲食店の迷惑行為とか文化財の落書きとか、やった人に説教しても喉元すぎたらまたやると思うの。
だから親兄弟、親戚縁者にみっちり説教したらどうかしら。
また同じことをしようとしたら身内が全力で止めるような、ガチ説教をするのよ。
「二度とやってくれるな」と言わしめるような、ガチ説教を。

23

23.

  • 2023年02月13日 22:32
  • ID:.8wsDT.a0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2023年02月13日 23:14
  • ID:I30K7FtC0 #

>>22
連座制の行きつく先はね、
そういうお前さんが期待しているような
「まともな親が不良少年を更生させる」シナリオじゃなくて、
逆に、得てして、何もやってない普通に真面目な子供を
頭の悪い毒親が「お前が何かやったら俺の責任になるんだ!」と
理不尽な締め付けで抑圧するようなムラ社会なのよ。

25

25. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 03:35
  • ID:AaQx1Pyk0 #

日本でも行政の設置したモニュメントが盗まれたり破壊されたりする事件が頻発していますね。
サザエさんの立像として設置された磯野波平の一本毛が何度も盗難される事件が話題にもなりましたが。
ネットの普及によって誰もが個人で世界に情報発信できる世の中になった今、承認欲求を満たす目的、売名目的で今後ますます飲食店、公共物だけに留まらず、世の中の至る場所でイタズラ行為が増えていくと思います

26

26. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 10:46
  • ID:6.budfJt0 #

>>22
…本気で言ってる?

未成年がやったら保護者呼び出しというならわかるが、犯罪に、まして(許しがたいことではあるが)そんなことで一族郎党連帯責任って理不尽すぎてそんな社会気持ち悪いわ

そもそもこういうことやるような奴は、身内の注意こそ聞かないので全く意味がないし、監視なんかできるわけもない
特に男の場合「女子供(自分より年下)」の言うことはまず聞かない
まだ上司とかの方がなんぼか可能性あるだろうな

27

27. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 13:00
  • ID:GhKLgmZD0 #

こういうのは片っ端からとっ捕まえて、清掃会社の研修に放り込んで、そのあと繁華街で落書き落としの奉仕活動をさせたらいいんじゃないか。

>>19
そもそも「運命の石」だし

28

28. 匿名処理班

  • 2023年02月14日 22:28
  • ID:9117ycGV0 #

>>22
まぁ、あんなことする輩は聞かせる念仏もつける薬もないし、お医者様でも草津の湯でも治せないね。

29

29. 匿名処理班

  • 2023年02月15日 01:37
  • ID:vBpwfC8s0 #

フェイクって言葉選びにはどんな意図があったんだろうかね?
いたずら落書きの文言として「ニセモノ」ってのはちょっと異質に感じるけど

30

30. 匿名処理班

  • 2023年02月15日 01:42
  • ID:V9h46Q1Q0 #

なってない子には徹底的に!
余談 うちの前がウーバーさんの待機場所になってるらしくタバコのポイ捨て酎ハイ空き缶のポイ捨て立ち小便… そして君、原付バイクだよね…
でこういうのどこが是正するの?
グレーゾーンを掻い潜ってる蛇口(企業)を取り締まれば解決!利害関係者増えて簡単にはいかないか

お名前
Advertisements
記事検索
月別アーカイブ
Advertisements
Advertisements