回復を信じて遺体と1年半暮らした家族
 死亡診断されたが実は生きていたという仰天ニュースが時に伝えられるが、今回はその逆だ。

 複数の死亡宣告が出され、死んでいることが確実な男性を「昏睡状態だがいつか回復する」と信じて自宅へ連れ帰り、1年半も遺体と一緒に暮らしていたインドの家族。

 発見時、遺体はかなりミイラ化が進んでいたという。
広告
Kanpur: IT अधिकारी की डेढ़ साल पहले हुई थी मौत, घर से अब मिली बॉडी, ऐसे हुआ खुलासा

新型コロナにより去年死亡した男性

 インドのクジャラート州アフマダーバードで税務署職員として働いていたヴィムレシュ・ソンカーさん(35歳)は、去年4月19日にコロナに感染し、自宅近くのウッタル・プラデーシュ州中部カーンプルのモティ病院へ入院した。

 しかし、その3日後の22日、両側性肺炎となり死亡した。

 息を引き取ったヴィムレシュさんの遺体は、死亡の再確認のために別の病院へと搬送された。

 そこで改めて両側性肺炎による死亡が確認され、死亡診断書が発行された。

 医師は、死亡診断書をヴィムレシュさんの家族に手渡したが、家族はヴィムレシュさんが死んでいるという事実を受け入れなかった。

 家族は「まだ死んでいない。昏睡状態になっているだけでいつか回復する」と判断し、遺体を自宅へ持ち帰った。
iStock-1316653272
photo by iStock

1年半遺体と一緒に暮らしていた家族

 家族は、その日から遺体と一緒に暮らし始めた。

 もっとも、彼らにとっては遺体ではなく、ヴィムレシュさんはそのうちいつか目覚めると信じていた。

 そのため、ヴィムレシュさんの妻や子供たちと同居している両親や兄弟、そして親族一同は、交代で1日3回ヴィムレシュさんの体を消毒剤で綺麗にし、毎日着替えさせ、24時間エアコンをつけたままにして、世話をした。

 一部のメディアが伝えたところによると、ヴィムレシュさんの妻は直面した状況に精神的に不安定になっていたようだ。

 また、家族はヴィムレシュさんが最初に病院で死亡したことを伝えられた時、呼吸しているように感じたそうだ。

 だから、亡くなったという事実を受け入れたくなかったのか否かは不明だが、妻は夫が昏睡状態から一日でも早く目覚めることを信じて、毎朝遺体にガンジス川の聖水をまき散らし続けていたという。
3
photo by Pixabay

ミイラ化した遺体が発見

 最終的に、去年の4月以来、ヴィムレシュさんが仕事を休んでいるとカーンプル地区行政に苦情を申し立てたヴィムレシュさんの勤務先の同僚らが自宅を訪問し、遺体発見となった。

 後日、この件を調査している警察はこのように話した。
ヴィムレシュさんの事務所スタッフが家族に彼の居場所を尋ねると、ヴィムレシュは病気だと答えたようです。

家族は自宅に酸素ボンベも持っており、ヴィムレシュが昏睡状態にあるので自宅で治療を受けていると地元の人々にも伝えていました。
 驚いた訪問者は、警察に通報。警察によって状況が通知されるとヴィムレシュさんの遺体は再び病院に運ばれ、そこで再びの死亡確認がなされた。
ここで犯罪が行われたわけではないので、私たちは誰に対しても何の行動も起こしません。家族は、ヴィムレシュさんの遺体が当局によって運び出されるまで、ヴィムレシュさんがまだ生きていると確信していました。
 モティ病院の医師によると、ごく稀に遺体が特定の化学物質で定期的に洗浄され、湿気と空気が少ない場合、遺体は分解されずにミイラ化するという。

 ヴィムレシュさんの家族が、遺体を長期間保存するために何を使用したかはまだ不明だが、警察には「化学物質を一切使用していない」と主張しているようだ。

 9月23日、ヴィムレシュさんの家族はついに遺体を火葬することに同意し、警察が立会いのもと、ヴィムレシュさんは荼毘に付されたということだ。

References:Widow hid husband's 'mummified corpse' in home for 18 months / Family Lives With Corpse for Over a Year, Thinking It’s Only in a Coma/ written by Scarlet / edited by / parumo
あわせて読みたい
真実の愛を貫くため。墓から掘り出した遺体をエンバーミングし7年間その遺体と暮らしていた男性、カール・フォン・コーゼルのゾっとするラブストーリー

ある愛の形:息子の遺体を地下室に入れ、18年間エンバーミング(防腐処理)し続けている母親(グルシア)

墓地に埋葬後、生きていることが判明した赤ちゃん。出産直後、病院側から死亡宣言が告げられていた

その時まで花嫁は生きていた。墓場に埋められたお棺から音が聞こえる!急いでお棺を開けたものの・・・(ホンジュラス)

世界仰天ニュース。医師3人に死亡宣告された男性が死体安置所でよみがえる(スペイン)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年09月30日 22:04
  • ID:Fb2ZSZbh0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年09月30日 22:05
  • ID:AdS5gW2m0 #

あっという間に亡くなるからうけいれられなかったんだろうねぇ
悲しいわ

3

3. 匿名処理班

  • 2022年09月30日 22:08
  • ID:..fxI6x60 #

つらいな……

4

4.

  • 2022年09月30日 22:14
  • ID:.O5xvLd.0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2022年09月30日 23:16
  • ID:MHaxHV1B0 #

インドの社会問題の一つに、寡婦の社会的地位の低さがある。夫を亡くした女性は不吉な存在として、親類の中でも疎まれ、着飾ることや贅沢をすることを禁じられる。また、基本的に寡婦は再婚はすべきでないものとされていて、これは現在でも続く風習である。
現在は禁じられているが、19世紀には夫の火葬に自らも実を投げて殉死する「サティー」が貞女としての最高の誉れとされた時代もある。

6

6. 匿名処理班

  • 2022年09月30日 23:18
  • ID:6jseEvYg0 #

乾燥地帯凄いな
自宅でミイラ化とか日本じゃ考えられん

7

7. 匿名処理班

  • 2022年09月30日 23:34
  • ID:wCb0VyXe0 #

日本ではよくある出来事なんだよなあ

父親の遺体放置した兄弟、年金931万円を不正受給
2022/01/13 — 兵庫県明石市で昨年12月、自宅に同居の父親の遺体を放置したとして兄弟が死体遺棄

父の遺体放置に年金不正受給で逮捕、「引きこもり」58歳息子
高齢親子の家庭で、亡くなった親の遺体を放置したとして、無職の子が逮捕される事例が後を絶たない。背景にあるのは、80代の親が、引きこもっていて ...

夫の遺体を井戸に放置し年金受給 妻に懲役2年8ヵ月の実刑
夫の遺体を遺棄し、死後も年金をだまし取っていたとして、死体遺棄と詐欺の罪に問われた女に、実刑判決が言い渡されました。 徳島県藍住町の農家・山田民子 ...

死亡母の年金、不正受給疑い
再逮捕容疑は2月から6月までの間、同居していた母親=当時(91)=の死亡手続きをせず、日本年金機構富士年金事務所に母親の年金などを6回 ...

8

8. 匿名処理班

  • 2022年09月30日 23:36
  • ID:Pd.FAljE0 #

ライフスペースの成田ミイラ遺体事件を思い出した。
サイババの弟子だの定説ですだの言ってたな。

9

9. 匿名処理班

  • 2022年09月30日 23:37
  • ID:R8PusUNq0 #

昔ライフスペースっていうカルト教団があって、信者の父親をミイラにした挙句「体温が0℃まで下がっていないから生きている」とか主張していた。

10

10. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 00:26
  • ID:Ac1fetlJ0 #

毎日の着替えとリネン交換、アルコールでの清拭
コロナによる死亡とあるので死亡するまでの数日間は
食事取れてないだろうから胃の中も空っぽで排泄もほぼなかっだろうし
エアコンで低温と密閉が保たれてたならまあ…ミイラになるかもな
しかしモザイクかかっても分かるミイラ化特有の黒さ…

11

11. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 01:03
  • ID:v6wugchZ0 #

>>5
死ななくてもいいサティは
白いサリーだけを着て
食べ物は水とパンだけで生活するんだってね…
夫に先立たれた女性を保護して
自立支援する施設や
未亡人同士で支え合う村が必要そう…

12

12. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 01:24
  • ID:DBsxSl8x0 #

※6
日本でもところがミイラで死体発見されるってニュース希にあるんだよ。
勿論ホントに何年かに一度くらいだけど

13

13. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 03:19
  • ID:do4.g3tD0 #

二度と会えない、話すことももう二度とないっていう現実は重いんだよな。後悔してもしきれない。
未だに夢に見るわ。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 03:52
  • ID:Zl5ZSxMc0 #

※5
禁じられても村ではまだあるよね。

15

15. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 04:35
  • ID:mMS93iCe0 #

悲しいなぁ…
俺も母の遺体と数日一緒に居たけどまだ生きているような気がしてならなかったよ

16

16. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 05:15
  • ID:IlLivAr40 #

>>8
スケールの小さい麻原彰晃な感じの教祖だったね。

17

17. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 07:29
  • ID:7X7yV38N0 #

シャクティパット

18

18. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 07:34
  • ID:6SLvHeus0 #

>>7
死体を死体と認識して放置するのと、生きている前提でお世話するのは違う話だしよくあることでもない

19

19. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 07:38
  • ID:3LAd.wNE0 #

結局インドでトンデモ事件が多い理由は
教育レベルの低さに有るのだと思う

20

20. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 07:44
  • ID:5tw0ZqW00 #

そもそも、インドに年金システムなんてあるの?俺は知らんけど。

21

21. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 08:56
  • ID:ck8fj.Lh0 #

”生きているのを信じている”というより、”生きててほしい”が招いたことだと思う。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 10:16
  • ID:i0j03Lr00 #

妻は現実を受け入れられず精神不安定だったにしても、親族も一緒になって遺体の世話をしていたんだな
妻の心情を思い遣って、話を合わせていたんだろうか

23

23. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 10:53
  • ID:bsBI9CAB0 #

死臭がヤバいやろ
というか他にも探したら出てきそうで怖い

24

24. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 11:51
  • ID:CzMdpXVY0 #

日本だと腐敗臭と虫やらで速攻通報されるだろうな

25

25. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 12:58
  • ID:IlLivAr40 #

>>15
ええっ‼︎Σ(゚д゚lll)そ、それは火葬の順番待ちとかですか?

ウチの母親は深夜に亡くなって次の日葬儀して、その次の日火葬でしたが、地域によって違うのかな?

26

26. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 15:47
  • ID:7iy8qysl0 #

※25
※15の経緯は知らないけど、
例えば年末年始に死亡した場合とか
火葬までに 普段より何日か余分に待ち日数を要すことも間々ある。

火葬場が休みだったり、火葬場や葬儀社自体はやっていても
参列者の都合などを考慮し、冬だと遺体の傷みも遅いから、
せめて三箇日が明けてから葬儀を出したり
同じように考える人が多くいて火葬場の予約が込み合い
さらに何日か後になったり。

27

27. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 16:32
  • ID:tFWFLC2s0 #

>>25
横から
葬儀の手順は地方ごと、県ごとなどでだいぶ違うとなにかで読んだ事があるよ
こちらでは告別式と火葬場の順番待ちもあるけど、数日間は自宅に安置して、ご近所さんや葬儀に来れない人にお別れに来てもらうのが慣わしです

28

28. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 17:19
  • ID:qqcVZYOr0 #

今日の学び→ガンジス川の聖水は化学物質を含み、遺体をミイラ化する

29

29. 匿名処理班

  • 2022年10月01日 23:17
  • ID:H.lyVQ0w0 #

>>7
ひょっとしてコメ6の人に言ってる?
彼はミイラ化が日本の湿度では難しいという話をしてるだけで遺体放置自体がありえないと言ってるわけじゃないぞ

30

30. 匿名処理班

  • 2022年10月03日 16:43
  • ID:dPcTBSJ60 #

>>5
今でもインドのド田舎だと夫が死んだら焼き殺される妻がいるってのがやばい

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING