米軍が極超音速ミサイルのテスト飛行
image credit:DARPA
 先月、米国がロッキード・マーティン社製の”
極超音速ミサイル「Hypersonic Air-breathing Weapon Concept(HAWC)」の極秘実験を行ったことが明らかになった。

 一般に「極超音速」とは、マッハ5以上の速度と定義される。

 B-52H爆撃機からの射出実験は成功したが、ロシアとの緊張激化を避けるため、その詳細については公開しないことが決定されたとのことだ。

 HAWC関連の実験は今回初めて明らかにされたが、同ミサイルの実験自体が初めてだったのかどうかは不明だ。またレイセオン社やノースロップ・グラマン社も昨年9月に同様の実験を行なっている。
広告

マッハ5の極超音速ミサイル

 今回の実験では、Hypersonic Air-breathing Weapon Concept(HAWC)はブースターステージによって加速され、吸気スクラムジェットエンジンで長時間マッハ5以上を維持することに成功したという。

 空軍と国防高等研究計画局(DARPA)の説明によれば、ミサイルはロケットブースターで極超音速まで加速し、さらにスクラムジェットでマッハ5〜10が維持される。

 実験では、HAWCは高度19800メートル以上に達し、300海里を飛行したとのこと。

 DARPA戦術技術局のアンドリュー・ノードラー氏は、プレスリリースで「今回のHAWC飛行実験によって、米軍が戦場を支配するために、適切な能力を競争的に選択できる二次設計が実証された」と述べる。これによってHAWCの技術的成熟度が高まったという。

 まだ実験データの解析が行われている最中だが、将来的に海空両軍に優れた軍事的選択肢がもたらされるだろうことに、ノードラー氏は自信をのぞかせている。
1_e
image credit:DARPA

1000億円の極超音速ミサイル開発契約

 2018年4月、米空軍はDARPAと共同で、HAWCの開発に関する約1000億円の契約をロッキード・マーティン社と締結。

 極超音速ミサイルは地上攻撃用だが、同社は海軍に対してもF-35Cステルス戦闘機などに搭載される海上攻撃バージョンを売り込んでいる。

 ロッキード・マーティン社が採用する「スクラムジェット」は、エアロジェット・ロケットダイン社(Aerojet Rocketdyne)が開発したもの。

 以前、ボーイング社がDARPAのために極超音速実験機「X-51 Waverider」を開発したが、これに搭載された「Pratt & Whitney Rocketdyne SJY61」をもとに今回のスクラムジェットが開発された可能性がある。
Boeing's Unmanned Scramjet, the X-51A WaveRider, Achieves Hypersonic Speeds

 他の超音速兵器と同じく、最終的にHAWCが目指すのは、一刻を争う状況で重要なターゲットを迅速かつ捕捉されることなく破壊することだ。

 極超音速ミサイルは大気圏内を飛行するので、従来の長距離兵器によりも軌道が予測しにくく、迎撃はいっそう困難なものとなる。

 なおHAWCには弾頭が搭載されず、運動エネルギーでターゲットを破壊する。

 ロッキード・マーティン社は、今回の実験の詳細をほとんど明らかにしておらず、コンセプトアート以上のことは不明だ。

 しかし昨年9月に実験を成功させたレイセオン社とノースロップ・グラマン社も、スクラムジェット・パワープラントを使用したことが判明している。

 当時、DARPAは実験の目的について、「機体統合・発射シーケンス・発射機からの安全な分離・ブースター点火・ブースト・ブースター分離・エンジン点火・巡航」と説明している。

 競合するロッキード・マーティン社による3月の試験も、両者のミサイルに準ずるものだろうと推測できる。
3_e
image credit:RAYTHEON/NORTHROP GRUMMAN
 2020年9月、両試験に先立ち、DARPAは吸気式超音速ミサイルの両試作機が、キャプティブ・キャリー飛行実験に成功したと発表。

 さらにレイセオン社とノースロップ・グラマン社のミサイルには、NASAの依頼で1990年代から2000年代初頭にかけて行われた超音速実験機「X-43A」のプロジェクトなどの知見が活かされていることも判明している。
4_e
NASA B-52Bは、2004年11月に、ペガサスロケットブースターに取り付けられたX-43A超音速研究航空機を搭載して太平洋のテスト範囲を巡航 / image credit:NASA/Carla Thomas

米軍で開発が進められる各種極超音速兵器

 HAWCは、さらに高度な空中発射・吸気式超音速兵器の足掛かりであるようだ。たとえば、空軍は独自に吸気式超音速兵器「Hypersonic Attack Cruise Missile(HACM)」を開発している。

 他にも、超音速エンジン技術と再利用可能高速航空機がメインである「Mayhem」(空軍)、対艦超音速ミサイルの開発を目指す「Screaming Arrow」(海軍)など、米軍には各種空中発射・吸気式超音速兵器の開発プログラムがある。

 一方、空軍が進めるまた別の超音速ミサイル計画「AGM-183A Air-launched Rapid Response Weapon(ARRW)」は難航している。

 ARRWは米国が実戦配備する空中発射・超音速兵器の第一号になると目されていたミサイルで、他の超音速兵器とは少々コンセプトが異なる。

 まずロケットブースターで必要な速度と高度にまで上昇させ、それから動力のない超音速ブースト滑空ビークルを射出。滑空ビークルは大気圏内を飛行することが想定されているが、過去3度の実験はいずれも失敗に終わった。

 当局はしばらくはARRWを続けると述べているが、空軍が要求する2023年度予算にこれに関するものはなく、長期的な展望も定かではない。2022年予算の段階ですら、ミサイル12基の調達計画が打ち切られている。
5_e
image credit:LOCKHEED MARTIN

ロシアや中国との開発競争

 DARPAの公式発表に先立ち、匿名の国防総省関係者がCNNに対して、HAWCについてほとんど情報が公開されなかったのは、3月にバイデン大統領がEU訪問を控えており慎重になったためだと明かした。

 大統領はNATO同盟軍を訪問し、ポーランドでウクライナの外務相・国防相と会談。またロシアの侵攻を受けて、米国とその同盟国は、ウクライナに対して大量の武器支援を継続している。

 なおNATO勢力圏東部の緊張が、米国のミサイル実験に影響を与えたのは今回が初めてではない。たとえばつい先日も、ロシアとの緊張激化を避けるために、大陸間弾道ミサイル「Minuteman III」の実験が停止されている。
6_e
2020年2月にカリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地で行われた以前の非武装のミニットマンIIIICBMテスト / image credit:U.S. Air Force/Senior Airman Clayton Wear

 米国の超音速兵器開発は、ロシアと中国がこの分野で比較的進んでいることが背景にある。

 ロシアは核弾頭搭載可能超音速ミサイル「キンジャール」だけでなく、海軍用の超音速巡航ミサイル「ツィルコン」の大規模な実験を行っているし、中国もまた謎の多い超音速滑空機の開発を進める。

 ロシア国防省はそうした動画も公開している。たとえば下の動画は、2020年10年にフリーゲート艦によるツィルコンの初発射を映したものだという。
 ただし同開発計画には明らかに大きな遅れが見られたため、実際のミサイルの性能やここ数年における開発の進捗については疑問符がつく。

 いずれにせよ、目下、米軍が各部署と連携しながら極超音速ミサイルの開発を進めているのは、まさにこうした競合国の影響によるものだ。

 こうした国と戦争が起きるリスクは、ますます現実的なものになっているのだから尚更だ。

 国防総省が要求する2023年度予算は、7730億ドル(約95兆円)で、そのうち72億8850ドル(約8850億円)が極超音速ミサイルといった長距離兵器のためのものだ(だがその一方、超音速兵器の膨大なコストを鑑みて、米軍におけるその位置付けを再考する動きも見られる)。

 米議会は、極超音速兵器開発を進めるよう米軍をせっついており、それらはますます最前線に押し出されている。HAWCの実験成功のニュースからは、実際それが急ピッチで進められていることがうかがえる。

References:America’s Latest Hypersonic Cruise Missile Made A Secret Test Flight / written by hiroching / edited by / parumo

追記(2022/04/12)本文を一部修正して再送します
あわせて読みたい
米軍の輸送機が無人航空機(ドローン)の空中回収に初めて成功

体内時計をコントロールするインプラントを開発中。米軍兵士の時差ボケ解消に(DARPA)

通常のメガネと同サイズでもばっちり見える暗視ゴーグルをDARPAが開発中

AIと現役空軍パイロットがフライトシミュレーターで空中戦。AIが人間を撃破(アメリカ)

頭の外側から脳を操作する。DARPAが支援する「ブレイン・コンピュータ・インタフェース」の開発が進行中(米研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 藤田 慶紀

  • 2022年04月11日 20:23
  • ID:4Gx.3m2p0 #

他国への抑圧になるか、戦争の引き金になるか。
どちらにせよ胸がムカムカする記事ですね。

世界中の人々が他の生命の平和と愛を望み助け合えば兵器なんて無くても平気です。
人類が、世界が良くなっていくことを祈るしかありません。

2

2. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 20:25
  • ID:24KeKW4Z0 #

迎撃システムも作ってるだろうから、ミサイルだけじゃないと思う

迎撃システムとしてレールガン対空砲システムとかレーザー対空システムとか開発中じゃないかな

3

3. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 20:27
  • ID:24KeKW4Z0 #

>>.3月にバイデン大統領がEU訪問を控えており

ああ、現地の米軍駐屯地で将校クラブ(将校用食堂)で若手の将校に囲まれてにっこりの動画が流れたあれか

4

4. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 20:59
  • ID:3QwDvskg0 #

※1
アホやろ。ロシアと中国見てればそんなお花畑な綺麗事無理って分かる。
超音速で迎撃不可能なミサイルを配備して、牽制したほうがよっぽど現実的な平和だよ。

みんななかよくしたらずっとへいわです

とか幼稚園児でも鼻で笑うわ

5

5. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 21:00
  • ID:LEtO3kw.0 #

??「コロニーを地球に落とした方が早いんじゃね?」
??「小惑星を地球に落としたほうが早いんじゃね?」

6

6.

  • 2022年04月11日 21:40
  • ID:fGJXdFxl0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 21:49
  • ID:TKbKj.BO0 #

多分この記事の「超音速」はすべて「極超音速」の間違いだと思います
超音速というのはマッハ1以上のことなので

8

8. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 21:50
  • ID:24KeKW4Z0 #

>>5
どうやってコロニーを落とすんだよ
どうやって小惑星落とすんだよ

9

9. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 21:54
  • ID:24KeKW4Z0 #

今回ウクライナで使われたロシアの超高速ミサイルは射程距離が事前に予想された距離よりも大幅に短い事が観測されてるな
開発中のミサイルを実戦投入したのかな

10

10. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 22:11
  • ID:6KqHNxh50 #

中の人が耐えきれるのか気になる

11

11. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 22:17
  • ID:mZ.76y7V0 #

>>10
いないよ!

12

12. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 22:36
  • ID:fGJXdFxl0 #

>>9

アレ、固体燃料ロケットだから
固体燃料がバー!っと燃焼して
極超音速まで加速して直ぐに
固体燃料が燃え尽きてしまうのさ
直線番長みたいなもんさね

昔から有る固体燃料ロケット推進の
ミサイルの延長モノよ

アメリカの方が高度な技術だわね
所詮、露助はアメリカには敵わない

13

13. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 22:52
  • ID:S9VFzWKC0 #

>>2
レールガンってむしろミサイルの性能向上によって開発中止されたんじゃなかったっけ?

14

14. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 22:56
  • ID:QPxDC14n0 #

>>12
正直、ロシアの軍事力・技術力がさほどでもないことに安心しつつも、少し落胆している自分がいる

15

15. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 22:59
  • ID:QPxDC14n0 #

>>1
平和と愛なんぞ要らん
憲法9条があれば争いなんて起こらないんだが??

16

16. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 22:59
  • ID:hbVNlYmV0 #

超音速ではなく極超音速だね。
super sonicとhyper sonicの翻訳ミスかな。

17

17. 匿名処理班

  • 2022年04月11日 23:49
  • ID:Ax.gJkzN0 #

弱い者いじめヤル気満々の国が存在する以上やるしかないわな

18

18. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 00:12
  • ID:syeGPWFN0 #

10と11のやり取りが面白いw。
ミサイルは勿論、ロケットでさえ必ず人が乗っているわけではないよ。

19

19. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 00:17
  • ID:MQXuUBg00 #

※1
理想を押し付けることが戦争への第一歩なんやで。
キミのコメントがまさにそれや。

20

20. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 00:32
  • ID:BJ93nmCV0 #

※7
「超音速」レベルだとむしろ達成してない大型火器の方が珍しいレベルですしね

21

21. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 00:40
  • ID:BJ93nmCV0 #

※13
ミサイルは弾体一つ一つに誘導装置等を取り付けなくてはならない
(つまり誘導装置等の高度な機器を一発毎に使い捨てにしている)ので
一発一発が非常に高価になる。
対してレールガンは弾一つ一つに誘導装置等は取り付けなくてもいいので
一発撃つ当たりのコストはミサイルより安く出来る可能性がある。
こういう理由でレールガンが注目されたが、
実用化のハードルが高くてなかなか進んでないって状況である。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 01:18
  • ID:upM8Ox9X0 #

記事になってる時点で極秘でもなんでもないですね

23

23. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 06:10
  • ID:dT0.opay0 #

>>1
勿論綺麗事だと言う意見をいただくことも重々承知しております。
しかし自分は批判される方も地球を救う救世主になることを信じております。人類、いや全生命が地球を救う救世主になり得ます。だからこそ一人たりとも一つたりとも死んでいい生命はありません。自分は信じお祈りいたします。世界は再起動いたします。

Of course, we are very aware that we will receive opinions that it is a beautiful thing.
But I believe that those who are criticised will also be saviours who will save the planet. Humanity, or even all life, can be the saviour to save the planet. That is why no one and no one life should die. I believe and I pray. The world will restart.

Конечно, мы прекрасно понимаем, что получим мнения о том, что это прекрасная вещь.
Но я верю, что те, кого критикуют, также станут спасителями, которые спасут планету. Человечество, или даже все живое, может стать спасителем для спасения планеты. Поэтому никто и ни одна жизнь не должна умереть. Я верю и молюсь. Мир перезагрузится.

24

24. 藤田 慶紀

  • 2022年04月12日 06:11
  • ID:dT0.opay0 #

>>15
貴重な御意見ありがとう御座います。そうですね。憲法9条は守られるべきだし世界に広まるべきだと自分も思います。

25

25. 藤田 慶紀

  • 2022年04月12日 06:14
  • ID:dT0.opay0 #

>>4
貴重な御意見ありがとう御座います。人類は真の愛を理解するときが来ます。あなただけでなく中国やロシアも。そう信じています。

26

26. 藤田 慶紀

  • 2022年04月12日 06:15
  • ID:dT0.opay0 #

>>19
貴重な御意見ありがとう御座います。押し付けはよくありませんね。しかし私はただ信じお祈りいたします。不愉快に感じさせてしまったのならば謝ります。申し訳ありません。

27

27. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 06:25
  • ID:itcf3I4W0 #

またロシアでも出来上がるという流れでないかい?

28

28. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 07:08
  • ID:0n2ncjoN0 #

>>13
ミサイルの性能が向上したから迎撃システムに必要になってきてる

29

29. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 08:19
  • ID:4xnDgdOG0 #

※8
モビルスーツをつかうのさ

30

30.

  • 2022年04月12日 08:37
  • ID:m87YOKua0 #
31

31. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 10:54
  • ID:lzAGlByE0 #

昨年ドキュメンタリーで見たが中国の"空母キラー"と呼ばれる極超音速ミサイルがアメリカからすれば脅威らしいね
まだ射程は短いものの、現時点で対抗策がないとされている

32

32. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 12:05
  • ID:2F027hRz0 #

>>23
こうやって話が平行線になって、今回のウクライナ進行が起きたのがわからんのか

33

33. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 12:07
  • ID:MuNNjCmr0 #

>>25
人類は既に愛を知っているよ。
知っているから憎しみも理解できるのだ。
愛憎は表裏一体。
愛を知れば知るほど憎しみもまた深まる。

最愛の人に裏切られた人がなぜ鬼と化すのか。
もう答えは出いている。

人は愛を知り憎しみもまた知る。
そういう生き物なのだ。

君の言う人類の真の愛とは飽くなき増悪の根源でもある。

認めよう人とは矛盾しながらも精一杯自己表現に勤しむ矮小な存在なのだと。

34

34. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 12:33
  • ID:0n2ncjoN0 #

>>31
そのため防御兵器として実体弾であるレールガンに注目が集まっているんですよね。

35

35. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 12:41
  • ID:YSO.jl1I0 #

信じて祈っても平和は得られんしな。行動によってのみ得られるものだし。現行のウクライナからすれば「祈ってる暇があったらロシアを叩くか強い武器をくれ」って感じだろうし。人間は対話じゃ守れないのよ。

36

36. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 12:47
  • ID:a3woC6GW0 #

最近カラパイア内でよ似たような主張を繰り返す所謂「釣り」目的の奴だろ。わざわざ相手すんな。

※9
あれはイスカンデルという弾道弾の空中発射型

37

37. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 13:10
  • ID:qym.N4VD0 #

これ使えば
プーチンが核のボタンを押そうとする前に
プーチン含めた辺り一帯を消滅できるの?

38

38. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 13:55
  • ID:QPBIjoDv0 #

これ、弾頭弾が核でなくても
質量兵器になるよね
要は隕石落としみたいの物だし
大質量・高スピード弾道弾だ

39

39. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 14:10
  • ID:Risc8PYd0 #

※18
中の人などいないってヤツですね。

ICBM 大陸間弾道ミサイルに対して、 ICCM とでもいうのでしょうか大陸間巡航ミサイルができそう。もっとも高空を飛ぶのでしょうけど、もし海面近くを飛んだらその航跡上の被害も大きいでしょうね。ってか熱がすごくて溶けちゃうかな。抵抗も大きそうですしね。

40

40. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 15:27
  • ID:y.bm42Uh0 #

>>33
うーむ、この手の脳内フラワーに対する完璧な反論だな
愛を語って耳を塞ぎ、信じると言って気持ち良くすらなっている節のある
この手の輩に愛を語ってその間違いを指摘するとは
いや、感服つかまつった
宗教で持って愛を説き、その宗教すら
人類は戦争の道具口実に使っているからねえ

41

41. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 18:40
  • ID:C.ldoZsh0 #

流星号なら撃墜可能じゃ

42

42. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 18:51
  • ID:lzAGlByE0 #

※34
て、ことはそのレールガンが対抗できる程度に達しない限り、空母打撃群は射程範囲内に近づけないということか…

43

43. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 19:36
  • ID:MKym7Tbl0 #

※1
心配ないからね 君の想いが
誰かにとどく明日がきっとある
どんなに困難でくじけそうでも
信じることを決してやめないで
夜空に流星をみつけるたびに
願いをたくしぼくらはやってきた
どんなに困難でくじけそうでも
信じることさ 必ず最後に愛は勝つ

44

44. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 21:25
  • ID:r.E2Mqyu0 #

※42
ただ、そこでものを言うのが空母の「射程」。
空母とはすなわち火器として航空機を放つ艦と見なすことが出来、
艦載機の戦闘行動半径+艦載機の放つ火器の射程が
空母の「射程」ととらえることが出来る。
故に空母は圧倒的な「射程」を持つ兵器であって、
近付かなければならない相手というのがそういない。
空母を相手にする側はその「射程」に対抗出来る射程か
高度な防護力ないし隠密性が要求される。

45

45. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 22:29
  • ID:LRxi.K6.0 #

>>29
モビルスーツはどうやって作って現地まで運ぶんだ
その予算を使って兵器を作って攻撃したほうが安く済むんじゃないか

46

46. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 22:31
  • ID:LRxi.K6.0 #

>>42
レールガンが近接防御火器だろ
近づくも何も

47

47. 匿名処理班

  • 2022年04月12日 23:01
  • ID:CrtEkjY60 #

>>43
最後はチキン勝つからね

48

48. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 07:24
  • ID:bnAFIpC10 #

>>11
人が乗ってないならどうやってミサイルを操作するんだよ!

49

49. 匿名処理班

  • 2022年04月13日 21:30
  • ID:3.B275.80 #

※33
愛と平和のための宗教が、聖地奪還のためと十字軍を組むこの世界よ。

50

50.

  • 2022年04月14日 09:55
  • ID:5CBJDgSv0 #
51

51. 匿名処理班

  • 2022年04月16日 08:20
  • ID:54TSLC9.0 #

※43
JASRACさん、こいつです

52

52. 匿名処理班

  • 2022年04月24日 22:40
  • ID:tLpea7La0 #

先ずミサイルが極超音速を出すのは大したことがない。冷戦期に飛んだ宇宙ロケットは皆超音速を出してた。ただし空気のほとんどない高空で。
宇宙ロケットも大陸間弾道弾も大体空気抵抗のない高空で極超音速を出して落ちて来る時に空気抵抗でほとんどの速度を失う。これは空気抵抗のあるところで極超売音速を出そうとすると空気抵抗に勝つための大量の燃料が必要なので低い所を飛ぶほど技術的に大変な事を意味する。
スクラムジェットエンジンはただの筒。途中が細くなってまた太くなるただの筒。これは大気中の酸素を圧縮して燃料と混ぜる事でミサイルの重さを大幅に抑える事が出来るエンジン。ただし空気がある程度ないと飛べない。でも低い所を極超音速で飛ぶ方が軍事的には有用だからお金持ちの軍は皆これを欲しがる。
普通のロケットは地上につくまでに極超音速じゃなくなるから迎撃出来るとされていた。低空で極超音速が出せれば迎撃は難しくなる。これが出来たら空母打撃軍もやっつけれるからゲームチェンジャーと言われてた。
実験では、「HAWCは高度19800メートル以上に達し、300海里を飛行した」とあるから大体航空機の巡行航路の2倍の高度を巡行ミサイル並みの距離を飛んだと言う事。対艦ミサイルは標的近くまでくると低空飛行してくるから地平線からいきなり現れる。現行の近接防衛兵器では追いきれない位早いはず。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING