t1
image credit:Pixabay

 8月、カーネギー・メロン大学に在籍する3人の大学院生が小さな窓のない地下の研究室に集まり、間に合わせの3Dプリンターフレームを使ってマウスの脳に電撃を喰らわせていた。

 もちろん彼らはイタズラにそんなことをしていたわけではない。わざわざ頭蓋骨を切り開いて脳を露出させることなく脳の信号を検出し、操作できるかどうかの検証実験を行っていたのだ。

 目指すのは、ただ頭にかぶるだけで使えるヘッドバンドのような「ブレイン・コンピュータ・インタフェース(BCI)」である。

 厚さ1センチにも満たない人間の頭蓋骨は、電流、光、音といった波形を拡散するフィルターとして機能する。その下に収まっている脳には、1ミリの数千分の1という極小の神経細胞がつまっており、1ボルトの20分の1ほどの微弱な電気パルスを発生させている。

 3人の実験は、グループを率いるプルキット・グローバーさんが考案した新しい技法と比較するための、ベースラインとなるデータを集めるためのものだったのだ。
スポンサードリンク

頭蓋骨の外から脳のシグナルを読み取るための実験


 グループが行っていた実験はこうだ。まず、マウスの海馬から脳の断片を切り離す。そして薄くスライスされたニンニクのようなそれを、奇妙な機械の中央辺りにあるプラットフォームに置く。

 スライスは食塩、ブドウ糖、アミノ酸入りの溶液でつけてある。生かしておくためだ。曲がりなりにも生きているスライスの神経細胞は発火し続け、研究者にデータを提供する。

 スライスの下にある電極から電撃が浴びせられると、シリンダーのような金属製の探針が、神経細胞の反応を測定する。

 さらにその後には、スライスと電極の間に人間の頭蓋骨と同じような電気的・光学的特性を持つ素材が挟み込まれ、同じような手順が行われた。

 グループはあの米国防高等研究計画局(DARPA)が出資する「次世代非外科的ニューロテクノロジー・プログラム(Next-generation Nonsurgical Neurotechnology Program / N3)」に参加している。

 手術は多額の費用がかかるものだし、倫理的にも単純ではない。外科的な手術を施さなくても心を読むことができるデバイスは、新しい可能性の扉を開くことだろう。

t2
image credit:Pixabay

1970年代初頭に誕生して広まった「BCI」という言葉


 BCIは、四肢麻痺の患者などの動かなくなった手足を補うために研究が続けられてきた。だがN3は、より交戦的な用途を念頭に置いた米軍による本格的なBCI開発プロジェクトである。

 「BCI」という言葉は、1970年代初頭にカリフォルニア大学ロサンゼルス校のジェイクス・J・ビダル氏が初めて使った。

 これは「人工知能」のように、機能が発展するにつれて定義が進化した用語のひとつだ。

 頭蓋骨に置かれた電極で脳の電気活動を記録する脳波記録法(EEG)は、脳とコンピューターをつなぐ最初のインターフェースとみなせるかもしれない。

 1990年代末までには、EEGで四肢麻痺患者の脳波を解読し、コンピュータのカーソルを動かせるようになった。

 だが今日まででもっとも強力なデバイスが「ユタ・アレイ(Utah array)」であることはほぼ間違いないだろう。

 ユタ・アレイは小指の爪の半分くらいの小さな剣山のような見た目で、脳に刺して使うのだとか。

t11e
(左)事故で脊椎を損傷したイアン・バークハート氏 (右)小さな剣山のような見た目をしたユタ・アレイ
image credit:DAMIAN GORCZAN

神経バイパスで筋肉の動きを取り戻した男性のエピソード


 2010年、休暇中だったイアン・バークハート氏は海に飛び込んで頭を強打した。

 この事故で脊椎を損傷し、第6系神経から下の機能を失った。腕や肘を動かすことはできたが、手や足はダメだった。

 リハビリもほとんど効果が上がらず、彼はほかに何か方法はないかと医師に尋ねた。

 そして、バテル記念研究所でユタ・アレイを利用して麻痺患者の手足を蘇らせる研究が行われていることを知った。

 EEGは無数の神経細胞全体の活動を読み取るが、ユタ・アレイはたったひとつの神経細胞ですらパルスを記録できる。

 バークハート氏の場合、運動皮質の96ヶ所にユタ・アレイを移植して毎秒3万回というペースで電場を計測。

 こうしたデータから、彼が手を動かそうとするときの脳の活動を読み取るアルゴリズムが開発された。

 バークハート氏の頭蓋骨から突き出た台に接続された太いケーブルは、ユタ・アレイが計測したパルスをコンピューターに送信する。

 データを受信したコンピューターは、それを解読し、彼の右腕をおおう電極入りのスリーブに信号を送信。するとスリーブが腕の筋肉を刺激して、彼が意図した通りの動作を実行させる。

 こうしてバークハート氏は「神経バイパス」によって筋肉の動きを取り戻した最初期の人間となった。

t3
image credit:Pixabay

数百本の電極を使って脳のシグナルを操作し別の領域へ転換


 N3にも参加しているバテル記念研究所は現在、脳にユタ・アレイを移植することなく同じことを可能にする技術を研究している。

 それは新しいデバイスの開発のみならず、頭蓋骨の外側から微弱な信号を正確に検出・処理する技術を考案する必要があるということだ。

 カーネギー・メロン大学のグローバーさんらが行っていたのもそのための実験である。

 神経学者ではなく電気技師であるグローバーさんは大学に入ってすぐに、EEGの本来のポテンシャルはこれまで想定されていたよりも高く、また外部シグナルを巧妙に操作することで脳の奥深くに影響を与えられるのではと直感した。

 それから数年後、MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者によって、グローバーさんの直感をはるかに超える論文が発表された。

 その研究では、周波数が微妙に異なるふたつの電気シグナルを頭蓋骨の外側に当てると、脳の表面ではなく、もっと内側の神経細胞に影響を与えられることが示されていた。

 「建設的干渉(constructive interference)」と呼ばれる現象だ。

 グローバーさんはMITの研究をさらに発展させようとしている。数百本の電極を使って、脳内部の狭い領域を正確にターゲットし、そのシグナルを操作してある領域から別の領域に転換させるのだ。

 「ただの神経科学者には出てこない発想だ」とグローバーさんは話す。

t4
image credit:Pixabay

神経活動のサインを読み取るためのさまざまな研究が進行中


 一方、やはりN3に参加するジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所(APL)のグループは、まったく別のアプローチで難題に挑んでいる。

 現在の理解によれば、神経組織は神経細胞が電気シグナルを発火したときに膨張・収縮する。

 EEGやユタ・アレイが読み取っているのは電気シグナルだ。だがAPLのデイブ・ブロジェットは、組織の膨張・収縮も神経活動の優れたサインであると考えた。

 そこで、それを光学的システムによって読み取ろうというのが彼のアイデアだ。

 これまでの技術ではそうした神経の動きを検出することができなかったが、すでにブロジェットらはマウスの実験でそれを”見る”ことに成功している。

 露出させた神経組織なら発生から10ミリ秒以内に神経活動を記録できる。ユタ・アレイなどに匹敵する記録速度だ。

 次のステップは、それを頭蓋骨越しに行うことだ。頭蓋骨は可視光を遮断してしまう。そこで、頭蓋骨を通り抜けることができる近赤外線光を測定する。

 現在は、頭蓋骨越しに赤外線レーザーを照射し、それがどのように散乱するのか確かめている段階だ。

 バテル記念研究所のガウラブ・シャルマ氏は、血液脳関門を通り抜けることができる新しいナノ粒子を開発している。これはDARPAが最小限の侵襲技術と呼ぶものだ。

 粒子のシェルは圧力を加えると電気を発生する素材でできており、その中には磁力に反応するコアが収まっている。

 これを磁場に暴露させると、内部のコアがシェルに圧力を加えて微量の電流を生じさせる。

 この電流は頭蓋骨越しであっても光よりずっと”見やすい”。コイルを使って電流を磁場に転換し、脳のシグナルを読み取ってやればいいのだ。

t10e
image credit:Pixabay

素晴らしい技術であるBCIが軍事利用されたらどうなるのか?


 こうした科学的な取り組みは素晴らしい。

 しかし、BCIの開発を進めるペンタゴンやフェイスブックなどの企業が、この技術が提起するいくつもの倫理的・法的・社会的疑問をおざなりにしていることを知ればその素晴らしさも霞んでしまう。

 たとえば人間の脳によって直接操作されるドローンの大群は戦争をどのように変えてしまうのか?

 N3の責任者は、その必要性がどのようなものであっても神経インターフェイスは利用されることになるだろうと述べている。しかし、軍の必要性はいかようにも解釈されるものだ。

 バークハート氏は今も研究に参加している。ユタ・アレイなしでも脳の信号を拾えるようにするための研究だ。

 脊椎を損傷してしまうと、腕を動かすと想像することはとても骨の折れる作業になる。

 バークハート氏は

以前なら、『手を開く』なんてわざわざ思わなくてもできた。ただボトルをつかむだけなのにだよ。でも私はそれができることを強く願っている

とコメントしている。

 少なくともバークハート氏は、この技術の可能性を誰の目にも見えるようにした一人といえるだろう。

References:Technology reviewなど / written by hiroching / edited by usagi
あわせて読みたい
脳の過剰な活動を抑えることで老化を遅らせることができる(米研究)


脳を保存して意識をコンピューターにアップロード。電脳化の為の脳保管プロジェクトが開始される。ただし100%致死的


720種の性別があり、脳もないのに学習能力を持つ。自己修復可能な脅威の生命体の姿が明らかに(フランス)


人間の脳は最大11次元の構造を作り上げることができる。スイスの科学者がその証拠を発見


人間の脳をクラウドに接続する日は限りなく近づいている(米研究)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
6928 points
車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

2021年2月25日
2996612314
2位
5246 points
寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

2021年2月23日
2804944319
3位
3904 points
猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

2021年2月28日
4位
2801 points
トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

2021年2月23日
1452625229
5位
2243 points
小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

2021年2月22日
94213829
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年10月25日 20:38
  • ID:Re0wqfIx0 #

ユタ・アレイの道具って今でこそスカルプ*のような
頭皮に吹きかけるタイプへ移行したけど、少し前だと
頭にスプレーかけ頭皮にトントンかけるものだったが
その道具にそっくりだ

2

2. 匿名処理班

  • 2019年10月25日 20:51
  • ID:Fv9xbQYB0 #

サイコミュの走りだな。

3

3. 匿名処理班

  • 2019年10月25日 20:55
  • ID:GX20wc8e0 #

量子コンピュータが実用化されたらすごいことになるんじゃないか?

4

4. 匿名処理班

  • 2019年10月25日 20:55
  • ID:S8WxVkyV0 #

攻殻機動隊の世界が近づいてるな

5

5. 匿名処理班

  • 2019年10月25日 21:30
  • ID:OMEoUKwb0 #

ゴーストハック

6

6. 匿名処理班

  • 2019年10月25日 22:36
  • ID:.D616cBW0 #

こええよ

7

7. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 07:01
  • ID:dRuZy6.l0 #

(ファミチキください)

8

8. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 08:46
  • ID:3uVB3t.M0 #

の、脳が痛いィ〜

9

9.

  • 2019年10月26日 09:03
  • ID:3ce.0GPD0 #
10

10.

  • 2019年10月26日 11:47
  • ID:zc8GFoBf0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 14:52
  • ID:mE7zsSEx0 #

そんな…確かに写ってたんだ…

12

12. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 15:36
  • ID:SqnpCNcp0 #

>>8
どこの外道サイボーグだよ!

13

13. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 15:41
  • ID:rBImlkhN0 #

アルミホイルの帽子は

やっぱり落ち着くわ…

14

14. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 15:43
  • ID:rBImlkhN0 #

>>7
店員かっ

15

15. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 15:47
  • ID:rBImlkhN0 #

>>7
店員:あの…お客様?

レジ:ピピッ…ファミチキなに味になさいますか?

16

16. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 16:42
  • ID:gmtsmOs30 #

コードウェイナー・スミスの小説世界に出てくる
積層ネズミ脳みたいな方向に行かないのかな。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 16:44
  • ID:sjYg2fiI0 #

神への反逆

18

18. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 18:38
  • ID:nnAMMB9D0 #

うちの大学で似たようなことやってますね。そっちはBMI(brain machine interface)って言うんですけど。実現したらSAOの世界が再現できると考えると夢のようです。さようなら、現実(笑)

19

19. 匿名処理班

  • 2019年10月26日 23:28
  • ID:03GNlV.h0 #

こういう研究が進めばSAOできるだろうけど
まぁ俺が生きてるうちは無理だな

20

20. 匿名処理班

  • 2019年10月27日 07:40
  • ID:P6GCbVWQ0 #

※7
こいつ、直接脳内に!

21

21. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 07:35
  • ID:Dd36ZmgB0 #

しかも脳波コントロールできる!

22

22. 匿名処理班

  • 2019年11月25日 08:25
  • ID:pcJXC4db0 #

脳からじゃなくて首から神経情報を読み取れば楽なのでは?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク