ワープドライブの実現に向けて開発が進められているとNASAの研究者iStock-482394695_e
 現在、NASAのある科学者は、ワープ航法に関係する技術を開発しているそうだ。

 もちろん、もうじき隣にあるアンドロメダ銀河に行けるようになるわけではない。あくまでほんの少しだけ実現に近づいたというだけの話だ。

 それでも、いつの日かスター・ウォーズやスタートレックのように広大な宇宙を自由に旅できる時代が来るかもしれないという話は、混迷の時代においてどこか希望にも感じられてくる。
広告

光速を超えるワープドライブは可能か?

 「ワープドライブ(ワープ航法)」とは光速を超えて移動する手段のことだ。1966年に放映されたテレビドラマ『スタートレック』で初めて「ワープ・ドライブ」という言葉が使われ、広く知られるようになった。

 いろいろと想像力をかき立ててくれるアイデアだが、現実の物理法則は厳しく、そう簡単には実現できそうにない。

 アインシュタインの相対性理論によれば、質量のある物体は、光よりも速く移動することができない。”加速するほど”質量が増し、加速しにくくなるからだ。

 その結果として、質量のある物体を光速にまで加速するには、無限のエネルギーが必要になる。ゆえに宇宙船で光速を超えて移動するなど、物理学の常識では不可能ということになる。
1
photo by iStock

空間を歪めて高速の壁を突破するアルクビエレ・ドライブ

 しかし1997年、メキシコの物理学者ミゲル・アルクビエレによって、相対性理論を破ることなく超光速に達する画期的な理論が考案された。これを「アルクビエレ・ドライブ」という。

 アルクビエレ・ドレイブでは、加速して光速に近づくことは諦め、そのかわりに空間を歪めることで光速の壁を突破しようとする。

 基本的な考えた方はこうだ。まず宇宙船のまわりに”負の質量"のリング、すなわち「ワープバブル」をつくり出す。

 ワープバブルは、宇宙船前方の時空を縮め、後方を引き伸ばすように働く。これによって光より速い時空の流れをつくり、それに乗ることで光速を超える。

 現代の宇宙論において、宇宙の膨張は例外的に”光速を超えてもいい”とされる。また、ワープバブルに囲まれた宇宙船自体は”加速していない”。よって相対性理論は破られない。
1_e6
アルクビエレ・ドレイブモデル :平面の下の青い領域は縮小されたスペースを表し、赤い領域と隆起した領域は拡張されたスペースを表します / image credit:Harold White

 だが問題がないわけでもない。アクルビエレ・ドライブを実現するには、膨大なエネルギーが必要と考えられるのだ。宇宙船をワープさせるとすれば、木星にも匹敵する質量エネルギーが必要かもしれない。

質量を小さくできるアイデアがあるだと?

 ところが『Brighter Side of News』が伝えるところによると、NASAのエンジニアであるハロルド・ソニー・ホワイト博士には、そのエネルギーを小さくするアイデアがあるのだという。

 彼によると、物理学的な方法を曲げることで、アルクビエレ・ドライブ理論で要求される質量エネルギーを小さくできるかもしれない。

 さらに負の質量のリングの形状を変更すれば、必要な質量を700キロにまで下げられるわずかな可能性すらあるそうだ。
2_e5
リング状のワープドライブは、サッカーボール状の宇宙船(中央)を光よりも速い実効速度で運ぶことができる。メキシコの物理学者ミゲル・アルクビエールが最初に提案した概念 / image credit:Harold White

NASAの研究者、ワープバブルの検出・生成器を開発中

 現在、ホワイト博士は、NASAの物理学者とエンジニアを率いて、「ホワイト=ジュデー・ワープフィールド干渉計」なるものを開発中だ。これはビームスプリット干渉計の一種で、ごく小さなワープバブルを検出・生成できるという。

 干渉計が完成したからといって、すぐに広大な宇宙で星々を巡る旅ができるようになるわけではないが、こうした技術を積み重ねた先に、現実のワープ航法が待っているはずだ。

 なお、スタートレックの世界では、ワープは2063年に発明される。今から40年後、古いSF映画が未来を予測したと言われることはあるだろうか?

References:According to NASA researchers --- Warp Drive is getting closer to reality / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
重力で時空を歪ませる新しいワープ航法の理論モデルが発表される。物理法則的には可能

タイムトラベルの実現に近づいたのか?ブラックホールを利用したワープ航法で光速より速く移動できる(米研究)

SFの世界が現実に。NASAは本当にワープ航法を研究していた

小型ビッグバンとビッグクランチを駆使して光速を超える!? 実現可能なワープ航法が科学者たちの間で話題に

ワームホールによるワープは可能。でも思っているより時間がかかり近道にはならない(ハーバード大学物理学者)

宇宙の二領域をつなぐワームホールが実験室で作られていた(スペイン)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 20:24
  • ID:Wg0UQEAd0 #

また図でわかり辛くなってる。

2

2. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 20:49
  • ID:e1.CPgVT0 #

夢はあるけど自分が生きてるうちには、無理そう

3

3. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 21:03
  • ID:AvCgRuXf0 #

『負の質量』を持つ物質が見つかれば、空間をゆがめて『ビックバン』様の『ワープバブル』作り出せるんだ。

STで「ワープナセルがバブルを作る」のは基礎知識だからね。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 21:36
  • ID:qO8HAES80 #

魔王星を見つければ解決。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 21:39
  • ID:..kWQ5Yg0 #

どこでもドアが完成したらワープは不要になるかも
それ以前にドラえもん作れる技術は現在ないし
まだワープのほうが現実的か

6

6. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 21:57
  • ID:Abu2Sj470 #

天の川銀河を四等分してα、β、γ、Δ宇宙域と区分しているしているスタートレックでも
α宇宙域(地球を含む領域)の反対側のΔ宇宙域は未開の領域となっていた
ワープ航行が発達している「スタートレック」であっても何世代もかけないと到達できないほどの距離
「スタートレックヴォイジャー」は事故でΔ領域に飛ばされα宇宙域への帰還を目指す物語

7

7. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 01:46
  • ID:5YtDwKiE0 #

興味深いし実現できたらいいなと思うけど、
一番の問題点、負の質量リングはどうやって作るんだ?
確かこれって負の質量のリング作るのに莫大なエネルギーいる、じゃなくて
負の質量のリング+エネルギーがいるって話だよな?
まぁ負の質量が理解不能なおつむなので理解できてないだけかもしれんが…

8

8. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 02:23
  • ID:Koziazgx0 #

>>5

どこでもドアがワープの機械だよ。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 02:31
  • ID:HriEMNaC0 #

※6
スタートレックのワープはスターウォーズとか他のSF作品と比べても圧倒的に遅いからね、その遅さが銀河探索を延々続ける物語の展開ギミックの肝でもあるわけだ。
日本のSFとかだとマクロスがやはり超光速移動は遅い部類だけど、それでもスタートレックよりはかなり早い。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 04:00
  • ID:imNpCExR0 #

2150年あたりに生まれていたら色んな星が見れたかもな。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 06:11
  • ID:U2EtZpYq0 #

とにかく、頑張ってください!お願いいたします

12

12. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 07:00
  • ID:.vILasmV0 #

人類は光速に近づく若しくは超える様な技術進化への到達 or 地球が亡ぶか?
どっちが先になるんだろうね・・・

13

13. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 07:43
  • ID:5CuoKNvg0 #

われわれは何処からきて、何処へ行くのか・・

14

14. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 09:23
  • ID:5CuoKNvg0 #

希望 という名の〜 あなたをたずねて〜♪

15

15. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 14:09
  • ID:2GUL2WtA0 #

※3
負の質量ってのは、それ同士はひきつけあうのか反発するのかも知りたいな。
少なくとも正の質量はそれ同士が万有引力で引きあってますよね。
それを単に負にしたらそれ同士はひきつけあいそうですね。
じゃぁ、正の質量と負の質量でゃ反発ってことなのかな。
反物質は電気的性質が反対(反陽子と陽電子でできてる)なだけで正の質量だろうから、物質とは引き合って、対消滅することになってるらしい。
じゃぁ、正の質量と負の質量を反発する(だろうと思う)のに無理やり接触させたら何が起こるのだろう・・・などといろいろ疑問が沸き上がります。そして負の質量の反物質と正の質量の物質を接触させたらどうかとかねw もうワケワカですわ

16

16. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 21:05
  • ID:mizKX3id0 #

というわけで研究が必要なので、予算ください(NASA職員)。

17

17. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 21:05
  • ID:oqSrkQJ30 #

一番の問題点
司令「ワープ!」
オペレーター「了解!ワープ開始!」
と大声でワープと叫ぶことに抵抗がある事だな

18

18. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 23:47
  • ID:FAYn3lDl0 #

※17
司令「アルクビエれ!」
オペレーター「アルクビエります!」

19

19. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 00:50
  • ID:dHovLKje0 #

実際に成功しても一般的になるまでにはさらに50年くらいはかかるんじゃないかな

例えば、今では当たり前のように使われている赤外線カメラ、実用化されて先ず使われたのは軍事部門、実戦に使われたのは第二次世界大戦末期のドイツ軍、夜間に暗闇の中から的確に命中弾を与えてくるドイツ軍に連合軍は恐怖した、戦後も使われたのは戦車の赤外線カメラやこベルリンの壁周辺の赤外線カメラ等の軍事や治安部門ばかり、ようやく民間に出てきたのは1980年代から増えてきたTV局で使うタイプの赤外線カメラでとても一般人が買えるような価格帯ではなかった、その後90年代になってようやく米軍では個人携帯型の赤外線カメラの暗視装置を装備してるみたいだぞと出てきて、一般個人が買える価格帯のものが出てきたのは、2005年以降、さらにいうと子供のお小遣い程度の価格であ買えるようになったのは2010以降、つまり軍事での実用化から76年程度経ってようやく暗闇でも身通せるという近世までならま魔法だのと言われるような技術が一般人の手にも渡る事ができるようになったわけだ、翻って今回の記事を見るに未だに理論の枠を出ておらず最先端技術が即座に実用化に向けて実験される軍事でも実用化されるかは怪しいところであるので、100年単位で見ないとだめかもしれない。

20

20. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 01:47
  • ID:HVXdM6fc0 #

>>17
ワープを
ヨシ!
とか
ご安全に!
とかに言いかえればヨシ!!

21

21. 匿名処理班

  • 2021年10月24日 13:04
  • ID:8Ri6lmFh0 #

>>17
戦闘艦でも
艦長「うち〜かたー、はじめっ!」
副官「うち〜かたー、はじめっ!」
で射撃開始するんでしょ

22

22. 匿名処理班

  • 2021年10月25日 06:13
  • ID:ZEv.jz7z0 #

そもそもアルクビエレ・ドライブの移動速度、理論と空間の性質から考えるに光速度で頭打ちになるんじゃね?ってwikiで読んだけどどうなんだろうね
まぁ光速度に達すること自体がすごいけど

23

23. 匿名処理班

  • 2021年10月25日 10:36
  • ID:BoMuEJBb0 #

>>15
負同士は反発するんじゃないかな
正負くっつけると、正は負を引きつけて負は正を反発する
どうなるかって言うと、正質量がある方向に際限なく加速する
んで、気体にして混ぜると際限なく温度が上がる
でも負質量は速度が上がるほどエネルギーが減るので保存則は守られる
あくまで理論上の話だけどね

24

24. 匿名処理班

  • 2021年10月26日 14:00
  • ID:9Vv6z.Ll0 #

リフレクターは作れますか? 同時進行でお願いします😎

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING