靴に寄り添っていた捨て犬が保護される
 ヨーロッパ南東に位置するセルビアでは、年々路上をさまよう犬や猫の数が増えているという。

 飼い主に飼育放棄され、空腹で路上をさまよう犬猫たちのお世話をしている男性が、ある日ゴミ山の中に小さな痩せた子犬を見つけた。

 その子犬は捨てられていた黒い靴を命あるものと認識したのか、人間の匂いを感じたのか、靴に寄り添い続けていたという。

 男性によって保護された子犬は、その後の看護で元気になり、見違えるように成長。現在、新たな飼い主のもとで幸せに暮らしている。
広告

ゴミの中で靴の横に寄り添っていた子犬

 セルビアに住むゴラン・マリンコビッチさんは、動物が大好きで、ボランティアで路上にさまよう捨て犬・捨て猫たちを世話している。

 去年3月、ゴランさんはゴミが捨てられてある草地で、痩せた小さな子犬と出会った。子犬は鳴き声をあげていたが、その姿は弱々しく何らかの病気になっているようだった。

 近くを見渡しても、子犬の母親らしき犬の姿はない。子犬はゴミが散らかった草地で、捨てられていた靴の片方に寄り添うように眠っていたという。
cover_e0
 子犬が空腹であることを察したゴランさんは、持っていた食べ物を与えた。すると子犬はがむしゃらに食べ始めた。
6_e
 子犬は、ゴランさんに怯えることなくその靴の横でお腹を見せた。
4_e
 「きっと、この子犬はこれが助かる唯一のチャンスだと知っているのだろう」そう思ったゴランさんは、子犬を保護して動物医院へ連れて行った。

 ゴランさんは、子犬をスメステンと名付けた。
7_e

元気に成長し、ついに永遠の家見つかる

 ゴランさんに助けの手を差し伸べられなければ、おそらく生き延びられなかっただろう。スメステンは、獣医による治療とゴランさんの愛情ある看護のおかげで徐々に元気になり、ゴランさんの前で次第に本来の性格を発揮し始めた。
8_e
 健気な子犬の姿をFacebookでシェアし、路上にいる犬猫の窮状を訴えたゴランさんの投稿には、多くの反響を呼んだ。

 やがて、スメステンは見違えるように立派に成長。
9_e
 そんなスメステンに永遠の家を見つけてやりたいと、ゴランさんは国際的な養子縁組を行っている団体に連絡した。

 現在、ココと呼ばれているスメステンは第2のチャンスを掴み、ドイツにいる家族のもとで幸せに暮らしているという。
11_e
セルビアの路上には、年々捨て犬や捨て猫が増えていて、今私は100匹ほどの犬猫に餌をあげています。

路上にいる犬猫たちを1匹でも多く助けてやりたいと思っています。私は全ての動物が大好きなので、スメステンのように、他の犬猫たちにも幸せになってほしい。ただそれだけを願っています。(ゴランさん)
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
ゴミの山で暮らしていた捨て犬 「マイリー」 の物語

バケツに捨てられていた子犬が立派な警察犬になるまでの物語(イギリス)

袋に入れられ車から道端にポイ捨てされた子犬、サイクリング中のカップルに発見され、そのまま永遠の家族となる

子犬と共に捨てられた母犬、他の人を寄せ付けず元の飼い主が戻ってくるのを信じて待ち続けていた(セルビア)

不要な家具と一緒に捨てられた子犬、廃棄されたソファの上で飼い主が戻ってくるのを待ち続ける(アメリカ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 12:05
  • ID:DLheyOdv0 #

最近幸せな気持ちになるためにカラパイアに来ている

2

2. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 12:05
  • ID:9RGXODl80 #

幸せになれたんだね

3

3. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 12:14
  • ID:yRCkBgSO0 #

>セルビアの路上には、年々捨て犬や捨て猫が増えていて、今私は100匹ほどの犬猫に餌をあげています。

他国のセルビアはそれでもいい

だが日本では絶対にやるな

4

4. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 12:22
  • ID:KGvxPiID0 #

安定のヒゲメン

5

5. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 12:48
  • ID:q7JE.Jb50 #

子犬さんお腹をみせてリラックスしてる
どうして靴の横に寄り添うことになったのだろう

6

6. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 13:28
  • ID:Li6FRrPC0 #

>>3
どれだけ可愛くても糞尿やらの被害を受けてる人からしたら害獣だからな
可哀想と思う人は、家族として迎えてあげましょう

7

7. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 13:43
  • ID:PoXoO4zL0 #

フランスでも似たような活動をしている団体があったな
国際的な団体なのかな

8

8. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 18:37
  • ID:JqnZf4qz0 #

お腹見せてる画像がいじらし過ぎて泣いた

9

9. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 19:11
  • ID:AeUrTHBI0 #

>>1
いいね
でも記事にケチつけるのが幸せな人もいるようで…ご意見は結構だけど直接アカウントにお話しして欲しいとか思っちゃう

10

10. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 19:14
  • ID:xR3znTPN0 #

こんなん実際に見たら泣いてしまうわ…よかったねよかったね

11

11. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 19:14
  • ID:7YHYXmrx0 #

セルビアなぁ…
2000年代になってやっとまともになった地域だよ
それ以前は地獄の様だったと見聞きしている
そりゃイヌネコに気を掛ける余裕なんて無かっただろうよ

12

12. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 19:57
  • ID:9WSclou50 #

生きろ、そなたは美しい

13

13. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 21:04
  • ID:dfGfUov30 #

良い話だしこの人も幸せになって欲しい
ただし、読者諸賢が海外で野良犬野良猫に安易に近寄るのは止めておこう
もし近寄りたいなら狂犬病のワクチン接種が必須だ
死亡例もたまにニュースで出るからね
お兄さんとの約束だぞ(何様)

14

14. 匿名処理班

  • 2021年09月10日 22:24
  • ID:gPY3fsRx0 #

大人になってゴランさんと再会したら覚えてるのかな

15

15. 匿名処理班

  • 2021年09月11日 00:26
  • ID:3PDGvzsm0 #

隣に捨てられてる靴より小さくて弱々しい……

私でもこんなん見たら連れて帰っちゃうだろうなあ。
家族に怒られるだろうけどw

16

16.

  • 2021年09月11日 01:58
  • ID:Ved2BLf90 #
17

17.

  • 2021年09月11日 14:10
  • ID:dxw3Fn4H0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2021年09月11日 19:01
  • ID:mWHwX.s40 #

テリア系?の血が入ってるのかな?なんにせよ命がつながって、しかも幸せになれてよかった…

19

19.

  • 2021年09月11日 19:36
  • ID:Ved2BLf90 #
20

20. 匿名処理班

  • 2021年09月13日 01:29
  • ID:Z0ahjQPv0 #

靴のことをママンだとおもってたのかな?
抱きついても抱き返してくれなくとも何かに寄り添いたくなるのが動物だよねえ
どんなひもじく寂しかったことだろう
一人ぼっちの小さい子の話はつらい

21

21. 匿名処理班

  • 2021年09月13日 17:12
  • ID:tdBJcndM0 #

犬猫を害獣というなら人間なんてどれ程の生物なのか。
少なくとも今いる犬猫は人間が生み出したものだよ。
幸せに生きる権利があると私は思うね

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING