1人の少女が大きな犬と出会い奇跡を起こすまでの物語
 生まれつきの難病を抱え歩くこともできなかった少女が、犬と出会った。ジョージという名のグレート・デーンは少女の3倍もある大きな犬だが、その愛情も大きかった。

 ジョージは少女の脚代わりとなり、歩行のお手伝いをしていたのだが、2人の間に芽生えた愛と言う名の絆はいつしか軌跡を起こした。

 少女は1人で歩くことができるようになった。ついには自転車に乗れるようにもなったのだ。現在は水泳を学べるようになったという。

 これは、歩くことをあきらめなかった小さな少女と、少女を支え続けることに使命を見出した大きな犬が幸せを紡いでいく物語である。
広告
13-Year-Old Girl Walks Again Because of Great Dane

難病を発症した少女、11歳で大きな犬と出会う

 マサチューセッツ州に住むベラ・バートンさん(現在17歳)は、2歳半の時にモルキオ症候群という生まれつき骨の形成が阻害される非常に稀な難病を発病した。

 この難病は、現在でも治療法がなく、多くの痛みを伴うという。歩行が困難になり、13歳になる頃までには、この病に苦しむ多くの子供たちが車椅子生活を余儀なくされるそうだ。

 ベラさんも、骨や筋肉の成長に様々な障碍を抱え、杖なしでは自力で歩行ができない状態だった。

 しかし2015年1月、当時11歳だったベラさんの人生に変化が訪れる。介助犬であるグレート・デーンのジョージと出会ったことで希望の光が見えてきたのだ。

自力で歩行が可能になり、自転車にも乗れるように

 ベラさんの脚代わりとなったグレート・デーンのジョージ(8歳)は、これまで杖をついてしか歩くことができなかったベラさんの傍に寄り添って体を支え、歩行を補助するようになった。

 ジョージと出会う前は、ベラさんの脚の筋肉は急速に悪化する一方だったが、ジョージと過ごすようになって半年も経つ頃には自分の体重を支えられるほど、脚に力強さが備わった。
 現在、ベラさんは杖を使用しなくても歩行ができるようになり、時にはジョージに寄り添ってもらわなくても歩けるようにまでなった。
 また、階段の上り下りも可能になり、自転車も乗れるようになった。
 3年前にはできなかったことが、ジョージの日々の介助のおかげで可能になり、ベラさんは今水泳を学んでいるという。

 ベラさんの母レイチェルさんは、娘の変化と進歩はジョージとの間に生まれた深い絆のおかげだと嬉しく感じている。
 日々、難病と向き合いながらも前向きに生きるベラさんは、メディア取材でこのように語っている。
ジョージは、いつも私が危険な目に遭わないように、ずっと傍で見守ってくれています。

だから、私はジョージの傍にいると安全だと感じられるようになりました。

ジョージがいないと、誰かにぶつかられたりしたら、私は転倒して怪我をしてしまう可能性だってあります。でも、大きなジョージが寄り添ってくれているから、誰ともぶつかることはありません。

ジョージは、私を歩けるように再訓練してくれたんです。

私は、自力で歩くことを諦めたくなかった。そんな私の気持ちをジョージは察してくれたんです。だから諦めないように、ずっと私を支え続けてくれたのです。
私の介助という仕事をしている時は、ジョージはとても集中してくれています。

でも、一旦仕事を離れると他の犬のように、走り回ったり遊んだり、寝そべったりしています。私と一緒にソファで寛ぐこともよくあります。
 2015年には、ジョージはベラさんを支えてきた功績を称えられ、アメリカンケンネルクラブの優秀賞を受賞したそうだ。

 ベラさんは、ジョージとの日常をFacebookやインスタグラムアカウント『bella_and_george01』でシェアしており、多くのユーザーから励ましのメッセージが寄せられている。

Top image:Bella and George/Facebook / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
大きな犬が少女に希望と愛を与え続ける。グレート・デーンに支えられ歩けるようになった11歳の少女

3本足の犬が難病の少年に生きる勇気を与えた。オーウェンとハッチの物語

障害のある男の子のそばに寄り添い片時も離れない犬

少年の右側から離れようとしない犬。そこには両親も気が付かなかった驚きの事実が隠されていた。

難病の少年を助けるために、介護動物として起用されたミニチュアホース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年07月24日 12:33
  • ID:JmWqqCpm0 #

苦しいリハビリだったものがイッヌと過ごす楽しい時間に変わっていったんだろな

2

2. 匿名処理班

  • 2021年07月24日 13:09
  • ID:jdoLfdaC0 #

人に与える癒しとか活力とか、マジでバカにならないな。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年07月24日 13:39
  • ID:2W80Bbo.0 #

これは、歩くことをあきらめなかった小さな少女と、少女を支え続けることに使命を見出した大きな犬が幸せを紡いでいく物語である。

↑↑↑↑↑

不良少女と呼ばれてとか乳姉妹かよ?

4

4. 匿名処理班

  • 2021年07月24日 13:52
  • ID:WRaQyZcg0 #

うちの犬は普通の小型犬
犬の散歩中
デイケア施設から車椅子使用のおばあちゃんと
付き添いの人が出て来た時に丁度すれ違う形になって
うちの犬が撫でてとアピールして
おばあちゃんもうちの犬に興味を示したので
膝の上に乗せて撫でて貰ったら
おばあちゃんは「何よwww」と楽しそうに笑った
付き添いの人は「最近は声を出したり笑ったりする事は珍しいです」と驚いてた
普通の犬でもセラピー効果的なものはあるらしい

5

5. 匿名処理班

  • 2021年07月24日 16:39
  • ID:p30ZVxn70 #

超大型犬のグレートデンだからこそ人間の支えという解除も出来るのか!
ゴールデンとかだとやっぱちょっと高さ足りないものね

6

6. 匿名処理班

  • 2021年07月24日 17:49
  • ID:EDXYRIzf0 #

>>4
いい子だね、おばあちゃん嬉しかったんだろう
どんな犬も人を笑わせて幸せな気持ちにさせる魔法が使えるんだね

7

7. 匿名処理班

  • 2021年07月24日 20:30
  • ID:nkK.C.XG0 #

例え物理的な支えにならなくても、そばに居てくれるだけでめちゃくちゃ癒されるし励まされるのがイッヌ

8

8. 匿名処理班

  • 2021年07月25日 03:25
  • ID:ppZ2WgkS0 #

もうね、こんな話読むたびに目から水が出てきて大変なのよ
やさしさにあふれた素敵な話をありがとう

9

9. 匿名処理班

  • 2021年07月25日 09:26
  • ID:UNU3jxxk0 #

大きくて、優しい子。この先、今度はヒトに助けて貰って、良い老後を過ごして下さいね。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年07月25日 11:14
  • ID:4W2vczd00 #

この犬種は大型犬の中でも短命らしいよ?

11

11. 匿名処理班

  • 2021年07月25日 12:04
  • ID:Wf7TcbVv0 #

んージェントルジャイアント

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING