no title
 音楽史上極めて重要な作曲家の一人であるベートーヴェン(1770年 - 1827年)。音楽の教科書や、音楽室にあるその肖像画を知らない人はほとんどいないだろうし、交響曲第9番を聞いたことがない人もほとんどいないだろう。

 デビューしたてのころは耳は聞こえていたのだが、20代後半頃より持病の難聴が徐々に悪化し、40歳頃には完全に聞こえなくなったと言われている。

 それでも彼はたくさんの交響曲や歌曲を書き続けた。不屈の精神を持つベートーヴェンは、作曲や演奏を続けるため、聴力を得ることができる身体現象に偶然たどり着いた。それが骨伝導だ。

 ピアノの上に木の棒を置き、反対側を歯でくわえることで、自分の演奏の音が聞こえることを発見したのだ。
広告

耳が聞こえなくなっても名曲を書き続けたベートーヴェン

 1824年5月7日、あの有名な交響曲第九番がウィーンのケルントナー・トーア劇場で初めて演奏された。

 54歳だったベートーヴェンは、当時すでにまったく耳が聞こえず、客席の最前列にいた正指揮者と共にタクトを振っていたが、この壮大な曲が終わったのに気がつかなかった。後ろを振り向いて初めて、聴衆から嵐のような拍手喝采を浴びていることを知ったのだ。
Beethoven 9 - Chicago Symphony Orchestra - Riccardo Muti

 ベートーヴェンのキャリアは、まさに天才的なものだったが、私生活では難聴や、数々の苦悩と闘う辛い日々を送っていた。

 ベートーヴェンが自分の耳が聞こえないことに気づいたのは、28歳頃と言われている。この頃すでに彼は、ウィーンの音楽シーンで確固たる地位を築いていて、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトと並ぶ期待の星とされていたが、これが事態を悪化させた。

 よりによって、偉大な音楽家が聴覚を失うなど、どれほど残酷な運命だったか、想像に難くない。ピカソが視力を失い、ロダンが腕を失うようなものだろう。

 自殺も考え、1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』もしたためたそうだが、ベートーヴェンは不屈の精神の持ち主だった。そう簡単には諦めなかった。彼の有名な言葉に次のようなものがある。
運命の喉首を締めあげてやる。わたしは決して運命に圧倒されない
 彼はまさにその言葉通りの人生を送った。

 急速に聴力が衰えていったにもかかわらず、1803年から1812年にかけて、オペラ1曲、交響曲6曲、ピアノ協奏曲4曲、弦楽四重奏5曲、弦楽ソナタ6曲、ピアノソナタ7曲、ピアノ変奏曲5組、序曲4曲、三重奏4曲、六重奏2曲、歌曲72曲も作曲している。
iStock-491698680
photo by iStock

不屈の精神で骨伝導の発見したベートーヴェン

 苦しみにまみれた人生だったのに、ベートーヴェンは決して諦めなかった。障碍を補う助けになるものを工夫したのだ。

 作曲や演奏を続けるため、試行錯誤しているうちに、聴力の中心となる身体現象に偶然たどり着いた。それが骨伝導だ。

 当時、研究者たちにも聴力の仕組みはよくわかっていなかった。だが、ベートーヴェンは耳で音が聞こえなくなっても、指揮棒のような木の棒の端をピアノの上に置き、反対側の端を歯でくわえることによって、自分の演奏の音が聞こえることを発見した。
1
 その状態で、ピアノのキーを叩くと振動が起き、それが自分の顎に伝わって直接内耳に届く。奇跡的に音が聞こえるようになったのだ! 今でいう骨伝導の発見だった。
2
 音は空気を振動させ、それを耳がとらえることで聞こえる。こうした微細な振動が特定の周波数で鼓膜を振動させ、内耳として知られる蝸牛が解釈できる異なる種類の振動に変換される。

 蝸牛は音の情報を聴神経を通して脳に伝える。これが気導音の聴覚プロセスだ。

 しかし、人間にはこの気導音のほかに、もうひとつ音を聞く方法がある。内耳が耳ではなく骨を通して直に音の振動にさらされれば、鼓膜を通さなくても音が聞こえるのだ。

 耳をふさいでも、自分の声が聞こえるのは、この仕組みによるものだ。クジラが深海に潜っても音が聞こえるのも、オスのゾウが数キロ離れたところにいるメスの足音を聞くことができるのも、この骨導音のおかげだ。
no title

ベートーヴェンが発見した骨伝導は今も様々な目的で使用されている

 ベートーヴェンが難聴をうまいこと解決した骨伝導の仕組みは、今ではさまざまな補聴器に利用されている。

 骨固定型補聴器(BAHA)は、マイクでひろった音を振動に変換して、頭蓋骨を介して内耳の中の蝸牛に伝える。骨伝導聴覚機器は、欠陥のある鼓膜の役割を果たしているのだ。

 骨伝導聴覚機器は、場合によっては健常者も利用することがある。例えば、軍隊で使われているヘッドセットは、敵の銃撃音がうるさい戦場でも、骨伝導機器を通して伝達された上官の命令を聞くためのもの。

 ヘルメットに装着されることもある。また、ダイバーが水中で話したり聞いたりするために装着する場合もある。
1
photo by iStock

ベートーヴェンの聴覚障碍との最後の闘い

 ベートーヴェンが難聴と闘った事実は、人間として偉大な話だが、彼の難聴の原因は謎のままだ。ほかにも多くの病気を患っていたため、診断はよけい困難になった。

 炎症性腸疾患が原因と思われる慢性的な腹痛や下痢、鬱病、アルコール依存症、呼吸器疾患、関節炎、目の炎症、肝硬変など、たくさんの不調があった。

 1827年にベートーヴェンは56歳で亡くなったが、大量の飲酒が最終的に彼の命を奪ったのかもしれない。解剖の結果、重度の肝硬変が認められ、耳の聴神経など、聴覚器官が膨張していることがわかった。

 当時の風習として、死者の髪を切り取って形見とする習慣があり、若い音楽家フェルディナンド・ヒラーが、ベートーヴェンの遺髪をもらい受けて保存していた。

 1世紀近く、ヒラーの遺族がその遺髪を保管していたが、それがどういうわけか、デンマークの医師ケイ・フレミングの手に渡った。

 フレミングは、デンマークがナチに占領されていた戦時中、大勢のユダヤ人をスウェーデンへ逃して救ったことで有名な医師だ。

 フレミングが住んでいた小さな漁村近くにスウェーデンとの国境があったのだ。一説によると、そんなユダヤ難民のひとりが、助けてくれた感謝のしるしにと、フレミングにベートヴェンの遺髪を贈ったという。

 はっきりわかっていることは、この582本の遺髪がフレミングの娘の手に渡り、それが1994年にオークションにかけられたということだ。

 それを、アリゾナに住む泌尿器科医、アルフレッド・ゲバラがわずか7000ドルで落札。そのうちの数本を残して、残りをカリフォルニアのサンノゼ州立大学にあるアイラ・F・ブリリアント・ベートーヴェン研究センターに寄贈した。
00
photo by iStock

ベートーヴェンの難聴の理由を解き明かそうとした現代の科学者

 この時点で、大学の研究者たちは、この偉大な作曲家の難聴の理由を解き明かそうと、遺髪のDNA検査を行うことを考えた。

 遺髪は、DNA、科学物質、法医学、毒物学など、さまざまな検査にかけられた。すぐに異常に高いレベルの鉛が検出された。

 ベートーヴェンが生きていた時代、鉛中毒については知られていなかった。食事用の皿や飲み物用のゴブレットが、この有毒な金属を使って作られるのは一般的なことだった。

 ベートーヴェンは、ワインを飲むのが好きだったが、当時のワインにはうまみや甘みを増すためによく鉛が使われていたのも事実だ。このように徐々に体内に蓄積した鉛による中毒で、聴力を失った可能性もあるという(諸説ある)

音楽と共にあり続けたベートーヴェン

 長い間、ベートーヴェンは自分の聴力障碍を隠そうとしていた。耳が聞こえないことがまわりに知られると、自分のキャリアが終わりになるのではないかと恐れたのだ。

 しかし、長く秘密にしておくことはできなかった。作曲家自身が自分の曲を指揮し演奏するのは通常のことだったので、その状態はすぐに知られることになった。

 1814年、ベートーヴェンのピアノリハーサルの様子を見た仲間の作曲家ルイス・シュポアは、「ピアノフォルテの箇所をよく見ないと音楽が理解できない。あまりに過酷な運命に、深い悲しみを禁じ得ない」と語った。

 45歳のとき、ベートーヴェンは完全に聴力を失い、まともな社会生活を送ることもできなくなった。晩年、かつての大作曲家は、限られた友人しか訪ねてこないような、隠遁生活を送るようになっていた。

 あの有名な第九を含む、この時期に作曲された曲には、ベートーヴェンの自然への愛や、田舎での完全に無音の生活への愛しみが反映されている。

 ベートーヴェンは、第九について「絵画以上の感情の表現」だとしていて、これは第一楽章の表題によって強調されているポイントだ。完全に音が聞こえなくなってからも、彼はオーケストラと声楽家のための「荘厳ミサ曲」、オペラ「フィデリオ」など、ほかにも大作を作っている。
ベートーヴェン:フィデリオ (ベーム, 1970年)【全曲・日本語字幕】

 ベートーヴェンの内耳が晩年になっても機能していたとしても、ピアノと骨伝導スティックを使って、自分の曲を聴き続けることができたかどうかはわからない。

 専門家は、ベートーヴェンは曲作りのルールをすべて完全にわかっている名作曲家だったから、自
分の作品を聴く必要はなかったのではないかと考えている。

 たとえ、耳が聞こえなくても、ベートーヴェンは音楽という言葉を使いこなし、苦境をバネにして生きるエネルギーのためのインスピレーションを与えてくれた、比類なき作曲家であることは間違い
ない。

References:How a deaf Beethoven discovered bone conduction by attaching a rod to his piano and clenching it in his teeth/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
人工装具の発明者「アンブロワーズ・パレ」とその後の義肢に関する歴史

中世には演奏の下手な音楽家に拷問を与えるための楽器が存在した。公衆の前で恥をかかされる「汚名の笛」

オーケストラ指揮者が開発。音楽鑑賞に最適なマスクはてのひら型の耳あてがユニーク(ハンガリー)

639年かけて演奏する「世界一長い曲」が7年ぶりに演奏(ドイツ)

なるほどこれはわかりやすい。世紀の天才、アルベルト・アインシュタインの一生を図解したインフォグラフィック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2021年06月14日 22:09
  • ID:8x5sVApV0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 22:20
  • ID:hmSa8o7x0 #

ピアノは骨伝導で聞けるだろうけどそれで交響曲作れるのはすげえわ

3

3. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 22:35
  • ID:nw5C1pPJ0 #

抜けた髪が骨の振動で再生する、なんてこと起きないですかね?

4

4. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 22:38
  • ID:KoNNHS5U0 #

生命の鼓動は聴こえた訳だ!

5

5. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 22:39
  • ID:hNROXlhh0 #

自分も素人ながらたまに曲を作ることがあるけど、極々シンプルな曲であっても、パソコンで打ち込んでは聞いて、修正してを繰り返しながらでないと作れないなぁ。
当時の作曲家はパソコンもなしで、何十分にも渡る交響曲を作っていたのだから本当にすごい。その上、ベートーヴェンは難聴というとてつもない困難をはねのけて、あの素晴らしい作品の数々を作っていたというのは本当に驚異的としか言いようがない。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 22:59
  • ID:TAXZKdCQ0 #

逆に、聴覚を失っていなかったらどんな曲を書いていたんだろうね。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 23:10
  • ID:RGyCRETs0 #

骨伝導はその後補聴器やイヤホンなどの医療用具で難聴に悩む方に活用されてるし本当よく発見されたと思う

8

8. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 23:41
  • ID:EH0HBYL.0 #

酒が先なのか不調から酒が増えたのか…難聴以外も色々辛そうだなぁ
けど逆境も創作意欲の糧だったのかも知れんね

9

9. 匿名処理班

  • 2021年06月14日 23:42
  • ID:O6B91Mik0 #

昔、骨伝導のケータイあったの思い出した

10

10. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 00:25
  • ID:0j7p.Hh40 #

>>2
もっとすごいのは、実は散歩しながら作曲スケッチしてたから、骨伝導で聞かなくても作ってるっていうね笑

晩年だったと思うけど文通の中の一節に、楽器に頼らず作るのがコツだって書いてあったはず
すごすぎぃ

11

11. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 00:30
  • ID:0j7p.Hh40 #

>>6
ダダダダーンの運命は、鳥の声がモチーフって説が有力だけど

難聴の人に起こる幻聴がモチーフなのではって考察してる人もいて、もしそうなら生まれなかった説はあるかもね。

でも、耳が聞こえなくなる前にピアノソナタ月光とかは作ってたから、すごい音楽家には間違いない。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 00:37
  • ID:0j7p.Hh40 #

>>8
親もアルコール中毒だったらしい。
ここ(厚労省e-ヘルスネット)曰く遺伝について関係があるみたいだから、遺伝もある。

同時にベートーヴェンは一杯のコーヒーは閃きを与え、一杯のワインは悩みを消す的なこと書いてたはずだから、
酒が先でもあるし苦労と悩みもあったし、両方の要因かな?

13

13. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 00:39
  • ID:0j7p.Hh40 #

去年ベートーヴェン生誕250年周年だったので、(しかし、コロナで、、、)
今年はやっと聴ける機会が増えるかもしれないから、是非聴いてほし

14

14. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 00:49
  • ID:0j7p.Hh40 #

>>11
間違えました。
聴覚は失ってないけど
難聴始まり辺りで作ってた有名なピアノソナタは悲愴でした。

月光の頃は30代くらいで難聴はかなり進行してた。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 01:18
  • ID:IBu4.iZe0 #

鉛中毒、時代は遡るが暴君ネロは子供の頃から聡明で期待されていたが、皇帝になり鉛のゴブレットでワインを飲む当時の習慣であんなになったとか。


ちょうど金属性のカップから金属が溶け出して頭痛がするという話題を読んだところだ。

16

16. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 01:25
  • ID:VbEY1GCL0 #

ベートーヴェンって偉大な作曲家なんだろうけど曲を聴くと疲れてしまう。
10曲ぐらい癒やし系の作品もあるけど生涯独身で限られた人達(パトロンを含む)との交流しか無かった事から、あんなに主張の激しい曲作りになったのかしら?

クラッシックに詳しくないがベートーヴェンだけ他の作曲家とは明らかに別な感じがする

17

17. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 01:47
  • ID:B0SSlnGc0 #

骨伝導スティックが一瞬息子スティックに見えた。疲れてるのかな、、

18

18. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 01:51
  • ID:V2.WIpxb0 #

第九を作曲したときは自分の書いてる曲が聞こえてなかったし
初演したときも自分の指揮で演奏されてる曲が聞こえてなかったから
周りの人に教えてもらうまで観客の拍手に気がつかなかったという……

19

19. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 07:03
  • ID:DYxBYhAr0 #

ほんと天才
音楽の才だけじゃなくあの時代に独自で骨電動にたどりついたのが凄い
最近の骨電動のヘッドホンは軽いし鼓膜痛くならないし音も鮮明でおすすめ

20

20. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 10:49
  • ID:5hlSm8ph0 #

音楽の才能は勿論だけどとりわけクリエイティブで自由な人でもあったのかと思う

21

21. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 11:06
  • ID:URzLrm460 #

ベートーベンが愛用したピアノを再現する話がゼロにあったな骨伝導で音の細部まで知らしめたって

22

22. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 15:45
  • ID:fz6mYVvM0 #

ベートーベンこういうところが人間としても大好き過ぎてほんとファンなんだけど!!
それこそ石にかじりついてでもっていう感じで自分の作曲家・音楽家の精神を一生守り抜いたんだよね
大なり小なり、『諦めない』って本当にすごいことだよ

23

23. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 17:39
  • ID:sni3PHe20 #

※17
カラパイアの住民はみんな息子スティックに見間違えたはずだから大丈夫。

24

24. 匿名処理班

  • 2021年06月15日 21:50
  • ID:LtEQofOu0 #

苦悩を突き抜けて、歓喜に至れ!だね。どん底の時にこの名言に救われた。

25

25. 匿名処理班

  • 2021年06月16日 14:19
  • ID:WBfTQCST0 #

難聴だけじゃなく色んな病気に罹ってたのに音楽を続けようとした執念を感じる話だなあ
毛がオークションにかけられた話は微妙な気持ちにさせられたが

26

26. 匿名処理班

  • 2021年06月16日 18:03
  • ID:2SymNUR50 #

ベートーベンの頭の中には、常に音が響きまくってたんだろな。
学生時代、訳の分からない数学の授業中は、ノートの下の五線譜にいたずら書きみたいにメロディとコードを書いていた。頭の中にサウンドが鳴るのよ。他の人に話してもわからないだろうから、言わなかったけど。
人付き合いと自己アピールが下手すぎて、作曲家職業を全うできなかったんだがな。
ピアノもギターもまともに弾けなかったけど、シーケンサー

27

27. 匿名処理班

  • 2021年06月16日 18:05
  • ID:2SymNUR50 #

ベートーベンの頭の中には、常に音が響きまくってたんだろな。
学生時代、訳の分からない数学の授業中は、ノートの下の五線譜にいたずら書きみたいにメロディとコードを書いていた。頭の中にサウンドが鳴るのよ。他の人に話してもわからないだろうから、言わなかったけど。
人付き合いと自己アピールが下手すぎて、作曲家職業を全うできなかったんだがな。
ピアノもギターもまともに弾けなかったけど、シンセとシーケンサーが低価格になったおかげで、頭の中の曲がある程度再現出来たのは嬉しかったな。

28

28. 匿名処理班

  • 2021年06月19日 09:33
  • ID:vKkkRvQ40 #

>>3
寄生獣かな?

29

29. 匿名処理班

  • 2021年06月20日 11:14
  • ID:w1C3dJht0 #

本文の
>軍隊で使われているヘッドセットは、敵の銃撃音がうるさい戦場でも、
>骨伝導機器を通して伝達された上官の命令を聞くためのもの
第二次大戦時にこの原理を利用した戦車兵用ヘッドセットが最初に開発されたのがドイツだったのはベートーヴェン依頼の伝統だったのかも

30

30. 匿名処理班

  • 2021年06月28日 04:05
  • ID:FjIOqPKn0 #

※17
疲れスティックですね

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING