猛毒女と呼ばれた女性、グロリア・ラミレス
photo by iStock

 ある女性の死は、この数十年の間でもっとも謎に包まれた衝撃的な事件のひとつかもしれない。

 1994年、当時31歳の女性、グロリア・ラミレスが、アメリカ、カリフォルニア州リバーサイドの病院に運び込まれた。数時間のうちに、彼女に接触した医療関係者たちが筋肉の痙攣やひきつけ、発作や失神をおこして次々と倒れ、入院を余儀なくされるほどの重症者も出た。

 メディアはラミレスを"猛毒女"と名づけて報道した。この事件はいまだに原因がはっきりしておらず、諸説ささやかれて議論が続いている。
スポンサードリンク

ラミレスに接した病院スタッフが次々と体に異変


 1994年2月19日夕方、末期の子宮頸ガンを患っていたグロリア・ラミレスが、心停止をおこしてリバーサイド総合病院に緊急搬送されてきた。

 事態が急変したのは、看護師が通常の血液検査をしようとしたときだった。血液を採取し始めると、強いアンモニア臭が部屋中に充満し始めたという。

 医師たちは、採取したラミレスの血液に白い結晶のようなものが現われていて、異様な状態であることに気がついた。

 すると、すぐに数人のスタッフが次々と具合が悪いと言い出した。その症状は失神、ひきつけ、呼吸困難、嘔吐などだった。

 結果6人が入院するはめになり、ひとりの医師は急性の循環器系障害を起こした。救急救命室のスタッフ37名中23名が、少なくともなんらかの症状を発症したという。

 その夜の20時半ごろ、病院は救急救命室からスタッフを避難させることに決め、倒れた者たちを外の駐車場に運んで治療した。

 一方で、危険物を扱うための防護服を身に着けた作業員が救急救命室の空気を調査した。

 ラミレス自身は、その夜のうちに亡くなった。検死の結果、死因は子宮頚ガンによる腎不全だったという。


Mysterious Body Fumes cause ER illness

ラミレスの体にいったい何が?


 だが、医療スタッフたちが体験した不可解な症状については説明がつかないままだった。当初、瀕死のラミレスの体から拡散した有害ガスにやられたようだと報道された。

 症状の多くが、農薬や化学兵器に使われる化学物質、有機リン酸エステルによる中毒と似ていたからだ。

 だがラミレスの遺族はべつの意見だった。有毒ガスのせいだという話は病院による隠蔽だと主張したのだ。

 ラミレスの死にまつわる異様な状況のせいか、医療スタッフが犯したミスを病院側が患者のせいにしようとしていると思い込んだのだ。

 また、集団が脅威に直面したときに似たような心理的、身体的症状を発症する集団ヒステリーの異様なケースだという説もあった。

 ラミレスの遺体は解剖され調査されたが、有機リン酸エステルやその他の疑わしい薬剤の痕跡は見つからず、この大騒ぎの原因はやはりはっきりしなかった。


The Bizarre Toxic Death Of Gloria Ramirez

ありえなさそうな仮説が1つでたのみで、原因は不明のまま


 1997年、ある科学者グループがこの事件を見直し、可能性はないことはないが、とてもありえないような説を打ち出した。

 核兵器開発でその名を知られた、ローレンス・リバーモア国立研究所の研究者たちが、この不思議な状況を長く複雑な連鎖反応の結果と説明した。

 ラミレスは、ガンの痛みを緩和するために、自家製のジメチルスルホキシドを使用していたのではないかという推測だ。これが、病院に運ばれたとき医師が施した人工呼吸器の酸素と反応して、ジメチルスルホンを形成したというのだ。

 この化学物質は室温によって結晶化することが知られている。これが、採取した血液中に結晶が認められた理由だ。その後、除細動器の電気ショックによって、ジメチルスルホンが再び化学変化を起
こし、有毒な腐食性ガスである硫酸ジメチルが発生したという説だ。

 ありえないような複雑な仮説だが、そのほかの説はほとんど出てきていない。

 事件から27年が経過したが、この事件は未解決のままだ。果たしてこの謎が解き明かされる日はくるのだろうか?謎が謎のまま闇に葬られていくのだろうか?

References:Death of Gloria Ramirez / The Death Of "The Toxic Lady" Remains An Unsolved Medical Case / written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
未解決怪奇事件。ドイツの法律事務所で起きたポルターガイスト現象の謎


おびただしい数の人骨が散らばるヒマラヤの湖、スケルトンレイクの謎


未解決ミステリー。蚊が全く存在しない村、ヒキガエルの神の加護なのか?


オーストラリア最大の未解決事件の捜査が再開。男性の遺体が掘り起こされる「タマム・シュッド事件」(1948年)


失踪ミステリー。忽然と姿を消した人が最後に残した意味深な言葉


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4181 points
怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)

2021年4月15日
904068122
2位
3816 points
個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

2021年4月13日
3位
3454 points
女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

女性の半数近くが「ハゲた男性をセクシーと感じる」と回答(アメリカとイギリスの合同調査)

2021年4月17日
4位
2009 points
孤児になった子ギツネが保護区へ。ある男性と出会った瞬間に深い絆を結び大親友となるまでの物語(イギリス)

孤児になった子ギツネが保護区へ。ある男性と出会った瞬間に深い絆を結び大親友となるまでの物語(イギリス)

2021年4月14日
1301848229
5位
1761 points
羊の犬化。母親から育児放棄された羊、飼い犬と一緒に育てたところ自分を犬だと思い込むように

羊の犬化。母親から育児放棄された羊、飼い犬と一緒に育てたところ自分を犬だと思い込むように

2021年4月12日
691669320
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 20:42
  • ID:oJ541a8Q0 #

これと似たような事件で女性がマラソン中体調不良で搬送されて治療中病院関係者が次々と倒れるという内容なんですがどなたかご存じないですか?
昔、世界まる見え!テレビ特捜部でやってました

2

2. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 20:48
  • ID:T0ZuqRN00 #

チフスのメアリーネタかと思ったら違ってた。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 21:28
  • ID:.PB4ovXl0 #

DMSOなんて研究室でジャバジャバ使ってたわ。
だいぶ皮膚吸収したと思うが別になんともない。ちょっと健康診断の結果が怪しいだけだ。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 21:35
  • ID:V.0AKTwv0 #

幼い頃から毒物を取り込んで耐性をつけつつ体内に溜め込んで、決戦の時に一気に放つ人なんだろう。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 22:18
  • ID:.rQOsjBx0 #

※4
毒手かな?

6

6. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 22:31
  • ID:hHzZuH1u0 #

なんだろうね?
青酸自殺だと救助者が被害を受けることもあるそうだが…やはりガスとか揮発する系だね。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 22:36
  • ID:oZaEoiEX0 #

激臭

8

8. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 22:43
  • ID:B8oUZzTD0 #

最臭兵器

9

9. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 23:40
  • ID:2QtSZGc30 #

ブッ○オフとかの狭い通路ですれ違うだけで鼻歪みそうな臭いする人いるよね

10

10. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 23:47
  • ID:Urvfv8B90 #

子供の頃、たぶん世界まる見えでみたのかな?
うっすらと覚えてた。いまだに解決されてないのね

11

11. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 23:55
  • ID:YGe10lXs0 #

>医師たちは、採取したラミレスの血液に白い結晶のようなものが現われていて、
>異様な状態であることに気がついた。
記事ではこの結晶の正体が書かれていませんね。
原因追求のなかで当然、病院が調べたと思うのですが。

農薬散布したり農薬まみれの果物を食べてる人、殺虫剤を使用しているお家の人は、
尿から微量のアルキルリン酸類が検出されること多いみたいです。
ただこれらが血液中で結晶化するほどの量を経口で体内に取り込めるとは想像できません。
注射で?
ご遺族が医療ミスを疑ったのも当然かも。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年03月31日 23:56
  • ID:dIi0nHQN0 #

グレイズ○ナトミーでこれが元になったようなお話の回があったような

13

13. 匿名処理班

  • 2021年04月01日 02:27
  • ID:qwJnU1AC0 #

語りえぬものについては、沈黙するしかない…

14

14. 匿名処理班

  • 2021年04月01日 02:33
  • ID:yjdFJ1930 #

周りが倒れるくらいの腐食性ガスなら患者の体に思いっきり証拠残りそうだけどなぁ
遺族が「スタッフや設備に問題があったのを隠してる」って思っちゃうのも無理はない

15

15.

  • 2021年04月01日 05:04
  • ID:Fnb.gDmX0 #
16

16.

  • 2021年04月01日 06:25
  • ID:0trApbcj0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2021年04月01日 07:49
  • ID:2gBNPLQ00 #

法医学者が飛びつきそうなネタなんだけどなぁ

18

18. 匿名処理班

  • 2021年04月01日 08:51
  • ID:IxoQtpAF0 #

まあ結局、亡くなっちゃってるし、薬品漏れとか医療ミスとかなら
たった一人の末期患者のせいにしとけば病院助かって従業員の給料も守れるもんね

19

19. 匿名処理班

  • 2021年04月01日 08:59
  • ID:U9M.9Jsw0 #

リンクのウィキペディアにある、違法薬物製造に関連する高毒性液体が点滴バッグに偽装されていたもの(病院スタッフに薬物製造にかかわる人物がいたと仮定)が、あやまって患者に使用されたのではという説もこわいですね。

20

20.

  • 2021年04月01日 10:32
  • ID:Sz4C7mz10 #
21

21.

  • 2021年04月01日 11:13
  • ID:LMQVNGY60 #
22

22. 匿名処理班

  • 2021年04月01日 16:02
  • ID:.spDTK0e0 #

知らない人が見たらサイバーテロかと思うような光景…

23

23.

  • 2021年04月01日 16:05
  • ID:8e7NH7Yk0 #
24

24.

  • 2021年04月02日 15:22
  • ID:yPB6tAdS0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2021年04月02日 22:15
  • ID:Q6SV823l0 #

世の中には摩訶不思議な事が多数存在する
これもその一つやろね

26

26. 匿名処理班

  • 2021年04月03日 01:22
  • ID:zX9hO.MD0 #

似たような事例症例が他にも報告なかったんだろうか

27

27. 匿名処理班

  • 2021年04月03日 13:26
  • ID:Q7SjdiQW0 #

>>10
俺はXファイルの無敵兵士思い出した。もしかしたらこれが元ネタ…?

28

28. 匿名処理班

  • 2021年04月03日 19:20
  • ID:epInd6D.0 #

最近の記事で「ヒト」も毒を作ることができる遺伝子を持っている
みたいなことが書いてあった
正直、自由に毒が出せる(止められる)といいなあって思う
いじめも(出来)なくなるしね

29

29. 匿名処理班

  • 2021年04月06日 04:38
  • ID:5kDpnbV40 #

※27
序盤のハイブリッド(緑色の血液から毒ガスを放つ)はこの人の事例を参考にしたとクリス・カーターが言ってましたね

30

30. 匿名処理班

  • 2021年04月06日 23:25
  • ID:aw8ubUno0 #

ジメチルスルホンから硫酸ジメチルは流石に無理があるし、硫酸ジメチルは揮発性がそこまで高くないので出来たとしても体内から流出することはないでしょう

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク