doingbad1_640

 通常野生の生き物たちを、家で飼育することは勧められない。野生動物はペットとして飼いならされてきた生き物たちとは全く違うわけだし、そもそも彼らの飼育は違法であることも多い。

 だが時として一時的に保護したり、ケガや病気の手当が必要だったりなどの理由で、専門の資格を持ったプロのおうちに彼らが引き取られるケースがある。

 野生での生活と同じ環境を用意できるわけでもなく、その専門家たちにも日々の暮らしがあるわけで…。今日はそんなプロたちのお宅で、保護動物たちが引き起こすあれやこれやのやらかしシーンを見てみよう。

 生き物なので当然なのだが、彼らのやらかしにはトイレも含まれるわけなので、そこんとこはちょっと注意してみてくれると嬉しいな。
スポンサードリンク


Good Animals Doing Bad Things

 冷蔵庫や食糧庫を漁るのはお約束として…。
doingbad2_640

 食洗器も彼らにとってはお気に入りの場所みたい。食べ物のニオイがするからかな? それとも狭苦しい感じが魅力なのかな?

doingbad4_640

 トイレの始末が、野生動物のお世話の中では一番大変なのかもしれない…。
doingbad5_640

 そして本能の赴くままに、齧る! 散らかす! 穴を開ける!
doingbad6_640

 ペットとして飼いならされてきた動物たちとは違って、野生の生き物、そして短い間しかいっしょにいない保護動物たちと暮らすのは、彼らとの付き合いに慣れている専門家たちにとっても、並大抵の苦労ではないようだ。

 ここにいる生き物たちは、ずっとこのおうちで暮らしていくわけではなくて、いつかは野生に帰ことが目標だ。その時が来るまで、ほどほどにやらかしながら元気に過ごしてほしいと思う。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい
「あれもこれもそれも全部、大事な材料なんだから!」保護ビーバーの子供、家の中にダムを建設中


ビーバーの赤ちゃんの自宅改造DIY「本能やし…」と家の中にダムを建設中


奇妙カワイイ!アルマジロがもふられて大喜びする姿に関する海外の反応


「そこ入ったらダメ!」「にゃんで?」猫だから仕方ないけど絶対あかん場所に侵入した現場の写真集


そんな使い方思いつかなかったよ!家具の用途に困惑しつつも使いこなしてみようとする動物たち



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    人気記事

    最新週間ランキング

    1位
    49031 points
    火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

    火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

    2021年2月20日
    2位
    7442 points
    助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

    助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

    2021年2月18日
    6886691360
    3位
    4261 points
    台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

    台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

    2021年2月21日
    4位
    3903 points
    80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

    80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

    2021年2月19日
    5位
    2642 points
    他者が睡眠中に見ている夢の中に介入し、リアルタイムで会話することに成功(国際研究)

    他者が睡眠中に見ている夢の中に介入し、リアルタイムで会話することに成功(国際研究)

    2021年2月21日
    7011881555
    もっと読む
    スポンサードリンク

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2021年01月28日 21:52
    • ID:gNU71MBk0 #

    そりゃ齧るよなビーバーなんだから

    2

    2. 匿名処理班

    • 2021年01月28日 22:15
    • ID:hBTb.iNR0 #

    トイレ系は大惨事なんだけど、けど…
    ビーバーやアルマジロが家の中にってうらやましい!

    3

    3. 匿名処理班

    • 2021年01月28日 22:18
    • ID:6sauMZ4y0 #

    同じ子なのかな?
    ビーバーのこっち向いたドヤ顔腹立つわー(笑)

    4

    4. 匿名処理班

    • 2021年01月28日 22:32
    • ID:H35FeT0s0 #

    プロとはいえ怪我もするし、野生動物の保護も大変だなぁ……
    特にビーバー、習性とは言えあちこち齧り過ぎw

    5

    5. 匿名処理班

    • 2021年01月28日 22:48
    • ID:aq5WmKRx0 #

    アルマジロが思いのほか活発だった。

    6

    6. 匿名処理班

    • 2021年01月28日 23:06
    • ID:c46zIOSr0 #

    クマーだけど、冷蔵庫だって開けちゃうんだぜ!
    姉さんの方は料理と製菓がお得意さ!

    7

    7. 匿名処理班

    • 2021年01月28日 23:17
    • ID:GsoYN9Cy0 #

    スカンクは勇気が要るな…

    8

    8. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 02:40
    • ID:oYJtH0ub0 #

    自分なら
    家庭内別居的に
    専用の飼育部屋に入れとかんと無理

    9

    9. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 05:40
    • ID:1puYFqV10 #

    スカンクと台所の取り合わせが恐ろしすぎるんだけど正気か

    10

    10. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 08:02
    • ID:LbPrz6ss0 #

    サムネが巨大ダンゴムシに見えてめっちゃキモイ

    11

    11. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 09:49
    • ID:vW0iS6Qb0 #

    アルマジロって虫感があるよね

    12

    12. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 10:49
    • ID:WNoSwyqr0 #

    野生だと病気も怖いなあ・・・

    13

    13. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 14:04
    • ID:gdcSRHGr0 #

    捨て猫の保護をしているけれど、食品庫は兎も角、特に後半は「そうそう、こうなるわよねぇ」の見慣れた光景が続々。
    猫の乳児は、やっと自分で排泄できるようになったら、気づくと私の髪の毛が柔らかいう〇ちに塗れていて一晩に2回洗髪したり、成長が進むと驚異的な脚力、瞬発力に牙と鋭い爪を備えた毛深い「魔の三歳児」が部屋中を駆け上り走り回るという日常が。半年くらいで落ち着いたなと思ったらまた次の乳幼児が、の繰り返し・・・ああ嬉しや。

    14

    14. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 22:22
    • ID:ypVqmzmm0 #

    >>12
    ちゃんと全部読みましたか?
    【プロ】って書いてある(保護した方でも適切な指導を受けているであろう文面)。素人が落ちてたから持って帰りました!的な文字はないよ!

    15

    15. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 22:29
    • ID:ypVqmzmm0 #

    >>13
    また次の乳幼児
    くれぐれも最悪のな多頭飼いになる前に去勢処置を!
    この件に関しては、自分は大丈夫はダメ!甘いです!
    無理ならせめて雄雌は別室に分けて下さい。

    16

    16. 匿名処理班

    • 2021年01月29日 22:53
    • ID:ypVqmzmm0 #

    >>13
    次の乳幼児って、、妊婦猫の保護専門家でしょうか?
    そうでかければ近親交配ですよね?
    文面的に。
    それは虐待にからないのでしょうか?
    近親交配での弊害はありますし。
    違っていましたら申し訳ありませんが。

    17

    17. 匿名処理班

    • 2021年02月01日 14:48
    • ID:zpm6YLPz0 #

    ※15 ※16
    まとめて返信。
    他党飼育崩壊にはなりません。すべて去勢避妊手術しています。
    次の乳幼児とは、捨て猫の乳幼児。
    手を離れたな、と思ったら野良猫が庭で生んだり、「人間」がうちの庭に捨てて行くこともしばしば。
    以前は食パンと一緒に小さな箱に詰めて封までして近くの丘に捨てていた輩がいたので、それに比べればまだうちに捨ててくれてよかったとは思うけれど。


    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク