5_e8
image by:capellaspace
 数ヶ月前人工衛星と地球観測のスタートアップ企業「Capella Space」が打ち上げた人工衛星「Capella 2」は、なんと建物の内部までリアルタイムで映し出すことができる透視能力が自慢だ。

 とは言ってもどんな建物でも透視できるわけではなく、高層ビルや住宅のような密度の高い建物は無理だ。しかし飛行機の格納庫のような軽量構造なら、その中にある飛行機を見つけ出すことができる。
スポンサードリンク

雲も夜もアルタイムで見通せる好感度センサー

 人工衛星「Capella 2」の真価は、夜だろうと雨だろうと地上をリアルタイムで見通す力にあるようだ。

 「世界の半分は夜で、さらに半分は平均するとくもりです」と、元NASAジェット推進研究所の技術者であるPayam Banazadeh CEOは語る。「それらを合わせれば、地球の75%は常にくもりか夜か、その両方です。普通の人はあまり気にしないかもしれませんが、それは移動もしています。」

 現在、地球を周回している人工衛星の大半は、光学的なセンサーを利用している。そのため地上が雲におおわれていれば雲しか見えないし、光に乏しい夜ならばきちんとした映像を撮ることができない。

 一方、Capellaは「合成開口レーダー(SAR)」を採用する。これはイルカやコウモリの反響定位のように機能する。9.65 GHzという強力な電磁波を照射し、跳ね返ってきたものを解析することで観察するのだ。

 「この周波数だと、雲はないも同然です。雲、湿気、霧、煙などを物ともせずに貫通します。また人も電波を放っているので、懐中電灯でも持っているかのように見えます。昼だろうと夜だろうとね」と、 Banazadeh CEOは説明する。
0_e16
image by:capellaspace

圧倒的な高解像度な観測画像

 もう1つ画期的なのは、Capellaのセンサーの解像度だ。現時点でSAR搭載するほかの人工衛星の画像は、ピクセルが1辺5メートルとかなり大雑把だが、Capellaのそれは50センチにまで向上している。宇宙から地上を見下ろしたときには、これが大きな違いとなる。

 実際にその画像を見てみれば、なんだかレントゲン写真を見ているような気分になってくる。それでも現在公開されている画像はCapellaの性能を最大限に発揮したものではないという。

 別に技術的に問題があるわけではなく、法律や輸出規制やライセンスなどの制約のためだ。だが現状の解像度を維持する限りは、世界のどこでも撮影し、顧客に提供できるという。
2_e18
image by:capellaspace

軍事施設の監視からサプライチェーンの確認まで応用はさまざま

 その撮影能力を駆使すれば、敵国が極秘裏に保有する飛行機を発見したり、雲におおわれた熱帯雨林の違法伐採を監視したりといったことができる。
4_e12
image by:capellaspace
 また世界のサプライチェーンを確認することだって可能だ。すでにあるグループがそうした使い方をしており、開放型のタンクに蓄えられた原油量や鉱山の採掘量を把握し、そうした情報からさまざまな商品の価格を判断しているのだそうだ。

 ほかにも、たとえば経時的なトンネルの沈み込みを測定しインフラの安全性を把握するなど、さまざまな応用が考えられる。

 ちなみにSAR自体は、NASAのアポロ計画当時に使われていたなど新しいものではない。しかし米国の企業がこの技術を提供するのは初で、一般の顧客が簡単に利用できるプラットフォームという意味では世界初であるとのことだ。

References:capellaspace / inputmag/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
新たなる透視技術。雲や霧で隠されてしまった物体を透視するクレアボヤンス・デバイス(米研究)

透明マントが現実味を帯びてきた。新たなる光学迷彩技術で簡単に身を隠すことができる素材が開発される(カナダ)

世界中どこにいても見える!人工衛星で空にメッセージを浮かべる「宇宙広告」を考案(ロシア)

探し物が見つからない!物体を透明にする方法が発見される(イスラエル研究)

宇宙空間で一触触発の事態。ロシアがアメリカのスパイ衛星を偵察か

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5485 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5047 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
4005 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2693711322
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 20:35
  • ID:HTOB48IT0 #

軍事衛星ではかなり昔からやってるよ

2

2. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 20:46
  • ID:rZ1YYRY90 #

すごいな。服の中が透けて見える技術ないかな。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 20:57
  • ID:Vl1m2OGl0 #

ちょっとだけ俺に使わせてほしい
空いてる旅館を探すだけだよ、うん

4

4. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 21:17
  • ID:K.lyWoRv0 #

民間にこの情報が降りてきたって事は
もう古い技術なんだろうな
さらに凄いのが出来てるんだろ

5

5. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 21:32
  • ID:xg5roWkX0 #

※3
大人のお風呂とか大人の動画撮影現場を見てるのですね

6

6. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 22:20
  • ID:BJf64w2Y0 #

こういうのは民間におりた時にまさかの変態進化や応用の発見・発明があったりして胸躍りますね(形の無い不安も)

7

7. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 22:27
  • ID:bLdT5KHb0 #

>>4
むしろ対策されて使い物にならなくなったとか。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 22:36
  • ID:t.2fp8FV0 #

※2
空港にそういうの有ったような

9

9. 匿名処理班

  • 2020年12月27日 23:12
  • ID:CLU.BUzn0 #

好感度って苦笑

10

10. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 03:11
  • ID:yhXl48b50 #

>>2
多分それできたとしても肉貫通して骨が見えるだけだと思う

11

11. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 06:18
  • ID:.6fB13cW0 #

米軍は既に使ってる 家の窓際に監視対象入ればそれも見える

12

12. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 10:27
  • ID:20Tr0eLE0 #

もしやと思ったらやっぱり「合成開口レーダー(SAR)」かよ!あれは「透視」じゃねぇよw「この周波数だと、雲はないも同然です。雲、湿気、霧、煙などを物ともせずに貫通します。」は正しいが、建物を投資する能力は無いからな?
ただし、ガレージや倉庫など、建物の一部が開いている建物なら、その開いた場所からレーダー波が進入し、反射波が帰ってくることがある。それを解析することによって「中に何があるか」ある程度わかるよ?ただし解析は、定規と電卓必須でやることになる、かなり熟練のいる作業となります。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 16:07
  • ID:20Tr0eLE0 #

>しかし米国の企業がこの技術を提供するのは初で、一般の顧客が簡単に利用できるプラットフォームという意味では世界初であるとのことだ。

ん?日本の「だいち」も既存のSARデータの販売はずっと前からしているし(「だいち2」はまだだっけ?)、ドイツのTerraSAR-Xとかは注文撮影・販売もやっていたと思うが?「米国の企業」が提供するのは「世界初」って意味?

14

14. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 16:58
  • ID:o812K1Hj0 #

バンカーバスターをぶち込むんやな

15

15. じょん・すみす

  • 2020年12月28日 17:19
  • ID:FqAdxQ6y0 #

なんだ赤外線じゃないのか、だまされた!

しかしレーダーだと金属板使えば、電波が反射されて
使えなくなりそうな気もするけど。
電波の影響を受けないように、頭にアルミホイルを巻く
みたいな事をすれば、透視できなくなるかもしれん。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 21:19
  • ID:jaOuDk8A0 #

>>13
「米国の企業がこの技術を提供するのは初」と書いてあるね
全世界初ではないわけだ

17

17. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 21:21
  • ID:jaOuDk8A0 #

滑走路?にある白いドットが人間を真上から見た画像

18

18. 匿名処理班

  • 2020年12月28日 23:58
  • ID:BMNxl9Ia0 #

頭頂部に視線を感じるようになったのはこのせいか!!

19

19. 匿名処理班

  • 2020年12月29日 00:32
  • ID:R698Z.090 #

SARって何十年も前からNASAが使用してなかった?

20

20. 匿名処理班

  • 2020年12月29日 01:24
  • ID:TJrwc.Q40 #

昔:神様はいつでもどこにいても見ているぞ!
今:監視衛星はいつでもどこにいても見ているぞ!

21

21. 匿名処理班

  • 2020年12月29日 09:19
  • ID:KemrT0yg0 #

雲も夜もアルタイムで見通せる""好感度センサー""

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク