30年以上極寒の地で一人暮らしをしていた女性
30年以上極寒の地で一人暮らしをしていた女性 image credit:Alexander Kuznetsov
 冬になるとマイナス50度にまで気温が下がり、クマやオオカミが生息するシベリアの奥地に、30年以上たった1人で生活している高齢女性(76)がいる。

 一家で僻地に移り住んだが、1988年までに家族は全員亡くなったため、女性は最後の生き残りとなっていた。以降30年以上独りで過ごしている

 このことがネットで話題になると、ロシアの大富豪が女性の健康を気遣い、山奥の極寒に耐えられる家を新しく提供することを発表。それは来年初めに完成し、女性のもとへ空輸される予定になっているという。『The Siberian Times』などが伝えている。
広告

シベリアの僻地にたった1人で住む隠遁者アガヤ・リコバさん

 76歳のアガヤ・リコバ(Agafia Lykova)さんは、30年以上にわたりロシアのシベリアにある僻地で、たった1人で住んでいる。

 アガヤさんの家族は、1936年にスターリンの宗教的迫害から逃れるため、シベリアの奥地に移り住んだ。
7_e0
 第二次世界大戦中も、一家は世間から遮断された状態で山奥でひっそりと暮らし続け、その存在は40年以上も当局に発見されることはなかった。

 しかし1978年、ソビエトの地質学者グループは空中から一家が暮らしていた小屋を偶然発見したことがきっかけで、一家の存在が明らかになった。

 当時、アガヤさんは父親と兄弟たちと一緒に小屋で暮らしていたが、間もなくして父と兄弟が死亡。死因については、病への免疫力の欠如が原因ではないかと言われている。

 それから30年余り、アガヤさんは山を出ることなく、自給自足で作物を育て、現代の快適さとはまるで無縁に、聖書の教えだけに従い、たった1人でひっそりと小屋で暮らし続けて来た。

 そんなアガヤさんが、メディアで注目される出来事が起こった。
3_e3

ロシアのSNSインフルエンサー、コロナ禍にアガヤさんを訪問

 アガヤさんは、最初に一家を発見した地質学者のグループにいた男性の息子ニコライ・セドフさん(56歳)によって、何かと気にかけられてきた。

 特に、マイナス50度にまで気温が下がる厳しい冬の間は、年老いてきたアガヤさんの健康状態が心配だ。

 家族を亡くしたアガヤさんを支援するために、セドフさん以外にもアガヤさんが住む地域の自然保護区の職員らが定期的にアガヤさんを訪問し、様子を伺っているという。

 彼らが一様に注意していることは、文明との接触が最小限の高齢のアガヤさんに現代の病気をうつさないようにすることだ。そのためロシア当局は、時折アガヤさんの健康チェックをし、必要時以外はそっとしておくように多大の努力を払ってきた。

 だが今年7月、コロナ禍の真っ最中に、ロシアのSNSインフルエンサー、アリーナ・シュマコヴァさん(41歳)が、安全対策を無視し、アガヤさんにハグすることを目的に、ヘリでチームとアガヤさんの住むシベリア奥地を訪問した。
 外部からの接触をほとんど持たず、現代の病の免疫力もない高齢のアガヤさんにとって、コロナ禍の外部者の訪問は脅威に他ならない。

 しかし、アリーナさんはマスク着用せずにアガヤさんにハグを試み、その様子がSNSでシェアされると多くの批判を受けた。

 アガヤさんが住む自然保護区のスポークスマンは、「彼らは法的要件を一切無視し、アガヤに脅威を与えた」とアリーナさんの行為を非難すると、アリーナさんは「アガヤは訪問を喜んでくれた」と主張。この1件が海外のメディアで大きく報じられ、アガヤさんの存在はより広く世間に知られるところとなった。
information_items_7818_e

ロシアの大富豪がアガヤさんに新居を提供

 アガヤさんは、おそらく今後も奥地から出ることなく、社会から断絶して生きていくことだろう。

 しかしこのほど、アガヤさんのことを知ったロシアの世界最大手アルミニウム会社会長デリー・パスカ氏が、極寒地の小屋で暮らすアガヤさんの健康状態を心配し、新居を提供することを発表した。

 コロナ防疫と保温が完備される予定のその新居は、一旦ロシア南部のアバカン市内で建設され、その後分割し18回にわたりアガヤさんの住むサヤン山脈の奥地へと空輸されることになるという。

 また、パスカ氏は厳しい冬を乗り越えられるよう援助金も支援したようだ。

 来年初めに新たな新居を手に入れるとされている隠遁者アガヤさんの暮らしぶりが、来年また注目されることになるかもしれない。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
50年間社会的距離を置き山小屋で1人暮らす男性が、自宅待機中で葛藤する人々におくる5つの暮らしのヒント

5日間で2か月分の雪が降った極寒の地、ロシア・ノリリスクの今

20年間無人島で裸で暮らす日本人男性を海外メディアが一斉報道

無人島で猫と共に16年間暮らした男、トム・ニールの物語

コロナ・パンデミックの中、ゴーストタウンと化した元鉱山の街に1人で住み続ける男性(アメリカ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 08:42
  • ID:MejGt6Zt0 #

インフルエンサーも何でこう阿呆なんだか…そっとしといてあげてほしい

2

2.

  • 2020年12月16日 08:44
  • ID:EQdhbt2G0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 08:47
  • ID:rP.Fq7qd0 #

苛政は虎よりも猛し
漢詩に出てくる隠者みたいな暮らししてるな

4

4. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 08:52
  • ID:y565Mt8e0 #

マイクラみたいな心境なんかな
長生きして欲しい

5

5. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 08:52
  • ID:qD23gYTR0 #

当人が、人波の中で生きたいと願っているならともかくさ、こういう方は基本、そっとしといたれと思うわ。(´・ω・`)

6

6. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 08:53
  • ID:KKEZTpGf0 #

修道女みたいな女性だ
41歳になって馬鹿を突き進む人とは全く対照的

7

7.

  • 2020年12月16日 08:57
  • ID:u6ZqS5EN0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 08:58
  • ID:O.J40KrJ0 #

アガヤさんは新居とか望んでいるのかなあ?
余計なことをしないでそっとしとけばいいのに。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:05
  • ID:ymEwLHHV0 #

遺跡を保護するようなイメージだね

10

10. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:13
  • ID:6NEH.YJD0 #

なんかそこまで行くと野暮だな
始まりはどうであれ今は好きでやってんだろ

11

11. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:17
  • ID:zzw9hluq0 #

アガーフィアの森のルイコフ一家の話かと思った

12

12.

  • 2020年12月16日 09:21
  • ID:O5L1yGsh0 #
13

13.

  • 2020年12月16日 09:26
  • ID:g.qOsk9o0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:26
  • ID:dqE1USf.0 #

利便性のいい暮らしをしたければ、自分から申し出るだろうに、余計なお世話なんじゃないの。ありがた迷惑。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:33
  • ID:sDkJUaUA0 #

本人の意思まるっと無視している気が…

16

16. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:40
  • ID:TAZOtaMz0 #

すごく愛にあふれた良い話だとは思うけど
記事の中ではアガヤさんがどう思い
どう生きたいと考えているのか分からないから微妙なところ

インフルエンサーの行動はもちろん問題あると思うけど
もしかしたらアガヤさんにとっては病気の危険を回避する事よりも
人と触れ合える事の方が何よりも嬉しい事なのかもしれないし
こういうのって難しい

アガヤさんが穏やかな余生を送れる事を祈ります

17

17. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:46
  • ID:EdtZ62To0 #

>自給自足で作物を育て、
現代の快適さとはまるで無縁に
聖書の教えだけに従い、
たった1人でひっそりと小屋で暮らし続けて来た。

こういう時、心の支えになる書物があるのは良いな

18

18.

  • 2020年12月16日 09:48
  • ID:ogjQfSJX0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 09:55
  • ID:O.gRHTF10 #

インフルエンサーって40も超えて本当に…
こういうSNSとか動画系の富豪は
金持ちになるためのプロセスをすっ飛ばして
大金だけ手に入れるので
振る舞いとか所作とか全くない救いようのない
金だけ持った害悪みたいな脅威になるね

20

20. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 10:25
  • ID:g.Om4r6Y0 #

何か若い
生活環境の力か

21

21. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 10:33
  • ID:LH0nFLRa0 #

正教の古儀式派かなぁ?社会主義化してからの迫害は物凄かったんだわ
日本にも亡命してきてたって話

22

22. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 10:34
  • ID:eVMBdJv80 #

一見するといいことのように見えるが、実際にはよくはないだろう。
これで”宣伝”して観光地化されたら迷惑この上ないし、父親と兄は免疫力の問題で亡くなったとなると、彼女にとっても、大勢の人が集めれば、都会で生きている人間にとっては平気な感染症でも致死的な効果な感染症にかかる可能性もある。
新居を贈ったとされる人間の自己満足という程度の話。
ネットでお年玉や何とかと金を配った人間と一緒。

23

23.

  • 2020年12月16日 10:36
  • ID:BNVpFi1K0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 10:51
  • ID:3uscSJZ90 #

宗教とは無縁の生活をしている私にはリアルに想像がつかないけど、信仰の力ってすごいね。

 インフルエンサーよりも同じ宗派の人との交流ができれば嬉しいんじゃないかなあ

25

25.

  • 2020年12月16日 10:57
  • ID:5w.xhd0p0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 11:09
  • ID:uYu9.y1p0 #

恵まれているとはどういう事なのか…あらためて考えさせられる記事でした。
良心と自己満足は表裏一体…などとも思ってしまいました。
だけど実際に現状を目の当りにしたら、何もせずに去ることも行動を起こすこともどちらも相当の勇気が必要そうです。

以前佐渡島の山奥をトレッキングしていたら、小さな畑で火を焚いているお婆さんに出会いました。
そのお婆さんに焼き立てのジャガイモをご馳走になっちゃいました。
皺くちゃな手でまだ熱いジャガイモの皮を剥き、塩をふりかけて私に「食えっちゃ」と差し出してくれました。とても美味しかったでした。
アガヤさん見てたらあのお婆さんを思い出しました。

27

27.

  • 2020年12月16日 11:13
  • ID:eq6tRhvR0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 11:20
  • ID:kaxT8Zrg0 #

さんまさんはイマルのことを
”生きてりゃまるもうけ”と名付けたそうだ。

29

29. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 11:30
  • ID:z9vP1rFD0 #

病院と歯科もない中よくここまで生きてて凄い。シベリアの寒さは半端ないだろうから、暖かい家はお節介ではなく親切で良いんじゃないかと思うよ。出来る限り病気もせずこれから穏やかに過ごせますように。

30

30. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 11:35
  • ID:Viw22M6o0 #

新居とやらが建っても住まなさそう

31

31. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 11:38
  • ID:EdtZ62To0 #

※21
チョコレートのモロゾフの創始者の人がそうだよね

32

32. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 11:54
  • ID:5w.xhd0p0 #

>>26
私はあなたがアリーナ・シュマコヴァを想起させるような人物でないことを願うばかりです

33

33. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 12:13
  • ID:pinhRW4L0 #

>>11
『アガーフィアの森』の本のモデルだと、他の情報にはあったよ。

34

34. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 13:03
  • ID:MYRtZJiq0 #

ホラー映画好きなもんで、こういう話を聞くと、「おばあちゃんのテリトリーに踏み込んだ富豪が、森の中を延々と逃げ回る羽目になる話」を想像してしまう。

35

35. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 13:27
  • ID:U5EqSjy80 #

※1
>アガヤさんの存在はより広く世間に知られるところとなった。
 → 援助金 、新居
アリーナさん「結果的にいいことしたったじゃろ?」

36

36. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 13:30
  • ID:AIbqf3gL0 #

※19
記事をよく読むんだ。
41歳のSNSインフルエンサーと富豪は別人だぞ

37

37. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 13:41
  • ID:Q.TH2ppl0 #

>>32
ぜんぜん違うだろ

38

38. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 13:48
  • ID:uYu9.y1p0 #

※32
そうですねぇ…
カラパイアさんの記事のコメントはすることがあるけれど、私は未だSNSの類は一度もやったことは無いですし、見知らぬ人にハグしませんね(^^;
ただ、状況によっては感動で高揚する感情を正しくセーブ出来るのかと自問自答すると…
どうなんでしょうかね…

39

39. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 14:50
  • ID:EQdhbt2G0 #

>>35
その前に、万が一では有るが感染させて殺す可能性も有っただろ?
そっとしておくべき

40

40. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 15:36
  • ID:.ZZ5PA9y0 #

日中は畑の世話と採取
夜は聖書を読み解き
口にするのは作物だけ
ある意味理想的な聖人像

41

41. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 15:43
  • ID:jk6gzqin0 #

※21
ユダヤ教でしょう。
顔も名前もユダヤ人だよ。
ソ連時代の彼らは厳しく規制されていて、いわゆる第4人種という扱い。
パスポートに分類が書かれていて、行動や職業が制限されていた。

42

42. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 17:31
  • ID:WLcR2oHi0 #

訪問者が来て喜んだならさみしく無い訳ではないんだろうけど
でも病気を持ち込む人が居なければ長生きするんだろうな…
どっちが良いのかは本人しか分からないな…

43

43. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 18:12
  • ID:WgMCnrKV0 #

40年以上誰にも見つからずの自給自足は日本じゃさすがに無理かな

44

44. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 18:58
  • ID:LBDzP.oC0 #

孤高とはこの人の為にある

45

45. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 19:16
  • ID:v0b1gAfL0 #

なおロシアは年金支給額引き下げによりこんな僻地に暮らしてた婆さんだけではなく同じように電気もガスもないソ連時代以下の生活してるのが山ほどいるんだよなあ

46

46. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 19:27
  • ID:X.b5kI8m0 #

シベリアの奥地と掛けましてくしゃみと解きます
その心は…へきちっ!ってか

47

47. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 19:34
  • ID:O.gRHTF10 #

※36
家を寄付した富豪じゃなくて
ヘリをチャーターしてチームを組めるほどの
金があるSNSのインフルエンサー=富豪だろ
通常資産家になるにはその過程で教養や
地位や財産に見合った振る舞いを学ぶが
こいつ等にはそれがないってことだよ

48

48. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 20:43
  • ID:1mEf9pnx0 #

>>33
あ、やっぱり?
名前が違うから別人なのかと思った

49

49. 匿名処理班

  • 2020年12月16日 20:48
  • ID:1mEf9pnx0 #

>>11
たった10コメでアガーフィアの森が出てくるとは…
カラパイア民恐るべし

50

50. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 01:47
  • ID:dkwVBaPo0 #

>>47
人は誰しも思い込みで行動するが、インフルエンサーはそれが極端に突き抜けてんだよな
訪問を喜んでくれていたと主張するのも個人の主観に基づいた思い込みからだし
通常の資産家は資産を構築していく過程で自らの財産は地球資源を加工するという形で人々が経済的活動に従事ている結果であると認識し、管理人としての責務を認識して行動するようになるんだけど、成金にはそれがないんだよね
常にハッピーな気分でいることだから騒々しいし

51

51. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 07:44
  • ID:eXzscs4S0 #

凄くね?
ディスカバリーチャンネルみたい
エドより凄いだろ30年サバイバルて

52

52. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 09:16
  • ID:vAjMuaRt0 #

インフルエンサーだけにインフルエンザを持ち込んでまったらどないすんねん。

53

53. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 15:45
  • ID:r19vEb1Q0 #

服きてるから買い物はいってるのかな

54

54. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 17:15
  • ID:Etm1mu.K0 #

不謹慎だが全ての画像が映画のワンシーンのようだね

55

55. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 17:16
  • ID:p.BvxFiV0 #

※28
さんまは日航機の事故で死ぬところだった
たまたま収録が早く終わって便を早めたから事故を免れた
たけしも危うく死にかけたけど何とか生き延びた
そういうのがあれば生きてるだけで幸せと思うよ
子供の名前に使うのは何だけど

56

56. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 17:21
  • ID:Etm1mu.K0 #

>>8
雨漏りしない屋根、すきま風がふかない壁、寒さを防げるぬくもり
は欲しいだろうが、新居ではなく今住んでる小屋の「体力的に自分では修理できない箇所」の修繕レベルのことしか望んでないんじゃないのかなぁ?とワイは思うわ

57

57. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 21:52
  • ID:QxDSgxda0 #

※53
昔の布を繋ぎ合わせた古着じゃないかな

58

58. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 22:03
  • ID:eGFxuDwM0 #

30年以上も一人で暮らしてると言葉とかだんだん忘れちゃわないのかな

59

59. 匿名処理班

  • 2020年12月17日 22:14
  • ID:pJBeLST40 #

※56
あと、体力的にご自身で集めるのはキツいだろう
薪を冬の間節約せずにガンガン焚いても
無くならないだけ毎年提供する位ですかね。

60

60. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 04:53
  • ID:sDTYCg1k0 #

※47
インフルエンサーは小金持ちではあるかもしれんが富豪とまでは行かないだろう。
そもそも富豪なら富豪と記事に書いてるはず。
チームで行ったのもヘリのチャーター代を割り勘で安くするためだろう。

61

61. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 15:17
  • ID:yuiA7wHf0 #

ロシア語には多分致命的な欠陥があると思う。
じゃなきゃこの国はもっと発展してる。
信仰を守る為に僻地へ移り住む事も、
本人の意思を無視して余計なお世話ばかりする事も、
本来の意味の自由とはかけ離れている。

62

62. 匿名処理班

  • 2020年12月18日 23:00
  • ID:zIdkZs9y0 #

※56
76歳にもなったら家族の思い出が詰まった家から離れるって
相当なことがないとやらないだろうしな
生活の積み重ねで出来た柱の傷一つない新居に入ったら
返って孤独感が増しそう

63

63. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 00:44
  • ID:W3iGrSze0 #

アガヤさんて表記してるけど、Agafiaて綴りだよ?アガフィアじゃないの?

64

64. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 01:14
  • ID:AHDcZHBB0 #

富豪の独りよがりが彼女の生活を変えてしまう事に気が付かないのだろうか?

65

65. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 07:42
  • ID:re1VWZMs0 #

たった1人で30年以上、生きてきた人に親切の押し売りって気がしんでもないけど、これしか知らない人に別の生活も教えてやりたいって気持ちもあるから選ばせてあげるのが最良なのかもしれないな。

66

66. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 12:20
  • ID:k6KsDz.20 #

76歳のアガヤさんは、スターリンの宗教的迫害から逃れ30年以上にわたりシベリアの僻地で、1人で住んでいる。
↑すごい!

コロナ禍中、ロシアのSNSインフルエンサー、アリーナ・シュマコヴァさん(41歳)が、安全対策を無視し、アガヤさんにハグすることを目的に、シベリア奥地を訪問した。
↑!?!??!?!?!!?!?!?????ww

67

67. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 14:53
  • ID:OLcAwTlv0 #

>>45
年金支給額は確かに問題になってるけど電気もガスもない生活してる人なんていないぞ…
ロシアは電気代もガス代もタダ同然
まことしやかに嘘つくなよ

68

68. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 14:55
  • ID:OLcAwTlv0 #

>>61
何言ってんのこの人

69

69. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 14:57
  • ID:OLcAwTlv0 #

>>41
名前はともかく顔でユダヤ人とか分かんないよ何ナチスみたいなこと言ってんの
それにこの人の名前は普通にロシア人の名前だよ

70

70. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 15:39
  • ID:IfFpFFGu0 #

>>10
この方、確かここへ住む以前の記憶がないそうで。
ご親戚から一緒に暮らそうと誘われても、今さら見知らぬ世界へ出ていくデメリットの方が勝って転居しなかったそうです。
これからどんどん体もきかなくなるし、富豪が後見して衣食住の面倒みるならこのケースでは最善策では?

71

71. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 18:26
  • ID:nQ3unlRE0 #

>>17
聖書の勉強中ですが以外と人道的たものではないと感じております。

72

72. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 18:34
  • ID:nQ3unlRE0 #

>>67
いますよ。
沢山のストリートチルドレンがね。まずは、そちらをどうにかすべき。

73

73. 匿名処理班

  • 2020年12月19日 18:47
  • ID:nQ3unlRE0 #

それってCOVID19が、まだ終息してもいないのに僻地に建設に携わる人間が入るってことで、高齢者にはリスキーなのでは?
ここぞとばかりに売名しているようにしかかんがえられないな。
しかも聖書系の信仰を持つ人を解ってない。
自ら進んで、そういう生活を望んだなら、そこを尊重してあげるべきと思う。

74

74. 匿名処理班

  • 2020年12月20日 01:19
  • ID:UuZ1xpof0 #

>>72
いませんよ
ストリートチルドレンも
いるとしたら不法入国者だよ

75

75. 匿名処理班

  • 2020年12月20日 12:10
  • ID:Zo.0hOIr0 #

>>48
33とは別人ですが…
彼女の名前は原語だとアガーフィヤ・ルィーコヴァみたいな読み方になるはずで、ロシア人の名字は男女で語尾の形が変わるので、家族の呼び方としてはルィーコフ一家で正しいです

76

76. 匿名処理班

  • 2020年12月21日 00:37
  • ID:bL8os.xn0 #

>>72
てかなんでいきなりストリートチルドレンの話になってるんや?
支離滅裂やんけ

77

77. 匿名処理班

  • 2020年12月21日 00:49
  • ID:xZde.QBd0 #

この人の親御さんが移住したの84年前だからこの人自身に選択権はない。大人になったところで家を出るにもここまでの僻地に住んでたら常識も教育も何もかもハードルが高すぎただろうし…
コロナ騒ぎがなかったらインフルエンサーの行動も美談になったと思うし、政策方針によって暮らしが脅かされること、その影響は世代が変わっても埋まらないことの啓発にもなっただろう。
影響力と行動力ある人はそれを自覚してTPOをわきまえてほしいよなー

78

78. 匿名処理班

  • 2020年12月21日 16:18
  • ID:xMg.umui0 #

※11 「アガーフィアの森」で合ってます。この本は今手元にあります。存命とは知りませんでした。
※41 ユダヤ教ではありません。ロシア正教の中でも分離派と呼ばれる宗派でした。

この環境で生き延びてきたことから この一家の知能は決して低くはない。アガーフィアさんは陽気で会話も巧みだということです。1978年に発見された後 世間にもみくちゃにされたので元の生活を選んだそうです。そっとしておいてほしい。

79

79. 匿名処理班

  • 2020年12月25日 13:19
  • ID:9xJYGvkJ0 #

※22
シベリアの僻地が観光地化することなんてなかろうて。

80

80. 匿名処理班

  • 2020年12月25日 13:24
  • ID:9xJYGvkJ0 #

※64
彼女に選択権があるならいいんじゃないの?彼女は慎ましく質素に生きようとしてる筈!なんてのは俺らの思い込みかもしれんしな。

81

81. 匿名処理班

  • 2021年01月07日 09:29
  • ID:vgcoFbv30 #

>>69
ユダヤ人の血の濃い方々は、顔を見たらユダヤ系だって分かるよ。
差別とかじゃなくて、単に特徴の話で。(同じアジア系でも日本人・韓国人・中国人の違いが何となく分かるのと同じレベル)

82

82. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 12:52
  • ID:yMNpq3wC0 #

すごい話だ
でも新しい家あったかすぎて外出た時具合悪くならないか心配

83

83. 匿名処理班

  • 2021年01月10日 15:59
  • ID:6y5x5SCp0 #

※81
ユダヤ人である、スタローン、ビリー・ジョエル、
ポール・スタンレー(キッスのメンバー)はとても顔が似ているね

84

84. 匿名処理班

  • 2021年07月23日 16:05
  • ID:SA0gMPnY0 #

宣伝道具に使われてるようにしか見えん

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING