飼い猫が野良猫を家族にスカウト
飼い猫が野良猫を家族にスカウト image credit:la_riek/Instagram
 野良猫が人間に助けを求めて、永遠の家を手に入れるという話は何度かカラパイアでも紹介したが、今回のケースは、飼い猫が野良猫と仲良くなって家族に招き入れるという話だ。

 NNN(ねこねこネットワーク)の暗躍があったかどうかはわからないが、元々は辛い野良生活を送っていたその飼い猫は、野良の子猫を放っておけなかったのかもしれない。

 いつのまにか2匹は強い絆を育み、飼い猫のサポートもあって、子猫は徐々に飼い主に心を開き、永遠の家族を手に入れることができたようだ。
広告

ギリシャからやってきて、オランダ農家で暮らす3匹の保護猫

 オランダで家族と農家に住むクラリークさんには、ジャック、ルイ、スタブロスという3匹の飼い猫がいる。

 3匹とも1年ほど前にギリシャから養子縁組をして引き取った猫たちだ。
 特にスタブロスは、ギリシャでは路上生活をしており、保護された時には健康状態も良くなかったという。
 縁あってオランダまでやって来た3匹の猫たちをとても可愛がっているクラリークさんは、夫と話し合い、「3匹いれば十分だから猫を飼うのはもう止めよう」と言っていた。

突然庭に現れた子猫に目をかけるスタブロス

 しかし、先月になって1匹の子猫が自宅庭に姿を見せるようになった。

 その痩せている子猫をこれまで見たことがなかったクラリークさんは、家猫なのか野良猫なのかわからなかった。ただ、人間には強い警戒心をもっていて、近づいてくるようなことはなかった。

 そんな子猫を放っておけなかったのがスタブロスである。子猫はスタブロスにだけは心を開いていった。

 もしかしたら本当は誰かに頼りたかったのかもしれない。スタブロスはそれにいち早く気づいたのかもしれない。
 ある日2匹が一緒にいるところを見たクラリークさんは「まるで親子か親友のよう」と思ったという。

 自宅庭に入り込んでくる子猫を、スタブロスはやさしく見守った。子猫の安全を常に確認し、子猫が遊んでいる間、スタブロスは我が子のように見守る姿勢も見せた。

2匹は深い絆を育んでいく

 庭の物置で、スタブロスと野良の子猫は一緒に過ごす時間が増えた。

 子猫は、スタブロスにはすっかり心を許したようで、いつも2匹は寄り添っていたが、人間の姿を見ると逃げ出してしまう。

 そんなある日、台所でクラリークさんが3匹の飼い猫に餌をやると、スタブロスは食べようとしなかった。

 お腹がすいていなかったわけではない。しばらくしてスタブロスの様子を確認すると、子猫に自分の餌を食べさせていたのだ。
 それならばと、クラリークさんは子猫のために別のボウルを用意して餌をあげてみたが、クラリークさんの姿を見ると子猫は逃げて行ってしまう。
スタブロスは、子猫が自分の餌を食べてもまるで気にしている様子はありませんでした。きっと、自分もギリシャで野良猫として暮らしていたので、空腹がどれほど辛いものかを知っているのでしょう。スタブロスは、子猫が心ゆくまで餌を食べるのを見守っていました。

子猫も、人間には警戒心をもっていますが、きっと空腹に耐えられず台所まで来てしまったのでしょう。(クラリークさん)

子猫、クラリークさんの家族の1員になる

 家族が、子猫とスタブロスの間に強い絆が育まれていることに気付くのに、そう時間はかからなかった。

 3匹以上猫は飼わないと決めていた一家だったが、結局その子猫を4匹目として家族に迎え入れることにし、チャーリーと名付けた。
最初の頃は、2匹はほとんど物置で一緒に過ごしていました。飼うようになったとはいえ、チャーリーは人間にはまだまだ人見知りが激しかったのですが、数週間後にはスタブロスに促されてやっと家に入るようになり、私たちに撫でたり抱っこさせてくれたりもするようになりました。

チャーリーは、トイレ用トレイの使い方も知らなかったのですが、スタブロスが教えたのでしょう。数日中には家の中の全てのもの慣れるようになりました。(クラリークさん)
 チャーリーは、どこへ行くのもスタブロスの後を付いて回り、そんなチャーリーをスタブロスは時に親のように、時に親友のように見守り、世話を焼いているそうだ。

 チャーリーを獣医院へ連れて行き、必要な検査や治療を施したが、幸いチャーリーは健康状態がとてもいい状態だったようだ。
 今もちょっぴり人間にはシャイなチャーリーは、クラリークさん宅の2階で1日のほとんどを過ごすそうだが、どこへ行くにも傍にはもちろんスタブロスの姿がある。
 永遠の家と親友を手に入れることができたチャーリーは、もう食べ物や避難場所を心配する必要もなくなった。今は、クラリークさんのもとでVIP生活を満喫中ということだ。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
散歩中に出会ったぼっちの子猫、保護したところ飼い猫と離れられない仲となり家族の一員となる(ウクライナ)

NNNの暗躍か?人間に助けを求めて近づいてきた子猫、永遠の家を手に入れる(アメリカ)

生涯のほとんどを路上で過ごしてきた老猫。保護された後、孤児となった子猫の救世主となる(アメリカ)

一匹の飼い犬と、運命の出会いをした野良の子猫。仲良しの2匹を見た飼い主が出した決断が優しかった(イタリア)

保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫。犬と子猫が特別な絆を結ぶ(イスラエル)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 12:00
  • ID:TUAF6SLV0 #

もうタイトルだけで泣けるようにカラパイアに調教された

2

2. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 12:23
  • ID:2qLEME7m0 #

NNN コネコ ノ オクリコミ ニ セイコウ シタ ツギ ノ ジュンビ ハ イイカ

3

3. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 12:38
  • ID:jdguztOe0 #

最後の写真いいなあ
涙が出てくるわ

4

4. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 13:03
  • ID:ddlVPB260 #

チャーリー、よかったねえ
スタブロス、GJ

5

5. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 13:12
  • ID:bK6i5irM0 #

永遠の家 永遠の家 永遠の家 永遠の家 永遠の家 

6

6. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 13:18
  • ID:naqw4v6M0 #

やっぱり可愛い子猫は植木鉢から勝手に生えてくるんだな
これで確証が持てたわ

7

7. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 13:56
  • ID:6dWRfCQo0 #

一度家に招き入れたらもう手遅れ……つまり吸血鬼は猫だった!!

8

8. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 15:07
  • ID:2tpyWXuN0 #

農家なら猫にも役割があるし、4匹いれば400%

9

9. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 15:17
  • ID:yqPweAK.0 #

最後の寄り添ってる姿がとても良い
チャーリーの健康状態は良かったとあるけど、悪くなる前に元野良のスタブロスが手助けしたのだと思うと涙腺が……

10

10. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 16:44
  • ID:w.BI1.ej0 #

うん、最後の写真、最高ですね...

11

11. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 17:24
  • ID:tZk6jE8G0 #

※10
言葉は要らないぐらい伝わってくる(*´ェ`*)

12

12. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 18:46
  • ID:RAfLtIDC0 #

家のピー(♂猫)もオスメスの(多分)兄弟連れてきた。キレイで生後1年以上経ってる様に見えたのでどっかの飼い猫だったのかなー。1年ぐらい家にいたけどある日フラッと帰ってこなくなった。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 19:55
  • ID:pmVPbeTn0 #

最後の写真まじで良い
絵画みたいだ

14

14. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 20:53
  • ID:lXjHweLs0 #

そ、そうなんだけど、やっぱり鼻チューとか、顔ナメとかは
できなくなっちゃうよね。(涙)
※12 避妊・去勢しなかったからでは?

15

15. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 22:03
  • ID:wgMe9uHZ0 #

猫に優しい人は大好きだ
ご家族に幸あれ

16

16. 匿名処理班

  • 2020年09月17日 02:04
  • ID:T878oPSh0 #

スタブロス
でかした!!
お前は最高のNNNニャ―ジェントだ!!

17

17. 匿名処理班

  • 2020年09月17日 07:01
  • ID:UssTZ1lT0 #

※14  あ、農家における猫さんのお仕事についてです。(自己レス)

18

18. 匿名処理班

  • 2020年09月17日 12:19
  • ID:xd8lsjf.0 #

4匹も!大変なのに本当にありがとうございます!!!
この家族に幸あれ!

19

19. 匿名処理班

  • 2020年09月17日 14:53
  • ID:xEghQqwd0 #

優しい仲間と家族
良かったね

きになるのは、今日の朝に見た、胃のなかに石と砂の詰まった子猫
寄生虫や耳ダニがいなかった事から虐待されていたらしいとの事
虐待目的で譲渡を受ける人がいるとのことで唖然としました。
例え猫が嫌いでも人間として最低な行為です
ほかには駐車場に切断された猫の足や尻尾とか。理解出来ません。
怒りしかないです。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年09月18日 00:25
  • ID:77TEG7oa0 #

スタブロス「こちらスタブロス、次のNNNエージェントは私にしてください。ある種の恩返しです。オーバー」

21

21. 匿名処理班

  • 2020年09月18日 15:24
  • ID:wpF62NWw0 #

寄り添う写真とても良い

22

22. 匿名処理班

  • 2020年09月20日 21:45
  • ID:wE858WEt0 #

>>17
実家農家にも鼠や雀狩りの住み込みバイトしてる野良猫親子が2組いるよ。働くシングルマザーなんだ。
「私はペットじゃない。働いて自立してる」と言ってる。「でもこの子らは苦労してほしくないし、どこかの家に正社員として雇ってもらえれば」と子供たちに狩りを仕込みつつ里親探しに協力的だ。
子育てが終わったら避妊するよ。

23

23.

  • 2020年09月27日 01:39
  • ID:FaXyRE.r0 #
お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING