cover_e2
image credit:Wikimedia Commons

 火災発生時には、その身を犠牲にするリスクを負ってまでも人命救助に奔走する消防士たち。時代を問わず、彼らの活躍にはただただ敬意を表するばかりだが、19世紀、日本の江戸時代にも消防組織があり、当時「火消し」と呼ばれた消防士たちが活躍していた。

 彼らが着る消防服(半纏)には独自の美しいデザインが施されており、粋でいなせなものが多かったようだ。そんな日本の火消したちの衣装が海外サイトで話題となっていたので、見ていくことにしよう。
スポンサードリンク

火消し半纏の裏は派手かつ美しいデザインが施されていた


 江戸時代(1615〜1868年)の後期に活躍した「火消し」と呼ばれていた消防員たちは、一様にリバーシブルの特別な半纏を身に纏っていた。

 その半纏の裏には美しいデザインが描かれ、表にはどこの組のどういう役の火消しかが一目でわかるように所属団の名が描かれていた。

 刺し子技法と呼ばれるプロセスを使用して、キルティングされた綿の布を複数の層にして作られた半纏は、筒描き染めという染色方法で普段は見えない裏側に様々なデザインが施されていた。

 半纏の裏を美しくデザインするようになった理由は、江戸時代に贅沢な美しい着物を着ることを禁じられていたことに対する庶民の抵抗が始まりだったと言われている。

・盗賊とヒキガエル
1_e0
ヒキガエルが、盗賊に善行のために1度きりだけ使用できる魔法を教えたというシーンの描写
image credit:artic.edu

火災時には美しいデザイン側を裏返しにして消火活動


 江戸時代は、混雑した生活環境と木造建築が多かったことから、「火事と口論は江戸の花」と呼ばれるほど、頻繁に火災が発生していたという。

 そこで、武家の火消しや地域住民らボランティアによる町火消しが構成され、消火活動にあたった。

 当時は水の供給が限られており、火消しらは組同士で競い合って消火活動にあたったものの、その方法は火災が起こっている周りの建物や可燃物を破壊し、火事が広がるのを防ぐというものだった。

 火消したちは、極寒の中でも半纏一枚で現場に駆け付け、組が描かれている方を表にして完全に水を被ってから火の中へ飛び込んでいった。

 そんな彼らの活動は、勇敢さと大胆さそのものだったといえよう。それを象徴するかのような美しいデザインの半纏が19世紀には広く使用されていた。

・源頼光の物語をイメージ
cover_e2
碁盤の上に巨大なクモが巣をはるユニークなデザインの半纏は、ヒーロー戦士だった源頼光(948〜1021年)の物語(頼光が病を患っている時に、邪悪な僧侶に化けて襲ってきた土蜘蛛を退治する)をイメージして作られたもの。
image credit:Wikimedia Commons

・架空の盗賊「自来也(児雷也)」が巨大ヒキガエルに変身するシーンの描写
2_e
image credit:Wikimedia Commons

・版画や歌舞伎の有名シーンがデザインされたもの
3_e
image credit:Wikimedia Commons

・『水滸伝』の登場人物「張順」を描いたもの
4_e
中国の小説で四大奇書の1つ、『水滸伝』の登場人物「張順」は、勇敢さと大胆不敵さで有名だった
image credit:Wikimedia Commons

・武蔵坊弁慶と邪悪な鯉が戦うシーンを描写したもの
6_e
image credit:Wikimedia Commons

・鳥と木をモチーフにしたもの
7_e
image credit:Wikimedia Commons

・桃山時代の主人公、加藤清正を描いた冬の雪景色と虎を描いたもの
8_e
image credit:Wikimedia Commons

・火に立ち向かう若い戦士を描写したもの
9_e
image credit:Wikimedia Commons

・般若の顔、象、金壺など様々な絵が描かれたもの
10_e
image credit:Wikimedia Commons

・虎と竜をモチーフにしたもの
11_e
image credit:Wikimedia Commons

・竜のモチーフ
12_e
image credit:Wikimedia Commons

・19世紀後半に革で作られた半纏
15_e
背中部分には、幾何学模様の表意文字と白字で組織名が描かれている
image credit:brooklynmuseum.org

・竜と波をモチーフにした半纏の正面図と背面図
16_e
image credit:Wikimedia Commons

・竜と戦う戦士をモチーフにした半纏の正面図と背面図
17_e
image credit:Wikimedia Commons

References:publicdomainreview.orgなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
浮世絵職人が色づけした刺青をした飛脚・火消しの写真(江戸後期-明治)


もしも衣服に火がついたら?覚えていて損はない。消防士が教えてくれた3ステップの消火方法


まさに命がけ。屋根をチェーンソーで突き破り炎と戦う消防士(アメリカ)


火災現場に突入した消防士にリアルタイムで方向情報を送信できるヘルメットが開発される


本当にあった奇妙な出来事。消防士が現場で遭遇した5の超常現象


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
49031 points
火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

火事で燃える家の中に飛び込み子猫を救出した犬(ウクライナ)

2021年2月20日
2位
7442 points
助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

助けてくれた恩は一生忘れない。男性の傍に寄り添い続けて37年。深い愛情を示す白鳥の物語

2021年2月18日
6886691360
3位
4261 points
台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

台湾の国家機関による擬人化された疫病キャラクターが魅惑の悪役すぎると話題に

2021年2月21日
4位
3892 points
80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

80年代ポップスとヘヴィメタルに血圧低下とストレス軽減効果があることが判明(トルコ研究)

2021年2月19日
5位
2631 points
亡き叔父の遺骨をギターに変えた男性(アメリカ)

亡き叔父の遺骨をギターに変えた男性(アメリカ)

2021年2月15日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 18:36
  • ID:9ws7ampQ0 #

火消し(壊し屋)

2

2. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 18:42
  • ID:RmBrhHRC0 #

江戸の男はいなせだね

3

3. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 18:47
  • ID:48QiyQZo0 #

9番目のやつは般若じゃなくて鬼瓦かな?
判じ絵だと思うがわからないな…

4

4. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 18:53
  • ID:SjP0wGvh0 #

こんなに裏は派手だったんだね
めっちゃかっこいい
見えないところにこだわるおしゃれって本当粋だよなあ

5

5. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 18:57
  • ID:.m9jWq1G0 #

デザイン凄いなー
蜘蛛とか着た状態も見てみたい。

それより武蔵坊弁慶が鯉の化物と何してるのか
気になってしょうがないんですが!

6

6.

  • 2020年03月03日 18:57
  • ID:OZPCTzuk0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 18:58
  • ID:9jVvSxH00 #

ハンテンだけにリバーシブル

8

8. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:06
  • ID:RcTIODyL0 #

粋だねぇ!時代劇では地味と思ったら裏返してたんだ。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:10
  • ID:L4SCwxwH0 #

お七が惚れるわけだ

10

10. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:12
  • ID:YfeG7.JE0 #

東京オリンピックのボランティアユニフォームもこんな感じでやっちゃえば良かったんじゃと思う

11

11. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:21
  • ID:40eWpEcx0 #

どこをどう引けば家が倒れるか、どちらに倒すべきか
町と各家の構造をほぼ把握していたそうですよ

12

12. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:21
  • ID:RmBrhHRC0 #

>>7
審議

13

13. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:29
  • ID:ULo0ddEf0 #

戦国時代の兜といい、町火消の半纏といい、実用とは関係ないところの美意識の発露が素晴しいな。

14

14.

  • 2020年03月03日 19:49
  • ID:McJi7sqX0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:50
  • ID:.t7MFVRD0 #

やっぱどこか漫画チックだよね
そこがなんか嬉しくなる

16

16. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 19:58
  • ID:vxZRR1yu0 #

消化時は灰も火の粉も被るから地味な表着てて、
消化終わった後にさっとひっくり返して
粋な柄を見せながら颯爽と帰ると聞いたのだが、どちらが本当だ?

17

17. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:00
  • ID:nxWUI2Cu0 #

確か、火を消す時は表側を着て、消火した後は半纏を裏返して着て帰ったって聞いたことあるよ。
江戸の町のヒーローだったんだね。

18

18. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:17
  • ID:xJVGNhTH0 #

いなせって格好良く決まった髷のことだぞ
半纏をいなせって意味わかんねえよ

19

19. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:33
  • ID:V1mK460o0 #

「火事と口論は江戸の華」じゃなくて「火事と喧嘩は江戸の華」じゃないの?
今ではそう言うことになってるの?

20

20. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:34
  • ID:D6b3KKYo0 #

消防団の半纏も裏地を格好良くして操法大会&恥多き慰安旅行&飲み会をなくしたら組織率がアップすると思うわ

21

21. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:44
  • ID:d1gV.V6B0 #

こんなの初めて見たので感動した。

時代はだいぶ違うけど、今やってる大河ドラマの色鮮やかな衣装もなんか納得した。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:46
  • ID:G0gOKBB.0 #

なんか急にスカジャンが欲しくなった

23

23. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:51
  • ID:L4SCwxwH0 #

元祖スカジャン

24

24. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 20:53
  • ID:Atns7Y6O0 #

裏地が派手ってので、パンチ佐藤を思い出した
昔のヤンキーの学ランの裏地も派手だったなぁ…(昭和の終わり頃に中学生だったBBAです、すみません)
ちな火消しっていうと屋根に乗って纏振ってるイメージなんだけど、火事でテンション上がってお祭り騒ぎ状態で火消しという名の破壊行為をしてたのかなと想像すると、ただのDQ としか思えないᴡ

25

25. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:00
  • ID:AhjWWNmV0 #

※9
お七が惚れたのは寺のお小姓。現代で言ったらアイドル系の美少年だぞ。
火消しはガテン系のおにいさんって感じかな

26

26.

  • 2020年03月03日 21:01
  • ID:46554us20 #
27

27. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:21
  • ID:BYVk.C.V0 #

※3
魔除け・厄除け・火除けの鬼瓦にみえますね。それに象…は獏なのかな、他のはわからないけれどエンチャント増し増しですね。最後の写真の容貌に剣と履物みると鍾馗さま?もお強い加護があったことでしょう。表の「国輝」はもしや歌川国輝の初代か二代でしょうか。

28

28. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:24
  • ID:CXJ.Gywx0 #

>>1
大規模な放水技術も無いなら、先に燃えるものを無くすのは当たり前だよなぁ

29

29. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:26
  • ID:GR.szime0 #

19世紀後半に革で作られた半纏は、
アイヌ文様みたいでかっこいいね。
影響を受けてたりするんだろうか。

30

30. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:27
  • ID:CXJ.Gywx0 #

>>5
鬼若丸(弁慶の幼名)の鯉退治ってのが題材だってさ。
弁慶のスピンオフ?的な作品の逸話みたい

31

31. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:29
  • ID:CXJ.Gywx0 #

>>18
最初はそれであってるけど、次第に男っぽさとかの形容になったみたいよ……

32

32.

  • 2020年03月03日 21:31
  • ID:JOqj9f.c0 #
33

33. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:37
  • ID:oehR0Xfa0 #

>>24
銭指しとか商家に押し売りまがいの事したり、ムカついた家を真っ先に崩しちゃったりわざわざ喧嘩探して売りに行ったりと、何も持たない庶民には鯔背なヒーローでも資産階級にはそういう面の方が強かったかもね。

34

34. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 21:54
  • ID:AztEHgEO0 #

鳥と木のモチーフは「鳳凰と青桐」ですね

35

35. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:00
  • ID:Uzcn6hjB0 #

すんごい良いセンス!かっこいい!

36

36. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:01
  • ID:Eta91xrJ0 #

>>10
何月だと思ってんだ!

37

37. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:02
  • ID:BYVk.C.V0 #

※29
半纏、法被によく見かける意匠ですね
角文字(江戸文字)かな?

38

38. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:04
  • ID:Eta91xrJ0 #

>>19
頻繁
を表す喩えじゃないんだがなw

39

39. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:05
  • ID:L4SCwxwH0 #

※25
待ってました!私の脳みそが故障してましたw

40

40. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:28
  • ID:fixtIVx10 #

ファッションいなせ

41

41. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:41
  • ID:jwxH5Ei30 #

※11
うん、色んな意味でかっこいいよね。

42

42. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 22:47
  • ID:SRjv5RY20 #

>>18
本当はそうなんだが
結局カッコイイ奴がカッコイイ髷をしてるので次第にいなせがカッコイイの意味になってったんだよ
下町では活きがよくて男前な奴を指すイメージ

43

43. 匿名処理班

  • 2020年03月03日 23:16
  • ID:Tqury7jk0 #

粋に生きたいモノです。
伊達だって極めりゃ一端の道ですよ。

44

44. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 03:04
  • ID:asMewvtj0 #

江戸時代のスカジャンなのかな

45

45. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 03:15
  • ID:w70M6aj90 #

※34
花札の絵柄にもありますね。
十点札!

46

46. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 04:28
  • ID:U6HowkMp0 #

いきでいなせ?
のんのん

えけでえなせ
 これが江戸弁さあ

47

47. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 05:08
  • ID:asOOBFjw0 #

※24
漢字では鯔背と書いて魚のボラでググると分かるんだが、ボラの背びれは小さく薄っぺらくて端がギザギザになった正三角形で
現代でたとえるとモヒカン頭…

48

48. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 06:38
  • ID:tOvQGrft0 #

>>2
根付なんかももう素晴らしいんだよなぁ、見えないオシャレが凄い素敵。

49

49.

  • 2020年03月04日 07:15
  • ID:MJ2wM9Iw0 #
50

50.

  • 2020年03月04日 07:52
  • ID:dZZvgOnR0 #
51

51. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 07:54
  • ID:kxGzBRzI0 #

英語記事の翻訳なんだろうけど、ところどころおかしくないか?
すでに言及のある「般若」や「鳥と木」もそうだけど、他にも。
「幾何学模様の表意文字」は現代でも目にすることはある篆書体(てんしょたい)でしょう。

52

52. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 07:58
  • ID:dZZvgOnR0 #

>>43
背筋を伸ばして
真っ直ぐ前を見な

53

53. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 08:09
  • ID:YzRtXxSx0 #

これは素晴らしい
ぜひ大切になすって下さい

54

54. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 11:12
  • ID:m0F73zp70 #

弁慶といい清正といい昔は負け組がヒーロー視されていたんだな

55

55. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 11:29
  • ID:bNAe2AfV0 #

ああーーーッ!
この時代に萌え絵を残してみたい!
その時の周りの反応を見てみたいィィ!!

56

56. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 11:46
  • ID:aQmcGD.R0 #

裏地に派手な柄は火消しに限らない
男物は基本的に女物と違って表は地味だけど裏地で遊んでた

57

57. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 12:06
  • ID:4FhkZGhG0 #

これって、やってる事はアニメプリントのTシャツや痛車とあんまり変わらないんじゃないだろうか?

58

58. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 12:58
  • ID:scHCyXg00 #

※25
こしょうが無いから、唐辛子くすべといたんや

59

59. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 13:37
  • ID:fJnkMPl80 #

>>53
いい仕事してますねえ。

60

60. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 14:32
  • ID:knDeHUZs0 #

鯉と戦ってるの、弁慶じゃなくて牛若丸じゃ?と思ったらやっぱり牛若丸の鯉退治のお話があるみたいね

61

61. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 15:23
  • ID:BupOlaSl0 #

スカジャン、1980年代の長ラン裏地とか
刺繍文化凄まじいわ

62

62. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 16:47
  • ID:kJZIsm300 #

よくぞ世界大戦後の世界に残してくれた!って思う。
他の文化財もそうだけど戦火を逃れて文化財を残していくのは
並々ならぬ意志と行動力があったんだろうな。
先人に尊敬の念を抱きます。

63

63. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 18:38
  • ID:U6HowkMp0 #

※25
ちがうよ
火消しは江戸の一番超人気ですよ

当時の火消は今ならF1パイロットみたいなもんだ、って江戸学の先生が言ってました
(超目立ってカッコイイけど命がけって意味だと思う)

64

64. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 20:03
  • ID:mxt4Ivf70 #

※37
字体としては九畳篆っぽいですね。私の実家にも昔、こういう字体で名字を入れた法被用の布地が倉庫にありました。見つけたときには蒸れちゃってて仕立てられませんでしたが……

65

65.

  • 2020年03月04日 20:33
  • ID:5SDv1B950 #
66

66. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 20:53
  • ID:2gNQ6JoO0 #

※52
「あにさん」と呼ばせてください!

67

67. 匿名処理班

  • 2020年03月04日 21:10
  • ID:QIxBGA1L0 #

※19  日本語→英語→日本語に訳したら 喧嘩が口論になっちゃったのでは?
実際、江戸時代のいわゆる喧嘩祭りは毎度重症者と死者が出たから
次々と禁止されていったし、だからこそ、火事と並び称されたわけだからな。

68

68. 匿名処理班

  • 2020年03月05日 10:15
  • ID:ESc2Hemp0 #

漁師と鳶は、死んでも身元がわかるように全身に彫り物を入れていたというが、この半纏も、一部でも燃え残ってくれれば身元特定の助けになるから、という理由があったかも。土に半分埋もれて上側だけ焼けたとかいう事もあったろうし。
※19 古語としての「喧嘩」は、「いさかい」よりも「騒がしい」という意味の方が強いからかもな。

69

69. 匿名処理班

  • 2020年03月05日 12:59
  • ID:Mk4Z5tFw0 #

桐に鳳凰、さては博打付きだな?こういう派手な絵柄の花札あったらかっこいいな。

70

70. 匿名処理班

  • 2020年03月05日 18:44
  • ID:pUn54fch0 #

今の町村の消防団の半纏もこの位許してくれれば良いのに。

71

71. 匿名処理班

  • 2020年03月07日 11:31
  • ID:ZHGJva7y0 #

今半纏にしても売れますなあコレ、かっこいいわ

72

72. 匿名処理班

  • 2020年03月07日 11:43
  • ID:uONC.iZy0 #

>>54
清正は朝鮮出兵で虎退治したとかそういう創作ものが流行ったんだけど
桃山の主人公という解説はなんだか愉快な感じだ

73

73. 匿名処理班

  • 2020年03月10日 23:14
  • ID:lYOjyENp0 #

>火と戦う武士

多分、人魂かキツネ火では・・・

74

74. 匿名処理班

  • 2020年03月11日 21:13
  • ID:uugz2iR80 #

もしかしたら 刺青と同じ絵柄なんでは?

75

75. 匿名処理班

  • 2020年03月11日 21:22
  • ID:YR1jNDZ10 #

纏持ちの条件は背が高い事、色が白い事、鼻筋が通ってる事だったそうな
「役者のような良い男」じゃなきゃ男の中の男に資格がなかった

76

76. 匿名処理班

  • 2020年03月13日 08:16
  • ID:OfQPx7P50 #

たぶん寄り合いとかに着てった半纏なら持ってるわ。たぶん時代はずっと後のものだろうけど。それも表は組のデザインで、裏側は竜虎のド派手な柄物になってる。

破壊消火の時代なんで鳶職が主力。建物の構造ほぼ完璧に理解してるからな。
それが火事が起きると事前の協議に従って組に別れて火消しを行う。
江戸の鳶職なんてのは当時の粋の最先端な人達だからね。裏地を派手にするのは江戸の粋だよ。上方は違うだろうけど。

77

77. 匿名処理班

  • 2020年03月16日 14:53
  • ID:XbBZ1hxd0 #

囲碁の入ったデザイン多いのは詰所で指していたから名人が多かったのかな?

78

78.

  • 2020年03月21日 10:36
  • ID:yI2XjRNw0 #
79

79. 匿名処理班

  • 2020年03月21日 10:37
  • ID:yI2XjRNw0 #

>>55
きっと宇宙人みたいな扱い受ける

80

80. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 18:15
  • ID:VNdmXPRY0 #

普段は見せないってのが格好いい

81

81. 匿名処理班

  • 2020年03月30日 16:16
  • ID:udCeQJfu0 #

>>60
鬼若丸じゃなくて? 牛若丸のほうは聞いたことなかったわ

82

82. 匿名処理班

  • 2020年10月12日 00:55
  • ID:A6oam.GZ0 #

皮のハンテンいいね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク