2_e2
 誰もがSNSで情報発信できる時代だからこそ、瞬く間に世界中に広まっていく様々な情報。でも中にはフェイクなものも含まれている。

 人は信じたいものを肯定しちゃうし、願望が具現化されたものをウェルカムしちゃう習性があるので、フェイクと気が付かずにうっかり拡散しちゃう場合があるし、元々ある写真にもっともらしい嘘の理由が後付けされて拡散される。

 修正しても後の祭り。拡散速度が速すぎて修正が追い付かないのだ。以下ではフェイクでありながら一気に拡散され、多くの人が信じてしまった10の写真である。
スポンサードリンク

イエティは存在した!?

1_e3
 昨年、スペインのサイト「フォロコチェス」に投稿された、スペイン北東部のスキー場で撮影したとされる写真。
2_e2
 投稿主は写真2枚のほか、ユーチューブに動画も投稿し、「一体なんだ?」と問いかけている。しかしフォロコチェスはユーザーの投稿を主体とするサイトでフェイクがいくつもある。また雪の上の足跡にも注目すべきだ。

ロシア(旧ソ連)の精神病院の少女

2_e1
 1952年当時、ロシアの不気味な精神病院を撮影したというふれこみで拡散されていった写真である。超常現象の証拠として拡散されたものだ。しかし写真の本当の出処はドイツのパフォーマー、ピナ・ボシュの作品「青髭」である。少女は壁に向かって浮いているように見えるが、壁の穴によって体を支えている。

90センチのバッタを持つ男

3_e1
 動物を大きく見せた写真はSNSにあふれている。この男が片手に巨大なバッタをぶら下げた1枚もそうだ。本当にバッタがそこにいるのであれば、男のズボンや地面に影が映るはずだ。未加工の写真は1937年にコールズ・スタジオが著作権を持っていたものだった。

凍結したベネチアの運河

4_e1
 2014年2月に話題となった、寒波で凍りついたベネチアの風景とされた写真。「凍れるベネチア」と題されている。

 大勢の人々が信じたが、写真が投稿される前にベネチアが寒波に襲われたことはなかったし、ベネチアが凍りついたことも一度もない。

 作者はロバート・ジョンズというアーティストで、バイカル湖で撮影した写真をベネチアの写真と合成した。誤解を生み出したが、彼の意図は単にアーティスティックな作品を作ることで、騙す意図はなかった。

配達バッグに子供を入れた郵便局員

5_e0
 子供が郵便物として配達されていたのだろうか? 当時の様子を写した歴史的資料として拡散されたが、数あるジョーク写真の1枚である。

 だが実は当時幼い子供を郵便物として運んだという本物の記録はいくつか残されている。例えば、1914年に5歳の少女がアイダホ州グレーンジビルの両親の家から120キロ先の祖父母の家まで53セントで郵送されたという記録がある。そうしたサービスはやがて禁止された。

ジョン・F・ケネディとマリリン・モンローの抱擁

7_e0
 アメリカ人から最も愛される大統領ジョン・F・ケネディと当時最高のセックスシンボルだったマリリン・モンロー。

 彼女はJFKとロバート・ケネディ司法長官と関係があったとされ、それについて公表しようと記者会見を開こうとしていたらしい。そのマリリンとJFKが抱き合う姿とされる写真がネットに出回っていたが、これはフェイクであり、少なくとも写真に残された形でこのように抱き合ったことはない。写真はアリソン・ジャクソンというアーティストの作品である。

紫に染まったスコットランドのフェアリープール

8_e0
 非常に美しい写真であることは間違いないが、実際のフェアリープールでこんな風景は見られない。そもそもオリジナルはフェアリープールの写真ですらなく、ニュージーランドのショットオーバー川の風景だ。

 何者かがショットオーバー川を写した写真の色を加工し、それをフェアリープールのものとして公開。それが2013年後半に一気に拡散された。

G20でプーチン大統領を睨みつける他国の指導者たち

 2017年に開催されたG20ハンブルクサミットの一場面とされるもの。トランプ米大統領ら各国の指導者たちがプーチン露大統領を凝視している。

 まるでプーチン大統領が何を言い出すかと待っている部下のようだが、こんなことは起きていない。そもそもプーチン大統領はそこにいなかったのだ。彼の席は空席であり、指導者たちが見つめていたのはプーチン大統領の背後にいる人物だ。

我が子を救うために自らを犠牲にしたインパラの母

12_e0
 子供たちを守るため、自らをチーターに食わせたインパラの母親を写したとされる写真。撮影者の野生生物カメラマン、アリソン・バティジーグがこのすぐ後うつ病に陥ったというエピソード付きだ。

 そんなストーリーを誰が考えたのか知らないが、本当はチーターの母親がインパラで子供に狩りの仕方を教えている場面である。しかしチーターの子供はむしろインパラと遊びたがっているようで、それゆえにインパラはショックで身を固めているとバティジーグは推測している。

両親の墓の間で眠るシリアの孤児

11_e0
 シリア内戦の悲惨さについてはいくつものニュースが伝わっているが、この写真もそれを伝える1枚とされた。

 「シリア、両親の間での眠り」とキャプションが添えられた写真は一気に拡散されたが、実はアートプロジェクトである。

 撮影者は25歳のアブドゥル・アジズ・アロタイビで、写真の少年は彼の甥である。墓はただ石が積まれただけのもので、両親は眠っていない。本作品がフェイスブックに投稿されたとき、はっきりと創作と明示されていた。

via:Fake Viral Photos That Spread Faster Than Bacteria/ translated by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
嘘だったんかい!2015年、一気に拡散された25のフェイク写真


あれも嘘、これも嘘とな?うっかり拡散されてしまった15のフェイク画像


インターネットを駆け巡った13のフェイク画像(※一部画像注意)


あの写真は嘘だった。ネット上に広まった11の偽写真


むしろコラであって欲しい。10枚の写真に写りこんだ不気味なもの

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
41394 points
アライグマ、屋根に刺さる。あらゆる工具を使い救出に成功

アライグマ、屋根に刺さる。あらゆる工具を使い救出に成功

2021年5月13日
2位
2598 points
賢いボーダーコリー、フェンス越しから歩道にボールを投げて、通行人に投げ返してもらう遊びを覚えた

賢いボーダーコリー、フェンス越しから歩道にボールを投げて、通行人に投げ返してもらう遊びを覚えた

2021年5月15日
3位
1632 points
ネズミの大増殖を止めるため、猫1000匹以上が市内に放たれる(アメリカ・シカゴ)

ネズミの大増殖を止めるため、猫1000匹以上が市内に放たれる(アメリカ・シカゴ)

2021年5月15日
4位
1470 points
地中海の海底で発見された謎めいた巨大生物の骨

地中海の海底で発見された謎めいた巨大生物の骨

2021年5月10日
2321174658
5位
1355 points
ハチワレ猫「よし、遊び方は把握した!夜が来るのが待ち切れニャい」と、弟の寝ている間にオモチャを満喫する

ハチワレ猫「よし、遊び方は把握した!夜が来るのが待ち切れニャい」と、弟の寝ている間にオモチャを満喫する

2021年5月10日
721254227
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1.

  • 2017年09月15日 20:35
  • ID:7YYb2N910 #
2

2. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 20:44
  • ID:r18NcMGY0 #

上記の写真では自分は騙されてないから分からんのだが
アメリカが着々と研究開発してるSTAP騒動にしても、ドイツの首相が騙された難民写真にしてもさ、
感情的やヒステリックな人達が一番害悪なんじゃないかなとふと思った。

3

3.

  • 2017年09月15日 20:58
  • ID:Qc6NlFn30 #
4

4. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:00
  • ID:Qc6NlFn30 #

「民衆は真実を知りたいんじゃない、知りたいことを知りたいんだ。」
           パウル・ヨーゼフ・ゲッベルス

5

5. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:02
  • ID:KJOGlnJW0 #

真実を語っても信じてもらえない
証拠写真が存在しても、偶然映った映像でも加工扱い
フェイクが増えると、真実が有耶無耶になってしまう

6

6. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:24
  • ID:SQe5WMaq0 #

プーチンの写真が無いよ!

ベネチアのはリアルタイムで見てたなぁ

7

7. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:26
  • ID:4IatdvZY0 #

初見の写真もいくつかあるが見覚えある写真も多いや。
全部嘘だったとはなぁ、すっかり鵜呑みにしてた。

とか思って読んでいてふと気づいたが、"この記事"の事も完全に鵜呑みにしててちっとも疑っていなかった…
たまには鵜呑みにせずちょっと疑ってみるかな…

本当に全部フェイクなの?本当に嘘?本当は本当だったりするんじゃないの?

8

8. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:31
  • ID:NRUYD7hk0 #

シリアの孤児のやつはフェイクでよかったと心から思った!!

9

9. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:41
  • ID:7iKp8IWX0 #

帝国の逆襲でマークハミルボコってたヤツかな?

10

10. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 21:54
  • ID:MqDlOrbh0 #

湾岸戦争の時の「油まみれの海鳥の写真」
邪悪なフセインの環境テロだと報道されてた
写真じゃなくて動画だったかな
子供心に信じて真に受けてた

11

11. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 22:19
  • ID:8P0kzzsJ0 #

インパラに関しては真相すら推察なんですがそれは

12

12. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 23:03
  • ID:CU7GxM5Q0 #

>嘘だ気が付いてと修正しても後の祭り。

「嘘だ気が付いて」では方言のようですし、「と」の位置がおかしいです。

嘘だ「と」気がついて
嘘「と」気がついて

このように修正すべきではありませんか。

13

13. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 23:10
  • ID:2Qxhdo4Y0 #

♪たとえくり返し何故と尋ねても 振り払え風のようにあざやかに
♪人はみな 望む答だけを聞けるまで尋ね続けてしまうものだから

14

14. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 23:15
  • ID:l3x8ZhsT0 #

「ハゲワシと少女」みたいに匿名の勝手な憶測が真実として語られる時代だから怖いね。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年09月15日 23:56
  • ID:QKJ9TXfz0 #

『精神病院の少女』
コンテンポラリーダンスのピナ・バウシュとヴッパタール舞踊団かな

16

16. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 00:25
  • ID:qsTcqDVA0 #

巨大バッタのやつFAKE写真関連で出てくることが多いけど、ハンターと風景の部分と、バッタ部分で画質が余りにも違いすぎて、むしろ騙される人がいる方が不思議

元写真はウサギの後肢か耳を掴んでぶら下げてるとか何だろうなぁ、という根拠の特にない勘

17

17.

  • 2017年09月16日 01:13
  • ID:aVtljnha0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 01:45
  • ID:csX6r1790 #

本人たちがアートや偽物だって明記してたのに、
その尾ひれを外して媒介しちゃう人って、かなり重罪よね。
結局、騙された人達の怒りが本人に行ってしまう。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 04:07
  • ID:zIHxXBs80 #

権威あるものでも平気で捏造を行うので何を信じていいか判断に困るが、
証拠もなしに何でもかんでも創作認定する輩はもっと困る。

自分一人が信じるだけなら構わないが、根拠もなく他人に真偽を押し付けるのはやめてもらいたいものだ。

20

20.

  • 2017年09月16日 06:26
  • ID:mmjZC0lc0 #
21

21.

  • 2017年09月16日 07:00
  • ID:VAZ6EdQ.0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 07:19
  • ID:U9ATMNbU0 #

テガミバチが実話だったとは…

23

23. 匿名処理班

  • 2017年09月16日 15:02
  • ID:1KLygR4l0 #

紫の木々の写真は着色じゃ無くて紫外線に対する感度を上げた写真の様な。
紫外線像では元気な植物は葉が紫に見えるので、
広い範囲の植物の活力(健康状態)を観察する事が出来ます。
水辺にうっすらと紫色が見えてるのも、恐らく苔の類。
(単に画像のRGB比をいじっただけかもしれませんけど)

24

24. 全温度チアー

  • 2017年09月16日 17:08
  • ID:w1ggeddI0 #

フェイクであることも込みで、写真の奥深さがよくわかる記事である。

25

25. 匿名処理班

  • 2017年09月17日 09:12
  • ID:qpIbQCAq0 #

ベネチアの水はこんな透明度高くないから見たときに違和感あったわ

26

26. 匿名処理班

  • 2017年09月17日 09:28
  • ID:XMH3X9590 #

インパラの話はフェイクでも真実でも辛い。
この写真はちょっと勘弁だなぁ。チーター達だって生きる為にやってる事だろうけど、死ぬと分かった状態でショックで立ち尽くすインパラだなんて・・・

27

27. 匿名処理班

  • 2017年09月17日 11:50
  • ID:RqL7kXxL0 #

写真はジョークだけど実はガチで子供を郵送していたってのが一番すごい。
どこに切手貼ってたんだろう?

28

28. 匿名処理班

  • 2017年09月17日 16:37
  • ID:bCouRdv00 #

※2
テレビ報道で信じ込んじゃう人が多いからでしょ
ネットでも騙される人は多いけど、写真を解析したりねつ造を見抜いたり分かり易く解説しやすいのもネットだから、あとからおかしいと指摘されることも少なくない
マスコミ報道は裏付け確認が大変なんだよね

29

29. 匿名処理班

  • 2017年09月18日 11:10
  • ID:nfoO178K0 #

※26 そうなんだよ、猫科は。。。少し傷つけた、全力で逃げられない動物を使って、母親は狩りを教えるんだ。ノラ猫もそう。(ネズミやスズメ)自分も耐えられない。でもそれを学ばない幼獣は、=死。そういう自分も、安全な場所で物を言ってるに過ぎない。

30

30. 匿名処理班

  • 2017年09月23日 17:25
  • ID:t6tyVe1w0 #

プーチンの見たかった

31

31. 匿名処理班

  • 2017年09月23日 18:47
  • ID:zER0gto.0 #

結局、第三者が尾ひれを付けて泳がせる

32

32. 匿名処理班

  • 2017年09月29日 01:33
  • ID:DoOuzBOH0 #

ベネチアは三百年前に凍ってるよ
凍った海で遊ぶ市民の様子を描いた絵が残ってる
自分はこのニュースを見た時に、ついに氷河期きた!と興奮したけど、結局すぐデマだと分かって失望した
本当だったら嬉しかったのに

33

33. 匿名処理班

  • 2018年02月05日 22:25
  • ID:3.CGZ4zE0 #

プーチンの見たかった
子どもを郵便配達とか稲中かよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク