0_e18

 この広い宇宙には我々が知らないだけで、さまさまな世界がきっとあるはず。イタリアの建築家であり工業デザイナーであるルイジ・セラフィーニ(1949年生まれ)は、1976年から1978年の間、30ヵ月かけて、我々の住む世界と少し似ているがよく見るとまるで違う異世界に関しての百科事典を作り上げた。

 約360ページものその本は、その世界の言語により、未知なる世界の生態系や技術、文化、食生活、スポーツなどなど、その詳細が挿絵を使いながら事細かにつづられている。
スポンサードリンク


Deciphering the Secrets of Codex Seraphinuanus

 コデックスは11の章に分けられ、2つの節に分けられる。最初の節は自然界を記述しているように見え、動植物と物理学が扱われている。第2の節は人文科学、人間の暮らしにおける衣服、歴史、料理、建築などが扱われている。各章に分けられたテーマは以下のようなものがある。

第1章 異世界の植物相。奇妙な花、自ら根を持ち上げて移動する木。
第2章 異世界の動物相。馬、カバ、サイ、鳥類などの超現実的な変種。
第3章 動物や植物とは独立した生物界であると思われる奇妙な二足歩行の生物。これらの生物は明らかに各種目的のため人工的に作り出されている。
第4章 物理学と化学のような何か。最も抽象的で不可解である。
第5章 奇怪な機械と乗り物。
第6章 いろいろな人文科学の研究。生物学、性、各種の先住民、植物の生態の例や人体に直接移植された工具(ペンやレンチなど)。
第7章 歴史学。重要性の不明な多くの人々(幾人かは人間であるかどうかさえ不明瞭な)が生没年とともに示されている。多くの歴史的に(おそらく宗教的に)重要なシーンや葬儀の習慣など。
第8章 コデックスを記述する異世界の書記体系の歴史。
第9章 食物、食事の作法、および衣服。
第10章 奇妙なゲーム(カードゲームやボードゲームなど)と陸上競技。
第11章 建築。

 挿絵にはセラフィーニが創造した、超現実的な世界観が描き出されている。出血する果実や 椅子のような形に成長する植物、 ワニに変態する男女などだ。地図や人間の顔などのわかりやすい挿絵もある一方で、とくに「物理学」の章では、極めて抽象的な挿絵が多い。すべての図は鮮やかな色で詳細に描き込まれている。

1.
1_e20

2.
2_e24

3.
3_e22

4.
4_e21

5.
5_e18

6.
6_e14

7.
7_e12

8.
8_e11

 書記は、アルファベットに少し似ているが、はるかに曲線が多く、外見は草書体のグルジア語によく似ている。いくつかの文字は語の先頭や末尾にのみ現れる。

 この特徴はセム系言語の書記体系と共通している。数十年に渡りコデックスの言語の解読に成功した言語学者は表れなかった。

 しかしながら、ページ数に使われている記数法はAllan C. Wechsler とブルガリアの言語学者Ivan Derzhanski によって(明らかに独立に)解明された。記数法は21進数の変種である。2009年、セラフィーニ自身によってコデックスに使われている言語の背後に隠された意味はないことが明らかにされた。

9.
9_e9

10.
10_e12

11.
11_e8

12.
12_e8

13.
13_e6
via:visualmeltmentalflosswiki

 ヴォイニッチ手稿とはまた違った趣があるよね。

 この本は長年絶版になっており稀少で高価だったが、2006年、イタリアで改訂版が発売された。新しい挿絵と著者による「序文」付きで日本ではアマゾンで\16,336で購入することができる。それでも十分高いけどちょっと欲しいなこれ。
Codex Seraphinianus



▼あわせて読みたい
謎に包まれたヴォイニッチ手稿のこれまで判読不能だったページが修復される。だが内容は依然として不明


いったいなぜ?世界10の未解決ミステリー


数億年後の生物の進化をCGで予測「フューチャー・イズ・ワイルド」


いよいよ完結!動画でわかる500万年後の人類の姿を描いた「マンアフターマンの世界」


誰が?いったい何のために?壁一面が貝殻で装飾された地下洞窟「マーゲート貝殻洞窟」にまつわるミステリーとヒストリー




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3232 points
大正15年に制作された日本初の実験的ホラー映画「狂つた一頁」

大正15年に制作された日本初の実験的ホラー映画「狂つた一頁」

2021年4月10日
2位
3064 points
古代生物って面白い!三葉虫は脚で呼吸をしていたことが判明

古代生物って面白い!三葉虫は脚で呼吸をしていたことが判明

2021年4月9日
2402790133
3位
3030 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7542240234
4位
2843 points
息子よ...海兵隊曹長の父、少尉に昇進した息子に初の敬礼。感動の親子愛にネットが涙(アメリカ)

息子よ...海兵隊曹長の父、少尉に昇進した息子に初の敬礼。感動の親子愛にネットが涙(アメリカ)

2021年4月7日
2002589252
5位
2098 points
やせ細った犬が空腹に耐えきれず、屋台の椅子に顔を乗せ、人間が食べ物を分けてくれるのを待ち続ける(メキシコ)

やせ細った犬が空腹に耐えきれず、屋台の椅子に顔を乗せ、人間が食べ物を分けてくれるのを待ち続ける(メキシコ)

2021年4月8日
621960175
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:32
  • ID:LFNIvYBP0 #

想像力を働かせてこういったものを作り出したのだろうけど、
結局は自然界にあるものをアレンジしたものばかりになってるね
やはり自然はすごいってことかな

2

2. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:37
  • ID:sVmNJ8xl0 #

ヴォイニッチ写本みたいだな

3

3. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:43
  • ID:gcSiyfPq0 #

なんつーか、想像力(創造力?)豊かで羨ましい〜!!
丁寧で綺麗。

4

4. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:44
  • ID:odUJZ2MB0 #

ヴォイニッチ手稿…いや、何でもない。

5

5. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:47
  • ID:Md7WZaoh0 #

ほんとヴォイニッチ手稿だよね!

6

6. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:48
  • ID:7RRXvf8L0 #

病的さではヘンリーダーガーの方がすごいもんあるけど

7

7. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:59
  • ID:TS.Zrb2L0 #

ピクミンがいた!(笑)

8

8. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:10
  • ID:ePyjn3rq0 #

遺伝子組み換えやクローン技術って感じがする
それらの理論が広く知られるようになった頃だったのかな

9

9. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:17
  • ID:W.zmQ1TA0 #

ドロヘドロの世界観みたいでおもしろい

10

10. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:20
  • ID:.0iaouhY0 #

もしかしたら、今自分たちが使ってる文字も、最初はこんな感じのデタラメな落書きかなんかだったって可能性があったりするのかな?

11

11. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:25
  • ID:Fai6rRoX0 #

ワニってオトナな生き物だったのね

12

12. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:29
  • ID:k9WGg1Pw0 #

コメントでも出てるけどこれ100年後とかにヴォイニッチと同じ扱い受けるんじゃないか?

13

13. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:30
  • ID:8TypZG610 #

ゲーム方面では割と需要がありそうなデザインですね

14

14. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:32
  • ID:zjvk.t7L0 #

ヴォイニッチ手稿もこうして書かれたのかな、と思ってたら本文でもコメ欄でも挙げられてた。考えることは同じか。

15

15. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 21:38
  • ID:FJCQchvX0 #

アウトサイダーの方の作品は
一見無秩序な世界の中に、彼らなりの秩序があったりするけど、
ルイジさんのは秩序の中に無秩序を組み込んでいる感じかな。。。

16

16. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 22:13
  • ID:kqPHPOWS0 #

ワニんところとか見ててこういう脳みそ持ってる人が、ムカデ人間とかセイウチ人間とか考えるんじゃないかなと思った

17

17. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 23:01
  • ID:wvF9Zf9h0 #

>ヴォイニッチ手稿
ふむ、あれはホンマ物の他の星の辞典的な物かも知れんて

18

18. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 23:05
  • ID:4WSc7oHA0 #

色彩がイタリア的だと思った。

19

19. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 23:07
  • ID:l.yJ6Yh80 #

これは、作る人超たのしそう。

20

20. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 23:21
  • ID:qRKV6ajN0 #

服装のデザインがこの世界の自然の意匠を踏襲してるとことか好き

21

21. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 23:47
  • ID:A1LzKf9D0 #

すごい労力なのだが、考えて作るものには、そういうものなりの限界があることはよくわかった。だからいいとか悪いとかいう話ではなく。
人間の免疫システムとか、タコの生態とかのほうが気味わるくて私には面白い。

22

22. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 01:29
  • ID:aSAfw.8a0 #

ヒエロニムス・ボッシュの快楽の園を思い出した。

23

23. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 01:44
  • ID:3FSg64pX0 #

ヒッポロ系ニャポーンさ!

24

24. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 01:55
  • ID:emie2uxY0 #

シュールレアリスムっぽい

25

25. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 02:11
  • ID:zpCsVPty0 #

所詮は既知のものからインスパイアされただけ
未知の想像ってのは難しいもんだね

26

26. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 06:16
  • ID:0eRkoOvY0 #

むしろ作者の想像力の限界を感じてしまった。
構想をよく練ってから描いたというより、
落書きするみたいに筆の走るままに描いて、
後から意味ありげなレイアウトにした感じで、
なんか浅いんだよ。

27

27. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 06:18
  • ID:gLiPu2Hi0 #

おなじくヴォイニッチ手稿おもったわ
...幽霊の正体みたり枯れ尾花なきぶんだ。わからんけどさ

28

28. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 08:16
  • ID:NW0DpaAH0 #

どういうわけか寄生獣を連想する
書いた本人がこの状況をしったら、枕に顔をうずめてじたばたしそうだけどw

29

29. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 09:04
  • ID:.lo6KgoH0 #

すこしパラノイヤなほうが世界は楽しいのかもしれない

30

30. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 09:44
  • ID:aOpMCHPj0 #

荒俣先生訳で平凡社辺りが出してくれないもんだろうか

31

31. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 10:34
  • ID:7r8DTHBK0 #

既知のものからのインスパイアって事は別に批判に値しないと思うけどなあ。
だってもし既知の物事と完全に地続きでない何かがあるとしたら、それは恐らく我々が全く認識できないものだろうからね。

32

32. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 10:41
  • ID:7r8DTHBK0 #

>26
まあ、でもこういうのは偶然がスパイスになる部分が多分にあるし、構想を練り過ぎたり推敲を重ねるとかえってつまらないものになっちゃう気もする。
作者が深いモノを作りたかったのかもわからないしね。

33

33. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 11:34
  • ID:CAykhZT.0 #

『バカドリル』っぽいテイストもあって面白いなぁ

34

34. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 11:59
  • ID:fnI1TbNE0 #

オリジナル語は中二病あるある
未来の人達がまた困るw

35

35. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 12:17
  • ID:KG.IP1Q40 #

マンアフターマンを思い出した

36

36. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 12:44
  • ID:opJwNZWt0 #

コメント欄、厳しいですね。確かに既存のものの組み合わせかもしれないけど、まったく独創的なものなんてそもそも無理だと思うわ。
辞典的という意味で、ヴォイニッチ手稿よりも、『鼻行類』を思い浮かべた。

37

37. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 15:04
  • ID:Qy9hwuku0 #

本の出版経緯が失われて数百年後、そこには本を解読しようと悪戦苦闘する学者たちの姿が…

38

38. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 15:27
  • ID:7ISme9Xa0 #

ヴォイニッチ手稿みたいだねw 100年後くらいにそう言われるのかも。

39

39. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 19:00
  • ID:F.IEFQ1d0 #

統合失調症の妄想を書きなぐった風な雰囲気だけど
本物と比べて美しすぎ

40

40. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 19:09
  • ID:UEhPM9Xs0 #

コメ欄で「鼻行類」上がってて嬉しい。こういうの、実際本の形で見たらまた印象が違うと思う。

41

41. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 21:28
  • ID:9g.cjEKi0 #

骸骨に皮を被せてる絵で、ドロヘドロの偽恵比寿作りを思い出したわ。

42

42. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 06:24
  • ID:h0C6uCkP0 #

※7
むしろウンパ・ルンパ(だっけ?)だな

43

43. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 06:26
  • ID:h0C6uCkP0 #

※25
で、オマエは何ができるの?

44

44. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 10:12
  • ID:q6tJQbN40 #

これは面白い! 日本では出版されてないのね・・・残念。
※31
ホントホント。荒俣さんは持ってそうですねw

45

45. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 11:04
  • ID:q6tJQbN40 #

※29
岩明均や諸星大二郎も好きそうな世界ですね

46

46. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 23:32
  • ID:Ij59suoF0 #

作られた経緯が分からなくなったら未来の時代を混乱させるだろうな。
現代で解読を試みられている様々な文字や古代書も誰かが「創作」したもので、特に意味があるものでは無いのかもしれない。

47

47. 匿名処理班

  • 2015年12月28日 10:08
  • ID:DS.zU8X00 #

アタゴオル的でもある

48

48. 匿名処理班

  • 2015年12月28日 19:44
  • ID:QwrViGVl0 #

タイトルがマツコ・デラックスに見えた
もうダメだ

49

49. 匿名処理班

  • 2015年12月29日 14:58
  • ID:QZBUnQ0V0 #

修学旅行ここに行きたかった

50

50. 匿名処理班

  • 2016年01月02日 20:09
  • ID:Q.GmF3aV0 #

俺は鼻行類のがいいな

51

51. 匿名処理班

  • 2016年12月02日 23:37
  • ID:U29KMF510 #

クトゥルフ神話の世界観と通じるものがありますね。

52

52. 匿名処理班

  • 2017年04月29日 21:06
  • ID:JZElfvJi0 #

ありふれてるって言う意見には同意できるけど、これ描いたの70年代だからね。
当時のSFに夢見がちだった時代にしては新しかったんじゃないかな。
現代の俺らが見てありふれたように見えるのは、こういう人達が土台を作ったからなんだろう。

53

53. 匿名処理班

  • 2018年03月02日 20:29
  • ID:9usM0kzJ0 #

素晴らしきLSDの世界

54

54. 匿名処理班

  • 2019年03月30日 15:48
  • ID:e3OvZooc0 #

骸骨が人の皮を着てるベージ、皮モノ好きには堪らんなぁ
男女がワニになるやつも、融合モノみがある

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク