0_e27

 海は人為的な原因による急激な変化の最中にある。地球の7割を占める海が、ごくちっぽけな哺乳類の群れによって変えられようとしているのだから、ある意味正気の沙汰ではない。だが、それは確かに起こっており、今世紀が終わるまでに今とはまったく違う姿になってしまうだろう。

 「あるのはたった一つの海」とはアメリカ海洋大気庁(NOAA)の言だ。様々な原因によって、様々な程度に、様々な場所が変化しているが、海洋自体は一つの巨大な、相互につながりあったシステムである。オーストラリア沖で投棄された廃棄物は太平洋ゴミベルトを形成する。中国からの汚染は海を渡り北アメリカにまで漂流する。アメリカの片隅で排出された二酸化炭素は海に吸収され、将来的にバングラデシュの海にもなんらかの影響を及ぼす。
スポンサードリンク

 海は過去1万年のいかなる時点よりも多くの熱を吸収しているのみならず、海面も上昇している。酸性化も進んでいる。 化学成分も変化している。生態系は再編成され、海流も変わるだろう。沿岸に住む人々にとって、海は今よりも危険なものとなるはずだ。洪水が都市を襲い、北極航路が開通することで貿易ルートも変わる。資源の変化によって、漁業も影響を受けるだろう。

 「今世紀末まで今のやり方を続けるという最悪のシナリオでは、海洋はハリウッド映画の世界滅亡後ジャンルに登場するような姿をしています」と気候学者マイケル・マン氏は語る。乱獲による漁業資源の激減、海洋汚染や酸化による海洋生物の大量絶滅、酸化と海水温上昇によるサンゴ礁の破壊…こうしたことが現実になる。

 だからこそ、海洋の変化を認識し、2100年までの科学的帰結について検討することが非常に大切なのだ。

1_e31

海面の上昇

 今現在、海は成長している。これは北極および南極の氷床や氷山の溶解と、熱膨張の二つが主な要因だ。海では、熱膨張は海水が温まることで起こる。これによって体積が増加する。現在、海は気候変動によって発生した余剰熱の90%を吸収し、かつ北極と南極で溶けた氷塊を飲み込んでいる。

 2014年に発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書では、温暖化が最も進んだシナリオでは、今世紀末までに海面がおよそ52〜98cm上昇すると予測している。これは沿岸沿いの都市や島嶼国の生存を脅かすものだ。さらに、最大の温室効果ガス排出が起きた場合は、1.5m近く海面が上昇すると予想される。

 「排出が劇的に減少したとしても、海面は28〜61cm上昇するとされています」と海洋学者ステファン・ラームストーフ氏は説明する。最も楽観的なシナリオでさえも50cmは海面が上昇する可能性があり、海岸の侵食や洪水リスクの大幅な増加など、海岸沿いは深刻な影響を受けることだろう。早い話が、何をしようと30cm以上の海面上昇は避けられないということだ。



 だが、海面上昇はIPCCの予測よりもはるかに大きいと懸念する科学者もいる。気候科学の父と称されるジェームズ・ハンセン氏のほか、16名の高名な学者が最近発表した研究では、南極とグリーンランドの陸氷は10倍速く溶け、わずか50年の間に海面が3m上昇すると予測している(これについては反論もある)。海岸沿いに人口が集中する現代文明にとっては明らかに脅威である。 
 
 こうしたことは実際のところどのような意味を持つのだろうか。1.5mと3mの海面上昇の違いとは何なのだろうか。これを知るには、例えば、非営利団体クライメイト・セントラルがグーグル・マップを利用して描いたアメリカの沿岸沿いにある都市の姿を見ればいいだろう。

2_e

 1.5m海面が上昇すると、ニューオリンズの大半は水没してしまう。マイアミやニューヨークシティも同様だ。一部の都市は、高価な治水技術によって水没を免れるかもしれない。だが、街を諦め、移転を強いられる都市があることは間違いない。

 つまり、2100年までには海の浅瀬に、海岸施設やそこへ至る道路など、いくつかの人間の遺構が含まれるようになるということだ。下の画像は、海面が3m上昇したときのマイアミの姿だ。

3_e

水温の上昇

水は空気よりもずっと熱を吸収する。そのため、気候変動により発生した膨大な熱が海に吸収されることになる。大気の気温が急上昇しないので、気候にとってはありがたいことだ。温暖化が停滞している理由もこれだ。だが、その一方で海洋の熱は危険な上昇を始めている。

 「過去39年以上に渡り、海洋は、上部75mでは10年あたり平均0.1℃以上、水深700mでは10年あたり0.015℃水温が上昇した」とIPCC報告書には記載されている。大したことはなさそうに思えるが、そうではない。今のペースが続けば今世紀末までに浅瀬では1℃上昇し、海洋の生態系を破壊し、熱帯の台風も大型化するおそれがある。

 水温が徐々に上昇した場合であっても、例えば、サンゴ礁の白化を引き起こす。これに海洋の酸化が加わるため、サンゴは絶滅へ向けてひた走っている。2012年のサイエンス誌に掲載された論文によれば、現在の二酸化炭素排出が続けば、2100年までにほぼ全てのサンゴ礁が死滅するという。

 一方で、暖かい水は蒸発しやすくなる。こうして台風に注がれるパワーは増加され、さらに海面上昇と相まって大きな被害をもたらすようになるだろう。水温の上昇は世界中で問題を引き起こすが、特に高緯度ほどその影響が著しい。



 南極と北極のように、暖かい海水が氷山や氷床を溶かし、さらなる海面上昇につながる。ホッキョクグマやセイウチなど、ここに住む動物にとってはたまったものではない。昨年、海氷不足によって35000頭のセイウチが観測史上初となるほどの密集を余儀なくされ、極圏における温暖化の影響を象徴する出来事となった。

 北極圏では、地球平均の2倍の速さで温暖化が進行している。NOAAやイギリス気象庁などでは、今世紀末までには、夏期になると北極の海氷が消えるようになるだろうと予測している。実際、「海氷の融解は、21世紀を通して加速し、2100年までには夏期に残る海氷はほとんどなくなる」とNOAAは発表している。


COP17 - Met Office Projections of sea ice changes due to climate change.

 水温の上昇によって、カリブ海のカニが北の海に出現するなど、外来種の侵入も増加する。海洋生物は全体的に北上しているのだ。魚は極圏へ向かい、サメも北で産卵し始めている。

 藻類も繁殖しやすくなる。太平洋の例年より暖かい海水によって、有毒藻が大発生し、カリフォルニアまで広がっている。「西海岸あるいは世界中のどこでも、この特定の藻がここまで大繁殖したのは初めてのことでしょう」とカリフォルニア大学のラファエル・クデラ氏は説明する。

4_e

 極め付けは、最も不吉な現象だ。生命が生きられない酸欠海域が拡大しているのだ。おそらく最も有名な例は、メキシコ湾の大酸欠海域だろう。ほぼコネチカット州ほどの大きさがある。多くの研究が海水温の上昇との関連を示唆しており、多かれ少なかれ将来的には恒常的な状態となる。

 コペンハーゲン大学のゲーリー・シェーファー氏によれば、酸欠海域の拡大は今後数千年は続くようで、最悪のシナリオでは海洋の5分の1を占めるようになると予測されている。

5_e21

 これはあくまで最悪のケースで、その規模がどの程度になるのかはよく分からない。とはいえ、おそらくは今現在よりも拡大するだろう。だが、最も軽いケースであっても海水が温まるにつれて、数多くの予測もしない現象が発生し、そのいくつかは過激なものであるようだ。

 2100年までの水温上昇について問われて、「例えるなら、カエルが茹で上がるくらい」とシェーファー氏は答えている。おそらくカエルとは人類の比喩だろう。

6_e

海洋の酸化
 人類は茹でダコになるだけではない。酸の危険にも晒されている。排出された二酸化炭素の約30〜40%が海に吸収されており、炭酸が形成される。その結果、現在の海洋表面のpHは、産業革命以前と比べて0.1低い。また、最近の研究のほとんどが、2100年までに最大で150%という酸化を予測している。つまり、今世紀末までに、海洋の酸性度は産業革命以前と比べて2倍になるということだ。

 「酸化の程度は主に大気中に排出される二酸化炭素の量によって決まりますが、海洋表面のpHが今日の8.1から2100年までに7.75に下がるという説に同意します」とコロンビア大学ラモント・ドラハティー地球科学研究所の高橋太郎氏は語る。



 その帰結とは何だろうか。一つには、貝が困ったことになる。現在でさえも、太平洋の一部は酸性度が高すぎて、貝が適切に貝殻を形成できない海域がある。2100年までには、生態系全体が荒廃し、サンゴや貝だけでなく、炭酸カルシウムの外骨格を持つ多くの生物が危険に晒されるかもしれない。

 「炭酸カルシウム飽和水準は50%以上低下し、冷たい海では炭酸カルシウム製の貝殻を腐食させるでしょう」と高橋氏。かつて同じペースで海洋の酸化が進んだ時代には、海洋生物の96%が絶滅している。

7_e17

ゴミの島と漁獲量の減少

 人間が海に直接与える影響は、もちろん二酸化炭素の排出と温暖化だけではない。まず、ゴミで汚染している。2014年、人間が海に投棄するゴミの数を推定した論文が発表された。それによれば、海洋には5兆2500億個のプラスチック片が存在する。そのうち、26.9万トンが水面に浮かんでおり、1km2あたり40億ものプラスチック性極繊維が散乱している。

 水面のみならず海底もまたゴミで埋め尽くされており、自然環境はあらゆるレベルで変化している。止まることを知らない開発と自由市場資本主義が2100年までに作り出すゴミの種類を想像してみてほしい。

 NOAAのアスマ・マハディ氏によれば、毎年192ヶ国から800万mトンのプラスチックが海洋に投棄されているという。このまま続けば、海洋に投棄されるゴミは2100年までに6億8000万トンに達する。その一部は太平洋などで巨大な人工島を形成するだろう。

 そして、乱獲も深刻だ。海のいたるところで魚が絶滅の危機に瀕している。ピュー慈善信託による最近の調査では、世界の漁業資源の90%が乱獲されており、マグロやサメなどの大型肉食魚は過去60年で90%減少したことが判明した。推定によれば、畏怖されるサメでさえ毎年1億匹が殺されているのだ。



 環境防衛基金は、「今日海洋が直面しているあらゆる脅威の中でも、海洋の生命、ひいては人にとって最大のものは乱獲」と主張している。大勢の人々がタンパク質を海産物に依存しているのだから、これはおそらく現段階では真実であろう。そして、トロール網に見られるように、現在の漁法は非常に破壊的なものである。

 2006年の調査では、乱獲が止まらない場合は、今世紀半ばまでに主要な漁業資源が破綻すると示唆している。そうなれば、これまでの漁獲量の10%程度しかとれなくなるそうだ。それよりもいくぶん明るい結果を示す他の研究もあるが、人間や海洋生物が依存している主要な漁業資源が激減しているという点では違いがない。2100年までにどれほど残されているのか、はっきりと答えることは難しい。

8_e

2100年の海

 人類は汚染し、乱獲し、酸化し、水温を上昇させている。また、必ずしも意図的ではないが、ゴミを投棄している。子の世代、あるいは孫の世代が知る海とは、私たちが直視できないようなものかもしれない。その姿がどれほど変わってしまうのか。それは、今私たちが正しい行動をとるか否かにかかっている。

 マン氏が希望を持ちながらも、陰鬱な未来を示した理由もそれだ。「よいニュースは、これが必ずしも私たちの未来だというわけではないことです。未来の世代のために、海を救う時間はまだ残されています」

via:motherboard・原文翻訳:hiroching


▼あわせて読みたい
約2億2000万年後に大西洋が消滅?地球の地殻に新たな裂け目が発見される


地球が大量絶滅に向かっている7つの兆候


なんというテラフォーマーズ。20億年後の地球、生き残るのは微生物のみ(英研究)


2100年、消滅するであろう世界7つの都市とその理由


2050年までに水中ホテルに宇宙飛行、テレポーテーションは2080年に実現予定。未来の旅行はこうなる予測




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2416 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5631822328
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 21:08
  • ID:w6HaDfd70 #

できる事やっていくよ!
2100年の海が今のようにありますように

2

2. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 21:21
  • ID:BeP84Wi.0 #

それでも新しい生態系ができるに1ペソ

3

3. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 21:28
  • ID:qWSiDOIU0 #

2100年っていえばすぐそこだな
今年生まれた子供たちの何割かがまだ存命中にそのときはやってくる
そう思うといてもたってもいられなくなる

4

4. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 21:29
  • ID:oj8p9NNC0 #

凍った二酸化炭素(メタンハイドレート?)が溶けたら
海面は沈降するんじゃないかな?

5

5. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 21:31
  • ID:LCuxYi6E0 #

これに限った話じゃないけど今まで散々好き勝手やってきたんだからそのはねっ返りを人類が受けるのはしゃーない
ただ結局一番被害をこうむるのは人類じゃなくて、とばっちりを食らうそれ以外の生き物だったりするのが理不尽だよなぁ

6

6. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 21:36
  • ID:1jGhefhp0 #

2100年ってwww
あと20〜30年以内には今の人類歴史は終了する可能性の方が高そうなんだが?

7

7. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 22:03
  • ID:BFjarggR0 #

なあに新しい環境に適応した生態系がすぐ出来上がるさ
困るのは人間だけ

8

8. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 22:10
  • ID:BFjarggR0 #

地球さんにとっては多少の気候変動なんて屁でもない
今までだって色々絶滅したり変な奴が繁栄したり繰り返してきたんだ
なるようになる

9

9. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 22:21
  • ID:.K6BpON70 #

人間のせいで地球をダメにしてしまうなんて悲しいな
もし宇宙に知的生物がいるなら早く人間をとめてー

10

10. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 22:37
  • ID:rrNVjJq00 #

人類が滅亡するならそれでいいわ。人間は調子に乗りすぎたから一度0に戻さないと

11

11. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 23:28
  • ID:6E.yw9zF0 #

日本→ゴミを回収処理する人がいるからすてない
日本の一部と大半の外国→掃除するから捨てる
掃除してないと俺も私もで大変

12

12. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 23:32
  • ID:WFmexWHU0 #

多分、人間は駄目だと思う
だから人間はロボットを生み出し次の世代へとバトンを渡そうとしている
つまり人間は絶滅するのではなく神になりデータの海に存在するようになるのだ

13

13. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 23:34
  • ID:Blm1.ZRA0 #

色々項目多すぎてどれに言及するか迷うけど、
海面温度上昇、それによる水蒸気の発生、そして雲による太陽光の反射→温度低下
が要因として抜けてない?
ラブロックによるガイヤ思想、パンジー理論(温度は白黒のパンジーで調整される)とか読んで気づいたけど、地球温暖化では、まるまる雲要因が抜けてる話が多いよね。

14

14. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 23:40
  • ID:QBWDvDU40 #

人間も自然界の一部、人間の行為も自然現象の一部なんだよw
だいたい、人間ってそんなに偉い存在なのか?
だから海洋の変化も自然の成り行きなんだよw

15

15. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 23:50
  • ID:jA33Ic0r0 #

環境が激変して最終的には人類の絶滅につながってゆくのだけど、それより先に野生の動植物が全滅してしまうから、地球にとっては都合が悪いよね
ひどい環境破壊を見ると、自分も含め人間さえいなければ…と思うから

16

16. 匿名処理班

  • 2015年08月20日 23:52
  • ID:1gDCRTdB0 #

変わりゆく環境に淘汰されず、人類はどこまでこの世界で繁栄できるのかそれを知る事が出来ないんだなぁ。人類の最後ってどうなるのか気になるよね。

17

17. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:05
  • ID:8i5x0Ty.0 #

「海洋の酸化」て何?
酸性化=PHの変化ってこと

18

18. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:08
  • ID:ifRcLiNC0 #

『北極航路が開通する』素晴らしい!w

19

19. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:10
  • ID:UEldBDKq0 #

この地球上では質量保存の法則が働くはず。
なのに一部の資源は枯渇する。
人間が生み出す「ゴミ」によって質量保存の法則による自然環境の輪廻転生の輪が壊れとると思うのは僕だけ?

20

20. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:10
  • ID:bhFYYwKd0 #

今のうちに高地の二束三文の土地を買っておくんだ

21

21. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:17
  • ID:ZXMxq7RK0 #

ひょっとして人類のピークは今この瞬間だったりして

22

22. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:49
  • ID:G0vEgUtn0 #

地球温暖化を言う人達って、どうして悪いシナリオの延長しか考えられないのかな。
宇宙の活動って、我々の手では到底負えない変動をするよ。
太陽の活動がほんの僅かに変わっただけで、地球は沸騰もするし、凍りつくことにもなる。
数十年、数百年レベルの変動で何を騒いでるのか。

23

23. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:52
  • ID:Khf.rBH.0 #

地球や生命、人類レベルで見たらヘボくれた変化であっても、個人で見れば地獄だというケースはある
仮に総人口の9割9分が全員飢え死にしても人類存続にはなんら影響はないが
個人の視点で見れば、辺り一面餓死者の死体だらけで自分も屍体貪りながら飢えに苦しみ、同属同士で食い合い彷徨う地獄以外の何者でもないだろう
その程度のことなら今の人類なら悠々実現できるということを忘れてはいかん

24

24. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 00:52
  • ID:3EWO7.BR0 #

※15
生かすも殺すも選択できる存在なんだよ人間は。

25

25. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 01:20
  • ID:LaqQALS40 #

だ〜か〜ら〜その前に今年の9月3日に人類滅亡するらしいから...

26

26. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 01:30
  • ID:8eJLwKMj0 #

氷河期があるならその逆もあるでしょ?

27

27. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 01:39
  • ID:Khf.rBH.0 #

※23
大火山の爆発前後だと大体大量絶滅が起きてたりするんだが
少なくとも人類のCO2排出量の伸びは大火山噴火に匹敵するか、越える勢いで伸びてる
宇宙や恒星規模の影響力はさすがにないが、大火山噴火級の影響力はすでに発揮してるし
全力出せば巨大隕石落下級の影響ぐらいならなんとかなる
人間を舐めてはいけない

28

28. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 01:49
  • ID:DddnAsew0 #

そろそろサイド1作ろうぜ

29

29. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 02:06
  • ID:dLYde2.G0 #

※20
地球で消費されるエネルギーの大半は、赤外線やガスになって宇宙空間に放出されるので、地球そのものの質量は少なくなっている。
星の質量の重力に釣り合う体積以上の大気は引き止めておけない。
地球を掘って空間が大きくなればその分重力も少なくなってさらに放出されてゆく。

30

30. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 02:10
  • ID:Uc9oz1e30 #

米27
おそらく安価だし間違えかな?
おりゃ22ではないが、結局の所俺らは人間であって、人間の都合のいいようになればいいと思う。
短期的に見れば温暖化、長期的に見れば寒冷化ってのが、科学界の大体の総意っぽい。そういう意味で温暖化と言う一面だけなら人間に都合がいいはず。
CO2の事についても、まだはっきりとした結論は出ていないはず。
怖いのは現在の人口爆発の末になにが訪れるのかってこと。核戦争は必ず起こる。おりゃそれが怖い。

31

31. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 04:34
  • ID:YUkR7tCE0 #

100年近くたってりゃひみつ道具の1つや2つ発明されてどうにかしてるだろ

32

32. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 04:48
  • ID:oEWRucfu0 #

良い記事だなー。
人間もただの地球の一部だからもし海を変えてもそれが地球の成り行きだとは思うが、ただ今の人間の体で住みやすい環境を維持することは必要だ。出来るかも知れない。
人間の体が環境に適応し進化していくのは遅いと思うから。子孫達が苦しむ。
哺乳類等にとっても大きな話。近しい生き物達が苦しむと嫌な気持ちにもなるだろう。
今の世界を好きだと、このまま残せたらなと思うよな。
何で昔の人達もっと考えなかったの?と、歴史を見て思う事が自分達にあるなら、今の私達も出来ることはしたい。
本当に些細なこと一つでも、葉っぱ一枚、生き物一匹、残す結果に繋がると思うんだ。

33

33. 通りすがり

  • 2015年08月21日 07:41
  • ID:PYgQIaEH0 #

カエルは水からゆっくり茹でると
煮えるまで気が付かない。

34

34. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 08:02
  • ID:RJHkEz.h0 #

久しぶりにウォーターワールドのDVD借りて来よう!

35

35. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 08:03
  • ID:Jmng.BBY0 #

変わっていくのが自然な姿。

36

36. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 10:25
  • ID:j7O4K2Us0 #

※14
むかしのSF小説では分厚い雲に覆われている金星の雲の下が温和な気候だろうという想定で金星生物が描かれているものがありました。
実際、金星の分厚い雲の下がどうなってるか知ってますか?
あと雲の話題が記事にないからといってIPCCがそんな当たり前の要因を無視するわけないでしょう。

37

37. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 10:36
  • ID:c3zamAV50 #

ストロマトライトより地球環境を変えた生物はいなかった
それはさておき他の生き物なんてどうでも良いんだ
自分が生きれば良いんだろ
未来の事なんて考える必要はない
世界は貴方がいるから存在する
貴方がいなくなれば全て消える
好きに生きた方がいい

38

38. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 10:36
  • ID:mrlGRuSO0 #

海洋酸性化は深刻な問題であと50年後には生態系に壊滅的な打撃を与えることになる

39

39. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 10:41
  • ID:c3zamAV50 #

※15
地球にとって都合が悪いなんてものはない
地球は物質である
石に蟻が這おうと苔が生えようと人にわられようと石は
何も都合などなくそこにある
地球に百歩譲って意思があっても表面のほんのわずかな変化なんてどうでも良いだろう
人間にとって都合は悪いかもしれないがね

40

40. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 11:54
  • ID:TtLe1axu0 #

そんな数十年で海全部が変わるわけないやん
人間を過大評価しすぎ

41

41. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 12:57
  • ID:4g0nSLk70 #

長い。誰か要約してくれ。

42

42. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 13:22
  • ID:V489V8aw0 #

※7
自分は子供の頃そう思っていたが、大人になると案外なんとかなりそうに見えて来る。
なんだかんだで問題には代替手段は出て来るのを見て来た。
温暖化は、今より気温の高い時代すら有史以後にあったのに、大げさ過ぎる気がするな。

43

43. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 13:23
  • ID:OiK1bfHP0 #

30年くらいで太陽の活動が弱まってプチ氷河期が来るんだろ
だから何もしなくていいというつもりは毛頭ないけど
破滅的な未来予想はしなくてもいいんじゃないかと思うぞ

44

44. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 14:51
  • ID:oJYND2X90 #

※3
まあできるには違いないんだろうけど、急速な変化が続いてる間は対応しきれなくて絶滅する種が膨大に出て、海底もヘドロの硫化水素まみれになって特定の細菌ばかりが増えるとかそんな感じになる可能性はあるねえ。

45

45. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 14:59
  • ID:oJYND2X90 #

※7
今は全面核戦争は昔に比べると確率が下がったから、全人類史が一気に終わるような盛大な破局は当面ないよ。所々で核テロがあっても最悪都市がいくつかやられる程度、戦争もなくならんけどそのエリアの人たちが苦しめられるだけ。数十年のスケールではそういう矛盾を抱えながら続いていき、そこにこの記事みたいな100年単位での気候変動が加わったときに、その規模によって人類の何割かが生きていけないようなことに実際なるかもね。

46

46. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 16:33
  • ID:HKe6.uB70 #

特定の少数の哺乳類に変えられるのも自然の内だよ

47

47. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 16:53
  • ID:PxkVUtZW0 #

今よりも遥かに気温も二酸化炭素濃度も高い時代があってもサンゴは現に存在してるわけで、絶滅するは言い過ぎだな。それに海水温の上昇は温室効果ガスよりも、火力・原子力発電所からの温排水の方が直接的だけどね。

48

48. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 17:15
  • ID:wlQWbTi80 #

人類は絶滅はしないだろうが9割は死んじゃうんだろうなあ
地球の自浄作用とか

49

49. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 18:06
  • ID:ev30Ad770 #

茹でダコになる上に酢ダコにまでなるのか。
怖い。

50

50. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 19:18
  • ID:0IOont180 #

大嘘だな。温暖化になれば、南極や北極の氷の厚さが増すハズだからな。

51

51. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 19:58
  • ID:0Vikhgsp0 #

日本からの水俣病・イタイイタイ病汚染や
原発のメルトダウン爆発汚染や
津波瓦礫汚染はどこに流れ着くんですかね。

52

52. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 20:54
  • ID:dTEv46sK0 #

カルトはいつでも大破滅の予言を欲している。
そして、知ったような事言ってドヤ顔したいアホとガキを食い物にする。

53

53. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 21:46
  • ID:2q8pj3pD0 #

※37
この手の話は結論ありきなので、都合の悪い事は一切考慮なんかしてないよ。
平成に入るまでは寒冷化で人類滅亡と言われてた現実を知ってるかい?

54

54. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 22:36
  • ID:ReAi3uQi0 #

エヴァの海みたいになったら嫌だよな。

55

55. 匿名処理班

  • 2015年08月21日 22:45
  • ID:xw4SYK8M0 #

マジレスすると、やっと氷河期が終わるんやな

56

56. 匿名処理班

  • 2015年08月22日 14:09
  • ID:joYI.gYb0 #

小氷期から氷河期突入はどこへ?
それ以前に寒冷化や高温化が穀倉地帯で10年程度続けば現在の大人口を抱えた人類は壊滅するのでは。

57

57. 匿名処理班

  • 2015年08月22日 23:49
  • ID:7uyRIwtu0 #

化学物質やら人間が何かをしてきた影響は大きいと思うけど
地球規模の気候サイクルがもともと存在してたりすると
ほぼ絶滅して生きていた新しい生命がまた育っていくような構図も浮かぶ
暖かい海で生き残った動物たちが支配者になっていくかもしれないし
そういう世界で生き延びた人間が新しい人種として繁栄してくかもしれないな
生きてるうちには見られないのが残念

58

58. 匿名処理班

  • 2015年08月23日 00:04
  • ID:kIOI78Ux0 #

何放り込もうが海や土地には自浄作用があるから大丈夫だよ…

59

59. 匿名処理班

  • 2015年08月23日 04:28
  • ID:AV7mKnua0 #

人間が繁栄してるのはごく限られた期間内のごくごく限られた条件の中だけの話、ってのがよくわかるな。 現在の地球環境から次の数億年の環境を整えた生物、みたいな感じで語られるんだろうか。語るものが居ればだけど。 地球上の物質だけじゃなくて、宇宙の物質も生活圏に取り入れようぜ。人に必要な物質が増えれば、そのぶん他に回らなくなるのは当然なんだし。

60

60. 匿名処理班

  • 2015年08月23日 05:53
  • ID:uYVDITIl0 #

とりあえずゴミを分解できる細菌でも開発しようか

61

61. 匿名処理班

  • 2015年08月23日 16:05
  • ID:D5vMZYev0 #

毎年のように最高気温更新してるのに氷河期はいつくるんだ?

62

62. 匿名処理班

  • 2015年08月24日 01:21
  • ID:n3sUXhQf0 #

地球は青かった(過去形)

63

63. 匿名処理班

  • 2015年08月24日 10:50
  • ID:09f5lS8L0 #

2100年になるまでにどんどん影響が出てきそう
全然先の話じゃなさすぎて嫌すぎる

64

64. 匿名処理班

  • 2015年12月29日 07:57
  • ID:S8MPRolq0 #

科学は万能ではない。実験レベルでは成功しても地球規模では無理な事はよくある。人類滅亡するとすれば原因は1つではなくいくつもの問題が絡み合って起きるでしょうね(´д`|||)因みに少数選抜して生き残りをかけるのも無理ですよ。せいぜい100年単位が限界でしょう。でも環境が自然に回復するのに必要な時間はおそらく万年単位だから(´д`|||)

65

65. 匿名処理班

  • 2016年11月11日 21:40
  • ID:H4rwqdV.0 #

※45
有史以前には海の底だった場所に都市が建設されてるからアカン

66

66. 匿名処理班

  • 2017年06月10日 19:49
  • ID:nXHmXl1J0 #

※49
その細菌を底辺にした食物連鎖が形成されるんだな

67

67. 匿名処理班

  • 2017年09月04日 00:06
  • ID:RUz3XHwe0 #

温暖化詐欺の次がこれか?

68

68. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 14:50
  • ID:Aak1xV700 #

ウォーターワールドはまだ王道楽土な方だった

69

69. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 13:03
  • ID:7Eijo64d0 #

一番問題なこと。
人類の全体が科学技術に悲観的になっているか、本当に科学技術が限界に来ているか、ということだ。
どちらにしても科学技術の力でどうにかする、ではなく現実から目を背けるだけだ。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク