no title

 放棄された古い家、未完成のまま風化した建物、置き去りにされた実験器具など、物悲しくも心そそる廃墟は世界中いたるところに存在する。そしてそこには、人が存在していた時の様々なストーリーが存在する。ここでは、20世紀から今に引き継がれている、悲劇的ストーリーを持つ、世界10の奇妙な遺跡を見ていくことにしよう。
スポンサードリンク

10.ヒトラーのハリウッドマンション(アメリカ)

1_e1

 1930年代にアメリカのナチスグループ銀シャツ党(Silver Shirts)は、ヒトラーの世界統一を確信し、ヒトラーにハリウッドの豪華なマンションから勝利宣言をしてほしいと願い、訴えかけていた。

 このグループは、大富豪である地主ノルマンとウィノナ・ステファン夫妻や鉱山の女相続人ジェシー・マーフィーらが率いており、400万ドル(現代の値段で6千600万ドルだが当時では破格の高額である)かけて、カウボーイ映画の伝説的スター、ウィル・ロジャースの家を買い取った。銀シャツ党員は、ヒトラー氏がアメリカ滞在中にこの家を利用して、気持ちよく政治活動に取り組んでもらうことを計画していた。



 総統のために最高のものを用意したいと考えた銀シャツ党は、防空シェルターや武装ガードマン、ディーゼル発電所、そしてジムにプールつきのランチハウスを用意する計画をたてていた。

 しかしこのプランはパールハーバー攻撃後、FBIが屋敷の周りを取り囲み、50人余りの銀シャツ党員が捕らえられたことで中止となった。世界で最も高価な不動産と呼ばれたこの家は、たくさんの落書きだらけで放置されたままである。2012年、この建物を埋め立てピクニックのできる場所にする計画が発表された。

9.絵にかいた楽園、フォードランディア(ブラジル)

2_e1

 フォード自動車会社の創始者、ヘンリー・フォードは、自社がアメリカの製造業と交通を一新したにも関わらず、まだ満足してはいなかった。彼はアメリカのみならず世界中を一新したかったのだ。そこで1928年、フォード社は、大金を投じてアマゾンの奥地にゴム園を開いた。

 フォード社はこれまでゴム製造をマレーシアに頼っており、このことはフォードのモットーの垂直統合に反すると考えていた。確かに経済的な動機もあったが、フォードはさらに多くのものを求めた。

 現地のブラジル人は、昼間はタイヤ・ゴムの採取に勤め、夕方になると現代的なアメリカ風家屋に帰ることを命じられていた。ハンバーガー屋やゴルフコース、アイスクリーム屋がならぶアメリカ風な下町が作られた。

 禁酒法やガーデニングの強制からするとこの下町はミシガン州ディアボーンがモデルとされており、じきにフォードランディアと呼ばれた。フォードは、当時未開だったブラジルの人々を完璧な小さなアメリカの町に閉じ込めようとしたのだった。しかしこの都市計画はうまくいかなかった。



 ブラジル人はアメリカ風の衣類を身に着けることや、パンや缶詰などの食べ物を食べることを強制されることを嫌がったのだ。さらに、ラテン気質の彼らにとっては、過ごしやすい夕暮れ時でなく、一日でもっとも暑い時間帯の昼間に働かなければならない理由がわからなかった。

 その後町には、マラリアや黄熱、そして違法のバーが流行り、従業員たちはアメリカ風家屋には居つかず、給料をもらうとすぐにそこを離れるようになった。

 1945年、フォードが2億ドル(209億円)かけたフォードランディアは、ブラジル政府に25万ドル(現在の日本円で2600万円)で買い取られた。このアメリカ風のゴーストタウンは今もまだジャングルの奥にたたずんでいる。

8.バルバドスの宇宙砲台(バルバドス)

3_e1

 カリブ海、西インド諸島にあるバルバドスには、HARP計画により設置された冷戦時のスーパーガンが横たわっている。HARP計画は、カナダとアメリカ合同で開始した人工衛星打ち上げ計画のことであり陰謀説でおなじみのHAARP計画ではない。ちなみにこの計画は、砲台の大きさにとことんこだわることで知られているジェラルド・ブル氏が関与していたものである。



 発射時に島の南側が震えることと、近隣住宅に計画の後援者たちが寄付を求めるという苦情が出始め、資金は底をつきはじめた。1968年、アメリカが別の方法で宇宙への打ち上げを思いつき、この計画から手を引くことになる。

 また、バルバドス政府は、ブル氏が南アフリカのアパルトヘイトに軍事的協力をしていたことを知り、借家契約の更新を激しく拒否した。この鋼鉄の遺物は、カリブ海の穏やかな潮の流れを誇らしげに見つめたままである。ブル氏は1990年にサダム・フセインのために違法の巨大砲台を建設した際に、謎の暗殺死を遂げた。

7.アレイスター・クロウリーの性魔術寺院(イタリア)

4_e1

 アレイスター・クロウリーはイギリスの謎に満ちた魔術師で、自身を「偉大なる野獣666」と名乗り、イギリスのタブロイド紙に「世界最悪の変人」と書き立てられた男である。

 クロウリー氏は裕福なビール醸造家の両親を持ちながら、バイセクシュアルでありオカルティストであった。自身を性魔術の指導者として人類を新しい時代に導く預言者と名乗っていた。東方騎士団や銀の星団などを率いたあと、クロウリーは寺院建設を決意する。

 この寺院はクロウリーの「テレマ主義」の寺院であり、テレマ主義の金言は「汝の意志することを行え それが法のすべてとなろう」であった。この寺院はシチリアのチェファルに建設された。



 クロウリーの信者は古い一つの建物で共同生活を送っており、寺院は魔術的儀式のために使われた。クロウリーは寺院の壁に自分で性的儀式の絵や悪魔やゴブリンの絵を描いた。信者の住む建物には、クロウリーが向精神薬を使い絵の描いた「悪夢の部屋」と呼ばれる部屋がある。

 1922年、ラウル・ラヴディと名付けた弟子が猫の血を飲み死亡し、この弟子の妻がロンドンに帰り、新聞社に夫がクロウリーの黒魔術によって殺されたことをほのめかした。

 この事件を機に以前から性魔術に反対していたムッソリーニは寺院を閉ざし、クロウリーを国外追放した。クロウリーが去ってから地元の人々は壁の悪魔的絵を漆喰で消した。徐々に廃墟と化す寺院はクロウリーのサイケデリックなインテリアをさらし始めた。イタリア政府はこの建物を売ろうと試みたが、買い手は現れないままである。

6.文明に呪われた町、グッサンヴィル(フランス)

5_e1

 グッサンヴィルは都市へのアクセスも良く緑の多いパリ郊外の町で、144世帯が暮らしていた。この平和な町に1973年夏、ソビエトの新しい超音速輸送機の試作機が墜落する事件が起きた。15の家屋を破壊し8人の町の人々が死亡した。

 この事故がグッサンヴィルの終焉の兆しとなってしまった。事故から1年後、パリにシャルル・ド・ゴール空港が開港した。シャルル・ド・ゴール空港はグッサンヴィルから数キロのところにあり、飛行機の経路が町の真上になった。



 昼夜問わず飛行機が轟音が煉瓦造りの家屋を揺らし、住人達は不眠症に悩むことになった。空港が開かれてから1年後、ほとんどの住人は町を出てしまった。住人の多くはこの家を誰かに売ることを申し訳ないと感じるほどのトラウマを抱えてしまったのだ。最近になってようやく町の解体計画が進み始めたらしい。

5.ソビエトの極秘研究施設(ヴォズロジデニヤ島)

6_e0

 中央アジアのアラル海にあるヴォズロジデジヤ島は、1948年、ソ連がひそかに細菌兵器研究施設を建てるまではただの小さな島だった。

 40年間もの間、この研究所では家畜への空気感染を観察する生物兵器の研究がされていた。そこでは炭疽菌や天然痘、野兎病、腺ペストなどの菌が研究されていて、ほとんどのものが遺伝子学的に致命的なものに改造されていた。



 1971年、天然痘の菌がアウトブレイクし、島外に放たれ、10人の命を奪った。そして1988年、細菌兵器の計画を必死に隠そうとするソ連は島にある炭疽菌を水で流し土で埋めてもみ消そうとした。菌は地下水脈を汚染してしまった。その後、研究所は閉ざされ放置されたままである。

 1960年代の灌漑計画以来、アラル海は大幅に干上がり、2001年にはついに陸続きになり、2007年には島の大きさが元の10倍になった。この事件は環境破壊による悲劇のなかでも最悪のものである。島ではなく半島になってしまったこの地域は中央アジアの時限爆弾と呼ばれている。

4.モントセラト島のゴーストタウン(イギリスの海外領土)

7_e0

 1989年カリブ海にある静かなモントセラト島はハリケーンが直撃し、島の9割以上が被害を受けた。経済的にも壊滅的な打撃を受けた。モントセラト島民は復興作業に乗り出したが、6年後に長らく眠っていた火山が再び噴火した。



 1995年7月、首都プリマスに避難勧告が出されたが、この町に戻ってこれた住人はほとんどいない。というのも、この月の25日に再び大きな噴火があり、町が溶岩や泥、灰で埋もれてしまったのだ。

 15年たった今、灰などで固まった屋根や電話ボックスの天井が突き出るようになってきたままである。プリマスが灰に覆われた時、19人の人々が死亡した。溶岩や泥に飲み込まれたモントセラトの人口は激減してしまった。

3.ランドマークタワー・サトーンユニーク(タイ)

8_e

 90年代前半、タイは好景気を向かえた。たくさんのクレーンが次々と新しいビルを作り、バンコクの通りに姿を現せた。新興国タイのランドマークになる高層ビル建設計画がすすんだ。

 しかしこの計画は1997年のアジア通貨危機のあおりをうけてしまう。アジアを震撼させた通貨危機はタイ経済を打ちのめし、サトーンユニーク建設計画もとん挫、タイ通貨が崩壊した後、すぐにこの計画は中止された。



 高級住宅とオフィスの入ったこのビルは、凝ったデザインの白い円形バルコニーが自慢であった。2013年現在もこの49階建てのビルはバンコクの中心で取り残されている。この建物はつくりが非常に不安定らしく取り壊しが困難らしい。649室の空室には現在なぜか気味の悪いマネキンが詰め込まれている。

2.ドン・ラクソンのマンション(フィリピン)

9_e

 1920年代、砂糖で大きな収入を得ていたドン・マリアノ・レデスマ・ラクソン氏を悲劇が襲った。愛する妻マリアが11人目の子供を出産したのち亡くなったのだ。ドン・ラクソン氏は悲しみに暮れ、新しい家を亡き妻に捧げることを決意した。

 国内随一の美しい屋敷と呼ばれるこのイタリア風の邸宅には惜しむことなく大金が投じられた。この家には子供たちそれぞれのための寝室と、家族で団らんしながら夕日を眺めるバルコニーも設けられていた。建物の柱の横には亡き妻マリアの頭文字Mが彫ってあった。



 月日がたち、第二次世界大戦が勃発し、日本軍がフィリピンに上陸した。再婚し、幸せに暮らしていたラクソン氏に、日本軍が氏の邸宅を本部として使うために乗っ取ろうとしているという噂話が舞い込んだ。これを信じたラクソン氏は抵抗する為、自宅に火を放った。屋敷が全焼するのに3日間かかったといわれ、炎の勢いが弱まったとき、そこには建物の骨組みしかなかった。この骨組みはいまも残ったままである。

1.血塗られた孤島、クリッパートン島(フランスの属領)

10_e0

 クリッパートン島とはメキシコ沖の西の方にあるサンゴ礁に囲まれた無人島だが、20世紀前半、人が住んでいたことがある。

 クリッパートン島には、珊瑚礁に鳥の死骸やふん、卵の殻などが長期間堆積して化石化したグアノがあり、これが非常に豊かな肥料の原材料になることがわかった。今まで興味を示さなかったメキシコとフランスの両者がこの島の領有権について紛争をおこした。

 メキシコは短期間だが、クリッパートン島に駐屯地を作り、小隊をここに置いた。ところがその直後、メキシコ革命が起きた。混沌を極める国内情勢により、クリッパートン島に定期的に船で食料や薬品を運送することは忘れさられていった。

 偶然クリッパートン島にアメリカの船が立ち寄った。船の乗組員らは現在メキシコ本土が置かれている状況を説明し、本国から船が来る望みは薄いことを告げ、島にいるメキシコ人に自分たちの船で本国に帰ることを薦めた

 ところが、小隊長のレイモン・アーノードはこれを断った。大統領直々に国境とグアノを守るよう任命されたアーノードは自分の役職をあきらめたくなかったのだ。補給艦はきっと来ると信じていたのだ。

 だがこれはおおきな間違いであった。



 待てど暮らせど補給船は来ない。1915年、住人の多くが栄養失調や壊血病となり、責任を感じたアーノードは海上の遠くに見える船を追うためカヌーに乗り出発した。しかしカヌーが船に追いつくことはなかった。カヌーは転覆し乗組員は全員溺死してしまった。

 1917年、クリッパートン島に生き残っていたのは子どもたちと15人の女性、たった一人の男性だけだった。島の灯台守りをしていたこの男は自らをクリッパートン島の王と名乗りはじめ、殺人とレイプを始めるようになる。

 この恐怖政治はアーノード氏の未亡人を含む2人の女性によって終焉を迎えた。女性らはその男性を何度も刺し、ハンマーで何度も殴り殺害した。その数時間後に偶然この島を見かけたアメリカ海軍により、生存者たちはついに保護された。この島は今もそのまま残され、現在はフランス領となっている。

SobrevivientesClipperton
クリッパートン島の生存者たち

via:10 Strange 20th Century Ruins・原文翻訳:Yucaly

▼あわせて読みたい
イタリアの古代都市、ポンペイ遺跡で時を止めたまま横たわる死者から型どった石膏像


当時の面影を今に伝える、世界26のゴーストタウン


災害の為に廃墟化した世界11のゴーストタウン


戦争当時にタイムスリップできる、世界7つの戦車の墓場



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3232 points
大正15年に制作された日本初の実験的ホラー映画「狂つた一頁」

大正15年に制作された日本初の実験的ホラー映画「狂つた一頁」

2021年4月10日
2位
3064 points
古代生物って面白い!三葉虫は脚で呼吸をしていたことが判明

古代生物って面白い!三葉虫は脚で呼吸をしていたことが判明

2021年4月9日
2402790133
3位
3030 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7542240234
4位
2843 points
息子よ...海兵隊曹長の父、少尉に昇進した息子に初の敬礼。感動の親子愛にネットが涙(アメリカ)

息子よ...海兵隊曹長の父、少尉に昇進した息子に初の敬礼。感動の親子愛にネットが涙(アメリカ)

2021年4月7日
2002589252
5位
2098 points
やせ細った犬が空腹に耐えきれず、屋台の椅子に顔を乗せ、人間が食べ物を分けてくれるのを待ち続ける(メキシコ)

やせ細った犬が空腹に耐えきれず、屋台の椅子に顔を乗せ、人間が食べ物を分けてくれるのを待ち続ける(メキシコ)

2021年4月8日
621960175
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年01月25日 20:45
  • ID:PveaNelK0 #

うーん 落書きで台無しなのが…

2

2. 匿名処理班

  • 2014年01月25日 20:52
  • ID:Kn5YuM220 #

こえーよ

3

3. 匿名処理班

  • 2014年01月25日 22:10
  • ID:ex41.6aw0 #

>島ではなく半島になってしまったこの地域は中央アジアの時限爆弾と呼ばれている。
これが一番怖いわ!

4

4. 匿名処理班

  • 2014年01月25日 22:10
  • ID:50eol8B.0 #

なんだ…いわくを付けてあげたのに軍艦島は載ってないのかw

5

5. 匿名処理班

  • 2014年01月25日 22:23
  • ID:wfJ412ti0 #

SCP財団−!はやく来てくれー!

6

6. 匿名処理班

  • 2014年01月25日 22:52
  • ID:.yqqc8hr0 #

チェルノブイリ…

7

7. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 00:37
  • ID:T.qwLeIH0 #

クリッパートンこわい。マジ怖い。
閉鎖された極限環境で秩序と人間性が崩壊するとか恐怖以外の何物でもない。

8

8. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 00:46
  • ID:BTo3zQgS0 #

男って社会という理性がないと歯止めがきかないんだね

9

9. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 03:10
  • ID:Gav.68OB0 #

日本も70年代のボーリングブームの廃墟がいっぱいあったな

10

10. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 08:54
  • ID:lPg2NAqW0 #

>しかしこの計画は1977年のアジア通貨危機のあおりをうけてしまう。
1997年だにゃ

11

11. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 11:51
  • ID:JhE.Dlql0 #

股間のバルバドスを食らってみないか?

12

12. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 12:27
  • ID:N9OS9hNv0 #

女って社会という理性がないと歯止めがきかないんだね

13

13. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 15:14
  • ID:y9t2dcAX0 #

2の日本軍が氏の邸宅を本部として使うために乗っ取ろうとしているという噂話ってのは、
当時としては本当に乗っ取ろうと思っていたんだろうな・・と思うと、申し訳無く思う・・。

14

14. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 18:56
  • ID:TfcMByCW0 #

5.のロシアの研究施設は呪いとかじゃなく現実に怖いわ。チェルノブイリ(当時はソ連)といい、本当におそロシアだ。

15

15. 匿名処理班

  • 2014年01月26日 21:22
  • ID:SmQsNwF.0 #

猫の血を飲み死亡って何だよこえーよ

16

16. 匿名処理班

  • 2014年01月27日 12:13
  • ID:SEfevNvQ0 #

ブル博士のHARP砲ってまだ残ってたのか! 驚き。計画が頓挫したあと解体されたかと思ってた。

17

17. 匿名処理班

  • 2014年01月27日 12:37
  • ID:.JTOBWQW0 #

末期中二病のまま行けるとこまで行ってみたのがクロウリー

18

18. 匿名処理班

  • 2014年01月27日 13:48
  • ID:KIep12yC0 #

人の狂気に侵された島とか建物か
やっぱ怖いのは人間って事かな
おそロシア

19

19. 匿名処理班

  • 2014年01月27日 16:35
  • ID:SJuB9xLJ0 #

>この恐怖政治はアーノード氏の未亡人を含む2人の女性によって終焉を迎えた。女性らはその男性を何度も刺し、ハンマーで何度も殴り殺害した。その数時間後に偶然この島を見かけたアメリカ海軍により、生存者たちはついに保護された。
記事を読む限りアメリカの船が来たから、恨みを晴らした様に見えるなあ

20

20. 匿名処理班

  • 2014年01月31日 23:57
  • ID:3tgCwgvD0 #

アンチクライストのクロウリー的にはこうやって呪いとして語り継がれるのは本望だろうな

21

21. 匿名処理班

  • 2014年02月04日 14:56
  • ID:1C.7FIyL0 #

>島の灯台守りをしていたこの男は自らをクリッパートン島の王と名乗りはじめ
厨二病発症した結果ww
社会や秩序に守られてるのは男も女も同じってよく分かる例だな

22

22. 匿名処理班

  • 2015年05月12日 05:42
  • ID:3nyamZeb0 #

ちょこちょこゴルゴ13の元ネタらしき話が有るね

23

23. 匿名処理班

  • 2017年07月18日 15:47
  • ID:1lkrv82V0 #

モントセラト島の項目で
町が溶岩や泥、「杯」で埋もれてしまったのだ。灰が杯になってる

24

24. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 14:46
  • ID:yBCLifrD0 #

生物兵器の研究島が現在進行形で1番怖いよ、北方領土うんぬんよりも先にそっちをどうにかせーやロシアさん

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク