0_e
image credit:P. R. Grant

 科学者たちは今、野生においてまったく新しい種が誕生する様子をリアルタイムで観察している。なんと、それにはわずか2世代しかかかっていないそうだ。

 ガラパゴス諸島ダプネ・マヨール島にはガラパゴスフィンチの固有種が3種存在するが、そのうちの1種が、100キロメートル以上離れたエスパニョラ島からやってきたダーウィンフィンチ類と異種交配し、まったく新しい種が誕生したという。

 発見者はそれを「ビッグバード」という愛称で呼んでいる。


 
スポンサードリンク

ダーウィンに進化論の着想を与えた鳥「ダーウィンフィンチ」


 「ダーウィンフィンチ」という鳥の名は、進化論で知られているあの有名な自然科学者、チャールズ・ダーウィンの名にちなんでいる。

 ビーグル号の航海の途中にガラパゴス諸島に立ち寄ったチャールズ・ダーウィンは、彼らの姿を見て自然選択による進化論 ー つまり、突然変異によって環境により適応し、それが後の世代に受け継がれるという理論を着想を与えたとしてこの名がつけられたのだ。

4
image credit:Charles Darwin

異種交配によりたった2世代で誕生した新種「ビッグバード」


 アメリカ・プリンストン大学の生物学者ピーターとローズマリー・グラント夫妻は、40年に渡りダプネ・マヨール島でガラパゴスフィンチの調査を続けている。

 今から36年前の1981年、グラント夫妻と共に調査を行っていた大学院生が在来種ではないダーウィンフィンチ類のオオサボテンフィンチ(Geospiza conirostris)のオスがいることに気が付いた。

オオサボテンフィンチ 
5_e
image credit:P. R. Grant

 オオサボテンフィンチはガラパゴス諸島エスパニョラ島の固有種である。この島に生息する固有種3種とは違う鳴き方をするために目立っていたのだ。

 100キロメートルも離れているエスパニョラ島からどうやってやってきたのかはわからない。だがもともと長距離移動をしないオオサボテンフィンチはここに定住することとなった。

 そしてダプネ・マヨール島の固有種であるガラパゴスフィンチ(Geospiza fortis)のメスと交配したのである。

ダプネ・マヨール島の固有種であるガラパゴスフィンチ
2_e
image credit:P. R. Grant

 異なる種同士の交配で子供が生まれるケースはそれほど珍しくはない。有名な事例としては、雄ロバと雌ウマの間に生まれるラバがいる。また雄ライオンと雌トラを掛け合わせたライガーもよく知られている。

関連記事:種の違いを越えて。20のハイブリッドアニマル : カラパイア

 その様子をずっと観測していたグラント夫妻らは、わずか2世代で新たなる種が誕生する瞬間を目の当たりにする。

 その新しい血統が「ビッグバード」である。

 新種のダーウィンフィンチ類「ビッグバード」
1_e
image credit:P. R. Grant

絶滅の危機を乗り越えたビッグバード


 ビッグバードはオオサボテンフィンチとは違う鳴き方をし、クチバシの大きさや形状も異なる。これらはフィンチが交配相手を惹きつけるために用いるものだ。ゆえに繁殖の点において、ビッグバードは完全に孤立しており、生き残るためには同種と交配せねばならなかった。

 それは厳しい戦いであった。2002〜2003年にかけてダプネ・マヨール島に干ばつが発生。その当時ビッグバードは4世代目であったのだが、2羽を残してすべて死んでしまった。

 それでも彼らは生き残った。
 
 ようやく雨が降った。兄と妹が交配して26羽のヒナが生まれた。うち9羽が生き残り、オスのヒナが母親、メスのヒナが父親、残りはきょうだい同士で交配した。かなり同系交配的な血統である。

 ビッグバードは在来種よりも大きかったので、それまで食べられることのなかった餌を口にして生き延びることができたのだ。

 グラント夫妻が訪れた中で最も最近となる2012年の時点で、23羽の個体と、8組のつがいが確認されている。

 この成功は、ダーウィンフィンチの異種交配がこれまで幾度も発生したであろうことを意味している。こうして新種が誕生し、一部は絶滅し、一部は今日我々が知るような種として生き残ったのだ。

via:sciencedaily / phys / sciencenewslineなど/ translated by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
ダーウィンは子煩悩パパだった。チャールズ・ダーウィン直筆の原稿の裏は、子どもたちの落書きで満たされていた


チャールズ・ダーウィンの偉業を後世に伝えるデジタル・アーカイブプロジェクト


ダーウィンの進化論をバーチャルクリーチャーで再現してみた映像「Evolved Virtual Creatures」


雌雄モザイクの蝶、その他生命の進化の神秘を捉えた写真


動物の同性愛に遺伝的な利点、仲間の繁殖力が強化されることが判明(スウェーデン研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 09:11
  • ID:KCOiC.1f0 #

閉鎖された環境で違う種同士で交配して進化するということは将来、元は地球から連れてきた動植物達も火星のテラドームなどのコロニー内で長い目で見ると地球とは違う進化を辿るということですな。

2

2. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 09:12
  • ID:9tU.07Ci0 #

人類の起源も近親交配で生き残ったのかなぁ

などと考えてみる

3

3. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 09:25
  • ID:p1pqWsXZ0 #

ラバやライガーみたいな一代雑種とは違うようだね、どちらかというとワンコやニャンコの交配みたいなものかな?

4

4. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 09:35
  • ID:EHtdE1xK0 #

これって全く新しい種類と言えるのか?
ホモ・サピエンスで例えれば黒人と白人程度の違いじゃないの?

5

5. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 09:49
  • ID:NPwr4oO50 #

兄妹って…まさにアダムとイブになったのか…
こうして異種交配で生まれて何千年も経って普通に繁殖してる種ってわりかしいるんだろうなあ

6

6. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 09:58
  • ID:zHaY5goD0 #

>100キロメートルも離れているエスパニョラ島からどうやってやってきたのかはわからない。

持ち込んだ奴がいるんじゃ?
種の汚染なのか新種の鳥が誕生なのか断言できる情報は少ないが

7

7. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 09:59
  • ID:OCspa96x0 #

新種というより雑種だよねこれ。

8

8.

  • 2017年11月28日 10:15
  • ID:b8z8znbT0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 10:21
  • ID:GgrCVXrJ0 #

とんでもないことですよ、これは

10

10. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 10:24
  • ID:euODqtsC0 #

※4
本文中に
>繁殖の点において、ビッグバードは完全に孤立しており
とありますので
元になった種と交配しない点で別種ですね
遺伝的には近いので交配は可能でしょうが自然状態で交配をしなければ新種
観察期間が短いので明確ではありませんが

11

11. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 10:37
  • ID:ciZ5NQ1f0 #

※7
その雑種が一つの種として定着したってことそ

12

12. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 10:45
  • ID:..2avrOh0 #

近親交配のどうこうはさておき、生き残ったのがたまたま雌雄で番になれたけど、これが同性同士なら、そのまま絶滅だったと言うこと?

13

13. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 10:49
  • ID:Fugxc40p0 #

人が手を加えずとも生き抜こうとする

14

14. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 11:28
  • ID:daITmf5W0 #

きょうだい同士じゃなくて在来種のフィンチと交配したのはいないのかな?
ご先祖が生き残るためにしたのと同じように。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 11:35
  • ID:se62DQfS0 #

種の定義は、おそらく最も一般的には
「相互に交配可能で、その子孫も生殖能力を有するもの」なんだが、
その定義からいうと新種と言っていいのか、これ?

16

16. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 12:10
  • ID:41Ht.4fS0 #

人間もガラパゴス諸島に住んだら早く進化するのだろう(全然わかっていない)

17

17. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 12:29
  • ID:Ive.DeMl0 #

手塚治虫の『火の鳥』を地で行ってるな
生き延びるものは、どんな境遇でも生き延びるものだ

18

18. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 12:44
  • ID:QRnWSODe0 #

種として独立しているのとは違うような。。。

19

19. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 14:43
  • ID:e9mOYmpN0 #

画像を比べてみてもよくわからないな

20

20. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 15:30
  • ID:j0roHIvu0 #

ライガーやラバの繁殖に成功すれば新種ってことかいな

遺伝子のくっつき方でごく稀に子供を作れる個体がいたらしいが
それも死んでたけどね

21

21. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 15:30
  • ID:TZFlPnFb0 #

雑種と新種の違いとは?

22

22. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 16:46
  • ID:XcGA.9tR0 #

白い鳩が外敵に襲われやすい為に、結果的に黒い鳩が増えていくのを生物淘汰・進化と呼ぶのであって、それまで交雑していなかった種が掛け合わさった程度でいちいち報告せんでええわーって思うんだけどw
京都大学の「暗黒蝿」の様に、千数百世代に渡る完全な暗室での累代飼育を行っても、蝿は視力を失わなかった・・・という様な報告には、問答無用の説得力がある。
暗黒蝿に比べたら、ずいぶんとお気楽な研究報告じゃね?
30年以上も地域個体群の研究するのは立派だけど、結果的に僅かな交雑報告しかしてないのかこの夫婦?それを進化と呼ぶにはあまりにお粗末じゃね?

23

23. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 18:01
  • ID:euODqtsC0 #

※15
※18
記事を読んでくだい
元の種からは繁殖面で孤立してると書かれています
繁殖で孤立していれば、元の種とは別の遺伝子プールですから新種です
観測期間が短いので将来的にはわかりませんが、現時点では新種と言えます

24

24. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 19:16
  • ID:bKlNAbLJ0 #

凄い、嘴の上下がそれぞれの遺伝か。
どういう優性過程が働いてるのか不思議だ。

25

25. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 19:48
  • ID:OvFuI4Rs0 #

フィンチってスズメだよね
ガラパゴスでは観光客の捨てたごみをフィンチがあさってたりする

26

26. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 20:13
  • ID:9QCZ7njz0 #

見落として居たか、捏造だと思う。

27

27. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 20:30
  • ID:jUlHVU5U0 #

見てないとこで在来種と交雑してるかもしれないんじゃないのか?
一代目ができたんだから、より近い二台目以降の交雑種のほうが可能性は高いはず。

28

28. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 20:31
  • ID:s.FYgthH0 #

※2
※5
どうだろうね。
競馬馬でも近親交配は嫌う話があるし
人は哺乳類の中でも最弱の部類にある。
知恵があるから何となく生きてる訳で自然界では生き残れるかどうかは難しいと思う。

29

29. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 21:39
  • ID:itfvBC6z0 #

※6
あの二本足で歩き回り飛ばない生き物達は、
デカい魚の背中にのって現れたり居なくなったりしているな。
どうやらあのデカい魚は肉食では無いらしい。
ならば私も、あれに乗って何処かに行けるのでは無いだろうか。
そこにはきっと、見た事も無い可愛い雌が居るに違いない。
(とある鳥の手記より)

30

30. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 21:45
  • ID:itfvBC6z0 #

※12
そういう事ですね。
恐らく、これまでこんな事が幾度も起こっていて、
そうしたピンチを乗り切ったフィンチ達が
今の多種多様なバリエーションの先祖になっていったのでしょう。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 22:34
  • ID:jzGMAFeh0 #

※22
まあこの記事だけ見た意見だとしたらお粗末だよね
グラント夫妻、で調べたらもう少しわかると思うよ、超有名人なんで

32

32. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 22:47
  • ID:2EJCv0V30 #

台風や強風の際に、現地では生息してない生物が運ばれてくることがある、とバードウォッチャーから聞いたことがある。蝶の事例もあるけど、あの強風の中で無事なのはイメージできない。

33

33. 匿名処理班

  • 2017年11月28日 23:56
  • ID:5TeoNGEC0 #

※27
ホモ・サピエンスは厄介な生き物だぞー
なんせ50キロメートルを3時間以内で移動するからな
それだけ追い回されて無事でいられる生き物は少ないぞ

34

34. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 01:27
  • ID:TGXnmrkC0 #

適応放散の結果多様なフィンチが生まれ、交雑により中間雑種が生まれた
雑種は理由は分からないが各集団に吸収されず独自の集団に
近親交配になっているとのことだからある程度の代数までは遺伝病が現れるだろうが、それも越えれば近交系マウスと同じようになるかも
血縁度の高まりからハダカデバネズミのように社会性を持ちはじめ、人類に反旗を翻し・・・まあ、無いか

35

35. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 01:44
  • ID:F.vYRATf0 #

進化はゆっくりと起きるものだという思い込みが打ち砕かれた!!今この瞬間にもどこかで進化のチャンスが訪れていて、新種が生まれている(あるいは失敗して淘汰されてる…)んだろうな

36

36. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 02:47
  • ID:KOc8ZLgL0 #

※2
現生人類の遺伝子の多様性はそんなに高くない、ので、数百人規模の少数グループから増加した、ボルトネック……ではなくボトルネック効果の可能性がある、と言う話を昔ものの本で読んだ覚えが

37

37. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 04:32
  • ID:YwQtP7MC0 #

野鳥の世界では近縁種間での交雑種が野生状態でもアクシデント的に生ずるのはよくあること。ただしそれが遺伝的に独立した個体群を形成して独立種として認められるには長い時間が必要。数世代くらいではまだ「交雑種」の域を出ていないと思うが今後に期待、てところか。

38

38. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 05:27
  • ID:jfCq.zUf0 #

よく自称環境保護団体は別種が交わると交雑がどうとかで問題になるのに何でこっちは問題にならないのか
いやむしろ本来は問題にすべきではないのか

39

39. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 09:48
  • ID:XZnsa7nr0 #

※36
確か火山の大噴火で個体数が著しく減ったことがあったと言われているんですよね。

40

40. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 10:39
  • ID:qDAtIZdh0 #

相手が見慣れた人間種じゃないか、外観で判断できないだけで
遺伝子異常が多そうだ

41

41. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 11:29
  • ID:WCWBzWF30 #

北極圏ではシロクマとヒグマが交配して、新たな熊が生まれている。ガラパゴスでは海イグアナと陸イグアナも交配している。人類が見れば、なんだただの交雑か、進化の定義からすれば違うでしょって思うかも知れないけど、人類の解釈がどうであれ、これらは遥か未来になったら全く別な生き物になってるんだろう。

42

42. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 13:07
  • ID:ge589tZ90 #

太平洋のピトケアンは、未成年も含めた島民数十人でまぐわっていたのが
本国イギリスに知れて問題になったけど(個人的には数十人ならそりゃそうなるだろと同情する)、
彼らは新種と呼べるだろうか?
ピトケアン人と島外人が性交しても妊娠しなくなれば、新人類誕生といってもいいが…

43

43. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 16:13
  • ID:ktDEXBcc0 #

進化論て実は正しく理解されていない事が多い気がする
突然変異と自然淘汰が重要だったりとか
興味ある人はグラント夫妻の名著『フィンチの嘴』(上下2巻の分厚い本)を読むといいと思う
あと進化論てチャールズ・ダーウィン一人の手柄になってるけど、同時代、先に似たような結論に至っていたアルフレッド・ウォレス(ダーウィンと親交があり論文見せたりしてた)の名は驚く程知られていない

44

44. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 18:17
  • ID:aBAjlKUF0 #

※23
「交配可能性」って交配する能力があるかどうかじゃなくて、
自然状態で交配する可能性があるかどうかだったのか。俺の勘違いかな。

ただ、そうすると人類史においても別人種の存在がごく普通にいたことになるな

45

45. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 18:22
  • ID:M4aCGwx50 #

出アフリカしたホモサピエンスのグループが数百人だと言われているので、そこから現在の人類が増えていったわけだから、最初の内はかなり近親交配をしたんだろうなと思う。

46

46. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 18:24
  • ID:Gedfu.Ng0 #

※43
進化論に対する誤釈は、確かに随分多いように思います。元小泉首相も演説で「力の強いものが生き残るのではない、頭の良いものが生き残るのではない、環境の変化に適応したものが生き残るのです」とダーウインの進化論を引き合いに出していましたが、これはダーウインの言葉ではありません。これはアメリカのある著名な経済学者の発言のコピペです。多くの人がこのコピペの方を引用している。ダーウインの主張はむしろこの逆。
生物学を専攻している人は良くご存知だと思うが「種の起原」には「人間」が「猿」から進化したなどという記述はないし、「適者生存」という語は、第5版からしか登場しない。また、Evolution(進化)という語が登場するのは、さらに後の第6版以降。(社会学者ハーバート・スペンサーの提言による)注釈も第3版以降、次々と増えている。
初版発行当時、自分と同様の結論に至ったであろうウオレスを意識して、急いで出したともいわれ、自身もこれは、全部じゃなくて「概要」と説明している。
今では、当時ダーウインがまだ知り得なかった「遺伝子」の概念もある。科学研究は、常に書き換えられる運命にあるし、また、そうでなくてはならない。正しい結論にたどり着くためにはきちんと他者の主張に耳を傾けるスタンスが必要だよね。

47

47. 匿名処理班

  • 2017年11月29日 21:24
  • ID:5aj6k3XX0 #

※46
さらに言えば、
環境の変化に適応したものが生き残るのでもなく、
変化した環境にあっていたものが生き残るだけだよね

48

48. 匿名処理班

  • 2017年11月30日 03:57
  • ID:3Q1f0LKc0 #

※47
そう。その通りなんだよね。

49

49. 匿名処理班

  • 2017年11月30日 11:17
  • ID:OXGBLKEr0 #

※2
神話とか現代人から見るとけっこうエグいのあるしなぁ
まったく脈略無いとは言い切れないと思うのよねw

50

50. 匿名処理班

  • 2017年11月30日 20:50
  • ID:dTUkAhs70 #

日本の神話の父ちゃん違えばOKみたいな感じだね

ビッグバード・・可愛い

51

51. 匿名処理班

  • 2017年11月30日 22:23
  • ID:XFT5mcil0 #

※15
生まれた子供たちは、生殖能力があるね。

52

52. 匿名処理班

  • 2017年12月01日 13:52
  • ID:y2QHOhfE0 #

黄色くないけど
なんでこんな名前をつけたのだろうか('A`)

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク