no title

 駄々っ子でわがままなところがあるんだけど、そこが魅力でもあるハスキー犬。さて今回の「ハスキー、またお前か?」は、散歩編である。

 忠犬ハチ公にあこがれる飼い主が「ハチ」と名付けたこのハスキー、大好きな散歩をもっと続けたい。家に帰りたくない。だもんだから帰宅する道中はまったく動けないシステムになってしまうという。
スポンサードリンク
0_e6

 突如としてその姿を消してしまったブラジルの男子大学生。

 彼が住んでいた部屋には無数の暗号文と宇宙について幾つもの推測を述べた16世紀の哲学者の彫刻が残されていたという。
スポンサードリンク
dognbabyanimals4

 マランダーではこれまで、飼い犬と赤ちゃんのほのぼの映像を何回かお届けしてきたんだけれど、犬がほのぼの優しく接してくれるのは、なにもニンゲンの赤ちゃんに限ったことではないようだ。今日はいろいろな動物の赤ちゃんと、犬との優しい出会いの様子をお届けしようと思うんだ。
2_e24

 ネットの普及により、心身に異常をきたした場合には、その症状を検索ワードにして調べることができる。だがこれがなかなかやっかいで、最悪の結果が導き出されることが多々あるわけで、恐怖と不安が助長されるケースが多く、ひとつの社会問題にもなっている。

 ちょっとした痛みでも、ガンなどの致命的な病気に行きあたってしまうのだ。死刑宣告受けるくらいの恐ろしさが漂ってるんだからもうほんとやだよぅ。

 病は気からとはよく言われているが、その気が侵されてしまいそうなくらい衝撃的な結論にたどり着いてしまうのだから恐ろしい。なのでネットでググるよりも、病院にいったほうが精神衛生上よさそうだ。

 ということで、ここではググってしまった結果、かなり恐ろしい結果にたどり着いてしまった12の医学的症状を紹介しようと思う。

000_e

 アメリカ、カリフォルニア州にあるディズニーランドで行われたどっきりが、なぜ私はその場にいなかったんだよ!と地団駄を踏んでしまいたくなるほどのどっきりだった。

 カリブの海賊というアトラクションでいきなり登場したのは、なんとあのジョニー・デップだったのだ!パイレーツ・オブ・カリビアンのジャックスパロウの衣装に身を包み、剣を振り回しながらの立ち回り。

 これには観客大興奮。次々とその動画や画像がSNSに投稿されていったわけだ。
2_e

 水の上をアイキャンフライ!水鳥のように舞い上がり空を飛ぶことができる1人乗り用水上小型飛行機「キティー・ホーク・フライヤー(Kitty Hawk Flyer)」が、ついに年内販売される予定だという。

 これは、グーグルの創業者ラリー・ペイジ氏が支援する企業、キティー・ホーク(Kitty Hawk)社が開発したものだ。
0_e3

 日本にいると実感がわかないかもしれないが、海外でなんでも物が盗まれがちだし入り込まれやすい。その為に様々なセキュリティー対策が施されているわけだが、あらやだうっかり、ちょっと考えると簡単に解除可能だったりするケースも多い。

 ここではそんな脱力系の防犯対策ケースを見ていくことにしよう。
0_e5

 ツイッター上でレベッカと名乗る女性がこうつぶやいた。

2年前に離婚したのだけど、元夫がいまだにふたりで飼っていた犬のアポロの誕生日にカードやペトコ(ペット用品店)のギフトカードを送ってくる

 彼女と元夫の間に子供はいない。だが結婚した当初からかわいがっていた愛犬、アポロがいた。犬は人間の子どもと違って裁判で親権を争うことはできない。

 犬のアポロは離婚後、レベッカがその親権を得ることとなったが、元夫はどうしてもアポロのことが別れられない。まるで我が子を思うように、アポロのことを思っている。

 夫婦は別々の道を歩むことになってしまったが、それでもアポロを思う気持ちは共有しているようだ。
0_e21

 脳にAIを直結する技術は、新たなる特権階級を作り出すだろうとスロベニアの哲学者、スラヴォイ・ジジェク氏は論じている。

 彼らは自己同一性と自由意志を有しながら、デジタル空間と融合した人間の意識を支配するはずだという。
01_e2

 ブルガリアで生まれ、スペイン・マドリードを拠点に活躍するアーティスト、Christo Guelovは、横断歩道の可能性とやらを追求してみたくなったようだ。椅子や時計に多種多様なデザインがあるように、横断歩道も無限の可能性を秘めていると思ったという。

 そこで彼は、マドリードにある横断歩道を変えていった。白線は白線として使用しながら、それ以外の部分を様々なパターンや色で描き上げていったのだ。
0_e25

 NASAとESA(欧州宇宙機関)によって開発され、1997年に打上げられた土星探査機、「カッシーニ」がついに土星の環をくぐった。

 その大気や巨大な台風を捉えた最新画像は、これまで最も近くから土星を撮影したものだという。
sneeze14_ea

 くしゃみっていうのは、出てほしくないときに限って出てしまうことも多いよね。うまく止められれば涙目になるくらいで済むのだが、止められなかったときには盛大にハクションしてしまって、誰がウワサしてるんだろうなんて笑ってごまかしたりもする。

 それは人間に限ったことではないらしく、以前には犬がくしゃみする寸前の顔を特集でお送りしたけれども、今回はお待ちかねの猫バージョンをお届けするよ。
2_e23

 数多くある宇宙人やそれを取り巻く陰謀説で最も奇妙で突拍子もないものが宇宙人と人間のハイブリッドであると主張する人々の話だろう。

 だが本人たちはいたって大真面目なのである。彼らは本気でそう信じているのだ。ここで取り上げるのは、本人、あるいはその知人の証言による、10のハイブリッド物語である。
0_e24

 様々な規制が渦巻くメディアの世界だが、お尻を出すこのスタイルはギリギリセーフだったようだ。お尻が世界を平和にするというお題目の元、「ムーンショット」、あるいは「ムーニング」と呼ばれるお尻をさらけ出すこのスタイルがインスタグラムでひそかなブームとなっている。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク