00

 南アフリカのサファリパークにて、観光客の車の後ろに飛びついてかぶりつくライオンが出没、その動画が人々を震撼とさせている。

 不運にもその車に乗り合わせ、窓一枚隔てた向こうでスペアタイヤにガシガシ噛みつくライオンを見守ることになった人々は、制御不能な野生動物の恐ろしさを味わったという。
スポンサードリンク
0_e3

 月にも地球と同じ、もしくはそれ以上の水があるとしたらどうだろう?水のあるところに生命体あり。ロマン炸裂妄想フルスロットルとなるんじゃないだろうか。

 アメリカ・ブラウン大学の研究によると、月にある火山付近で採取された結晶から大容量の水が地底に存在することを示唆する痕跡が発見されたという。

 この研究は、1970年代のアポロ15号と17号からもたらされた結晶を米国政府援助のもと解析したのである。

スポンサードリンク
rollingpandas0

 毎度おなじみ、パンダ子パンダで大人気の成都ジャイアントパンダ繁育研究基地から、モフモフ子パンダたちの新たな映像が届いたよ。さあみんな、飲み物だとか枕だとか、ほっこり和む用意ができたら動画へGOだ!
00

 ニュージーランドの先住民族、マオリ族の女性たちは、青年への通過儀礼として、アゴに入れ墨を施すという伝統的習慣があった。これは "モコ・カウアエ"(moko kauae)と呼ばれ、自らのアイデンティティの象徴となるものである。

 1800年代、ニュージーランドがイギリスに植民地化され、その習慣は廃れてしまったかのように見えたが、現在また徐々に復活の兆しを見せている。

 ここでは1900年代初頭のマオリ族の女性たちのモコ・カウアエを見ていこう。
 
andy1_e

 子どもたちが遊びながら人体について学べる、「アナトミック(解剖学)なアンナとアンディー」という人形が開発されたようだ。服を着た状態だとどこにでもありそうな人形だが、脱がせるとまさかの臓器が丸見えぱっかりんこ!

 くりくりとしたつぶらな瞳の人形が真顔でしかも臓器丸出しで仰向けに寝ていたらちょっとというかかなり怖いしサイコパス映画さながら・・・開発された目的がいたってマジメなだけにシュールさがましましなんだなこれが。
7_e0

 風光明媚で整備された場所だけが観光地ではない。例えばこんな場所はどうだろう?これらはみなゴミでできた名所なのである。

 無責任に捨てられたゴミの山が変身したカリフォルニアのグラスビーチや、意図的にゴミの山を公園に変えたヴァージニア州のマウント・トラッシュモアのように、瓦礫をそっくり観光地にしてしまった例は世界中にいくつもある。

 ゴミ問題が叫ばれる中、ゴミをどう有効利用すればいいのか考えながら訪れるのも良いかもしれない。
0_e10

 先週始め、ひとりの若い女性が、長い間失踪していた自分の父親と思いがけない場所で再会してショックを受けた。

 「その男性が店に入ってきたときは、路上によくいる人だとしか思いませんでした」アイダホ州ポストフォールズで、エクソンのガソリンスタンドのレジ係をしている23歳のショシャンナ・ヘンズリー(上記写真は父親と一緒のショシャンナ)は、男性が提示した食料配給券のカードを見たときのことを語る。

toptop

 アメリカのテキサス州に、完全に聴覚を失っているにもかかわらずガレージに閉じ込められたまま何年もネグレクトされていた過去を持つ保護猫がいる。

 彼はノブスという名の12歳のオス猫で、半年ほど前に地元の保護団体に救出され、今はスタッフのもとで暮らしている。

 何年間もモノ同然の扱いを受け、なんの注意も払われずにいたノブス。そんな壮絶な環境に置いた人間に心を閉ざすこともなく、近づいてくる人すべてに愛情をふりまくほどの心やさしい猫として、今では幸せな生活を送っている。
00_e1

 アメリカ国防総省の1機関、国防高等研究計画局(DARPA)はエリート兵士創出を目的とするいくつものプロジェクトを公開した。

 DARPAは、脳が感覚情報を処理する方法を解明するために、ニューラルネットワークの役割の研究におよそ70億円の資金を投じる予定だ。また脳内の信号を解読・生成するテクノロジーやアルゴリズムの開発も目指している。

 DARPAの発表によれば、ニューラル・エンジニアリング・システム・デザイン(NESD)という計画では、「脳と機器間における高度な信号分解能とデータ送信量を備えたインプラント式ニューラルインターフェースの開発」を目指しているという。

 インプラントは翻訳機として機能し、バイナリコードのようなデジタル通信を脳内で使用される電気化学的信号に変換する。
0_e

 ゾウは我々人間と同じように仲間と会話したり意思の疎通をはかっている。人間の耳には聞こえない低周波音を使って10km以上も離れた仲間と会話するのだ。ゾウは挨拶や自分の行動など、実に100種類以上の言葉を持っているという。

 新たに開設されたサイト 「ハロー・イン・エレファント(Hello in Elephant)」は、「こんにちは(hello)」や「悲しいよ(I’m sad)」と英字で入力すれば、ビデオクリップでそれぞれの意味に対応したゾウの仕草と鳴き声を説明してくれる。

 また文字や絵文字入力の他にもマイクを使った音声による入力もできる。
years2

 太ってきたらダイエットしなきゃな・・・とか、ちょっと筋トレでも始めてみようかな・・・とか、思うには思うんだけど行動に移せるかどうかといえばまた別の話で、明日からいや明後日から・・・とかやってるうちに今年も夏が終わりそうで泣く。

 そんなんだからこのオヤジについてはただただスゴイナー、って感心したよ。「Polish Viking(ポーランドの海賊)」の異名を持つ、インスタグラムで話題沸騰中のイケてるオヤジことパベル ラジアック(Pawel Ladziak)さんだ。
perfecttiming2_ea

 ペットのやることは予測不可能。ほのぼの写真を撮ろうと狙ったつもりでも、その瞬間に何が起こるか、誰にもわかりゃしないんだ。

 今日の写真集は、ナイスなタイミングでナイスな被写体となってしまった、ペットたちの総集編だよ。気楽に見て、クスリと笑ってもらえたらいいと思うよ。

14_e

 人間が住みつかない場所には2タイプある。一つは人間が住むには適していない場所である。例えば高温多湿な熱帯雨林の中やすべてが凍り付くほどの寒冷地帯である。

 そしてもう一つは不気味な気配が絶えず漂う放棄された場所だ。たとえ霊的存在を信じていなくても、背筋が寒くなったり、見えざる者の気配を感じたりと、本能的なやばさを感じ取ってしまうのである。

 ここにあげるのは、放棄された場所にあった不気味極まりないものである。
baby1_e

 8月17日まで、アメリカ・ロサンゼルスのミアー・ギャラリーで、写真家のポリー・ボーランドさんの個展が開催されていた。

 「AB / DL」の世界にスポットを当てた作品「The Babies」シリーズを展示していたらしい。

 「AB」はAdult Baby(アダルト・ベイビー)、「DL」はDiaper Lover(おむつ愛好家)の頭文字をそれぞれとったもの。

 アダルト・ベイビーは生後6カ月から5歳ごろの幼児期に戻ってお気に入りの瞬間を赤ちゃんとして楽しむ大人のことで、おむつ愛好家はおむつをはくのを愛する大人のことだそうだ。

 成人男性が大人用のベビー服を着て、大人用のおむつをはき、まるで赤ちゃんのようにおしゃぶりをくわえたりぬいぐるみを抱っこしたりしている姿はとてもフェティッシュだがそれだけじゃないようで・・・詳しく見ていこう。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク