dog-3_e

 なぜだろう。犬たちのドジっ子属性は多ければ多いほどかわいいし愛される。心配だけど、だがそれがいい!なのだ。

 ってわけで、今回図らずも穴にはまってさあ大変!のはずなんだけど、なぜか満足そうな犬たちの幸せな顔を見てみよう。みんな揃いもそろって見事にすっぽり入ってるんだけど、とっても楽しそうなんだよ。

 
スポンサードリンク
0_e

 いつの世も人類は美しくありたいという願望があるようだ。それはまさにDNAに刻み込まれているといってもよいだろう。これまでの人類の長い歴史の中で、美しく見せるために人は体をさまざまに改造してきた。

 太古の昔からあってもっとも広く行われていたのは、頭蓋骨の形を変形させることだった。幼児の柔らかな頭蓋に手を加えることから始まるこの技術は、人工頭蓋変形として知られる。もちろん美以外の目的があったかもしれない。

 昔はこれだけ流行っていたのに、現代社会ではほとんどお目にかかることができない人工頭蓋変形。だがもしかしたらファッションという名目で、人々がもういちど頭蓋骨を変形させる始めるのも、時間の問題かもしれない。
スポンサードリンク
7_e3

 ハリウッド映画といえば世界中を震撼させる素晴らしい映画を作り上げているわけだが、それも巨額の予算のなせる業でCGやら特殊効果やらの進歩はすざましい。

 そこに登場する俳優や女優たちも、メイクアップ技術により原形をとどめていないほどの変貌を遂げるわけだ。

 ここでは、ハリウッドセレブ達のビフォア・アフター画像を見ていくことにする。
no title

 昔から、信頼できる人が欲しいなら、まずは人を信頼することだと言われてきた。確かにその通りなのだが、こっぴどく裏切られることもある。

 実は不誠実な人物には特有のサインがあるそうだ。アメリカの起業家、トーマス・カルロプロス氏が、長年の経験から信頼できない人を見分ける方法を伝授してくれた。
0_e2

 この日は嵐だった。ロシア、カザフスタンの村 カラブタクの道路を走っていた車の車載カメラがとらえた映像には、軍用ヘリコプター(MI-8MT)が一般道路に着陸するシーンが!

 ヘリコプターから降りてきた兵士、トラックの運転手に走り寄ってきた。
top

 どうやらニワトリは愛情深い生き物のようだ。特にメスの場合には。

 以前1匹の子猫を温めるメンドリの話は以前お伝えしたが、メンドリは例え異種であっても、温めて育ててあげようという気持ちが強いようだ。

 海外のとある農場にて4匹の子猫を温めるメンドリの姿が目撃された。その光景は奇妙なものではあったが、彼女も本能のままに子猫をヒナと認定したようだ。

1_e1

 イギリス、ロンドンにあるコントラル・クリニックのドクター・ジョシュ・ベルコヴィッツは、アルコール依存症に関し、まだあまり知られていない治療法を紹介した。

 「シンクレアメソッド」と名づけられたこのプログラムは、英国国立臨床研究所(NICE)も推奨する、麻薬拮抗剤のナルトレキソンを使う。アルコールを飲む1時間前にこの薬を服用すると、際限もなく飲みたくなる欲求を抑えることができるのだという。

 これは、脳内のアルコールエンドルフィンの放出をブロックし、中毒性を減らす。完全に酒を断ちたくない依存症患者には朗報といえよう。

no title

 長野県佐久市にあるスエトシ牧場は、様々な種類の馬たちと触れ合える馬好きにはたまらないスポットだ。

 とくにミニチュアホースの飼育には力をいれており、かわいいミニチュアホースたちの姿はテレビなどで度々取り上げられて話題となっている。

 YOUTUBEチャンネルでは、ミニチュアホースたちの愛くるしさが炸裂してるったらありゃしない。
top

 石と砂のみの惑星で発達した謎文化を思わせる奇妙な形の物体。SF映画の舞台と言われたら鵜呑みにしてしまいそうな風景でもあるが、実はこれ、地球上で自然にできたものだという。

 この物体は石灰質の岩の一種で、多孔質で崩れやすい性質を持つ。この形は炭酸塩が豊富な湖水の中で作られるためで、形成には何世紀もかかるだけでなく水が引いて乾いたところでしか見られないという条件が伴う。

 というわけで、この異世界風な岩を被写体にした美しい画像を堪能してみようじゃないの。
corgi-1_e

 サンフランシスコに住むコーギーのクーパーは愛されドッグ。そんなクーパーがコロナ・ハイツ・パークをお散歩&ハイキングの際に大自然がクーパーの新たな魅力を見せてくれた。

 飼い主さんがプロペラ付きの帽子を買ってかぶせたところ、風や背景も相まってとってもドラマチックな様子が動画が撮影されちゃったみたいだよ。
0_e1

 ヒト属の唯一の現存種と言われているホモ・サピエンスは、およそ20万年前から10万年前にアフリカで現生人類に進化し、この地球を生きてきた。

 その間に我々はほとんどあらゆる場所に進出した。となれば我々人類はほとんどのものを発見してきたと思うかもしれない。

 だが地球は広大であり奥が深い。ここで紹介する最近発見されたばかりの奇妙な新種たちは、生物学から生態系の関係や進化にいたるまで、我々の理解を深めさせ、変更を促し、ときには矛盾すら突きつけてくる。
cat1_e

 米ニューヨーク州ニューヨーク市のブルックリンを拠点にソフトフェア開発を行っているカレント・スタジオズが、ユニークなアプリを開発した。「Candid Catmera」という、猫用の自撮りアプリだ。

 猫のかわいい写真を撮るのって難しい。スルッと逃げられたり、プイッとどっかに行かれたりする。ただでさえ難しいのに、お猫さまに自撮りをしていただくことなんて可能なのかな?
no title

 何回かお伝えした、アメリカ、ノースカロライナ州ダーラムにある鉄道橋。この橋の高さは11.8フィート(約3.6m)で、アメリカの大型トラックには少々低すぎる。

 手前に警告の標識があるにはあるのだが、平均して月に約1回はトラックが必ず引っかかってしまうのだ。

 この橋は約100年前にできたもので、当時ならこの高さで十分対応できた。だがトラックの高さがぐんぐん高くなっていくもんだから事故多発。にもかかわらず改善されることなく今日にいたるのだ。

 ということで総集編の最新映像をご覧いただこう。
top

 さて前回、ローストビーフのレシピを紹介したときに、なぜかコメント欄から嘆きにも似たオーダーが入ってた。

どうしても食べたいものがあるんです…自分でやってみたけどなかなか同じにならなくて…くまねぇさんたちにお願いです!横田基地のチョコチョコケーキ!どうにか再現できませんか!あれにチョコスプレーをかけてこどもたちと食べたいのです!どうにか再現レシピを…お願いします!


 米空軍横田基地(東京都多摩地域)は毎年日米友好祭なるイベントを開いていて、そこの屋台で売っているのがチョコケーキだ。

 だが見たことも食べたこともない。そこでインターネッツの海を全裸でバタフライしながら捜索を開始。そのケーキの色と形状、味についての様々な書き込みを見た結果、おそらくこれじゃないのかな?という結論にたどり着いた。

 おそらくそれ、アメリカのスーパーで良く売ってる、混ぜて焼くだけのケーキミックスで作るやつだわ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク