行方不明のロバがエルクの群れに
 2019年のある日のこと、アメリカの北カリフォルニアで、ロバのディーゼルが突然姿を消した。

 そして5年後の今年、ある男性が、エルク(アメリカアカシカ)の群れの中に、ロバが1頭混じっているのを発見し、ビデオに収めInstagramに投稿した。

 その動画を見たドリューリー夫妻はビックリ仰天!なぜならそこに写っていたのは、5年前に行方不明となり、さんざん探し回ったものの見つからなかった彼らの愛するロバ、ディーゼルだったからだ。

エルクの群れの中にロバがいる?

 トライアスロンの選手でありハンターでもあるマックス・フェネルさんがエルクと一緒にいるロバに気づいたのは、2024年3月のことだった。

 狩猟に出かけた先で撮影した映像には、十数頭のエルクと一緒にいるロバの姿がはっきりと写っていた。
20240620_051715 (4)_e
image credit:Instagram
私が出くわしたのは、ロバを受け入れたエルクの群れでした。ロバはハッピーで、健康そうに見えたので驚きました。

まったく奇妙な光景でしたよ。こんなことがあるのかと、信じられない気持でした

ロバは群れのリーダー的存在だった

 ロバはすっかりエルクの群れに受け入れられていたのだ。というよりも、まるでエルクの群れのリーダーであるように見えたという。
ロバが動くと、エルクたちはその後に従ってついて行くんです。どうやら群れの中でのロバの地位は、非常に高いようでした。

私は死んだピューマを見つけたんですが、何か蹴爪を持つ生き物に殺されたのではないかと疑っていました。

もしかするとピューマを仕留めたのは、ディーゼルだったかもしれません

飼い主が映像を確認し、無事を喜ぶ

 この発見はやがて電波に乗り、インターネットの海を渡ってドリューリー夫妻のもとへ届いた。夫妻はロバの映像を見てディーゼルだと確信した。
彼は最高のロバ生を送っているようです。幸せに、健康に。私たちは本当にほっとしました
20240620_051715_batch
 ディーゼルが行方不明になったのは、2019年のこと。デイブさんとテリーさんのドリューリー夫妻とハイキングに出かけた先で、何かに驚いて森に逃げていってしまったのだ。

 夫妻はすぐにドローンも駆使して、何週間も何カ月もディーゼルの姿を追い続けたが、その行方は杳として知れなかった。
20240620_051714_batch

もともとは野生のロバだったディーゼル

 実はディーゼルは、もともとはこの地域で暮らしていた野生のロバだったんだそうだ。

 夫妻の「飼いロバ」になっていたのは、連邦土地管理局が行っている、ロバとの養子縁組プログラムによるものだった。

 このプログラムは、野生のロバの数を調整する目的で、当局が一斉に捕獲したロバを、市民が飼い主となって受け入れる制度である。

 だから野生に帰ったといえばそれまでなのだが、同族ではなくなぜエルクの群れに入っているのだろうか。これはディーゼル自身に聞いてみないと、永遠に解けない謎かもしれない。

 ドリューリー夫妻は、その後新しいロバを飼い始めたが、ディーゼルを捕まえるつもりはないという。
彼を捕まえるのは、ほぼ不可能だと思います。彼はもうすっかり、野生のロバ、というか自分を野生のエルクだと思っていると思いますから
 ディーゼルの「ママ」だったテリーさんはこう語っている。
彼を家に連れて帰りたいのはやまやまですが、実際のところ、彼は今野生の世界で自由に生きているんです。エルクの群れと一緒にね。

彼はこの時点で、もう自由を手に入れたんですよ
 ドリューリー夫妻の計算では、ディーゼルは現在8歳ほど。ロバの寿命は25〜40年ほどだそうなので、彼はまだ若者と言っていいかもしれない。

 狼などの捕食者や、厳しい冬の寒さを乗り越えて生き延びることができたなら、ディーゼルはエルクの群れを率いる素晴らしいリーダーになるかもしれない。

 いつかドリューリー夫妻とディーゼルが、再会を果たすこともあるのだろうか。その日まで、エルクたちの中で元気に生き抜いてほしいものである。
Lost Donkey Seen With Herd of Elk
追記:(2024/06/21)本文を一部訂正して再送します。
References:Lost Donkey Seen With Herd of Elk / written by ruichan/ edited by parumo
あわせて読みたい
究極の異種愛、フェンスを飛び越え密会していたシマウマとロバの間に生まれたハイブリッドのイッポちゃん(イタリア)


「会いたかったよ〜!」大好きな飼い主に会ったロバ、大興奮の声をあげ全身で喜びを表す


満身創痍のロバが保護された。だがその時、このロバがある少女の救世主となることは誰もしるよしがなかった


心を溶かす。15組の異種動物たちに芽生えた友情をとらえた素晴らしい写真


同種だって異種だって。仲良くお互いを助け合っているように見える動物たちの画像

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 12:13
  • ID:JmqSuzcP0 #

なろう系主人公かな。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 12:23
  • ID:lLa7a.Ru0 #

ふらりと群れにいついた流れ者がピューマをも倒す強者だったなんて、なんともロマンのある話ですね。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 12:23
  • ID:bFQjYtVH0 #

見た目が違うとイジメられんかったんか。
人間の群れより高尚だなぁw

4

4.

  • 2024年06月21日 12:42
  • ID:hOeRwTPR0 #
5

5.

  • 2024年06月21日 12:55
  • ID:L9ZaT0uf0 #
6

6.

  • 2024年06月21日 13:05
  • ID:a0lyCUGJ0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 13:24
  • ID:qhocy3Rs0 #

流れ者の傭兵が安住の地を見つけた感じになってるやんw

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 13:25
  • ID:bzpgjFx00 #

ロバが旅に出たところで鹿に成って帰ってくるわけじゃねぇ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 14:02
  • ID:.h4QNdO60 #

アメリカではロバが野生化してんの?
というかピューマ倒すって割と勇敢なのね。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 14:17
  • ID:TDnIakyQ0 #

なんかほんのり雰囲気違う気もするけど、頼りになるしまぁええか……って感じなんですかね。
生き物って色々シビアなようで変なとこユルユルなのが面白いよね。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 16:54
  • ID:.t0fXIpr0 #

第二のロバ生を幸せに暮らしてほしいね

12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 17:14
  • ID:XVA.FI400 #

5年生きて来れたんなら心配は無さそうだね
子孫は残せないだろうけど野生のロバとして十分な一生を過ごせる事を祈るしかない
ロバの為の判断が出来た飼い主さんにも幸あれ

13

13. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 18:31
  • ID:c8phxuCt0 #

私は人間だが、「エルフ」の仲間に入って暮らしたい...

14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 20:11
  • ID:OW6k.Q.70 #

ハスキーが狼の群れに混じってたという記事もあったし 本人さえよければ問題無しということで

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 20:20
  • ID:Ibz82GhZ0 #

>>13
エルフの村へようこそゴブリンさん。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 21:06
  • ID:6d0VOWwW0 #

>>13
そんなあなたにお勧めのマンガは「異世界おじさん」

17

17. 匿名処理班

  • 2024年06月21日 23:58
  • ID:.Ac5GWDo0 #

>死んだピューマを見つけたんですが、何か蹴爪を持つ生き物に殺されたのではないかと疑っていました

完全に用心棒やん

18

18. 匿名処理班

  • 2024年06月22日 05:27
  • ID:0jru9pBl0 #

>>3
ピューマも殺す奴を弄れる訳がなかろう

19

19. 匿名処理班

  • 2024年06月22日 15:35
  • ID:E9Ew7.XR0 #

割とコミュ力さえあればどこでも生きていけるのは人間世界でも一緒やな

20

20. 匿名処理班

  • 2024年06月22日 17:52
  • ID:HiXHK7z40 #

>>14
犬(オオカミ)は群れで暮らす生き物だから相性は良かったのかもね

21

21.

  • 2024年06月23日 00:15
  • ID:WQt5C05U0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2024年06月24日 18:38
  • ID:RVuq7QKY0 #

ロバ(Wikipediaより引用)護衛犬のように家畜の回りをパトロールする習性は持たず、捕食者が侵入するまでは家畜と共に牧草を食べているが、鋭い聴覚で捕食者の侵入を察知すると、自分の縄張りが侵されたと判断して侵入者に真っ直ぐ向かっていく性質を持つ。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links