飼い主を厳寒の中守り続けた秋田犬
 今年3月カナダのアルバータ州にある小さな町で、愛犬を連れた通行人が、1匹の秋田犬(アメリカン・アキタかもしれない)に襲われてケガをした。だがこの犬が通行人の愛犬を襲ったのにはわけがあったようだ。

 実はその場所から少し離れた荒れ地のところで、2日前にその秋田犬の飼い主(61歳)が溝に落ち、怪我をしたまま動けなくなっていた。

 寒冷地のカナダの中でも寒暖差が激しい現地の気温は、夜は氷点下17度まで冷え込んでいた。そんな中、この犬は飲まず食わずで、時にはコヨーテと戦いながらずっと主人を守っていたのだ。

 秋田犬は極度の緊張状態と疲労で、近づいてきたこの犬をコヨーテと同様に敵と認識してしまったのかもしれない。あるいは飼い主の危機を知らせようとしたのかもしれない。

 だが結果的にこの行為が飼い主を救出することにつながる。
A dog named Hero saves his owner's life

散歩中の犬が秋田犬に襲われる

 事件は3月28日の朝、アルバータ州南部にあるテイバーという小さな町で起こった。

 町はずれを散歩していたカーティス・ダール氏と愛犬のジャックが、突然現れた秋田犬に襲われたのだ。(原文では秋田犬とあるが、アメリカン・アキタの可能性もある)

 ジャックの首に噛みついた犬を振りほどくため、ダール氏は10分ほどその犬と格闘する羽目に。その結果、噛まれたジャックだけでなく、ダール氏も指先を縫うほどのケガを負ってしまった。

 手当を済ませたダール氏は、危険な犬を探すためもう一度現場に戻り、警察にも通報して協力を依頼した。

犬を探し出すため駆けつけた警察官が助けを求める声を聴く

 現場に駆けつけたオースティン・ウェイン巡査は、道路脇でぐったりとしていた犬を見つけ、近づいて口笛を吹いてみた。

 すると口笛に応えるように、犬の向こうから人間の叫び声が聞こえた気がした。その場所は、草が高く生い茂り、道路からもよく見えない場所だった。

 驚いた巡査がもう一度口笛を吹くと、今度ははっきり「助けてくれ、下にいるんだ!」という声がした。草をかき分けて下を見ると、そこには仰向けに横たわる男性の姿が!
2

ケガをして動けなくなっていた61歳の男性を発見

 この男性は溝の中でケガをして動けなくなり、なんと丸2日間、愛犬に守られて助けを待ち続けていたのだ。

 溝は背の高い草に邪魔されて、道路側からは見えなかった。さらに現場は郊外にある工場近くの荒れ地で、冬場はめったに人も通らない。夜にはコヨーテもうろついており、危険極まりない状況だった。

 そんな中、秋田犬は冷たいぬかるみの中で動けなくなった飼い主の身体に寄り添い、暖めながら守り続けていた。
1
 たまたま通りかかったジャックを襲ったのは、極度の緊張状態と疲労から、敵と認識してしまったからなのかもしれない。

 あるいはこの犬に飼い主の危機的状況を知らせるため、極端な行動に出たのかもしれない。
20240404_194421 (4)_batch

飼い主を救った犬の名は「ヒーロー」

 警察の手で救助された男性は、すぐに地元の病院に運ばれ、低体温症の治療を受けた。

 男性にはもともと肩に持病があり、溝で転倒した際、立ち上がることができなくなってしまったのだという。

 同時に彼を守っていた愛犬も保護され、男性が回復するまで地元の動物保護団体Taber Lost Paws Societyのもとに預けられた。

 この犬の名前は「ヒーロー」といい、その勇敢で愛情深い行動にふさわしい名前だと話題になった。

 団体の代表代理アラナ・マクフィーさんがヒーローを獣医に診せたところ、疲れ切っている以外はかすり傷程度で、特に健康上の問題はなかったそうだ。
20240404_194421_batch

もう1匹の愛犬も無事に保護される

 その頃、男性の家の庭では、もう1匹の秋田犬(アメリカン・アキタの可能性も)「トラ」も保護されていた。

 彼女は足をひどく引きずっていたが、以前に骨折した際に治療で埋め込んだロッドのネジが、緩んでしまっていたようだ。

 後に男性が警察に語ったところでは、ヒーローといっしょにこのトラも彼に寄り添い続けてくれたという。

 どうやらトラは、男性が落ちた現場と自宅とを何度も行き来した結果、治療器具のネジが緩んでしまい、庭にとどまっていたようだ。

事情を知り、ヒーローを「許す」と語るダール氏

 だが、ヒーローに襲われたダール氏と、彼の愛犬ジャックのケガも小さなものではなかった。

 そこでマクフィーさんはクラウドファンディングを立ち上げて、ダール氏とジャックの治療のために寄付を募ることにした。

 このファンディングには開始後の48時間で3,000カナダドル(約335,000円)近い支援が寄せられ、治療費としてダール氏に届けられたそうだ。

 当日、現地の気温は氷点下17度まで下がったという。

 ダール氏がこの朝ジャックを散歩に連れて行かなければ、男性は発見されることなく、命の危険にさらされる事態になったかもしれない。

 ダール氏は事情を知ると、ケガをさせられたにもかかわらず、ヒーローを許すことにした。

 そして飼い主が無事に救助されたことを喜び、「あの時、現場に戻って通報して本当に良かったよ!」と話しているそうだ。

References:Dog named 'Hero' kept stuck owner warm and safe from coyotes for 2 days: police / Dog Named Hero Saves Owner’s Life for Days, Fighting Off Cold and Coyotes and Getting Help By Andy Corbley -Apr 2, 2024 / written by ruichan/ edited by parumo
あわせて読みたい
氷に落ちた飼い主を助けるため、警察官に協力して見事救い出すことに成功した犬


雪山で遭難し動けなくなった飼い主の体を13時間温め続けたマラミュート犬。両者ともに無事救助


飼い主が倒れた!2匹の犬が見事な連携プレイで助けを求め救助に成功


山で遺体となった飼い主の隣で2か月間寄り添っていた犬が生きて発見される


犬は確かに、飼い主を助けたいという気持ちを持っている(米研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 12:10
  • ID:I3glK2mu0 #

氷点下17℃・・・(ヽ''ω`)生きてて良かった。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 12:32
  • ID:qQGAwhze0 #

ヒーローの代わりに謝るよ、ごめんね!

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 12:43
  • ID:kgPNuwpb0 #

動けない飼い主を守ろうと防衛本能全開だったんだね
襲われた人もいい人でよかった

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 12:47
  • ID:LBepWYLF0 #

ネットにはわんこのお利口話ばっかりだけど、中には口下手な犬もいらっしゃるのね…許していただけて良かった。うまくいかないコミュニケーションを乗り越えられた話がとても暖かい。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 12:53
  • ID:2QrSWEg90 #

写真を見る限り、アメリカンアキタで間違いなさそうだね。
戦時中は軍用犬以外の犬は毛皮や肉をとられたりしたので
秋田犬を守るために軍用犬のシェパードを交配させたのがルーツ。
それを戦後アメリカ人が持ち帰り犬種として固定した。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 12:54
  • ID:hC0CrZNy0 #

犬は凄いなぁ
しかしいくら厚着してるであろうとも、-17℃の環境で2日間も生きながらえたのは信じられん…凍死しちゃうよ凍死
いや記事を疑ってるわけじゃないけど
犬に寄り添ってもらったのがデカいのかな?

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 13:03
  • ID:6CJkf93H0 #

こんな事情があったらワイも絶対許す

8

8.

  • 2024年04月08日 13:19
  • ID:Q6.eCiDH0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 13:24
  • ID:0pn7cbbu0 #

>>5
てっきりアメリカで交配させたのかと思ったら
そんな切ない理由があったのか…
良い情報ありがとう!

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 13:48
  • ID:C.bUVpsj0 #

>>6
いや
疑えよ

犬はともかく、人間が氷点下17度のぬかるみの中で2日は生きられない

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 14:02
  • ID:lmGBPgN60 #

ジャックが心配だったけど、
飼い主が「許す」という範囲の怪我ならよかった
早くよくなるといいな

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 14:17
  • ID:2QrSWEg90 #

>>10
2日間ずっと氷点下17℃だったわけではないでしょ。
夜の最低気温が氷点下17℃まで下がったということ。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 14:21
  • ID:sWQO0iTQ0 #

>>10
最低気温がー17℃だったわけで、2日間ずっとそうだとは書いてないのだが?

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 14:22
  • ID:.KcTSx5f0 #

聞くも涙、語るも涙の物語

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 14:26
  • ID:b.FxZpeX0 #

本当は人や犬を噛むのはダメだけど、2日も居たならコヨーテを追い払う以外にもお腹もすいて飼い主と自分のための餌も必要だと思っただろうし、きっと駄目だとわかってても生きるために必死だよね…ちょっと責めらんないわ

みんなの怪我が早く治るといいな

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 14:56
  • ID:jVkvxAd80 #

>>10
そこは疑ってもしゃあないし…
倒れた日を1日目、見つけてもらった日を2日目と数えれば矛盾はない
ぬかるみと言っても、靴底に泥がつく程度のぬかるみ具合なら、1日ならなんとか生きながらえるかもしれない

17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 15:29
  • ID:dfjNLVSs0 #

>>10
他人を疑うのもまあいいが、自分の頭も疑ってみたらどうかな?

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 15:53
  • ID:yqyUL7UH0 #

画像だとかわいい顔してるのにお利口だなあ。飼い主のために必死だったんだろう。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 16:26
  • ID:E3m5Cr.w0 #

ワンコが空腹と緊張で触るものみな傷つける状態だったんだろうなあ。
怪我はしたけどみんな無事でよかった。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 16:45
  • ID:9AahMYOH0 #

家の秋田犬も真冬に廊下で腹出して寝て居ることがあるので寒さに強いのは分かる。夏はエアコン最強でつけっぱなしなので電気料金が凄いことになるが、それでも可愛い。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 17:12
  • ID:k9md7Zeo0 #

>>10
こういうのもういらないんだけどなー

22

22. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 18:37
  • ID:b.FxZpeX0 #

>>10
立ち上がれなかったのは持病の肩由来の話のようだし、沼みたいにどっぷりはまりこんだわけじゃなくて溝の中にちょっと滑る程度のぬかるみがあっただけなんじゃないのかな

尻もちをついてズボンの尻側が濡れている程度ならまあかなり体温は奪われるだろうけど絶対死ぬって話でもないはず

23

23.

  • 2024年04月08日 20:38
  • ID:B7lE5tho0 #
24

24.

  • 2024年04月08日 21:43
  • ID:XvRgNgfm0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 21:49
  • ID:.uVUcCyV0 #

うーん。飼い主が無事で良かったけど他害はなぁ
被害者側が懐の深い人でよかったね

26

26. 匿名処理班

  • 2024年04月08日 22:04
  • ID:Q..sN8qP0 #

携帯持ってなかったのかな?

27

27. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 02:38
  • ID:fphwBT.I0 #

>>26
「現場は郊外にある工場近くの荒れ地」ってことだから、電波が届かなかったのかも

28

28. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 12:13
  • ID:F6MSi9te0 #

>>10
太郎・次郎という偉大なる先達がいるからな。二日くらいならなんとかなるやろ。

29

29. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 19:59
  • ID:BBtn7pf00 #

いい奴しか出てこない

30

30. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 03:47
  • ID:nseYi.8p0 #

氷点下環境にスマホを持っていことは思わんな。
バッテリーが死ぬ。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links