ベンツが世界初のX線を使った衝突試験
image credit:Mercedes-Benz
 自働車も人間と同じようにレントゲンで中身をチェック。衝突の瞬間もX線できめ細かく連続撮影できたらその影響もよくわかる。いわれてみればなるほどそうね、と目からうろこの方法だ。

 ドイツを拠点とする自動車ブランド、メルセデス・ベンツが実施したX線衝突試験の映像が反響を呼んでいる。

 X線クラッシュテストと呼ばれるこの試験ではリニアックと呼ばれる線形加速器を使用した最先端技術を使用している。

 通常の1000倍の速さ、1秒間に最大1,000枚ものX線静止画撮影が可能となり、撮った画像をつなげることで、衝突時に起こるさまざまな変化を詳細に観察できるのだという。
 
Mercedes Benz X-Ray Crash Test

メルセデス ベンツ実施した世界初のX線衝突実験

 この映像は、先日メルセデス ベンツが実施した世界初の衝突実験の様子だ。

 試験車であるCクラス サルーンの側面に、緩衝器付きの装置が時速60kmで突っ込む実験を、車両の上のホール天井に新たなシステムを備えたX線カメラで連続撮影。

 それらの静止画像を合成したものだという。
2
 今回の手法により、衝突時にテスト車の内部や同乗のダミー人形に起こる変化の詳細な観察が可能となった。
4
image credit:Mercedes-Benz
 メルセデス ベンツによると、この実験はドイツを拠点とする欧州最大の応用研究機関、フラウンホーファー研究機構のエルンスト・マッハ研究所(EMI)との提携で実現したものだという。
5
image credit:Mercedes-Benz

線形加速器を使った高速X線技術で詳細な観察が可能に

 研究チームが、従来のフラッシュ X 線撮影システムを、この高速X線透過システムに置換したことで、直感的にもわかりやすい透過画像が得られるようになった。

 このシステムにはリニアック ( lineac )とも呼ばれる線形加速器が使用されており、1 秒間に最大1,000 枚ものX線画像が撮影できる。これは通常のX線のプロセスに比べ約1,000倍の速さに相当する。

 これにより得られた画像は高解像度でブレもなく、安全性を追及するエンジニアにとって貴重な情報となる。

 衝突の際、試験車のさまざまな部分がどうなるかはもちろん、ドライバー代わりに乗車するダミー人形の胸郭の圧縮や特定の部分の変形など、体内の反応も詳細に観察できる。

 その結果を参考に弱点を特定し、今後のドライバーをより安全にする車両を設計できるというわけだ。
6
image credit:Mercedes-Benz

徹底した被曝対策で計画を実施

 なお本実験に際しエルンスト・マッハ研究所では、研究者の安全確保のため、包括的な放射線防護計画を実施した。

 試験場を囲む厚さ40センチのコンクリート壁、重さ45トンの防護扉という設備に加え、放射線レベルを厳密に監視する線量計など、被曝対策を徹底。政府の認可もしっかり受けている。
3

将来の開発ツールのマイルストーン

 この画期的な技術についてメルセデス・ベンツグループ の取締役で最高技術責任者であるマルクス・シェーファー氏はこう語る。
メルセデス・ベンツのX線クラッシュテストは、将来の開発ツールのマイルストーンになります。内部を直に見ることで、車両の安全性の向上に役立つ重要な結論を導き出せます
no title
 衝突の瞬間を高解像度できめ細かく連続透視できれば、その都度車の中で何が起きてるかもすぐわかるよね。この新しいシステムで今よりもっと衝突に強い車や、より効果的な安全機構を備えた車ができそうだ。

References:designtaxi / media.mercedes-benzなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
時速418kmの衝撃!速度別7段階に分けたベンツの衝突実験シミュレーション


世界で最も明るいX線が医療用画像に革命をもたらす。粒子加速器を利用したX線イメージング技術


衝突の瞬間を再現できる!実験用ダミー人形&衝突実験カートのカプセルトイが登場


エドワード黒太子の墓に隠された秘密がX線撮影で明らかに(14世紀、イングランド)


いろいろ勉強になるし興味深い、13のX線写真(爬虫類、歯科系あり)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 17:56
  • ID:Idf044IZ0 #

記事中の試験はサイドインパクトテストで、左側(画像上側)から衝突バリアが時速60kmで突っ込んでくる様子の透視画像だそうです。左前席には女性のダミーが乗っていますが、素人目には何が何なのか分かりませんね。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 18:08
  • ID:Z8I5wxGw0 #

あんな値段で頑丈じゃなきゃ困るわな。
実際には半額以下の日本車の方が頑丈だったり
するんだけど。値段と頑丈さと壊れにくさが
キチンと釣り合ってる自動車会社は実は少ない。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月23日 21:45
  • ID:Y8mZvs2p0 #

これ、「右に見える2本の棒は足で、真ん中辺のしましまは肋骨、左が頭で、
ダミー人形が右向きで大写しになってる」
でいいですか、先生?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月24日 01:10
  • ID:loOf7KMw0 #

メルセデスが車を語るときに必ず出て来た言葉、「最善か無か」が復活するのかな

5

5.

  • 2024年03月24日 16:05
  • ID:mKpHSu3N0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月24日 18:56
  • ID:PECLtLqO0 #

ボディは鋼板じゃないのかな。
それとも鉄板なんか余裕で抜いちゃうぐらいの、短波長を飛ばしてるんだろうか。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月24日 22:51
  • ID:k9w.hPLc0 #

>>6
工業界では一般的に金属、特に鋳物の内部を調べるのにX線を使ったりしますよ
それを秒間1000枚にも及ぶ高レートで撮れるシステムが今回の目玉

1枚1枚写真を撮るカメラが突然ハイスピードカメラになった感じ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月25日 09:09
  • ID:N3enNMjP0 #

>>6
同じ疑問を持ちました。毎秒一枚程度が毎秒1000枚なら画期的ですよね。
たぶん今までは途中の状態はシミュレーションで、実物は経過が外観だけしかわからなくて実際にぶつけたときの最終的な結果(曲がったフレームとか)しか見られなかったのが内部構造が変形していく様が見えてくるので自動車の安全性を向上する設計に寄与するだろうことは容易に想像できます。さらにはシミュレーションの精度も上がりそうとか思うといろいろな成果を期待します。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月25日 18:12
  • ID:YYIdwwWT0 #

二方向から撮れば立体的に解析できるね。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links