no title
 2024年、北極星に匹敵する「新星」の爆発を肉眼で観測することができる絶好の機会が巡ってきた。その主役は「かんむり座T星」という、かんむり座を構成する3000光年離れた再帰新星だ。

 かんむり座T星が新星爆発を起こすのは、およそ80年ぶりのこと。過去にも華々しく夜空を彩ってくれた星だが、今生きている人にとっては一生に一度のビッグチャンスとなるだろう。

 爆発のタイミングは2月〜9月と予測されている。こんな素敵な機会を逃さないために、宇宙の壮大な花火を観察する方法をしっかりと学んでおこう。

かんむり座T星の新星爆発が80年ぶりに到来

 「新星」といっても、新しく星が生まれるわけではない。

 「かんむり座T星」は、短期間で明るさが大きく変化する激変星の一種で、その正体は白色矮星と赤色巨星の連星だ。

 この白色矮星には赤色巨星から水素ガスが流れ込み、周囲に降着円盤が形成されている。そうした水素ガスはだんだんと表面にたまり、臨界点を超えると核融合を起こして爆発する。これが新星だ。

 そして2024年2月〜9月にかけて、かんむり座T星で、この爆発が起きるだろうと予測されているのだ。

 この新星爆発は一度きりのことではない。爆発が起きれば、白色矮星にたまった水素ガスは吹き飛ばされるが、その後も赤色巨星からの流入は続く。

 そのため、ガスがたまるたびに繰り返し新星爆発を起こす。

 かんむり座T星では、これまで2回の爆発(前回は1946年2月のこと)が確認されているが、その周期は80年に1度だ。

 100歳以上生きられる20歳以下の人ならもう一度見るチャンスはありそうだが、そうじゃない人はこれが人生最後のチャンスかもしれない。

北極星に匹敵する明るさになる新星爆発の観測の仕方

 かんむり座T星の新星爆発は、2024年2月〜9月の間に起こると予測されている。その時、普段は肉眼ではなかなか見えないこの星が、まるで北極星のように夜空に明るく輝くことになる。

 NASAによれば、普段のかんむり座T星は10等級でかなり暗いが、爆発が起きれば2等級まで明るくなるそうだ。

 これは北極星に匹敵する明るさで、ピークに達してからの数日間は肉眼でも観察できるし、双眼鏡があれば1週間は見えると予測されている。

 かんむり座は、春から夏にかけて、北天から東の方角に浮かぶ小さな星座だ。うしかい座とヘルクレス座に挟まれているので、これを目印にするといい。
2
かんむり座は、うしかい座とヘルクレス座に挟まれたところにある / image credit:NASA

 普段のかんむり座T星はとても暗い星なので肉眼で確認することはできないが、今のうちからおおよその位置のあたりをつけておけば、いざ爆発した時慌てずにすむだろう。

 星空観察のアプリ「Star Walk(Apple)/(Android)」などをダウンロードしておくと役に立つかもしれない。,

 なお、うしかい座のアルクトゥールスは、おとめ座のスピカ、しし座のデネボラとともに、「春の大三角形」を描き出してもいるので、ついでにこちらを楽しんでおこう。

References:View Nova Explosion, ‘New’ Star in Northern Crown – Watch the Skies / 'New star' as bright as the North Star will ignite in the sky this year. Here's how to see it. | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
これまでの常識を覆す激しさ。超新星爆発の瞬間をリアルタイムで観測することに成功


超新星爆発でブラックホールと中性子星が誕生することを示す証拠をリアルタイムで初観測


宇宙で30年以上、22分ごとに点滅を続ける奇妙な天体が発見される


宇宙で30年以上、22分ごとに点滅を続ける奇妙な天体が発見される


200万年前の超新星爆発が人類に影響を与えた可能性が示唆される(米研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 08:55
  • ID:y62C.rUz0 #

>まるで北極星のように夜空に明るく輝く
っていうけど北極星って結構暗くてみつけにくいんだよなぁ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 09:48
  • ID:SoHD8R3z0 #

宇宙規模の鹿威しやね。カコーン

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 10:47
  • ID:idV4pdQI0 #

>2024年2月〜9月

これの信頼度ってどれほどあるのだろう?

シリウスの超新星爆発の時期なんて全く予想もできないのに

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 11:37
  • ID:L3VvU0S60 #

ゲームサンターあ〇し「超新星スーパーノヴァ!」

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 12:53
  • ID:LQQ7HDHI0 #

>>3
この星は約80年間隔で爆発を起こしてるわけだから
一定のペースで赤色巨星からガスが供給されてるとすれば
かなりの精度で予測できると思う。

あとシリウスは太陽の2倍くらいの質量だから
そもそも超新星爆発は起こさないかと。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 13:22
  • ID:914vvTxd0 #

超新星爆発、なんてかっこいい響きの言葉だろうか、超のつく言葉には漢のロマンを感じる。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 13:32
  • ID:OxN.5yhe0 #

おかんむりで爆発

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 14:13
  • ID:E.0hImCV0 #

これから毎日夜空を観察しようぜ!

9

9.

  • 2024年03月18日 14:29
  • ID:OxN.5yhe0 #
10

10.

  • 2024年03月18日 17:08
  • ID:YKFw9pyw0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 17:09
  • ID:YKFw9pyw0 #

今からずっと夜空観察しようかな………あっ高くなる前に天体望遠鏡も買おう☝️🤭

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 17:28
  • ID:Z0EFlL6k0 #

そもそもかんむり座が見つけられないだろう…
と思ったけど、北斗七星とそのひしゃくの柄の先にある赤い巨星(アークトゥルス)が見つかれば、三連星が意外と印象的なかんむり座も見つけられるかも知れない。
しかし、1846年5月・1926年2月と爆発したのだから、定期的に爆発するのなら次は2025年11月になるんじゃないのかなとは思った。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 20:56
  • ID:idV4pdQI0 #

>>5
約80年間隔で爆発って、たった2回の観測だけだぜ

今回も起こるなんて全くあてにならない

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 22:14
  • ID:7Py1lnxb0 #

80年間隔ってハレー彗星級かー(ハレー彗星の方は76年ね)
>>11 天体望遠鏡より大口径双眼鏡の方が良いと思う そっちのほうが潰し効くかも(w
例えば7倍50mmとか10倍70mmとか 8倍40mmとかでも可
ちなみに 倍率×レンズの直径だよ なので7倍50mmだと倍率7倍、レンズの直径5cmってことね

流石に大口径双眼鏡でも15倍100mmとかになると持ち運びが大変だよ
タカハシの10倍70mm双眼鏡持ちからの助言でした

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月18日 22:59
  • ID:LQQ7HDHI0 #

>>13
調べたら周期だけでなく減光が観測されたのも大きいそう。

かんむり座T星は去年から減光が観測されていて
これが1946年の爆発前にも観測されているので
近く爆発する可能性がかなり高いと見られてる。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 21:45
  • ID:Nue.B0G40 #

ペテルギウスの爆発する爆発する詐欺よりかは、こちらの方が見られる可能性は高そうなのかな。

>いざ爆発した時慌てずにすむだろう。
このパルモさんの言い回しがなんか好き。

17

17.

  • 2024年03月23日 09:30
  • ID:6JoIIHDl0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月26日 02:27
  • ID:YmcumyBM0 #

目玉焼きにみえた

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links