20240225_175618 (7)_batch
image credit:TikTok
 ペットが居心地よく暮らせる空間を用意してあげること。それは飼い主としての務めでもあり、楽しみでもあると思う。さて今回は、ペットのハリネズミのために飼い主さんが用意した、素敵なテラリウムを紹介するよ。どんな環境なのか、早速見てみよう。
 ペットのハリネズミ、レンくんのためにご主人が完成させたテラリウム。早速レンくんのお引っ越しだ。気に入ってくれるといいんだけれど。  ニオイを嗅ぎながらあちこち探検するレンくん。
20240225_175618_batch
image credit:TikTok
 どうやら気に入ってくれたみたい?
20240225_175618 (3)_batch
image credit:TikTok
 隠れ場所もしっかり用意してあって至れり尽くせりなんだよ。
20240225_175618 (4)_batch
image credit:TikTok
 テラリウムの全景はこんな感じ。スロープや窪み、土には本物の植物が植えられていて、自然の環境を再現しているようだ。  このレンくんのために作られたテラリウムは、バイオアクティブ・テラリウムと呼ばれるもので、ワラジムシやトビムシなんかの助けを借りて排泄物を分解し、植物の栄養に転嫁し、最低限のメインテナンスでテラリウム内の環境を維持していこうというコンセプトなんだ。

 1週間後の映像では、さらに落ち葉なども追加されて、より自然に近い環境を目指しているのが見て取れる。レンくんはすっかりこの環境が気に入ったようだね。   魚類や両生類、爬虫類などを飼育する場合、その生き物が本来暮らしていた環境をケージや水槽の中に再現するのも、飼い主の醍醐味でもあったりする。水草水槽やパルダリウム、ビバリウム、アクアテラリウムなどのセッティングや維持管理も、やめられない止まらない沼にハマったりする。
20240225_175618 (6)_batch
image credit:TikTok
 水槽でもバクテリアたちの助けを借りて、メインテナンスを減らすバランスドアクアリウムというのがあって、実は我が家でも実践していたことがあるんだけれど、何かのきっかけで一度生態系のバランスが壊れると、そこで終わってしまうというリスクもあるんだよね。

 それに何より、虫たちはもちろんダニなんかが発生したりすることもあるので、そういう系が苦手なお友達には向かないんだ。

 というわけで虫のことはとりあえず忘れて、可愛いハリネズミの欠伸にご注目ください。 written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい

究極のキュート!を満喫したい人集まれ!ハリネズミの「可愛い」を存分にお楽しみください



ハリネズミよ、なぜそこに…運転席の下からトゲトゲ救出大作戦!



Wildlife Aid〜いったいどうしてこんなことに?空き缶に入り込んで動けなくなったハリネズミを救え!



チク可愛いとモフ可愛いのファーストコンタクト!子猫とハリネズミによる初対面の行方やいかに



全部まとめてお持ち帰りしたい!ハリネズミのマフィンが可愛すぎる

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 22:15
  • ID:fLvG.mG80 #

最後のruichanのアドバイス、ほんと大事。
あと頭数もあまり増やせないと思う。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月28日 22:58
  • ID:ogUnlEHj0 #

横から見ると栗まんじゅうみたいでかわいい

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links