モンゴルで東アジア最古の木製の馬の鞍
 モンゴルで木製の馬の鞍が発見された。放射性炭素年代測定法による分析によると、西暦267年から535年の間のものであり、東アジアで最古の鞍であるという。

 これによりモンゴルの草原文化の隆盛が、いかに乗馬技術の進歩に助けられた可能性が高いかが明らかになった。

 木のフレームで作られた鞍は、馬の背中でしっかり体を支えられ、あぶみも簡単に取りつけられるようになっている。より重たい物を運ぶことができ、乗り手も制御しやすく、さまざまな騎乗戦闘が可能になる。

東アジア最古の木製の馬の鞍

 「現代の乗馬では鞍とあぶみは欠かせないものだが、乗馬が始まった数世紀には、これらは使われなかった」とケンブリッジ大学の論文著者、ジャムスランジャフ・バヤルサイハン氏は述べている。

 鞍やあぶみの発展は、騎乗戦闘に革命をもたらし、ユーラシア全土の広範囲に及ぶ社会変革に寄与したが、この技術の起源はあまり理解されていないという。

 こうした乗馬技術変革の始まりを追跡するために、アジア、ヨーロッパ、北米の考古学者チームが、西モンゴル、ウルド・ウラン・ウニートにある、人馬の骨が出てきた洞窟埋葬地で見つかった鞍を調べた。

 放射性炭素年代測定から、鞍は西暦267年から535年の間に作られたものと推定され、東アジア最古の木製の鞍であることが判明した。

 鞍を構成している材料を分析したところ、近隣で調達されたものであることがわかった。革はこの地域で飼育されていた馬のもので、木材は地元産の樺の木だった。
no title

革新的な鞍の開発が遊牧国家の繁栄につながった可能性

 これは、東ユーラシア草原の乗馬文化が、この新たな乗馬技術を採用しただけでなく、その開発や製造の助けにもなっていたことを示している。

 同じ時期にモンゴルで発見されたものの中には、初期の金属製あぶみがついたものもある。

 重要なのは、初期モンゴルの強力な帝国連合で、5世紀から6世紀にかけてモンゴル高原を支配した遊牧国家、柔然(Rouran Khaganate)の台頭と時期が一致していることだ。

 騎馬戦闘を容易にした新たな鞍開発の技術が、この台頭を助けた可能性がある。

 柔然国は、軍事的成功をおさめながら内アジアを支配していった。こうした高度な鞍の製造技術がなければ、支配の成功は不可能だったかもしれない。
1

騎馬戦闘の技術

 このような特別な発見は、東アジアおよび中央アジアの歴史理解に大きな意味をもつ可能性がある。

 新たに騎馬戦闘の技術が改良されたことが、初期の草原政治体制の形成に貢献したとみられている。

 この発見によって、柔然国の台頭がフレーム鞍と金属製のあぶみをいち早く採用したことと関連した、技術的優位性によって助けられたという説得力のある可能性を浮き彫りにしたと、バヤルサイハン氏は述べている。

References:The origins of saddles and riding technology in East Asia: discoveries from the Mongolian Altai | Antiquity | Cambridge Core / Earliest 'true' saddle in east Asia discovered / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
世界最古の乗馬の証拠か?5000年前の騎手の遺骨が発見される


思っていたより小さい。中世の騎士が乗っていた馬は、ポニーサイズだったことが判明


モンゴルに点在する古代巨石群「鹿石」の謎、未だその用途は未解明


永久凍土が解けて姿を現したモンゴル帝国時代の貴族の遺体、彼らの食生活が明らかに


ロシアの共同墓地から発見されたモンゴル軍に虐殺された痕跡が残る13世紀の家族の遺骨

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 01:21
  • ID:ILOsNfhQ0 #

これは東アジア最古だけど、黒海やアルタイあたりでは紀元前の馬具がたくさん出土してるよね

日本の古墳の出土品には、その前の縄文時代でも弥生時代でもないまったく別系統の騎馬系の民族集団のものが多く、埋葬された石棺の中に胡服(西アジアの民族の衣服)とその装飾品、共に埋葬された馬と乗具、膨大な鉄の矢じり、鷹匠の埴輪、相撲取りの埴輪、などどう見ても中央アジアから西の文化を反映してる

なので今も西〜中央アジアには鷹匠と乗馬と弓が大体セットになる文化として今も継承されてる地域が多く東西のつながりにロマンを感じる

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 01:47
  • ID:IT0jv8eC0 #

鞍そのものではないが西暦以前の日本の馬の埴輪には鞍が載せられてる。
逆にいえば東アジアの文化や文明は日本から始まり西へ伝わった証拠と言える。
米や食材は西から日本に伝わったかもしれないが、科学や工学技術は日本からヨーロッパ含め西方へ広がったのかも。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 07:11
  • ID:vILnLNr.0 #


↑これいつも読み方覚えられなくて悩んじゃう

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 07:35
  • ID:DrnQTjFF0 #

「放射性炭素年代測定法」。この方法を使えば
歴史の経過時間を正確に知ることができると
おぼえておいてほしい。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 10:53
  • ID:QH5WnL8k0 #

>>2
>>西暦以前の日本の馬の埴輪には鞍が載せられ

紀元前にそんな埴輪は存在しない。
洞話で日本発祥を騙るないように!
日本で人形・馬型の埴輪が作るられるようになったのは古墳時代中頃(5世紀後半)だ。

参考。
46_羽中田桜花さん(奨励賞).pdf
https://www.pref.gunma.jp/uploaded/attachment/143464.pdf

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 12:08
  • ID:H.YFS8uy0 #

>>4
その測定法。精度が上がって近似値は出るようにはなっているみたいだけど
いまでも調査するモノや地域によって、結果が変動する可能性が指摘されているよ

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 13:39
  • ID:.W5jJTLf0 #

真ん中が割れてるのは、股間の大事なとこが当たらないようになんだろうか……。

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 14:45
  • ID:cfVDNjsL0 #

>>7
おお!なるほど、スポーツ自転車のサドルの真ん中がへこんでいるようなものかな。

個人的にはあぶみの発明が騎馬民族の最大の画期的発明だったと思っています。あぶみがあることで、鬣をつかんでいた両手を離すことができ、馬上の安定性がましたため武器を持つこと、こん棒や弓で矢を射ることができるようになったわけで裸ウマや鞍だけのウマに乗っていた人たちとは一線を画す状態だったと思います。それからは基本的には今の競馬に見られるようにあぶみと鞍の組み合わせは変わりませんからそれだけすごい発明だったと。はみや手綱などもすごい発明ではありますが、おそらく同時期か近い時期の発明だったろうなとは思います。でもあぶみがなかったら他の馬具があっても非常に乗りにくいだろうなと思いますが、あぶみさえあれば安定性が増しますね。

と書きつつ、私はウマが怖いので乗馬はできないんですけどねw

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 15:40
  • ID:PDGA6Qd60 #

>>8
すごい早口で言ってそうw

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 21:26
  • ID:uT6DI8Sa0 #

>>7
馬の背骨の両脇にフィットするようにかと思った。

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月19日 22:44
  • ID:eQ9WhR3r0 #

こういう話もっと聞きたいねえ

12

12. 匿名処理班

  • 2023年12月20日 09:41
  • ID:z1TEVi5E0 #

>>5
馬の日本への伝来がだいたいその時代、古墳時代ぐらいで、4〜6世紀のどこかと言われているしね

13

13. 7cg3

  • 2023年12月21日 20:53
  • ID:jEAqX5sY0 #

>>7
何かの拍子に前輪後輪と居木を固定する部分が壊れてナニが挟まったらとか想像すると、隙間がない方が安心できそうだなあ。あるいはカーチャンが出産後に敷いてたみたいなドーナツクッションなら。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links