no title

 2021年最後の満月がやってくる。今年もいろんなことがあった。いつもより浮き沈みが激しい年だったかもしれない。今年最後の月に、心と体を清めてもらい、生まれ変わった気持ちで新年を迎えようではないか。

 月は12月19日(日)の13時36分に最大を迎える。

 あいにく天気は良くなさそうで、北陸から北日本の日本海側は大雪の予報がでているが、禊という意味では逆に好都合なのかもしれない。

 今回の満月は、地球から最も遠いため、今年最少の満月となるが、その小さな光には夢と希望が満ち溢れている。今年を生き抜いた自分をいたわり、来年に向けての英気を養おう。

12月の満月はコールドムーン。今年最少の満月

 アメリカの先住民たちは、各満月に季節を表す名前を付け、暮らしや農業に役立てていた。

 アメリカの農業暦(The Old Farmer’s Almanac)によると、12月の満月は「コールドムーン」と呼ばれる。文字通り寒さを象徴した呼び名だ。日本語では「寒月」と呼ばれていて、北半球で同じ意味の呼び名となっているのも興味深い。

 1年で地球ともっとも離れた距離で起きる満月の為、今年最少の満月となる。地球との距離が最大だった5月の満月と比べると、視直径で約12%小さく、輝面が22%少ないという。だが肉眼で見てもその違いには気が付くかないほどのわずかな差だそうだ。
12月の満月の最大
2021年12月19日(日)13時36分
 まさにコールドムーンになるようで、この日、日本海側は大雪が降る予報となっている。
snow-g53a4800a9_640
photo by Pixabay

満月の見方

 12月の満月の最大は13時36分と日中となる。その時間に月を見ることは難しいので、日没後に鑑賞しよう。

 月の出は地域によって異なるのでこちらの「月の出月の入り」で地名を選択して確認することができる。

 東京では16時24分頃が月の出となっている。月は東から昇って西へと沈むので日没後、北東から東の方角に見ることができる。

 その後月は南の空へと昇り、翌朝6時40分頃には北西に沈んでいくので、自分に適したタイミングで防寒対策をしながら挑もう。
5
photo by Pixabay
 なんといっても1年の締めくくりとなる満月だ。2021年を生き延びることができたことに感謝しつつ、嫌なこと、辛いことは月に洗い流してもらおう。

 家の大掃除をするように、月に心身の大掃除をしてもらい、まっさらな状態で新年を迎えようじゃないか。
あわせて読みたい
月の満ち欠けは、知らず知らずのうちに人間の睡眠に影響を及ぼしている(米研究)

満月が近づくと女性よりも男性の方が眠れなくなるという研究結果

満月の夜に犯罪が増えるのは本当なのか?犯罪学者が考察した「満月と犯罪」の関係性

月の神話は本当なのか?満月が人に与える影響を科学的に検証する

満月の呪いは本当だった?満月の時に起きる月の異常を解明(米研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年12月17日 11:59
  • ID:.dkXGZ1t0 #

日曜日

2

2. 匿名処理班

  • 2021年12月17日 12:05
  • ID:kpsd4PPW0 #

12/19は日曜日だよ

3

3. 匿名処理班

  • 2021年12月17日 14:18
  • ID:ib6hp8C.0 #

ぶっちゃけ最大だろうが、最小だろうがいちいち見分けてないし。
ああ今日はお月様綺麗だな‥

‥で良いと思ってる。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年12月17日 17:44
  • ID:UiM6wJYq0 #

毎回ここのおかげで満月が近いことを知る

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links