mangeyfox1_640
 自分のベッドで知らない間に、知らない誰かが寝ていたら? そりゃあもうビックリだし、どうしていいかわかんなくなっちゃう。

 イギリスのとあるお宅のお話だが、飼い猫のベッドですやすや寝ている子ギツネが発見されたんだそうだ。さっそく駆け付けたWildlife Aid財団のサイモンさん。猫たちのベッドを無事に奪還できたのかな?

スポンサードリンク
Mangey fox takes nap in homeowners cat bed!

 サイモンさんにSOSを送る生き物たちの中でも、場所柄お国柄なのか狐の割合って結構多い気がするよね。中にはトイレに居座っていた子もいたっけね。



 今日通報を受けた先のお宅では、なんとびっくり、猫たちのベッドで狐の子供がすやすやと眠っていたという、おとぎ話のような出来事がおこったんだ。

 ベッドを取られて困惑するにゃんこたち。
mangeyfox2_640
 周囲を気にする様子もなく眠っていた狐だが、捕獲用の輪っかを近づけると危険を察知したのか飛び起きて、階段の上へと逃げてしまった。
mangeyfox3_640
 逃げた先はバスルームで、バスタブの中で動きの鈍った子狐を無事に確保。この子は皮膚病がひどいので、猫たちのためにも洗浄と消毒をしっかりしといてね、とサイモンさんは住人さんに念を押していたよ。
mangeyfox4_640
 確保した子狐は、Wildlife Aidの施設できちんと手当をして皮膚病も完治。元気に森へと帰って行ったそうだよ。
mangeyfox5_640
 自分たちのベッドを取られたにゃんこたちもビックリだったと思うけど、いったいどこから入り込んだのか、家のご主人もさぞかし驚いたことだろう。

 しかし洗面所でクマーが寝てた!なんて事態よりはマシだったのかもしれないと思うんだけどどうだろうか。



written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい
Wildlife Aid〜なんでそこに首突っ込んだし!タイヤにはまった子ギツネ救出大作戦


母親を亡くした子ギツネを探せ!取り残された子供の片割れを保護するWildlife Aid


WildLife Aid〜助けてやるからちょっとおとなしくしてなさいよ!クリケットのネットに絡まった子ギツネたち


保護キツネの子にお友だちができたよ!初めて会った瞬間から仲良く遊ぶ子ギツネたち


網に絡まったキツネを救え!イギリスで動物たちに手を差し伸べるWildlife Aid財団の活動を見てみよう

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    人気記事

    最新週間ランキング

    1位
    7944 points
    「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

    「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

    2021年4月26日
    2位
    5078 points
    猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

    猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

    2021年4月29日
    3位
    5033 points
    ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

    ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

    2021年5月3日
    4位
    4835 points
    母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

    母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

    2021年5月1日
    2684516546
    5位
    3989 points
    小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

    小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

    2021年4月29日
    2663702318
    もっと読む
    スポンサードリンク

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2021年03月18日 21:56
    • ID:.QDJlxZU0 #

    狐さん(たぬきさんもだけど)は、疥癬にかかりやすいのよね。
    辛くて助けを求め、優しいニャンコやヒトのいるお家にきたのかもしれないです。
    無事に治って、今も元気でいるといいな…。
    みんな無事で、健康に寿命を全うしてほしいです。

    2

    2. 匿名処理班

    • 2021年03月18日 22:21
    • ID:zhLuE0CK0 #

    「困ったにゃ〜」って言ってるみたい!

    3

    3. 匿名処理班

    • 2021年03月18日 22:25
    • ID:FNALyUt80 #

    狐ふわふわで可愛いな…
    うちの柴犬の小さかった頃とかなり似てる。彼も子犬の頃に皮膚病患ってた。

    4

    4. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 00:34
    • ID:1TuKQIYV0 #

    3びきのくま みたい。
    皮膚病治療してもらえたのは良かったな。

    5

    5. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 04:19
    • ID:kJOR2ZEF0 #

    狐「寒かったんで…」

    6

    6. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 05:25
    • ID:gZ1wkVjG0 #

    なんか、警戒心なく気持ちよさそうに寝てたのに・・・・ってちょっとかわいそうに思ってしまった。

    7

    7. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 09:57
    • ID:9KcNDuS20 #

    日本はこういう野生動物を保護して、治療してあげる施設や団体が少ない気がする。捕まえて逃がすだけ。治療してあげる場所が増えるといいね。

    8

    8. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 12:49
    • ID:.Jr87erN0 #

    キャリーへの入れ方が結構荒っぽくてびっくりした。
    野生の狐に噛まれたり引っ掻かれたりすると危険なのはわかるけど、あんな細い針金?で持ち上げて大丈夫なんかな…大丈夫なんだろうけど…
    あれって普通なのかな?

    9

    9. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 13:49
    • ID:FprTTxww0 #

    ※7 ペットの感染防止にもなるしね

    10

    10. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 15:22
    • ID:k1irnY8n0 #

    ※8
    野生動物はあれが普通。
    一時的に首が締まるけどそれで大人しくなる。
    逆に緩く捕まえてしまうと物凄く暴れて怪我をすることになる。

    野生動物や野良犬などの保護をしている団体とかも時々そういうクレームがあるけど、檻などの捕獲器とかはそう簡単に捕まえることが出来ない。
    投網や網で覆うっていう方法も実は対象が骨折する可能性が高く(爪は高確率で折れる)、また捕獲する人も怪我をする恐れが高い。

    最近は捕獲棒の先端はワイヤーにクッションが付いているモノがあるけど、それも強度的に問題が有ったりするから、なかなか難しい。

    捕獲のやり方は時には残酷に見えるかもしれないけど、ほんの一時的なモノで動物が怪我をしないようにされてきた工夫の一つだと思ってほしい。

    11

    11. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 16:36
    • ID:asGUKOjI0 #

    動画の冒頭、サイモンさんが庭に入った時に
    スッタカタ〜と逃げたのが狐かと思っちゃいました。
    動画の続きでフサフサしっぽの猫だと判りましたが。

    12

    12. 匿名処理班

    • 2021年03月19日 22:13
    • ID:MtDxmyAJ0 #

    ※1
    「疥癬」=かいせん
    主にダニが媒介する感染症です、我が国では老人ホームでの報告例が非常に多いです、命に関わるような感染症ではありませんが、激しいかゆみがあり、治療は患者さんだけでなくホーム全体に及ぶ事がしばしばです。
    「余計なお世話」かとも思いましたが、補足させていただきました。

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク